2006年12月

2006年12月29日

2006年12月終了

2006年12月末残高2006年12月末が終了しました。

今月(12月)のパフォーマンスは、
669百万円→736百万円(+10.0%)
でした。

ベンチマークは、
日経平均   16274円→17225円(+5.8%)
ジャスダック平均 84.44円→86.19円(+2.1%)
でした。
おお、今月はベンチマークに圧勝です。最終月にしてようやくしっかりとしたパフォーマンスが出てきました。

年初比では
722百万円→736百万円(+1.9%)
となり、なんとか今年もプラスを確保することができました。

年間のベンチマークは、
日経平均   16111円→17225円(+6.9%)
TOPIX     1649.76→1681.07円(+1.9%)
ジャスダック平均 130.21円→86.19円(▼33.8%)
でした。
年間で、日経平均は下回りましたが、TOPIXとほぼ同等のパフォーマンスでした。
中小型中心のポートフォリオを構築している僕のパフォーマンスとしては、ジャスダックなどの新興市場がこれだけ下げている中では上出来だと思っています。
こうやって見ると、日経平均の異常な強さがわかりますね。
大型、値がさ株が強かったということなんでしょうか。


今月は、先月の失敗もあり年間でのプラスはあきらめて、12月は含み損銘柄の処理を中心に税金対策の売買を実施していました。
しかし、12月に入って主力銘柄のいくつかが堅調に推移したこともあって、今月は大幅なプラスで、年間でもプラスにもっていくことができました。

相変わらずの集中投資型ポートフォリオなので、主力数銘柄の動きの影響がとても大きいのですが、今月は上位銘柄の上昇が大きく寄与しました。
特に先月下げたため買い増しした銘柄が今月上げたことは今月の収益に大きく貢献した結果となりました。

ちなみに僕は時価総額2000億円以上の銘柄は保有していません。
もちろん、短期の遊びで、みずほを買ったり、パイオニアを購入したりはしていますが、現物で持っているメインの銘柄は全て時価総額2000億円以下の中小型株で、大半が時価総額500億円以下の小型株になっています。
こうなってしまうと、僕の売買の影響が相場に効いてくるので、嫌でもバイ&ホールドとせざるを得ません。まあ結果としてよい結果を生んでいるのでいいんですけどね。

昨年が7倍のパフォーマンスだったので、今年はその反動も加味してマイナスでも良いと思っていましたが、なんとか若干のプラスで終わることができてほっとしています。

それと、計算には入れていませんが、信用取引分は含み損を優先して処理したため、かなりの含み益(+約4000万円)で年末を越すことができました。

年内に今年の総括を書きたいなと思っています。

Blogランキング!