「やめる」 「やめない」 の菅首相が 禁じてとも言える奥の手を出すのでは・・・・ といった噂が出始めました。

その 延命の奥の手とは

『 原発解散 』

ずるずると8月末 9月まで国会の会期を引き延ばし この 「原発解散」をすると・・・

浜岡原発の稼働停止で支持を得たと意を強くする 菅首相
その内閣延命に この「原発解散」をやるのではという噂が出ているのです。

争点は あの 小泉内閣の時と同じ 争点を一つにした 「原発推進か?」 「脱原発か?」 という
まさに国民投票・・・

民主党の政治の良い悪いなんて ほかっておいて 菅首相の優柔不断やリーダーシップの有り無しも
関係せず 単純に これまで 日本の原発政策を推進してきたのは 自民党政権で、従来の政治が悪い。 だから 国民の支持を頂いて 脱原発を選挙政策にして 国民に総選挙で信を問うと言う物。

こんな選挙を今やったら日本の悪夢ですよ・・・・

東北の震災地域 福島、宮城、岩手はまだまだ 選挙どころではない事でしょう。
選挙人名簿もまともに作れないのに・・・・
本来 もっとも原発問題に意見を言いたい 福島の被災地域の人など 住居もバラバラ状態の中でこんな原発選挙を ただ菅政権延命のためにやられたとしたら・・・・

「脱原発」 を政策に掲げて選挙をしたら、自民党議員など頭にくる以外何もないですよね。

そして 民主党 「脱原発」 VS 自民党 「原発推進」なんていう構図が成り立つとも思えない。
だけれども おそらく 菅内閣は 「脱原発」 を強く押し出した選挙をやることでしょう。

この事態になったら 小泉郵政選挙どころではないですよ・・・
政治家を選ぶのではなく 単純に 原発有りか 無しかの国民投票総選挙???