◆歴史

元は東北線と東海道線を連絡する貨物主体の路線で山の手に線路を敷設したものが、東京市街地の拡大に伴い、市街を巡る大都市の基幹交通路線に性格を変えていった。電車が運行を開始したのは1909年、現在のように環状運転が実施されるようになったのは1925年のことである。

品川線と呼ばれたこの路線は、当時上野駅止まりだった日本鉄道東北本線と、新橋駅止まりだった官設鉄道の東海道本線とを連絡するために建設された。上野 - 新橋間を結べば距離は短いが、すでにその区間は住宅密集地域だったので建設を断念。遠回りになるが、当時は民家がほとんどなく林と草原が広がっていた武蔵野台地の山の手側で建設をすることになった。区間は赤羽 - 品川間である。

その後、同じ日本鉄道の路線である海岸線(現在の常磐線)との連絡線の建設も行うことになった。常磐線は当時、田端 - 三河島間が本線だった(そのため、現在も日暮里 - 三河島間には急カーブが残っている)ので、池袋駅(新設)から田端駅までの路線(豊島線)の建設を行った。ちなみに、当時は分岐点を目白駅にする予定だったが、同駅周辺で十分な用地の確保が困難だったため、新設の池袋駅へ変更した。駒込 - 巣鴨間で線路が南西を向いているのは駒込からそのまま目白駅に向かう予定だったからである。なお、常磐線との連絡線は戦後すぐに瓦礫の捨て場として使われ、埋められてしまい、現存しない。

国鉄買収後に烏森(現在の新橋) - 新宿 - 上野間が電化され、電車の運転が開始された。この時、品川 - 烏森間は京浜線(現:京浜東北線)に乗り入れる形を採っていた。東海道線が東京駅まで延伸開業し、中央線も同駅まで延伸されると、中央線と山手線を接続し、中野 - 新宿 - 東京 - 品川 - 新宿 - 田端 - 上野間の「の」の字運転が開始された。1925年に東北線の上野 - 神田間が完成すると中央線への乗り入れは中止され、環状運転が開始された。この時に同じ線路を走る京浜線も東京駅から上野駅まで延伸され、東北線田端 - 赤羽間が電化された1928年には京浜線が東北線に乗り入れて赤羽駅まで延伸され「京浜・東北線」と呼ばれるようになった。そして1956年に山手線と京浜東北線が分離された。

1972年には赤羽 - 池袋間が赤羽線として分離した。元々山手線と同一路線だったため池袋駅では、10両編成化に伴う新ホーム設置(2007年現行3・4番線)までは山手線外回り始発列車ホーム(2007年現行8番線)で発着していた。ラインカラーも当時山手線で使われていた「カナリア(黄色)」が、山手線が「ウグイス(黄緑色)」に塗装変更された後も使われ続けた。

その後、新型車両の導入や6扉車の導入などがあったが、路線自体は特に大きな改造などはなされていない。昭和の終わりから平成の初めにかけてのいわゆるバブルの時代に、駅周辺施設の再開発に絡んで、JR東日本の幹部の見解として、今後少なくとも100年くらいは山手線が線路として活用され続けることが想定でき、列車の運行の妨げにならないということを優先して考えると、線路の上の空間を直接に高度利用することは考えにくい、ということが語られたことがある


◆年表

*が付いている駅は、後に路線分離により赤羽線の駅となった駅。

1885年(明治18年)3月1日:日本鉄道品川線 品川 - 赤羽間(12M75C50L≒20.83km)開業。渋谷駅、新宿駅、*板橋駅開業
3月16日:目黒駅、目白駅開業

1890年(明治23年)1月25日:MCL表示からMC表示に簡略化(12M75C50L→12M76C)

1894年(明治27年)8月:後の大井聯絡所と後の大崎駅を結ぶ軍用線が開業
1901年(明治34年)2月25日:大崎駅、恵比寿駅(貨物駅)開業
3月15日:大井聯絡所 - 大崎間で貨物列車運行開始
8月1日:官設鉄道 大井聯絡所 - 大崎間(72C≒1.45km)が正式に開業

1902年(明治35年)5月10日:目白 - 板橋間に池袋信号所を開設
11月12日:MC表示からマイル表示に簡略化(品川 - 赤羽間 12M76C→13.0M、大井 - 大崎間 72C→0.9M)

