リケジョ32歳、研究職に就いています。
リケジョ32歳、研究職に就いています。
6年程今の会社に勤務していますが、研究分野や実際の業務が、自分のやりたいものとかなりギャップがあり..転職したいと思っています。既に、何社か応募をしているのですが、面接まで辿りつつも、全て不採用になってしまっています。私の転職活動のやり方が間違っているのか、それとも、何か欠けているのか、それとも、今転職すべきではないのか、教えていただけますでしょうか。宜しくお願いいたします。 
 
(イクミ/研究職/32歳)
 

タロット結果イクミ様
お待たせいたしました。 鑑定結果をお送りいたします。 
今回の鑑定は、イクミ様の現状や取り巻く環境を深く読み取り、 今後の就職活動において、化学メーカー・香料、そして会社規模的にはどのぐらいをターゲットにすべきなのか、 そして最終的に、希望の会社・納得のいく会社に入社できるのか、詳しくリーディングしてみました。
 
① イクミ様の現状と取り巻く環境(ソードの10;正位置)
まだこの就職活動は始まったばかりというのに、イクミさんは、数社ほどからお声がかからなかったことを、 「落ちた」「評価されなかった」などと、ネガティブに直結した捉え方をしていらっしゃいます。 これまでのイクミさんの進学・進路という人生が、いかに障壁の無いスムーズな人生だったのかを、これで気付かれたかと思います。 しかし、会社というのは、決して頭脳や成績の優劣だけで採用不採用を決定はしないのですよ.. その会社の業種業態における適材適所といった評価ポイントはもちろんベースとしてあるにはあるのですが、 それよりも実際は、会社の風土や環境、ワークスタイル、また人材側の資質や素養などを重要視することの方が重きを置かれるものなのです。 だって、人材が会社の技術以上に優秀過ぎたら、本人が求める高レベルの業務や課題が存在せず、途中で他の会社へ転職されてしまう可能性がありますし。 
(東大卒の方にけっこういらっしゃいます。ポスドクと言われています。
その会社の独得な風土や性質に、合う人、向いている人、馴染める人というのは、 頭脳よりも、その人の素養な性格、思考の傾向に重きを置いた評価をした方が適材適所の人材は見つかるものなのです。 また、会社には、既に昔から在籍している社員の人、中途採用で入って来られた人、またその中でも途中で辞めてしまう人など、 毎年、文系や理系の割合が変動しています。 更に、若手の人口と中堅社員、そして管理職人口とのバランスも含め、複雑な課題や条件によって、その年に求める新入社員の採用条件が変わってくるものでもあります。 それほど複雑ですから、複数社の会社に落ちたからって、「私は市場価値が無い」とか「評価されない」ということには繋がらないのですよ。 本当に、こればっかしは「ご縁」なのです。 縁あって入社して、やっぱり合ってなかった→辞める、という結果も、そういう辞めるというご縁なのです。 であれば、直ぐに辞めてしまうようなご縁より、双方じっくり検討・吟味し合って、企業側も新入社員側も納得した上で採用となった方が、理想な訳です。 確かに、誰でも結果には期待はするものです。 「厳重な選考の結果、今回は見送りとさせていただきました...」と通知を受け取ってしまうと、突然衝撃が走って、どうしても自信が無くなります。 皆んなそうなのですよ^^ なので、回避方法としては、逆に、「会社に入る前に、自分が合わないことを早めに教えてくれて感謝。」と考えること。 大丈夫、実は、結論を申し上げますと、イクミさんは最終的にご自分の希望の会社、納得のいく会社に巡り合い、無事採用が決まるとカードから示唆されています。 タイミング的には、夏の終わりごろと出ていますので、まだまだ時間はたっぷりあります。 今ここでメゲテいる場合ではありませんよ。 では、今後の就職活動、どのような選択・行動をすえれば、ベストマッチングな会社と巡り合えることができるのか、詳しくリーディングして参りましょうか。  
 
