同人作家の時事・歴史放談Blog

福岡在住の同人作家・神村真紀が、時事問題メインで思ったことを書くBlog。

AppStoreにて無料公開中の「emesLibrary」にて同人誌「つぼみの頃の物語」を無料頒布中。ジャンルは「創作文芸小説」で、一覧表示時の略称は「つぼみ」、サークル名は「時の輪」です。

文学フリマ福岡に参加決定! 参加日は10/30、サークル名は同じく「時の輪」、スペース番号はあ−38です。当日の頒布物はこちら→ http://silversteel.s4.xrea.com/Tokinowa/novels/intro.html

マンチェスターの爆発事件で男4人を拘束

イギリス・マンチェスターで起きた爆発事件で、
地元の警察が男四人を拘束しました。
実行犯に関しては、リビア系イギリス人で、3週間前にリビアに行き、
数日前にイギリスに戻ってきたということがわかっています。
このリビア行きで最終的なテロの決意を固めたんだと思いますが、
そうなると「拘束された男4人との関係」が疑わしくなります。
事前の打ち合わせをどこまでやっていたのかという疑問です。
メールなどで連絡は取れるとはいえ
通信を傍受される可能性は高くなりますし、
計画が事前に漏れる危険性もそれだけ高いです。
仮にテロの計画を傍受していて防げなかったとしたら、
イギリスの警察も大したことはないですね。

でもって、今回の爆発事件に関連してもう一つ気になったこと。
関係者が言っていたことですが。
「テロの目的は、人々の怒りや嫌悪感が一般のイスラム教徒に
向けられるようにすることだ。そうすればメンバーを
勧誘しやすくなるから」
と言ってまして、・・・まあ・・・本当だとしたら
ロクでもない連中だと思いましたね。

イギリスのマンチェスターで爆発事件

イギリスのマンチェスターのコンサート会場で、
爆発事件がありました。
犠牲者は現時点で22人で、負傷者は59人だそうです。
お悔やみ申し上げます。

アメリカ人女性歌手によるコンサートが
終わりかけた頃だったそうで、場所はチケット売り場の近く。
自爆テロだったようです。

ISが犯行声明を出していますが、
実際のところはよく分かりません。

正直言って、自爆テロというか個人によるテロは
一番防ぎにくいです。
テロとは違いますが通り魔による大量殺傷事件が
防ぎにくいのと似たようなもので。
一人で決行できるので、事前の集合場所に警察が張り込んで
捕まえたりすることもできませんし、
何より「一時的な感情の高ぶりで決行できる」んですよね。
あとは、イギリスでどれだけ爆発物が手に入りやすいかで
決行時期が違ってくるだけの話です。

共犯がいるかもしれないという話ですが、
実際に自爆したのは一人なので、
防ぎにくさはそう変わらないと思います。
ソフトターゲットだから防ぎにくい、
というのはあまり関係ないと思います。
死傷者がたくさん出たのは、多分コンサート会場だからでしょうが、
極端な話、大型トラックに爆発物積んで
猛スピードで突っ込んできたら、
どこでも自爆テロは起こせると思っています。

自民党議員「がん患者は働かなければいい」

自民党の大西議員が、受動喫煙対策に関する部会で
「がん患者は働かなければいい」と発言して
問題になっています。

この人、過去にも色々問題発言してまして。
「マスコミを懲らしめる」発言とか。
・・・まあ。他の発言は議論の余地もありますが、
今回の発言はいくら弁明しても
「働かなければいい」と言ってしまった時点で
ダメだと思います。

うちの父は退職後にがんが発見されたから
まだよかったですが、若いがん患者の中には、
「働かなければ生活が成り立たない、
がん治療もできない」人もいるわけで、
「働かなければいい」という発言は明らかに
想像力を欠いていると思うんですよね。

この議員、東京16区選出だそうで、
その選挙区の人は、次は責任もって落としてください。
あと東京の他の選挙区の人は、選挙区では自民党議員の
名前書いてもいいですから、この議員が比例区で
復活当選することのないよう、比例区で自民党と書くのは
できればやめてください。

