WP・データ集

2007年08月23日

ウイニングポスト〜データ集・其の伍〜

先日、お知らせしたトウカイテイオーのイベントの詳細です

まず1993年に入ったら、レース出走はさせてはいけません(コレが前提です)

 

「帝王の不在」〜イベント・其の壱〜

1993年7月1週発生

1.1993年1月〜7月は未出走

2.前走が有馬記念であるコト

3.皐月賞・ダービー・菊花賞の何れか2つ以上を勝利しているコト

4.トウカイテイオーの所在地が牧場であるコト

 

この4つが条件です

なので、前年に有馬記念を走らせたら、牧場に放牧になる様にレーススケジュールを組みましょう

牧場の温泉施設が拡張済みであれば、競争寿命も減るコトはありませんからね

 

 

「日本競馬の常識」〜イベント・其の弐〜

1993年12月4週発生

1.1993年12月4週に有馬記念に登録

2.「帝王の不在」のイベントが発生済み

3.1993年は未出走

4.前走が有馬記念

5.皐月賞・ダービー・菊花賞のうち2つ勝利

 

このイベントは「帝王の不在」さえクリアすれば、条件は満たしているはずなんで簡単に見れるはずです

 

 

「帝王の帰還」〜イベント・其の参〜

1994年1月1週

1.「日本競馬の常識」が発生済み

2.有馬記念で勝利

3.トウカイテイオーが現役競走馬、または現役種牡馬

このイベントは有馬記念で勝つコトが最大のキモです

負けたら終わりなんで、もし負けた場合はロードして、もう一度騎乗作戦を変更してチャレンジしましょう

 

にほんブログ村 ゲームブログへ

esttake at 19:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年08月12日

ウイニングポスト〜デ〜タ集・其の四〜

今回はデータというより、小技かな?

このウイニングポスト7はウィンドウ・モードが普通ですね

で、フルスクリーン・モードにしたい〜っていう人もいるはず

特に、パソコンの画面が所謂横長のタイプの人

横長タイプだと、ウィンドウ・モードだと下の画面切れちゃってますから(笑

 

[スタート]メニューから[ファイル名を指定して実行]を選択します

スタート

 

 

 

 

 

 

すると、ダイアログのテキストボックスが出て来るので、regeditと入力して[OK]ボタンを押して下さい

ファイル名を指定して実行(R)

 

 

 

レジストリエディタ左側ウィンドウのツリーを[HKEY CURRENT USER]→[Software]→[KOEI]→[Winning Post7]と展開します

レジストリ エディタ

レジストリ エディタ2

 

 

 

 

 

[Winning Post7]をクリックして、右側のウィンドウの[ScreenMode]をダブルクリックします

レジストリ エディタ3

 

 

 

[DWORD値の編集]のダイアログのテキストボックスが出て来るので、[値のデータ][1]に変更して下さいDWORD値の編集

 

 

[0]ならばウィンドウモード、[1]ならばフルスクリーンモードです

 

変更後、ゲームを起動すればフルスクリーンモードになっています

これって、結構他のゲームでも使える小技です

ただし、上記の4での[ScreenMode]ってトコロの表記がゲームによって違います

ま、Screenって表記が怪しいはずなんで、その辺りの表記をクリックして見れば大丈夫(^_^)b

 

必ず、ゲーム起動前に行って下さいね

それと、これを行って出た不具合の責任は負いませんからねぇ〜

各自、自己責任で行ってや

取り合えず、takeのゲームでは今のトコロ不具合は起きてませんよ

にほんブログ村 ゲームブログへ

esttake at 11:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年08月04日

ウイニングポスト〜データ集・其の参〜

こういったゲームをする醍醐味として、騎手や調教師、馬主、牧場の実名化があります

ウイニングポストでは、一部の人しか実名化されてません

このゲームには最初から名前変更のエディタがついていますから、プレイする前に実名化するのもいいですね

で、この実名化だけど、自分で調べて行うには莫大な時間がかかります

しか〜し、このゲームは発売から数年経っているんで、この大変な実名化をしてくれた方々が沢山います

プレイ後発組の特権として、それを使わないコトは損でしょ?