②中小・中堅規模の会社を選択した場合(ワンドの5;逆位置)
イクミさん的には「仕事内容さえ許容範囲であれば、中小・中堅どころでも構わない。」というスタンスかと思います。 ですが、会社側の価値観は違います。 中小・中堅なだけに、一人を採用する決めては極めて重く、例えば、サッカー試合の1点のように、とても貴重な1点な訳です。 「うちは中小・中堅規模、独自の技術と研究開発力はあるが、大手のような華やかな雰囲気や環境は無い。  果たして、新入社員の若手、しかも理系女子においては、今時女子より、地味な雰囲気の方が相応しているのではないか。」 という環境条件や懸念を持っているのです。 もちろん、これまでの専攻や学んできた成果も評価するポイントではありますが、こういった風土や環境に、一番馴染んでくれそうな人を選びます。 恐らくですが、書類選考でも、時流に乗った研究論文よりも、非常にオーソドックスで、あるいは物凄いニッチとか、地味とか、お宅とか、 独得な世界観を持ったテーマを長期に渡ってコツコツ習得されたような学生を好むといった。 男女差別なく平等に評価はしているものの、結局比率としては男性を多く採用するといった結果になるのも中小・中堅企業です。 前回の鑑定結果にも少し触れましたが、イクミさんは実際はもちろん、提出した履歴書からも、それとなくインテリジェンスな雰囲気と、 エレガントで今時の女子という雰囲気が漂う人。 なので、面接時には冒頭から「自分を崩すような自己紹介をした方が良い」とお伝えしたかもしれませんが、 こういった理系女子を好んで受け入れるところは、本当は大手なのかもしれません。 カードによれば、イクミさんは大手企業に採用が決まると現れています。 大手でなくとも、本社採用で、その会社の子会社・グループ会社といった組織に最終的には配属されることが示唆されています。 なので、良い知らせや結果は、これからといったところでしょう。 大手に決まれば、仕事環境はもちろん、女性管理職の在籍率も高く、その後の結婚や出産・育児といったライフステージにも寛容です。 恐らく、そこで長い年数勤務されるのではないでしょうか。
 
③今後の就職活動の流れ(塔;正位置)
とは言え、最終内定がもらえるまでは、まだまだ先。 今後も道は険しいとカードは告げています。 これまでと同様、メゲズ諦めずで、目ぼしい企業があれば続けて応募をしてみてください。 お互い競争ですから、複数社掛け持ちすることは問題ありません。 もちろん、マニュアル通り、面接時には「御社が第一希望」、 もしくは「こればかしはご縁だと思いますので、双方の条件と意向があればぜひ。」といった無難な回答を。 面接官も「御社が第一希望」というのは聞き飽き過ぎて、あまり信用できない決まり文句になっているでしょうから、 後者のような回答ができればベストです。 あと当たり前のことですが、履歴書記載にも面接の事前にも、その会社のことを隅から隅まで調べ尽くしておくことです。 何か少しでも興味のあること、記憶に残ったことは記載し、感想を述べましょう。 例えば「御社の過去のニュースリリースを拝見させていただきましたが、特に『◎▼◆?*..』のリリースは興味を持ちました。」的な感想です。 それ以上述べても、高度な回答・説明は難しいと思うので、端的に簡略的に述べることがポイントです。 何か質問されて、答えに困った時は、 「申し訳ございません、それについては勉強不足で存じ上げてはおりませんが、  敢えて私が興味を持ったところでは、御社のニュースリリース『◎▼◆?*..』については、非常に興味を持って拝見させていただき、勉強にもなりました。」 と、自分の知っている話題に、それとなく繋ぐげられると上等です。
 
④注意点と配慮点(ワンドの9;逆位置)
先にもお伝えいたしましたが、今後も複数社受けて、何度でも「見送りの通知」を受け取ります。 ですが、その度に落胆する必要はないことを、強く意識してみてください。 最後に納得にいく会社にありつけるのですから、むしろ「落ちて良かった」ぐらいに思うこと。 いちいち落ち込んでいると、応募すること事態、面接に挑むこと事態に拒否感を覚え、身体が前に動かなくなります。 気持ちをタフに切替え、受かるまでは全部練習と思うことです。
 
⑤キーポイント(ワンドの5)
就職活動は誰もが競争だと思いがちですが、実際は「縁」なのです。 この「縁」は採用されておめでとうになるか、残念になるかは入ってから分かることです。 また、入社して1年、2年と辞めていくのも新卒の人材です。 それだけミスマッチングがあるということですから、早々に決まった採用に、多くはミスマッチが隠れていると思ってください。 無理に先方に合わせることなく、素の自分を自己紹介して、最終的に納得した会社にありつけることに集中しましょう。
 
Lina

* この鑑定サンプルは、モニターの方の鑑定結果です。実際のお客様の鑑定結果は公開いたしませんのでご安心ください。 * この鑑定サンプルは、当サイト管理人の著作物です。転載、コピー、第三者による利用は一切認めません。万が一、著作権を侵害する行為を認めた時は、しかるべき処置をいたします。


鑑定お申込み