北朝鮮が今年何度目かのミサイル発射

北朝鮮が今日の夕方、またミサイルを発射したそうです。
「また」という言い回しも飽きましたが、
何度目かのミサイルを撃ったのは事実です。
国際社会の制裁が効いてない気がしています。

憶測ですが、この際だからはっきりと書きます。
中国による北朝鮮への圧力強化は「出来レース」の
可能性が極めて高いです。
でなければ、ミサイルをう発射するだけのエネルギーを
どこで手に入れたのかという問題が浮上しますからね。
原油はロシアから買ったにしても、ロシアに払う代金はどこから
手に入れたのかという。

もしくは「中国がロシアに、北朝鮮を助けるように
裏で依頼している」のかもしれません。
中国が北朝鮮を助けると、アメリカに睨まれるので、
これまであまり目立った役割を果たしてこなかった
ロシアに、表向き自国に代わる北朝鮮支援を
(お金は後で中国が出すのかもしれませんが)
依頼しているのかもしれません。

何で私がここまで考えるかというと、
「中国と比べてロシアにとって、
北朝鮮が存在することによる利益は乏しい」
と思うからです。
中国にとって北朝鮮は在韓米軍に対する防波堤ですが、
ロシアの場合はほぼ「中国そのものを、在韓・在日米軍に対する
防波堤にできる」状況なので。
北朝鮮を守る積極的利益に乏しいロシアが、なぜ動いているのかという
疑問に対する答えが、これになります。

「WannaCry」、感染したPCの98%はWindows7

このブログでもすでに二度ほど取り上げている
ランサムウェアの「WannaCry」ですが、
セキュリティ関連企業であるカスペルスキーの
調査によると、このランサムウェアに感染した
パソコンの98%が、OSにWindows7を搭載したもの
だったそうです。

つまり、「WannaCry」の被害を受けたのはほとんど
Windows7オンリーということになります。
Windows7は、今でもシェアが最多のOSだそうで、
まだマイクロソフトのサポートも続いています。
前にも書いた通り、すでに公開された
セキュリティアップデートを適用していれば防げたそうで、
ユーザーの対応の甘さが主な原因ということになりそうです。

ただ、独自システムを組んでいるところだと
すぐに対応するのも難しいんですよね。
システムとの関係で不具合を起こさないという確証がなければ
アップデートはなかなかしづらいです。

せめて外部のネットワークとの接点になるサーバーくらいは、
可能な限りプレーンのまま、公式のセキュリティアップデートを
すぐ適用できる状態にしていた方がいいんでないかな
と思っています。

テロ等準備罪(共謀罪)について気になること

共謀罪の構成要件を改めた「テロ等準備罪」法案が
衆議院の委員会で可決されました。
政府は「一般の人がこの法案の対象になることは絶対に無い」
と言っていますが、
個人的に気になっているのは「資金調達」方面でして。
例えば、10万円相当のパソコンを台数限定とかで
5万円で売っているのを買わせて、
ヤフオクとかで転売して儲けを折半、もしくは
実際に並んで買った人に手数料だけ払って
残りは元締めが独占しようという動きが
今でもあると思います。

で、気になっているのは、
上記の例の元締めが暴力団関係者だった場合、
「パソコンを実際に並んで買った人」は
「暴力団の資金調達に協力した」ということで
テロ等準備罪の対象になるのかどうなのか、という辺りです。
テロではないのは確かですが、今回の法案が暴力団も
対象としているのは確実ですし。
ヤフオクとかメルカリあたりの転売・個人売買系は
こういうのが結構ありそうで、
また、お金の無いホームレスとかフリーターとかが
手数料狙いで「転売目的の商品を店頭で並んで買う」役を
引き受けそうなんですよね。

この構図、今は別方向で問題になっているチケット転売とかでも
成立しうることなので、実は結構広範囲に関係する話だと思っています。
買う側も。同じ人から何度も買っていたりしたら、
資金調達に協力したとみなされる可能性はゼロでは無いでしょうね・・・。

週刊新潮の中吊り広告が文春の関係者に抜かれていたとされる件

週刊新潮の中吊り広告が、取次のトーハンの関係者の手を介して
文春側の手に渡り(コンビニでコピーしていたそうで)、
新潮のスクープ記事が潰されていたとして、
今週の週刊新潮で大々的に特集を組んでいます。

中吊り広告は記事本文の締め切りより前に
刷り上がるため、その内容を事前に入手できれば、
ライバル社のスクープ記事と同じような記事を続きを読む

ランサムウェア「WannaCry」に北朝鮮が関与?

