2022年10月26日

人口増に成功した町

福岡県大刀洗町の人口が増え続けているそうです。

8月末の人口は1万5978人。
1990年から約1900人増えて、過去最多を更新中だって。

町の合計特殊出生率も、08〜12年の1.55から13〜17年は1.88に増加。
14歳未満の年少人口は、8月時点で、15年の国勢調査から217人増加。
一方、3月に28.3%だった高齢化率は8月に0.2ポイント下落したんだとか。

この秘密は・・・
「企業誘致は捨てて、子育て世代に資金も人も重点的に投入し続けた。」

当時は大変なご決断だったと思います。

横並びを追いかけるのではなく、
独自のポジションで尖がり続けることって大切ですよね。


【企業誘致は近隣に任せ…人口増に成功した町の「秘策」】

 人口減少の波が全国を覆う中、一時減少傾向にあった福岡県大刀洗町の人口がじわじわと増え続けている。8月末の人口は1万5978人と1990年の国勢調査比で約1900人増え過去最多を更新中。コロナ禍にも出生数向上に加えて子育て世代の転入が相次ぎ、上昇一途だった高齢化率が下がる現象も起きた。「平成の大合併」のさなか、2004年の住民投票で単独路線を選んで18年。筑後川中流域に位置する農業の町で何が起きているのか。 (小林孝弘)

大刀洗町の人口と14歳以下の年少人口推移

 8月22日、認可保育所として70年ぶりの新設となる「おおぞら保育園」(同町鵜木、定員60人)が開所した。年度途中でも0〜4歳の約30人が入園。原峰子園長は「期待の高さに驚いた。丁寧な保育でニーズに応えたい」と声を弾ませた。

 「町の総人口は05年にピークを迎え減少が始まっている」。15年に策定された「人口ビジョン」にある記述だ。国立社会保障・人口問題研究所の当時の推計値は「25年に1万4620人、(日本の高齢化がピークを迎える)40年は1万3400人」。町が19年に策定した第5次総合計画の28年人口目標は「1万4558人」。予測を覆しつつある現状はどう生じたのか。

   ■    ■

 久留米市に隣接する町は広大な優良農地に恵まれる半面、企業誘致では近隣に比べ見劣りする。04年の住民投票で合併しない道を選んだ後、町は筋肉質の財政構造へ転換を図った上で子育て支援に注力した。県職員出身で08〜12年と17〜19年に副町長を務めた中山哲志町長は「地理的事情、地域特性を踏まえると企業誘致は周辺に頑張ってもらい、子育て世代にどう住んでもらうかで勝負した方がいいと考えた」と明かす。

 町立保育所や小中学校給食事業を民間委託や民営化し、浮いた財源で保育料と給食費を引き下げた。学校運営スタッフを町費で多数配置し教職員には学力向上に専念してもらう態勢を取り、子育て世帯向け定住促進住宅も整備。「保育料は戦略的に近隣で一番安くした。資金も人も重点的に投入し続け、ようやく成果が出てきた」(町長)

 施策は関連統計にどう反映したのか。町の合計特殊出生率は08〜12年に1・55(県内自治体28番目)だったが13〜17年は1・88(4番目)となり向上率21・3%は県内首位だ。18〜21年平均出生数は約153人で今年は8月までに108人が誕生し、3月に28・3%だった高齢化率は8月に0・2ポイント下落した。14歳未満の年少人口は8月時点で2394人と、15年国勢調査比217人増。転入から転出を引いた社会増は18〜21年平均が90人増で、今年も1〜8月で転入(707人)が122人上回った。

 目を引くのが子育て世代の転入。「持続可能な地域社会総合研究所」(藤山浩所長)が15、20年国勢調査の転出入データから作った「若い世代の移住増市区町村ランキング」によると大刀洗町は増加率13・8%で全国141位。県内では福津市(38・1%)久山町(37・4%)粕屋町、苅田町(いずれも18・2%)に続く5番目だ。循環型社会づくりの観点から調査分析を続ける藤山所長は「大刀洗は田園を生かしながら移住者受け入れに成功している珍しい例」とした上で「特に周辺の都市群と農山村の連携の中で良いポジションをとろうとしているのは注目に値する」と強調した。

 少子高齢化の中、突出した勢いも感じさせる人口推移。ただ生産年齢人口(15〜64歳)は減少傾向が続き空き家が目立つ地区もある。中山町長は「農地は大切にし、それ以外をどう新陳代謝するか。住民と議論したい」と話した。
(10月25日 西日本新聞)
https://news.yahoo.co.jp/articles/fb95e0358d365e91cfd5ce122c8f5ec98a3cefb7


土地家屋調査士 大阪 和田清人

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