こんばんは!


皆さんはギターのために爪の手入れどうしていますか??
(ギターやってない方はごめんなさい、ギタリストには色々苦労があるんです笑)


久しぶりにギター関連の記事を書いてみようかなぁと思います。


IMG_20180105_002115


爪の長さは若干長い方が好き(弾きやすいというわけではなく、まだ爪の長さに余裕があると感じたい)です!


小指も若干伸ばしてますが、これはフラメンコギター特有のラスゲアード(掻き鳴らす奏法)で使うからなんです。


使わないプレーヤーもいますが、やはり引き出しは多い方が幅も広がるので多用しています。


爪ヤスリは100均の表は荒く裏は若干細かくなってるものを使ってます。


IMG_20180105_084152


爪の長さは手のひらから見て1.2ミリ出る程度を目安にしています(小指、親指は結構長いです)


細かい爪の調整は長さ以外に
  • 表面の縁をなめらかにする
  • 裏面を爪が弦を抜ける方向にやする

弦を抜ける方向を調べるには水性ペンを1弦に塗ってその部分を弾きましょう。
指に残った角度が削る角度です。


しかしながら一番大事なのは爪の調子に振り回されないこと。

それに爪のことを気にしすぎると、連れてメンタル面の調子も落ちてきてしまいます。


何事も中庸ですね!!


IMG_20180105_002238


爪が足りないときは、少しでも摩耗を避けるためにトップコートを塗って終了です。


音質は瞬間接着剤を塗ったときが個人的には好きですが、爪の健康を考えると普段はトップコートで我慢するようにしています。


あとは爪のテカテカを見られても動じないメンタルを持ちましょう!!笑




それでは!
Hasta pronto !!




クリックで応援お願いします!


人気ブログランキングへ