なんで、いろいろとサイトを渡り歩いて見つけました

 

だむずうぇぶろぐ。jpさん

 

WP7プレイ日記さん

 

この2つのサイトが一番分かりやすく載っていました

実名化する際には、参考にさせていただくと良いですね

でも、ゲームエディタに打ち込むのは自分でやらないといけないので、ちょっと根気がいりますが・・・(笑

 

takeは頑張ってやりましたよ

でも・・・

今、プレイしてるモノには反映されてません

何せ、今日打ち込み完了しましたから(o´Д`)=з 疲れた・・・

にほんブログ村 ゲームブログへ

esttake at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年08月02日

ウイニングポスト〜データ集・其の弐〜

ココで、実際のプレイでは1988年まで進んでいます

で、そろそろ零細血統のコトを心配しなければなりません

今回の最大の目標は、「零細血統を消滅させない」が最大の目標ですからね

いつも、気付かない内に何本かの零細血統が消えてる(TωT)ウルウル

 

新たな系統が昇格する時は教えてくれるんやけど・・・

零細血統が消える時は何も教えてくれんのですよ(`Д´)y-~~ちっ

 

血統が消滅して行く時期は、プレイ環境によって時差が生まれますが、現時点(1988年)での零細血統を記しておきます

全世界での種牡馬数が5頭以下の血統を載せました

 

  1. エクリプス系(日本2頭)
  2. オリオール系(日本2頭・米1頭)
  3. カーレッド系(日本3頭)
  4. テディ系(日本2頭・欧2頭)
  5. ネアルコ系(日本1頭)
  6. ネイティヴダンサー系(日本1頭・米3頭)
  7. ハンプトン系(欧2頭)
  8. パーソロン系(日本4頭)
  9. ヒムヤー系(米2頭・欧1頭)
  10. ヒンドスタン系(日本4頭)
  11. ファイントップ系(日本3頭)
  12. ベンドア系(日本4頭)
  13. ボワルセル系(日本2頭)
  14. マッチェム系(米1頭)
  15. モスボロー系(日本1頭)
  16. ロイヤルチャージャー系(米2頭・欧1頭)
  17. ロックフェラ系(日本5頭)

 

全17種です

このうち、外国産の種牡馬は現時点で種付けするコトが出来ないので、年末のセリで目ぼしい産駒をチョイスするつもりです

日本の零細血統では、ネアルコ系とモスボロー系が危機的状況ですね

現時点で、この2頭とも高齢です

 

ココまでのプレイ日記で、まだ1頭も自家生産馬が出てないのは気付いていたでえしょうか?

一応、生産はしていたんですよ

でも、期待出来る(重賞が取れる程度)ほどの産駒が生まれなかったのです

SP値は70超えだが、サブパラがCばかりとか、その反対とかね

1988年にやっとそこそこの自家生産馬を入厩させるコトが出来ました

その結果はいずれプレイ日記で披露します

 

とりあえず、この零細血統をどれだけ生き残せるか・・・

頑張ってみます(A;´・ω・)フキフキ

にほんブログ村 ゲームブログへ←零細血統を応援する人は、ポチッとヨロ"人(´∀`o)≡(o´∀`)人"ヨロ

esttake at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年07月30日

ウイニングポスト〜データ集・其の壱〜

開始するにあたっての参考データを綴っていきます

 

まず、このウイニングポストにおいて馬の絶対的基本能力はスピード値が元になっています

その他の健康・精神・パワー・瞬発力・勝負根性・スタミナ等々といったモノは、全てスピード値に対して、何らかのプラスマイナスを要するモノでしかない

 

take的にスピード以外で重要視している項目は、パワーです

日本の競馬場の殆どでは、ゴール前が坂になっています

なので、パワーの無い馬は踏ん張りが利かなくてズルズルと後退してしまう

勿論、瞬発力・勝負根性の2つが全く無い馬も論外ですね

少なくとも、この2つの内どっちかがAランク以上でないと意味がありません

 

このウイニングポストでの各能力の判断は、牧場長のコメントでしか判断出来ません

しかも、あんまりあてにならないんだよね(笑

それを解消するモノとして、他のサイトから拝借してきた「能力判定ツール」と「配合支援ツール」を使用します

これらはあくまでPC用なんで、プレステでプレイしてる方は使えないです

 

ウイニングポストの自分のためのページ

このサイトから拝借してきました(サイト管理人様、ツール製作者様ありがとうございました)

 

ハッキリ言って、このツール凄いです♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!

これさえあれば、もう牧場長のハッキリしないコメントなんぞ聞かなくていいです(笑

仔馬が生まれた瞬間に、全ての能力が数値となって表されます

しかも、成長具合や競争寿命まで数値化されているので、引退時期やデビュー時期の把握も可能ですね

スピード(SP)値の上限はどの位なのか?

ってコトは、判らないので取り合えずシンボリルドルフのSP値78を上限の基準として判断しています

多分、後半になればなるほど、自家生産馬の配合によってルドルフのSP値78を超える馬を生産するコトは可能なはずです

取り合えずは、この78が最高基準として生まれた馬の選別をします

これで、幼駒のセリに出すコトも可能になりますね.+:。゙d(・ω・*)ネッ゚.+:。

にほんブログ村 ゲームブログへ→このツールに感動した人はポチッと宜しくd(ゝ∀・*)ネッ!!

esttake at 01:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!