クリスマスに誕生したイエスを抱えたマリアがヨゼフに伴われて神殿にお参りをした記念日が2月2日です。人間の姿をとってこの世に生まれてきて下さったイエスの赤ちゃん姿どんなに可愛かったことでしょう。

マリア様が愛しくイエスを眺める姿が想像されますが、神殿にいた老預言者からあなたの心は剣の刃で刺されるほど苦しむことになるでしょうと宣告され、この時すでにマリアは訪れる不幸を預言されるのです。

この日はフランスでは特にブルターニュではクレープを食べる習慣があり、我が家でも欠かすことありません。どんなクレープを作って食べたか毎年毎年書いていたので、その溜まった写真をまとめて紹介します。
2010-02-irmate 007
2010-08-cassis 013
2011-02-crepes 001
IMG_0950
2009-02-crepes 012
2010-03-caramel beurre sale 004
2012-02-crepes 007

2010-02-irmate 008


IMG_20170202_134850267
この他にも色々あり、よくもこんなに多くのレシピ作りに励んだもんだと我ながら感心してますが、悲しいかな今はそんな元気ないので、シャンドラーとも呼ばれる主の宮参り記念日を今年はベーシックなバターと砂糖のクレープにしました。シンプルが一番だよと言ってくれる主人にリキュール・グランマニエを上にかけそれをフランベして喜んでもらいました。




さて、話題を変え、時事の問題に移ります。

ありえないと思っていた人が大統領になってしまったアメリカでは、懸念していた通リの新政策が続々出され、一つ一つの課題が世界中を不安に陥れているという感じです。
長い歴史をかけてって築き上げられた文明が逆戻りするんじゃないかと思うと恐ろしいですね。

先日の大統領布令はテロ国と認定された国の人々がアメリカ領土に入国するのを禁止し、多くの人々が送り返されたり足止めされたりしたという騒ぎがありました。
それと同時に彼の移民制限を掲げる政策には人種偏見の危険感を覚えます。

C3deAg_W8AQouwI

私の次男が働くシリコンバレーにある大手IT企業には世界中の若者が集まっています。そして、それぞれが与えられた才能を出し合い、協力しながら、毎日技術改革を成し遂げています。彼らは 自分たちの努力の成果が人々の生活を向上させ、世界中で皆が平等にその恩恵を受けられるようになるのを目標に掲げています。

会社の創立者の一人自身、子供の時移民としてアメリカに来ているし、今の社長も移民だし、会社で働く従業員の人種は多種多様でいろんな肌の色が混じっています。ですから、彼らは今度の政策に賛成するわけにはいかないと、すぐ会社ぐるみで抗議のデモを行いました。

写真はその時のもので、次男は右から二人目ですが、彼は日仏ミックスというより眉が太くてトランプ氏の憎しみの標的になっている中近東系に見えるののかもしれません。それでピックアップされたのでしょう。