2017年09月15日

自然のパワー

image0913こんにちは!日本人スタッフの北澤です。最近は涼しい日が続いていて、だいぶ過ごしやすくなって来ましたね。季節の変わり目ですので、風邪をひかないようご自愛ください。

秋と言えば、風物詩はたくさんありますよね。皆さんは何を思い浮かべますか?私が真っ先に思いつくのは”紅葉”です。深みのある色鮮やかな木々を見るととても落ち着きます。ですので、私は秋になると、ドライブに行ったり公園に行ったりと毎回紅葉スポット巡りを楽しんでいます。

また、紅葉以外にもここ数年で自然がある場所に赴くことが多くなったような気がします。以前はそこまで関心があるわけではなかったのですが、最近になってから自然の魅力に気づきました。忙しい時でも自然の中でボーッとするだけでリフレッシュ出来ます。

最近は、みちのく湖畔公園にピクニックをしに行ってきました。ちょうどポピー祭りが開催されており、地面いっぱいにピンクの花が咲き誇っていました。広場にはバスケやバドミントン、キャッチボールをしている人たちや、寝転がって本を読んでる人、昼寝をしている人も居て、個々に好きなことをして自分の時間を楽しんでいました。私も友達と行ったのですが、スポーツをして体を動かしたり、お菓子を食べながらゆっくりしたりと、とても穏やかな時を過ごしました。たまにはこうしたゆっくりとした時間を過ごすのもいいかもしれませんね。

皆さん忙しい日々を過ごしていることと思いますが、たまには頑張らずに息抜きしてくださいね。それでは、プライマリーで、お待ちしております!



esprimary at 20:39|Permalinkスタッフブログ 

2017年09月13日

What’s new?

image1皆様こんにちは。スタッフ兼、インストラクターの宮島です。

夏も終わり、もう秋ですね。皆様はいかがお過ごしですか?

レベル1のクラスでは、毎回最近のニュースを英語で発表してもらっているのですが、夏休みの出来事など、楽しげなニュースがたくさん聞けて、 毎回盛り上がっております。

そんな中でも、最近は中学生の会員様が発表するニュースに大人の会員様が驚いてしまうような勉強になるものがいくつかありました。その中の一つが「フェアトレード」についてです!皆様はフェアトレードについてご存知ですか?

中学生の会員様が、フェアトレードは発展途上国で作られた作物や製品を適正な価格で取引することで、フェアトレードマークというものが製品についているので、私もこれからはフェアトレードマークのついたチョコレートを買いたいです!と発表してくださいました。こんなに難しい内容を頑張って英文にしてきてくださった努力と、内容の素晴らしさにクラス内では拍手、拍手です!本当に感動してしまいました!

ところで、私の好物と言えば、チョコレートです!私もフェアトレードマークの付いたチョコレートを何度か見かけて購入したことがあります。また紅茶やコーヒーも購入したことがありますが、私が思うフェアトレード製品のいいところは、フェアトレードの味を感じられることでしょうか。フェアトレード製品はオーガニックにこだわったものが多いですし、生産者の事をしっかり考えながら、また環境についても考えて、丁寧に作られた製品だと感じられるものが多いです。

フェアトレード製品はドライフルーツ、ジャム、洋服やバッグなど、他にもたくさんありますので、私も見かけたらまた是非手にとってみたいと思います!

写真のマークがフェアトレードマークですので、機会がありましたら、生産者の事を思いながら手にとってみてくださいね。

皆様、これからも色々なニュースを毎回楽しみにしております!また、ニュースがなくても、気楽に他の会員様のニュースを聞きにどんどんレッスンに来てくださいね!