1903年(明治36年)4月1日:日本鉄道豊島線 池袋 - 田端間(3.3M≒5.31km)開業。池袋信号所を駅に格上げし池袋駅開業。大塚駅、巣鴨駅開業

1904年(明治37年)11月:品川線 新宿 - 池袋間複線化

1905年(明治38年)6月10日:赤羽 - 板橋間に十条駅(貨物駅)開業
10月:品川線 渋谷 - 新宿間複線化

1906年(明治39年)2月7日:十条駅(貨物駅)廃止
10月:品川線 大崎 - 渋谷間複線化
10月30日:原宿駅開業。恵比寿駅が旅客営業開始
11月1日:日本鉄道が国有化

1909年(明治42年)10月12日:線路名称制定、赤羽 - 品川間、池袋 - 田端間、貨物支線 大崎 - 大井聯絡所間が山手線(東北線の部)となる
11月30日:大崎 - 品川間複線化
12月16日:東海道本線 品川 - 烏森(現在の新橋)間開業。山手線 田端 - 池袋間、赤羽 - 品川間電化。上野 - 新宿 - 品川 - 烏森、赤羽 - 池袋間に電車運転開始。代々木駅停車開始(中央本線の駅として1906年に既に開業)

1910年(明治43年)4月1日:田端 - 池袋間複線化
6月25日:東海道本線 烏森 - 有楽町間開業
9月15日:東海道本線 有楽町 - 呉服橋間開業。高田馬場駅
11月1日:*十条駅開業
11月15日:駒込駅開業

1911年(明治44年)10月15日:五反田駅開業

1914年(大正3年)5月24日:葬場殿仮停車場を開設、原宿 - 葬場殿間(0.4M≒0.64km)開業(同月26日廃止)。代々木公園で昭憲皇太后の大葬が行われた

11月15日:新大久保駅開業

12月20日:東海道本線 東京駅開業。大井聯絡所を駅に格上げし大井町駅開業

1916年(大正5年)4月16日:貨物支線 大崎 - 大井町間(0.9M≒1.45km)廃止

1919年(大正8年)3月1日:中央本線と接続し中野 - 東京 - 品川 - 池袋 - 上野間で「『の』の字運転」開始
3月10日: 五反田 - 目黒間に上大崎仮信号所を開設

1922年(大正11年)4月1日:信号所を信号場に変更

1925年(大正14年)11月1日:東北本線 神田 - 上野間開業。環状運転開始

1927年(昭和2年)4月20日:高田馬場 - 新大久保間に戸山ヶ原信号場開設

1929年(昭和4年)8月21日:品川 - 大崎間に目黒川信号場を開設

1930年(昭和5年)4月1日:マイル表示からメートル表示に変更(赤羽 - 品川間 13.0M→20.9km、池袋 - 田端間 3.3M→5.2km)
1935年(昭和10年)11月1日:上大崎仮信号場廃止
11月15日: 戸山ヶ原信号場廃止

1956年(昭和31年)11月19日:田端 - 田町間線増完成。京浜東北線と分離運転開始(ただし早朝・深夜と日中は同一線路を共用)

1961年(昭和36年):101系を投入。車体色はカナリア・イエロー
1963年(昭和38年):103系を投入。車体色をウグイスに変更
1965年(昭和40年)7月:目黒川信号場廃止
1968年(昭和43年)10月1日:10両編成運転開始
1970年(昭和45年)7月31日:国電山手線初の103系冷房車運行開始

1971年(昭和46年)3月7日:路線名の読みを「やまてせん」から「やまのてせん」に統一(後述)
4月20日:西日暮里駅開業
1972年(昭和47年)7月15日:山手線を東北線の部から東海道線の部に移し、区間表示を品川 - 新宿 - 田端間 (20.6km) に変更。池袋 - 赤羽間 (5.5km) は赤羽線として分離

1981年(昭和56年)12月6日:ATC・列車無線使用開始

1985年(昭和60年)3月25日:国電初のステンレス通勤型車両205系山手線で使用開始
1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化により東日本旅客鉄道が承継
8月:アートコーヒーの主催によるイベント列車「RAIL TRAIN YAMANOTE」運転

1988年(昭和63年)3月13日:京浜東北線で日中の快速運転を開始。京浜東北線と終日分離運転
6月26日: 205系増備完了に従い、103系が山手線での使用終了。さよならイベントが品川電車区で実施

