欠陥住宅

2009年09月16日

欠陥住宅業者が倒産したら?

10月1日から、住宅瑕疵担保履行法が施行されます。

欠陥住宅の業者が倒産した場合、
今までは購入者が費用負担していたのが実態。

いくら業者に瑕疵担保責任があっても、倒産すればパーですよね。

それが、10月からは、あらかじめ保険に入ることができるってこと。

とは言っても、結局保険料は価格に上乗せ。(^^;

信頼できる工事監理者を雇う方がいいような気がしますが・・・


【欠陥住宅、業者倒産しても補修費用…10月から】

 新築住宅に欠陥が見つかった時、販売した事業者の負担で補修が確実に行われるようにする「住宅瑕疵(かし)担保履行法」が、10月1日から施行される。事業者に保険の加入などを義務付け、販売後に倒産した場合でも、購入者に補修費用が支払われる。

 新築住宅を販売する事業者は現在も、基礎や柱、外壁、屋根など構造上重要な部分や、雨水の浸入を防ぐ部分に欠陥が見つかった時、10年間は補修や損害賠償をする瑕疵担保責任が課せられている。だが、2005年の耐震偽装事件では、分譲会社が倒産したため居住者が補修費用などの多くを負担することになった。

 新法の対象となるのは、10月1日以降に引き渡される新築住宅。事業者に対し保険への加入か保証金の供託のどちらかを義務付け、倒産しても補修が確実に行われるようにする。不安なく住宅を購入できるようにするのが目的だ。

 保険は、国土交通省が指定した保険法人に事業者が申し込み、住宅の建築中に検査を受けて加入する。販売後に欠陥が見つかれば、事業者が保険金を受け取って補修する。事業者が倒産した時も、購入者が保険法人に補修費用を請求できる。保険料は一戸建てで7万〜9万円。事業者が払うが、住宅価格に上乗せされて最終的に購入者が負担するケースが増えそうだ。

 供託の場合は、事業者が定められた額の保証金を法務局に預けておく。倒産したら、購入者が補修に必要な額を算定し、法務局に供託金からの還付を請求することになる。

 購入者と事業者の間で欠陥の有無などを巡り争いが起きても、保険を利用した場合は、全国の弁護士会に設置された「住宅紛争審査会」からあっせんや調停、仲裁を受けることができるようになる。

 「事業者が倒産すれば、購入した人が補修費用を請求することが必要になる。契約時に、保険と供託のどちらを利用するか、事業者に説明する義務があるが、購入者も確認をするようにしてほしい」と国土交通省住宅生産課の担当は話している。
(9月15日 読売新聞)


土地家屋調査士 大阪 和田清人

2006年03月27日

欠陥住宅フォーラムin堺

4回目の欠陥住宅フォーラムが無事修了しました。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

今回は、毎日新聞と読売新聞が告知記事を掲載してくれました。
新聞の威力は絶大ですね。
当日の朝刊を見て2名がご参加。
しかも図面をお持ちになってのご相談でした。

いつも思うのは、現実に大変な目に遭ってる人がいるということ。
と同時に、今なお無防備に契約をしてしまう人がいるということ。
みんな、「自分だけは大丈夫」って思ってるんでしょうね。

事後の救済活動では、できることが限られてしまいます。
もっと事前にすべきことがあるということを知ってほしいものです。


土地家屋調査士 和田羶

2006年02月28日

役に立っているんだ・・・

いつも欠陥住宅フォーラムをお手伝いいただいている、
ナカムラトモコさんがブログでこの活動を紹介してくださいました。

そしたら、なんと!!!
千葉にお住まいの、欠陥住宅でお困りの方のお力になれたらしいのです!
http://plaza.rakuten.co.jp/dxoxbooo/diary/200512110000/

「誰に相談すればいいのかわからない」状態が一番つらい時期ですよね。
一人でも多くの方の受け皿になれるよう、頑張っていきたいと思いました。


それにしても、
「行政は建てた業者でなく、家の所有者に指導します。」って・・・
正気?

2006年02月12日

欠陥住宅フォーラムin明石

3回目の欠陥住宅フォーラムが無事修了しました。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

前回と今回、シンガーソングライター吉俣耕二さんのミニミニライブ付き。
暗くなりがちな気分を、明るく切り替えてもらおうという試みです。

歌っていただいた1曲は、アニメ「ワンピース」主題歌の「ココロのちず」。
♪アツイオモイ重ねたら無限大の風を呼ぶ

まだまだ小さい活動ですが、やがて大きな風を呼べるようガンバります。

2006年01月30日

欠陥住宅フォーラム無事修了〜

大阪初の開催となる欠陥住宅フォーラムが無事修了しました。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

今回、特にうれしかったのは・・・

事前に相談お申し込みが3件もあったこと。

たった1枚のチラシに、言いにくいことを書いてくださるなんて・・・
信用してくださった方々のご期待を裏切らないよう、精進しますね。

2006年01月10日

欠陥住宅フォーラムin大阪

再来週に行う「欠陥住宅フォーラム」のチラシ配りをやってきました。

市成さんが拡声器で趣旨説明、私がチラシを配るという初めての試み。

多くの方が手にとってくださいました。
ありがとうございました。


この講演、手前ミソですが、メチャメチャ面白いですよ。

講師の1人は、元○○○○○○○業者にいた人。
業界のウラ話が聞けます! ほんまビックリ!