それではプライマリーでお待ちしております!



esprimary at 20:33|Permalinkスタッフブログ 

2017年08月18日

白石城に行ってまいりました。

blog201707こんにちは。日本人スタッフの岩渕です。梅雨明け宣言からしばらく雨の日が続いており、外へ出かける予定を立てていても予定を変更せざるをえなかった方も多いのではないでしょうか。私も桃狩りへ出かける予定をしていましたが、予定を延期しました。非常に残念です。仙台は26日連続雨(8月16日時点)との事、日照時間も少なく、農作物などへの影響が心配ですね。

しばらく前にはなるのですが、白石城を見てまいりました。宮城県でお城というと青葉城が真っ先に思い浮かぶのではないかと思いますが、白石市にも片倉家ゆかりのお城があることを存知でしょうか?関ヶ原の合戦前に伊達政宗に攻略され、政宗の片腕として名をはせた片倉小十郎景綱によって治められたのが白石城です。

文献資料・発掘調査などによって出来るだけ忠実に再現されているそうで、平成7年に復元されたのが現在の姿のようです。木造ですが、しっかりとした造りになっています。特に大黒柱は力強く魅力的です。また、石落としや真田家・伊達家の甲冑なども展示してありました。周囲の石垣の雰囲気も非常に良いです。木造での復元は全国的にも数が少なく学術的にも高い評価を得ているそうですが、納得の建築物だと感じました。

天守閣は、戦後の木造復元では高さ・広さとも日本最大級とのことです。中に入るとヒノキのいい匂いがして、ひんやりとします。気持ちの良い風が吹き抜け、白石市が一望でき、蔵王連峰の眺望も広がります。周囲の庭は綺麗に整備されており、晴れた日に散策するのにはおすすめです。小さなお城ではありますが、一見の価値があると思います。機会があれば是非行ってみられて下さい。



esprimary at 18:37|Permalinkスタッフブログ 

2017年07月28日

仙台市博物館にて

hosoiM皆さんこんにちは。日本人スタッフの細井です。蒸し暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。今年も暑い夏になりそうですので、夏バテに注意しながら過ごしたいなと思う今日この頃です。
さて、先日私は仙台市博物館で行われている特別展「空海と高野山の至宝」を見に行って参りました。これは東日本大震災からの復興を祈念して開催される展覧会で、弘法大師空海にまつわる作品や、高野山に所蔵されている国宝や重要文化財が数多く公開されています。普段は高野山に所蔵されているものを仙台で見ることができるということもあり、私が博物館を訪ねた日も多くの方がいらっしゃいました。
空海は平安時代に唐に渡り密教の教えを受け、真言宗を開いた僧として知られています。その空海が和歌山県にある高野山を開き、高野山は今日でも日本仏教の聖地とされています。特別展に展示されている作品の多くは、高野山にある金剛峯寺に所蔵されているものです。弘法大師直筆の書や曼荼羅などの絵画、天才仏師として有名な運慶や快慶の仏像など、大変貴重で人気の高い作品も多く展示されています。
また、今回の特別展は前期と後期に分かれていて、それぞれの期間限定で公開されている作品もあります。前期展示で個人的に印象深かった作品は、運慶作の国宝で八大童子立像のひとつである、制吒迦(せいたか)童子像です。八大童子とは大日如来の化身である不動明王に従う8人の童子のことで、制吒迦童子像は運慶の作風がよくあらわれているとされています。凛々しい表情に鮮やかな赤い体で、目には水晶が使われており、その目もとても印象的でした。
他にもたくさんの歴史ある作品に圧倒されるばかりで、大変満足しました。しかし後期展示もとても興味深いので、やはりまた見に行かなければと思いました。
貴重な作品たちを鑑賞でき、平安時代や鎌倉時代に想いを馳せることができました。高野山霊宝館でも不定期での公開とされている作品も展示されていますし、高野山でしか購入できないお土産なども販売されていますので、この機会に皆さんも足を運んでみてはいかがでしょうか。


esprimary at 12:32|Permalinkスタッフブログ 

2017年07月25日

On The Road To Aomori City

thumbnail_F7BBD5AB-C77D-438A-A69D-40BB06BB0B42Hi everyone, this is Raymond again, and for this blog I thought I'd write about my trip during Golden Week.

