ネットの一部の情報では、5S/5Cで終わるかと思われていた
4インチのiPhoneに、最新CPUを載せた6Cなる商品が
出るかもしれないそうです。

4インチのiPhoneにはまだ根強い需要があることと、
新興国向けに廉価版を出す必要があることの二つが
主な理由だそうです。

自分はいろいろ試した結果「スマホは左手で持って右手で操作」
「ただし電話の時は左右逆」
というスタイルに落ち着いたので、重くなければ
少し大きくても構わないので4.7インチのにしますが、
4インチの需要があるというのは分かります。
子供や、大人でも手が小さい人、iPhoneをポケットやバッグに入れて
持ち運びをしたい人、タブレット端末やノートパソコンやデスクトップパソコンと
併用するので、スマホの画面は小さくていい人など、
いろいろいますからね。

実際、日本ではiPhone6Sが出た後にあえて5Sを買うという人が
結構いたようで、ネットの記事にもなっていたくらいですし、
親がiPhone6Sを見て「自分には持ちにくいと思う」と言ってましたし。

日本はAppleにとってiPhoneのお得意様ですし、日本の消費者の動きは
他国の消費者の潜在的な需要を示していると思うので、
名前が6Cになるかどうかはともかく、4インチiPhoneの新型発売自体は
十分ありうると思っています。
個人的には同じCでも「クラシック」という命名で来そうな気がしますね。