2018年08月03日

えすぺらんさ恒例・・・

夏休みに入り、来週はいよいよ

やって参りました

えすぺらんさ恒例、

インターナショナルキャンプ


今年は、小学生11名、中学生1名の合計12名の子どもたちが参加してくれます

そして、カンボジアとインドネシアの方にもご一緒頂きます

春巻き、かき揚げ、アイスカボチャ、カレーとカンボジア・インドネシアの料理大会があり、海に行き、スイカ割りやBBQをして、流しそうめんが最後を締めくくる2泊3日


ただ、残念ながら、インターナショナルキャンプとしての開催は会場の都合など諸事情により、今年で最後

数多くの出会いと思い出いっぱいの貴重な場でした

今年もみんなでめいいっぱい楽しんで来ようね

        えすぺらんさ K 
esperanza4 at 11:26|PermalinkComments(0)

2018年06月19日

本日の一冊♪5

 新装版
   シャーロックホームズ 1 


   マザリンの宝石事件  

     コナン・ドイル 作
     内田 庶    訳
     岡本 正樹   絵 より

  有名な依頼人 



 はかりごとは、だれにも知らせないで、そっとすすめるのがいちばんである。 


 新装版
   シャーロックホームズ 13 


   名馬シルバー・ブレイズ号  より

  黄色い顔 



  ところでホームズは、ただ、からだをうごかすことだけをもくてきにして、運動するなどということを、ほとんどしない男だ。 




  また、そんなぐあいにふだん運動をしないのに、ホームズはびっくりするぐらい、からだのちょうしをととのえていた。といって、その食事はじつにそまつだったし、生活も修道士のように質素だった。 





何かを秘密裏に成し遂げるには、1人でやるに限る

が、チームで動けるならよりよい成果を得られる はず

個人プレー・集団プレー

それぞれの性格で向き不向きもあれば、対する物事によって合うやり方も違うと思う。。。

ただ、いずれにしても、どんな状況であっても、常に万全の体制で調子を整えて、事に迎える

というのは、日ごろからの準備・心構えの賜物だと思う


いつも、何かに追われたように、自分のペースで動けない日々では、調子も崩しがちだし、

 に対応できない

とはいえ、誰もがホームズになれるはずもないので

結局、私は私

ぼちぼち、ぼちぼち


        えすぺらんさ K


esperanza4 at 11:51|PermalinkComments(0)

2018年06月13日

今日のひとこと♪3

信頼してこそ
人は尽くしてくれるものだ

           武田 信玄

事を任せることは、信頼しているからである。
人はまかせられると、人一倍の仕事を成し遂げる。

          えすぺらんさ 職員室 日めくりより


信頼

というか、この4月から小学校に入学した1年生の娘と、私の、朝のやり取りがちょこちょこと悪循環を繰り返していて、娘に対して信頼が薄れている気がします

 いやいや、ぐずぐずの娘の態度に、私がした結果、ときて吹っ掛けて、娘がへそを曲げる  という流れに引っ張られているのか

と、今ブログで我が家の朝の振り返りをさせてもらって、気づく

娘の態度に勝手にする私がいるけど、私のは私の問題で、ひとまず置いとく(それ私の課題

そして、まず、動かない・動けない娘にどうしたの を落ち着いて聞いてみる(それ私の試練

その中で娘の課題が見えてくるといいのかも

うまくさばけるか、私

また、後日、振り返りさせてもらいます

          えすぺらんさ K
esperanza4 at 11:30|PermalinkComments(0)

2018年06月12日

今日の1冊♪5

今日のおススメは

有川 浩
 三匹のおっさん

還暦を迎え、それぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか、とかつての悪ガキ三人組が自警団を結成。ご近所に潜む悪を三匹が斬る

おっさんたちの軽快な捕り物も楽しいが、やっぱり 有川 浩 は楽しい

昨年、ドハマりして(の割にはどうやらブログにも   してなかったようですが)読んだ 図書館シリーズ を思い出してしまうような、淡い初恋的な描写にキュンキュンでした