My wife and I travelled to Aomori Prefecture for our holiday this year. We took a bus to Hachinohe, picked up a rental car and stayed for a few days in Towada City, then drove to Aomori City.

This trip was the first time for both my wife and I to visit Aomori City. We decided it would be best to drive there from Towada as other means of transportation aren't so convenient.

The road from Towada to Aomori City crosses through the Hakkouda Mountains, a volcanic mountain range that lies to the south of Aomori City. The range consists of over one dozen volcanoes and lava domes arranged into two volcanic groups.

Like most places in Japan, the roads through these mountains are quite narrow in some places, and with all of the curves common in mountain roads, it made the journey a bit scary at times. We managed to survive only because my wife is (usually) a good driver. I, on the other hand, don't even have a driver's license, so it would be impossible for me to make it out of the Hakkouda Mountains alive!

One reason we chose this mountain route was convenience, but my wife may have had an ulterior motive, too.

She recently borrowed a DVD of a Ken Takakura movie from the library. The movie, titled 'Mt. Hakkouda', was directed by Shiro Moritani and is based on novelist Jiro Nitta's recounting of the Hakkouda Mountains incident.

The Hakkouda Montains incident occured on January 23rd, 1902, when a group of ill-equipped and inexperienced Imperial Japanese Army soldiers became lost in a blizzard while conducting winter training exercises.

Of the 210 soldiers who set out on this training exercise 199 of them died.

The 199 deaths during a single ascent makes this the world's largest mountaineering disaster in the modern history of mountain climbing.

On the north side of the mountains, just above Aomori City, there is a museum commemorating this incident.

Called 'Hakkouda Secchu Kougun Shiryoukan', the small museum has a comprehensive display that explains the incident in detail.

Outside the museum we can even visit a small cemetery where the 199 soldiers have been laid to rest.

Our guide, a quite enthusiastic Ken Takakura fan, gave us directions back up the mountain to the memorial statue of Fusanosuke Goto. Goto, from Kurihara in Miyagi Prefecture, was the first survivor of the incident found. The memorial depicts the spot Goto was found standing, buried in the snow, surrounded by what must have been a desolate, all-white landscape.

 

 



esprimary at 12:27|Permalinkスタッフブログ 

2017年07月21日

銀座

image1みなさんこんにちは。
日本人インストラクターの佐々です。
突然ですが、この写真はどこかおわかりですか?
美術館?博物館?そんな雰囲気のデザインですが、これは旧松坂屋銀座店を改装し2017年4月20日にオープンしたばかりの銀座シックスの屋上庭園です。
241店舗が集結し、屋上庭園のほか能楽堂などを含む盛りだくさんの複合施設です。
銀座六丁目にある事から銀座シックスと名付けられました。
この屋上庭園「GINZA SIX ガーデン」は、「江戸の庭園文化」をコンセプトにした植栽をみる事ができます。
週末はかなり混み合い、屋上に上がれるエレベーターはフル稼動にもかかわらずエレベーター前には長蛇の人。
結局エレベーター待ちに1時間を要しましたが屋上とは思えないお洒落でデザイン性の高い空間を楽しむことが出来ました。
さらに施設内の中央に位置する大きな吹き抜け空間では、森美術館の監修のもと草間彌生さんの新作インスタレーションを期間限定で展示してあり、彼女の代表的なモチーフである“ドット”のカボチャが12個、シャンデリアのように吊り下げられています。
他にもデザイン性が高く最新のお洒落な装飾や店舗を見ることができ館内を歩くだけでも充分楽しむことができます。
銀座は高級ブランドショップや老舗飲食店など大人の街のイメージがありますがファストリテールショップやユニクロ、無印など若い方々も楽しめる場所が沢山あります。
さらに東京駅からJR一駅分とアクセスも良いです。
梅雨の時期は出歩くのが少々億劫になりがちですが、天候に関係なく楽しめる施設巡りなどはいかがでしょうか?


