2024年04月05日

「相続登記の義務化について」

一昨日、SG阪神いきかた研究会を開催しました。

テーマは、「相続登記の義務化について」。
講師は、下塚賢一司法書士。

4月1日にスタートした相続登記の義務化について、
その概要と注意点などをお聞かせいただきました。

この制度、そもそもは所有者不明土地解消の一環なんです。

不動産登記簿だけでは所有者が判明しなかったり、
所有者が判明しても、その所在が不明で連絡がつかなかったり・・・

相続登記や住所変更登記がなされていないために、
所有者の探索に時間と費用がかかっちゃう。

そのために、公共事業や復旧・復興事業が円滑に進まず、
土地の価値がどんどん失われていくわけですね。

民法では、権利に関する登記は次のように定められています。
(民法第177条)
不動産に関する物権の得喪及び変更は、
登記をしなければ第三者に対抗できない。

「登記をしなければならない」ではないところがミソ。

売買で土地を手に入れた人は、
自分の権利を守るために100%所有権移転登記を行います。

ところが、自宅などは、相続登記しなくても、誰も困らない・・・

そのうち、人口減少や都心一極集中などが重なって、
自宅を相続する人がいなくなってきた。

で、対策の一つとして不動産登記法を改正。
(不動産登記法第76条の2) 
相続により所有権を取得した者は、
三年以内に、所有権の移転の登記を申請しなければならない。

相続の場合は、登記をしなければならないことになりました。

罰則もありますよ。
(不動産登記法第164条) 
第76条の2などの規定による申請をすべき義務がある者が
正当な理由がないのにその申請を怠ったときは、十万円以下の過料に処する。

ま、今すぐ慌てて動く必要はありませんが、
不動産を売却する時には必ず相続登記がついて回ります。

何かのきっかけがあったタイミングで
登記を検討なさってはいかがでしょうか?


土地家屋調査士 大阪 和田清人
esouzoku at 05:54│Comments(0)相続専門FP 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