が、おっさんたちの年季の入った凄みのある言葉や 有川 浩 の鋭い視線も随所に散りばめられ

本当に素敵な作品でした



 第三話 

 (略)

 「きちんと話をするためも、相手のことは調べておくべきだよ。(略)」

 (略)

 「話し合いっていうものは情報を持ってないほうが焦って自滅するもんだ。(略)事情を訊きだそうとして頭に血が上らない自信はあるのか?」 



 第四話 

 (略)

 (子どもたちを)守るための閉鎖と守るための開放、世間はどちらか決めかねてその隙間から悪意の手が子供をつまんでいくような(略)

 恐らくバランスの問題なのだ。(略)

 (略)巧妙な悪意を警戒するために(地域の親切な住民に対しても)子供には「知らない人」と一括りに教えるしかなく、その分を子供の関係者による輪で守ろうとしているのだろうが、その輪は必ずどこかで綻びる。
 子供は生き物だ。閉じたコミュニティで守るには限界がある。

 (略)

 閉じた輪の中で。
 安全に正しく育てようとしながら何かが歪んでいく。
 守るための閉鎖と守るための開放、世間はどちらか決めかねてその隙間から悪意の手が子供をつまんでいく悪意に染まった子供たちも犠牲者なのか。
「そもそもただしくねえんだよ」

 (略)
 
「子供の将来のため?受験に影響がでるから?んなこたぁ筋が違うんだよ。あのガキどもは親や学校が庇ってくれるのを見越してやがる。自分たちがブランドだって知ってやがる。親も学校も子供や生徒がかわいいんじゃねえ、自分の持ってるブランド品に傷がついたら価値が下がる程度の了見で今回の件もうやむやにしやがったんだよ。子供の将来を思うなら、ここで補導させとくべきだった。受験で不利になるとしてもな。ガキの間違いを今まで全部うやむやにしてごまかしてきたんだろうよ。だからあんな小賢しいブランドガキができあがる。ガキが間違うのは当たり前だ、ガキが間違ったら親はガキがションベンちびるほどガッツリ怒って、ああ、こりゃあ悪いことだと教えてやらなきゃ駄目なんだよ」

 (略)

 (略)そうなると今度は逆の理屈が立ち上がる。
 躾と称して子供を虐待するような親が存在するのも事実だ。どちらも同じように正しくない、しかしうやむやなごまかしを子供への愛情とすり替えて世間体を取り繕うほうが見栄えがする。

 (略)

 美和は多分、自分の一番汚いところをさらした。自分もさらさないと嘘だ。
 ごまかしてごまかして、いつかなかったことになると思っていた。でも違う。なかったことになるのではない。
 そのことをなんとも思わなくなるのだ。
 そしてそうなったらおしまいなのだ。




 守るための閉鎖と守るための開放 

と言わず、以前から各地での課題の一つだと思います。

新潟の事件、千葉の事件、今回の新幹線での事件も然り

閉鎖と開放 

どちらにしても何らか課題が残り、

どちらもと欲張ってという訳にもいかない

社会全体が、余裕を持って周囲への目配り・見守りができるといいのになぁ〜と思いますが、余裕あるようでない方が多かったり、基本みんな忙しかったり

なかなか見守れない現状があるようです。。。

それでも心ある方も確かにいらっしゃって、本当に感謝の日々でもあります

みんなみんな幸せに向かっていけるように

キーワードは  余裕  かなぁ


          えすぺらんさ K
esperanza4 at 17:35|PermalinkComments(0)