esprimary at 12:10|Permalinkスタッフブログ 

2017年07月18日

Chewy udon

IMG_1537こんにちは。日本人スタッフの遠藤です。
先日近所のスーパーに行ったら、入り口に新聞紙が置かれていました。不思議に思って視線を上の方に移すと、そこにはなんと燕の巣がありました。
巣の中にはひなが4〜5匹いて、親鳥が餌を運んで来るのを今か今かと待ち望んでいました。
燕は風通しの良い賑やかな場所を選んで巣を作るのだそうです。野鳥の中でも天敵から身を守る能力が低いため、外敵から身を守るために人の出入りが多い場所にあえて巣を作るというのです。
また、縁起の良い鳥として知られていて、巣を作ったお店は商売繁盛するとも言われています。
渡り鳥なのでいつ居なくなってしまうのか分からないのですが、お店に行くときの楽しみとして密かに見守っていきたいと思います。
近所で気になると言えば、手ぶちうどん屋さん。手うちではなくて手ぶちという単語が気になっていて少し前から行きたいと思っていました。
営業時間が11時から15時迄と短く、そして私のお休みの日と定休日が重なっていて行けずにいたのですが、ようやくこの前のお休みに行くことが出来ました。
人気のお店の様で、とても活気があって雰囲気も良かったです。通された席から、お店の人がうどんを打っている様子も見ることも出来ました。
つけ麺タイプのうどんで、食べてみると想像以上にコシが強くて食べごたえ満点でした。ごつごつしたうどんです。うどんというと柔らかくて消化の良い食べ物というイメージしかなかったので、初めてのタイプのうどんに衝撃を受けました。この食感を求めて足を運ぶ人が多いのだろうと思いました。つけ汁もお肉やきのこや季節限定の汁などバリエーションが豊富でいろいろ試してみたいと思いました。
突然ですが、ラーメンやうどんのコシを英語で表現するにはどうしたらよいのでしょうか?早速、調べてみると、chewyという言葉を使うといいみたいですよ。
chewyは動詞chewの形容詞形。chewはよく噛むという意味です。顎をよく使う食品を噛むときに使われます。チューイングガムという言葉がありますのでイメージしやすいですね。
biteという単語もありますが、ガブっと噛むというイメージで使われるそうです。これからの季節ですと蚊に刺されるという人も増えてくると思いますが、虫刺されはmosquito biteと言います。
同じ噛むでも使う単語が違うので、難しくもありますが、興味深いですよね。身近なところから単語を拾って楽しみながら使える単語を増やしてみられてはいかがでしょうか。



esprimary at 12:06|Permalinkスタッフブログ 

2017年07月15日

人生ゲーム

DSC_0363こんにちは。日本人スタッフの村上です。
暑い毎日ですね。今年は猛暑になると報道されてはいましたが、これほど早い時期に暑くなるとは思っていませんでした。
30度越えの暑い日は外出するのが億劫になるときもあり、そんな日は「今日は外出しない!」と割り切って家でエアコンをかけてインドアに浸ります。
読書や料理をしたり、家で味わえる楽しみを見つけているのですが、最近やってみて楽しかったのが人生ゲームです。
誰にもおなじみの人生ゲームは、アメリカが発祥で日本で最初発売されたのが1968年だそうなので、もう50年も親しまれてきたゲームということになります。
子供のころに遊んで楽しかった記憶があり、プラスチックでできた車にマッチ棒のような人を乗せて結婚したら一人増え、子供が生まれるとその分また増えていくのが印象的でした。
最近の人生ゲームは、盤の色がとてもカラフルでルーレットも回しやすく見やすく改良されています。
マスに書かれた内容も3Dプリンターとか、IT企業などの近代的な内容になっていて、昔遊んだ人生ゲームとは全く違うもののように変化を遂げています。
意外だったのは、前述したコマがプラスチックの車でマッチ棒のような人を乗せて進むというスタイルが変わっていなかったことです!
人生ゲームのシンボルのようなこのスタイルは、今後も変わらないでほしいなあと思ってしまいます。
最近ボードゲームが流行っているようですので、何か他のゲームも探してみたいと思います。

