2017年10月31日

最近寒くなってきたせいもあってか、朝起きるのが苦手になってきた

今日この頃です。

そんな今日はこれです。
     ↓







<ニュース>
内閣府はこのほど、食育関係の施策の推進状況などをまとめた『食育白書』を作成しました。「食」をめぐるさまざまなデータが網羅され、文章もほかの白書などに比べてやさしく書かれており、「食育」に関する格
好の教科書ともいえる内容になっています。
政府は、「食」はすべての基本となる重要な問題であるとして、2005(平成17)年に食育基本法を制定するとともに、2006(同18)年3月に食育推進基本計画を定め、2010(同22)年度までに▽朝食を食べない子どもの割合をゼロにする▽朝食を食べない20代男性の割合を30%超から15%以下に引き下げる……など、具体的な到達目標を定めています。これに基づいて各省庁がそれぞれ取り組みをしており、その内容と毎年度の到達目標の進み具合などをまとめたものが『食育白書』です。








大事ですよね、これ。

家族が揃って食事をする。当たり前と思えるものの実際はなかなか難しい状況な

のが現実かもしれません。

お父さんは相変わらず帰りが遅いし、子供たちも塾や習い事でタイミングがずれ

たりしますよね。

だからこそ家族で話し合い、週に数日でも帰宅時間を必ず守るという日を設定す

る必要があるかもしれません。

当然食べ物の好き嫌いや健康管理も出来ますね。

それではまた。

ランキングはこちらをクリック!

(21:28)

2017年10月27日

今日も晴天に恵まれた1日となりました

そんな今日はこれです。
      ↓








<ニュース>
過去に多くの研究者たちは、幸福と長寿に何からの関係があると信じ、繰り返し研究を進めてきた。米イリノイ大学の研究者は、これら160件以上の研究報告を詳細に調査したところ、研究結果に一貫性があることを突き止めた。どうやら肯定的かつ積極的な心持ちは、ストレス性のホルモンを減少し、免疫機能を向上させるようである。
同大学のエド・ディーナー教授がまとめた論文によると、幸福は疲労からの回復を早めるという。また、不安や落ち込み、悲観論は病気の発病と密接に関係しており、寿命を短くする可能性を秘めている。さらに、激しい怒りを感じたり、ストレスの多い環境では、病気になり易く、早死にする確率が高いとしている。
膨大な研究報告を調査したことについて、教授は「データの一貫性に驚いている」と語っている。そして、「圧倒的多数の研究者が、幸せな心持ちが、健康と長生きを保つと結論付けている」と説明しているのだ。









やはり病は気からということですね。

私の場合は意外とストレスをそうとは感じないようなので助かっております。

ん?

鈍感なだけ?

まあまあいい意味で鈍感なのかもしれませんね(笑)

という事は私は長生きできるって事になりますね。

あっ、またポジティブ思考がでてしまいました。

それでは今日も有難うございました。





(19:12)

2017年10月23日

最近はようやく朝は寒く感じられるようになってきましたね。

そんな今日はこんなニュースです。









<ニュース>
年を取ると人の顔などをすぐに覚えられなくなるのは、記憶力が足りないのではなく、ほかの余計な事に気を取られてしまうのが原因−。米カリフォルニア大の研究チームが17日までに、高齢者の脳の働きを調べた実験結果を、米科学誌ネイチャー・ニューロサイエンスの電子版に発表した。








なるほど、確かにそんな気もしますね、歳を取るとだんだん余計な事を考えざる

を得なくなるみたいですよね。

結構どーでもいいことを考えているのかもしれません。本当はもっと大切な事を

考えたり、余裕を持っていることで、集中することも出来るし、記憶にも残るの

かもしれません

それではまた。


(23:28)

2017年10月17日

10月も半ばに入り多忙期に突入です

より一層気を引き締めてがんばっていきましょう。

今日のニュースはこれ
    ↓








<ニュース>
去年の9月に名古屋の栄にオープンした、罰ゲームボックスなる謎の個室があるという“ストレス発散バー”。大量の水攻めやパイ投げなど、テレビ番組でおなじみの罰ゲームを体験できるとあり、ひそかに人気を集めているという。そこでその実態を確かめるべく、編集部が体を張って(?)店内に潜入! 予想以上に本格的な罰ゲームを調査した。
【写真】ビール瓶を頭にドーン! テレビで見たおなじみの罰ゲームがいっぱい
ウワサの店は名古屋市中区・矢場町にある「んだ〜 バカヤロウ!」。高田○次氏のファンでもあるオーナーが“勝手に”作ったという、高田氏専用のTIP(Takada Important Person)個室や、ペッパーが多めでスパイシーなカルボナーラ野郎(600円)など、インテリアにもメニューにもこだわった同店だが、一番の注目はやはり“体感できる罰ゲーム”だ。
例えば、たっぷりのパイを顔面にバーン! と投げつけるゲームはかなりオススメ。クリームがのった皿を投げつける「んだ〜パイ」(1500円)は新オプションメニューなのだが、テレビに出てくる芸人さん並みのドキドキ感が味わえること間違いなし! しかも、穴が開いたプラスチック板から顔を出しパイをぶつけられる仕組みで、洋服など汚れる心配もないため思いっきりやれるのがうれしいところだ。実際に体験した担当のライターは、「味は甘酸っぱかったです♪」と、その味にも大満足(!?)だ。
また、ビール瓶で頭をドーン! とたたかれる罰ゲームも。ヘルメット&レインコート着用で行うゲームで、ビール瓶はアメ製。アメでできた「んだ〜ビール瓶」(3000円)で頭を思い切りたたけば、気分も爽快!? 「衝撃はありますが、痛くはないですよ」と担当ライター。うまいリアクションで周りを盛り上げてみて!








これはまた新しい発想のお店が誕生いたしましたね。

ビール瓶で頭をバーン、というのはなかなか興味深い罰ゲームですね。

社会にもまれストレスを溜めたサラリーマンにはもってこいのゲームかも

しれませんね。

やはりこの社会を勝ち抜いていくには新しい発想と転換が大事ですからね。

では今日も有難うございました。






(19:17)

2017年10月13日

いやいやいや、今日は本当に寒い1日でした。

明日からは多少暖かくなる予報ですがみなさん風邪を引かないように

気をつけてくださいね。

それでは今日のニュースはこれ
    ↓






<ニュース>
最近ではメールで新年の挨拶をする人も増えてきているが、なかには“メールでの年賀状”に違和感を覚える人も少なくないようだ。そこでオリコンでは20代から40代の社会人を対象に『メールで年賀状をもらうことは嬉しいですか?』というアンケートを実施したところ、全体では【嬉しい】が58.3%、【嬉しくない】が41.7%という結果に。女性は全世代で6割以上が【嬉しい】と回答したのに対し、30代、40代の男性は「味気ない」などと【嬉しくない】という回答が半数を上回り、男女の間ではメールでの年賀状についての意識が多少異なっているようだ。







最近年賀状のデジタル化が流行ってるって皆さん知ってましたか?

年賀状と言えば学生の頃は1月1日の朝は誰から届くか物凄いウキウキしていた

頃を思い出します。

学生の頃はお年玉の次に楽しみにしていたもんです。

社会人ともなると年賀状作成が年末の大仕事となってしまうのは皆さんも

同じですよね?

それではまた。


(19:37)