2004年11月17日

商工会議所年金フォーラム 2004

今日の夜は、埼玉の社労士中谷さんの主催する士業交流会「SAMURAI会」に出席する予定です。
「さいたま新都心」まで行きます。他の士業の方と交流する機会はなかったので、期待しています。

さて、来る12月3日(金)、日本商工会議所が主催する「商工会議所年金フォーラム 2004」が、千代田区の東商ホールで開催されます。
このフォーラムでは、『年金大改正〜「選択」から「実践」へ』をテーマとして、年金・退職金制度の総合的な再構築(年金再生)の観点から、適年廃止を踏まえ、100万人時代を迎えた確定拠出年金をはじめとする退職金制度見直しの最新の事例を紹介するとともに、制度導入や加入者教育のポイントをパネルトークの形式で各分野の実務専門家が論説する予定です。

商工会議所に登録されているDCプランナーだけでなく、一般の方も参加できます(無料)。昨年も同じ時期に開催されましたが、大変充実した内容で満足しました。今年も年休を取ってでも出席する予定です。

下記が今年のプログラムとなっています。講演者が違うだけで、だいたい昨年と同じ構成になっているようです。これ以外にも、協賛企業等によるワークショップや国民年金基金連合会による説明会、資料配布コーナー等も併設される予定とのことです。

【午前の部】 (9:30〜12:00)
  ・主催者挨拶
    日本・東京商工会議所専務理事/
    商工会議所年金教育センター理事長 植松 敏
  ・来賓挨拶・特別講演
    中小企業庁経営安定対策室長 福岡 徹 氏
  ・基調講演
    「年金改正が企業と従業員に及ぼす影響〜選択すべきビジョンを探る」
    財団法人シニアプラン開発機構主席研究員
    宇都宮短期大学人間福祉学科教授 千保 喜久夫 氏
  ・確定拠出年金導入企業事例発表
    「わが社はいかにして制度再編を実行したか」
    株式会社クレオ ご担当者
    マルコメ株式会社 ご担当者

  【午後の部】(13:00〜17:45)
  ・実務専門家パネルトーク(金融機関等)
    「制度設計〜最適な制度をデザインするために」
    第一生命保険、大和ペンション・コンサルティング、東京海上日動火災保険
  ・実務専門家パネルトーク(金融機関等)
    「加入者教育〜円滑で安心な制度運営のために」
    損害保険ジャパン、野村年金サポート&サービスなど
  ・パネルディスカッション
    「今こそ実践が求められる企業年金改革」
    パネリスト:厚生労働省年金局企業年金国民年金基金課長 神田 裕二 氏
          中小企業政策審議会経営安定部会臨時委員 柏崎 重人 氏
          確定拠出年金導入企業ご担当者
    モデレーター:横浜国立大学経営学部教授 山口 修 氏

会社の方では退職金・年金改革が中々進まず忸怩たる思いですが、1級DCプランナーとして恥ずかしくないスキルを維持するためにもこのような場に参加して勉強をしていきたいと思っています。

最後までお読み戴きありがとうございました。
この記事が少しでも参考になりましたら、下記をクリックお願い致します。

ここをクリック



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/etashiro1/9427319
この記事へのトラックバック
リクルートコスモスの増資の内訳は、ユニゾンに対し普通株約90億円、東京海上日動火災保険、あおぞら銀行など金融機関に対し約256億円。これと平行しリクルートコスモスは、総額139億円の普通株を1株380
[話題株]リクルートコスモス:ユニゾンが筆頭株主、グループから離脱へ ロイター【s blog】at 2005年05月31日 14:04