2018年06月11日

梅雨本番!5

雨の季節がやって参りました

体調も引っ張られがちなすっきりしない日々

でも、だから何もせずにゆっくり家で過ごす

という生活が可能な人ってそんなにいる訳ではない、かも 

だったら、自由いっぱいではない 私たちは

天気がすぐれず、気持ちも沈みがち、

それでも何かしら動いて、何かしらこなして、いかねば

ぽつぽつ、ぼちぼち毎日の生活の中で

自分がすべきことを積み重ね、積み上げ、

継続することで力をつけていく

千里の道も一歩から

まずは今日の一歩を踏み出してみよう


         えすぺらんさ K 
esperanza4 at 16:01|PermalinkComments(0)

2018年06月04日

座談会のご案内♪5

 不登校経験者の声に耳を傾ける座談会 


6月16日(土) 13時半〜15時半


福岡市NPO・ボランティア交流センター(あすみん)にて開催 


いよいよ6月が見えて参りましたので、こっちブログでは初ですがご案内申し上げます

DSC_0501


来月は講座・セミナー・フォーラムなどなど、毎週のようにまたはかぶって…盛りだくさんの時期です。

いろいろとございますので、ご都合のよいもの・関心のあるものなど選んでご参加ください。

そして、よろしければ、若者たちの声をお届け致します、上述の座談会へのお申込みもお待ち致しております

         えすぺらんさ K


esperanza4 at 14:43|PermalinkComments(0)

2018年05月21日

おすすめ本♪5

今期の年度初め、私はブログもそこそこ、いやほぼほぼ顧みず
実は読書に勤しんでおりました

そこで、今回のおススメ本

上橋 菜穂子
守り人・旅人シリーズです

もともと生徒からのおススメがあり、ちょうど図書館でもおすすめコーナーにあったのに乗っかって、ようやっと手を出した結果、やっぱり薦められるだけあるな〜と思った次第です

私はまだ3冊  

 精霊の守り人
 闇の守り人
 夢の守り人

を読んだところで、下書きに保存中のままだったのですが、この週末やっと続きの

 虚空の旅人 

を読み始め、ちょこっと読んで、別の作品を先に読み終えてしまったり といった状況でして


今一番のお気に入りは、

 夢の守り人 

の、夢の中でタンダとチャグムが出会った場面でのタンダの言葉が印象深い



(略)ここで夢にしがみついてねむっている自分が、好きかい?
(略)
「でも、わずかでも、いまの夢にしがみつく自分をゆるせない気持ちがあるなら、帰ったほうがいいと、おれは思うよ。」
(略)
「ここにいるのは自分を不幸だと思っている人たちだ。その不幸には、きっと二通りある。ひとつは、不治の病にかかっているとか、とりかえしのつかないことをしてしまった。というような、行き止まりにきている人たち。
 もうひとつは、別の人生もあるはずなのに、なぜ自分はこんなに不幸なのか、と、運命を呪っている人たち。」
(略)
「別の人生ってなんだろうね、チャグム。ほかの人の場合はわからない。でも、おまえの場合、いまのすべてをすてる気なら、バルサもおれも、命をかけてでも、お前を別の国へ逃がしてやるよ。それは、あの、一年前のおまえでさえ、わかっていたはずだよ。
 でも、おまえはあのとき、自分の人生をなんとか生きてみようと思ってたはずだ。帝になる人生という、おぞましく暗い闇にむかって、さみしい思いをかかえながらも、しっかり顔をあげていた。それはね、おまえが、そういう自分の姿が好きだったからなんじゃないかな。」
(略)
「おれにはね、人がみんな、<好きな自分>の姿を大事にもっているような気がする。なかなかそのとおりにはなれないし、他人にはてれくさくていえないような姿だけどね。
 すくなくとも、おれはその姿をもって生きてきた。そして、どうしたらいいかわからないわかれ道にやってきたら、どっちに歩んでいくほうが<好きな自分>かを考えるんだ。」
(略)
「最後の決断は、おまえのものだよ。―こういうと、ずるくきこえるかい