まだ疑惑の段階ですが、先週末から猛威を振るっている
ランサムウェア「WannaCry」に、北朝鮮が関与している
可能性があるそうです。
北朝鮮のハッカーが使っているコードが、
このランサムウェアにも含まれていたそうで、
実際にありうる話だと思っています。

というか、古いOSを使っているパソコンを狙った
ランサムウェアの割に、支払い手段として
最新の仮想通貨、Bitcoinを指定するという、
ターゲットの絞りきれてなさが「北朝鮮が関与している」
とすると説明しやすくなると思います。
今回のWannaCryに引っかかるような人は、
多分Bitcoinを持っていないと思うので。

仮想通貨はマネーロンダリングに使われる可能性がある
とも言われてきましたが、これを使えば身元不明のまま
外貨が獲得できるとでも思ったんでしょうか、
北朝鮮の関係者は。

想像と憶測の域を出ませんが、
もし今回のランサムウェアが本当に北朝鮮の関与した
ものだとしたら、あの国の外貨不足はかなり深刻だと
思っています。

眞子さまご婚約へ

秋篠宮家の眞子さまがご婚約されるそうです。
お相手は大学時代の同級生だそうで、
おめでとうございます。

宮内庁側が「今、このタイミングで報道されるのは
不本意だ」と述べていることから、
タイミング的にアレヤコレヤを潰しにきた
政府の陰謀だとかも言われてますが、それはさておき。

正直、どちらかが女性宮家とかの話を嫌がって、
お相手はまだ半分学生(法律事務所に勤務しながら
一橋大学の大学院にも通っている)なのに
早めに婚約することになったのかな〜
と思っています。
でなかったら、大学院を完全に修了して、
社会人として二、三年勤務してから
結婚するでしょう。
いろいろ深読みしてしまいますね。

最後に、詳細は書きませんが、うちの親が眞子さまに対して
「社費で留学して帰国後間もなく転職した、
幹部候補社員に対するようなこと」を言っていたとだけは
書いておきます。

ランサムウェア「WannaCry」について

古いWindowsの脆弱性を突いたマルウェアの一種、
ランサムウェア「WannaCry」の被害が
全世界で拡大中だそうです。

そもそもランサムウェアとは何かというと、
「解決方法として身代金(ランサム)を要求する
悪意あるソフト(マルウェア)」のことだそうで、
今回の事件ではビットコイン(Bitcoin)での支払いを
要求しています。
ただし、支払ったからといって解決はされないので注意です。

今回の、ファイルを暗号化して開けなくする
ランサムウェアの主なターゲットは、
WindowsXPなどサポート切れの古いOSや、
最近(3月)のセキュリティアップデートを更新していない
Windows7/8などが搭載されたパソコンだそうです。
Windows10ではほぼ安全だそうで、既にアップデート済みの
我が家としては良かったです。

ただ、正直「三日以内にBitcoinで支払え」という要求を
満たせる人が、この手のマルウェアにそう簡単に
引っかかるとは思えませんし、逆に言うとこの手のに
引っかかる様な人は「Bitcoin? なにそれ? 何かのポイント?」
という程度の認識の人だと思うので、
感染・被害規模の割に犯人の手に入る金額は少ないだろうというか、
ちょっとターゲットを絞りきれてない様な気がしています。
Profile
Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
運用資産250億円!日経マネー主催「日本ベスト・オブ・ファンド部門」で第2位の実績を持!日経225オプション取引戦略【生方茂樹のイーポジ戦略】 (運用資産250億円!日経マネー主催「日本ベスト・オブ・ファンド部門」で第2位の実績を持!日経225オプション取引戦略【生方茂樹のイーポジ戦略】)
Yahoo!トップでユーロも表示されるようになりました
大田区 (東京都のホテル探し)
Xperia、Android2.2に対応
戦争を知らない日本人 (世界日本ハムの哀れblog@VIVOより美味いのはVIVOだけ)
北朝鮮による韓国砲撃の続報
  • ライブドアブログ