また、プライマリーでも新しいイベントレッスンとして、8月よりボードゲームレッスンを開催いたします。
外国人インストラクターが英語で進めるボードゲームは、また違った楽しさや発見があると思います。
定員がございますのでご興味のおありの方は、ぜひお早めにご予約ください



esprimary at 11:52|Permalinkスタッフブログ 

2017年07月07日

梅雨

IMG_1478こんにちは。

日本人スタッフの佐藤です。

梅雨真っ只中で、じめじめした毎日ですね。

雨の日に家で雨の音を聞くのも落ち着きますが、やはり晴れの日の方が気分が上がりますよね。

梅雨時の花といえば、紫陽花ですね!

先日東京に行った際に、紫陽花をイメージしたかき氷を食べてきました。

ちょうどそのお店に行く途中にみつけたあじさいも、とてもきれいな色合いでした。

かき氷は、ミント、コーンフレーク、抹茶クリームで作られていて、見た目に違わず味も良かったです。

他にも食べ物屋さんをたくさん巡りました!

いつも行きたいお店をリストにしたり、スクリーンショットをとっておいて、まわることを楽しんでいます。

最近は、わたあめが周りについたアイスが流行りのようですが、トッピングが落ちやすくて上手に食べるのが難しかったです。

じめじめした季節でありますがからだに気をつけて、一緒にこの時期を乗り切りましょう!



esprimary at 15:46|Permalinkスタッフブログ 

2017年07月04日

DISNEY WORLD

DISNEYWORLDこんにちは。日本人スタッフの中平です。

突然ですが、みなさんは世界各国のディズニーリゾートに行かれたことはありますか?正直なところ、「ディズニー」に関しては好き嫌いがはっきりと分かれるかと思いますが、私は大好きなのです。昔は年間パスポートも購入して、パークに入り浸っていました。食べる、乗る、観る、歩く・・・その時の気分で楽しみ方も様々で、一人で乗り込むことも何回もありました。

幼いころは日本のディズニーリゾートにしか行ったことがなかったですが、大学生のころに友達と二人で、初めて海外のディズニーリゾートに行ってみることとなりました。行先はフロリダのディスニーワールド。フロリダのディズニーワールドには、東京のディズニーランド、シーと同じような規模のパークが4つもあるのです!一日に1つ見るだけでも4日間かかります。それぞれにパークでテーマも異なっていて、まったく飽きないのが素敵なところ。友人と一緒に一つずつ回って、4日間かけて各パークを堪能しました。そして最後の5日目には互いに別行動をとって、自分の行きたいところを自由に回ることにしました。お酒も販売していて、昼間から自由気ままに過ごすことが出来ました。

また、4つのパークを結ぶシャトルバスが定期的に運行していて、パーク間の移動もとても便利になっているのです。なんとも嬉しいサービスです。そして全てのパークに自由に出入りが出来るパスカードもまた可愛いのです。ホテルのルームキーも兼ねている優れものなのです!もちろん、ホテルも全てディズニー仕様です。いたるところにキャラクターのオブジェがあったり、アメニティもディズニー仕様でとても可愛いものばかりでした。5日間という短い時間でしたが、毎日朝から晩までディズニー一色で幸せなひと時でした!

ディズニーワールドでの5日間の中で、とても思い出に残る出来事がありました。パークで楽しんでいる中、ふとくしゃみをしたときに、近くにいるキャストスタッフの方たちがこちらを向いて、『Bless You』と言ってくださったのです。日本では経験のないことだったので、驚いたと同時に何も返答できなかった自分自身をとても反省しています。突然の出来事に、会釈しかできずに何も言葉が出てきませんでした。また機会があれば、しっかりと『Thank You』と返答できるようにしたいと心に留めながら、日々過ごしています。

 



esprimary at 20:24|Permalinkスタッフブログ 
Archives