その後、タンダがチャグムにここが夢のなかだと再度念を押し、

死ぬまでねむっていたいと、思えるかい
それとも、目ざめて、自分の人生を終わりまで生きるかい

と、チャグムの気持ちを確認する。

そして、帰り道を教える場面で、

「<魂>の世界ではね、気がつかないと、なにもみえない。(略)」



このタンダの言葉はどれも私に響いて残っているけど

自分が、好きかい? <好きな自分>の姿  は、私も迷った時にはどっちの自分が、好きか、今の自分は自分が<好きな自分>か、を考えているかも と感じたり、いつに戻れるかって想像話も、別の人生 ってことかもしれないと思ってみたり、

<魂>とタンダは話すけれど、気がつかないと、なにもみえない は、よくあるかもしれない

毎日通る道、建物がなくなっていて、ここ何があったっけと思ったり、急に目に付いた建物が、前からここにあったっけ っと思ったり


そして、そして

 虚空の旅人 を後回しにして、読み終えた作品


有川 浩
 三匹のおっさん 

これも近々おススメでしまっす


        えすぺらんさ K
esperanza4 at 15:22|PermalinkComments(0)

2018年05月11日

今日のひとこと♪5

           西田 天香

いかなる逆境にあっても
感謝の気持ちをもとう


   逃げる者には苦しみは追いかけてくる。
   飛び込んでゆく者には、
    苦しみは温かい、充実を与えてくれる。


       えすぺらんさ 職員室 日めくりより
□■*:;;;:*□■*:;;;:*■*・゜゚・*:.。..。.:*・゜□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

逆境に感謝 
なかなか思い至れなそうな発想だけど、
少し時間がたてば自分には必要だったと思える状況も確かにあって

ただ、やはり私の場合、その場で即感謝は出てこないなぁ

悟りの道は、常に感謝
ってことだなぁ

ぼちぼちいきましょう


         えすぺらんさ k 


esperanza4 at 15:13|PermalinkComments(0)

2018年05月07日

風薫る。。。5

ご無沙汰致しております

前回からまたまた早1ヶ月強 

 って思う間に新年度も始まり、さわやかな新緑の季節到来

みなさまいかがお過ごしでしょうか


ゴールデンウィークも終わり、通常モードに戻りつつあるえすぺらんさ

朝から来る子たちは来る、休む子は休む、連絡くれる子、連絡できない子、

みんなそれぞれ、自分ができることを、できるようにやっていく日々。。。

そして、できることを増やしていく

そこも、自分のペースで、ぼちぼちと


通信制高校の生徒たちは、スクーリングも始まり、来週には1回目のレポート提出日がやってきます

まずは1枚目を無事提出して波に乗って欲しいところだけど、やるのは彼ら

私たちはサポートはできても、当然のことながら代わってはやれない


このブログも、私が更新せねば

せめて月1から

予告通り今日で今月分終了 とならないように、  していきます

           えすぺらんさ K
esperanza4 at 17:23|PermalinkComments(0)

2018年04月02日

4月のことば ♪♬♪5

CIMG5613


4月中にできずにいた、4月の言葉   

新年度最初から出遅れてますが、久々後追い してみました

2018年度、みなさま、いかがスタートされましたか

スタートできてない方もいらっしゃるかもしれません。

年初め、年度初め動きだすにはいいタイミングととらえがちですが、動けなかった私自身を考えてみても、自分が動き出せるときがいいスタート時期です

今からぼちぼち動いてみようかの方も、まだまだゆっくりしとこっかの方も、動き時は自分でわかるので、その時があなたのスタート時期

動いて何かを楽しんで笑顔で過ごす みんなみんな、それができればいいのになぁ

自分の思うように動けると自然と笑顔も出てくるし、笑顔の効用もご存知ですか

笑顔の効用:気持ちが乗らなくても、無理にでも口角上げて笑顔で過ごせれば、本気の笑顔と同じ効果が得られるらしいです

動けなくても口角上げるくらいなら

やってみるか

         えすぺらんさ K
esperanza4 at 17:27|PermalinkComments(0)
Archives
Profile

えすぺらんさ

訪問者数

みんなのプロフィールSP