1990年(平成2年)3月10日:6扉車サハ204形900番台試作車を1編成に2か所連結。6扉車は平日の朝10時まで座席を収納

1990年(平成2年)6月8日:6扉車で文字放送サービス開始 
205系ADトレイン(2003年8月3日、高田馬場駅)この年、山手線で初めて車内広告が1社で統一されるADトレイン運転開始(先頭車の正面にヘッドマークを掲出)。1995年に2編成あるうちの1編成のヘッドマークを変更(後に再変更)。205系のADトレインの歴代ヘッドマーク4個はすべて消滅
10月20日:国際鉄道安全会議を記念して「TECH TRAIN」を11月4日までの土・日曜日に運転。1日3往復で、運転終了後は池袋駅で展示された。使用車両は103系で、先頭車は京浜東北線から、中間車は埼京線からの車両を組み込んだ編成で運転された。車内にはJR東日本の安全への取り組みや鉄道に関する資料や模型などが展示された。なお、この時は山手線はすべて205系で運転していたため、2年4か月ぶりに山手線に103系が運転されることになる
1991年(平成3年)12月1日:6扉車サハ204形0番台量産車の10号車への連結を開始し、一週間ほどで全編成が11両編成となる。11両化された編成の先頭車前面には「11CARS」のステッカーが貼り付けられたが、ステッカーは1997年までに全編成から取り外された

1998年(平成10年)7月4日:ATOS使用開始 
原宿→代々木間をゆく205系(1998年夏)2000年(平成12年)12月31日:20世紀から21世紀へのカウントダウンとして臨時列車「21GO」を翌年1月1日まで運転。使用車両は列車名にちなみ215系
2001年(平成13年)3月21日:みんなの地球をみんなで考えるエコロジーキャンペーンの一環として「エコトレイン2001」を通常はADトレインで使用されている48番編成で4月20日まで運転。両端の車両全面にステッカー貼付
12月1日:山手線で初めて『側面車体広告車』開始

2002年(平成14年)4月21日:E231系500番台が山手線で使用開始

2005年(平成17年)4月17日:E231系500番台増備完了に従い、205系が山手線での使用終了

2006年(平成18年)7月30日:D-ATC使用開始

2007年(平成19年)3月18日:D-ATC化後初のダイヤ改正で、1周最速59分(起終点駅での停車時間を除く)に所要時間短縮。朝ラッシュピークに外回りを1本増発。平日日中の本数を4分おきにするなど、全体的に運転間隔を見直し。また、この日のダイヤ改正から山手線各駅ホーム上の時刻表フォーマットが4 - 6時台と23 - 1時台のみの表記になり、それ以外の時間帯(7 - 22時台)の部分は全面的に省略された。余った部分は、列車停車・乗り換え位置などの案内になった(ただし、大崎駅の2・4番線は従来通り全列車の時刻表である)
8月26日: JRの在来線として初めてとなるデジタル列車無線を導入

2010年(平成22年)度、恵比寿駅と目黒駅でホームドア稼働予定


◆並行する独立した線路を有する運転系統と区間
(区間表記の括弧内の駅は、山手線と並行するものの連絡する駅施設がない駅)

京浜東北線 - 田端 - 東京 - 品川 -
このうち、田端 - 田町間は京浜東北線と山手線は各駅において同一ホーム上で同一方向の電車が発着する方向別配線となっており、京浜東北線が外側、山手線が内側である。両線が緩行運転する時間帯は同一ホーム上での先発列車乗車が可能である。また、京浜東北線が快速運転する時間帯では緩行の山手線との同一ホーム上での緩急乗り換えが可能である。なお、品川駅は配線の都合上山手線と京浜東北線のホームがそれぞれ独立しているため、京浜東北線の快速は隣の田町駅にも停車して便宜を図り、また乗り換えの案内も田町と品川の両方でなされる。

東北本線(宇都宮線・高崎線)(4線) 上野 - (日暮里) -

常磐線 上野 - 日暮里 -

東北新幹線 東京 - 上野 - (田端) -

中央線 東京 - 神田 -

東海道本線 東京 - 新橋 - 品川 -

横須賀線・総武快速線 - 東京 - 新橋 - 品川 -

東海道新幹線 東京 - 品川 -
(通称)山手貨物線 - 品川 - 新宿 - 池袋 - (田端) -

湘南新宿ライン - 大崎 - 新宿 - 池袋 - (田端) -

埼京線 - 大崎 - 新宿 - 池袋 -

中央線 - (代々木) - 新宿 -

中央・総武緩行線 - 代々木 - 新宿 -


山手線. (2008, 12月 15). Wikipedia, . Retrieved 10:06, 12月 15, 2008 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%B1%B1%E6%89%8B%E7%B7%9A&oldid=23402240.