2007年3月より、首都圏の地下鉄、私鉄でICカードが使えるようになります。
あと、都バスとか。

そして、JR東日本が既に導入しているSUICA(スイカ)とも互換性があるようです。

僕は、これって生活変わるなと思っているのです。
既にSUICAを使っている人は多いと思いますが、あれは本当に便利です。
切符買う手間が省けるし、最近は売店とかコンビニなんかでも使えたりするんですよね。
僕は結構活用しています。

ただ、JR各駅とその周辺(駅ビル)くらいしか、SUICAが使える地域はないので、その点ではまだまだ不便です。

ちょっと目を転じてみると、例えば香港。
地下鉄は全てSUICAのようなカードで乗降できます。そして、ショッピング等でも多くのお店で使えたり、マンションのオートロックの解除キーになっていたりと、一枚あれば何にでも使えるようになっているらしいのです。

ちなみに、香港で使われているのもソニーのフェリカ技術なので、日本のSUICA,EDYと同様の技術で動いており、同じような分野への応用は近い将来必ず起きます。

さて、この3月。私鉄、地下鉄、都バスでもSUICA/PASMOが使えるということで、一気に利便性が大幅に向上します。
これを機にSUICA/PASMOをもってみようという人も増えるのでは。
というか、首都圏の人でこれを持っていない人は、ほぼ皆無になるでしょうね。
それくらい一気に普及すると見ています。
特にSUICAは、クレジットなどを含めて利便性が高く、今回の普及戦争で大きな勝ち組になると予想しています。

投資目線への応用ですが、どんな会社が思いつくでしょうか。
ぱっと思いつくのは、
胴元のJR東日本(9020)。フェリカ技術を持つソニー(6758)。
自動改札機に強いオムロン(6645)なんて企業が思い浮かびます。
この中ではJR東日本は、一大金融ビジネス企業に発展する可能性もあると見ています。

とはいえ、この3社は大企業なので、企業収益に対するインパクトという点では今一歩かもしれません。

そこで目線を下げてみて、今回はICカードの発行元に注目してみました。
ICカードといえば、大日本印刷(7912)、凸版印刷(7911)が有名ですが、今回僕が狙ってるいるのは共同印刷(7914)です。

共同印刷(7914)は、JR東日本のSUICAのICカードを一手に引き受けており、今回のSUICA/PASMO戦争で恩恵を受ける企業の一つだと思います。
大日本(時価総額1.3兆円)、凸版(時価総額9000億円)と比較して、業界3位で売上1000億円企業であるにも関わらず、時価総額390億円と中小型株並みの評価であるところも超魅力的ですね。
しかも、PBR0.7倍、PER14.6倍(ただし有価証券売却益あり)と指標面でも割安です。
噂では、広大な土地を保有する小石川工場には巨大な含み益(一説には200億円以上?)があるらしい。
表面に出ている保有有価証券の含み益も100億円以上あります。
一応、経常利益も20〜30億円は、ほぼ毎年安定的に出ています。

これで時価総額390億円なんだから安い企業です。

という感じで、ひとたび注目が集まれば、株価が吹っ飛ぶ破壊力は持っていると思います。

これが昨日書いた銘柄◆PASMO/SUICA関連銘柄です。
皆さんの予想は当たりましたか?

今回は珍しく(?)買い煽り記事を書いてみました。(笑)

そんなに収益が伸びる会社じゃないから、適当なところで売っちゃうけどね。



*投資は自己責任で。