阿蘇山が今日未明、爆発的噴火を起こしたそうです。
専門家によると「水蒸気爆発かもしれない」そうで、
未明だったから良かったようなものの
下手をすると人的被害が出ていたかも知れません。
灰による物的被害や、農作物への影響は
既に出ているそうで、四国の高松でも降灰があったそうです。

4月に地震が起きたばかりなので、
関係も取りざたされています。
4月の地震を起こした断層は、阿蘇山の地下付近まで
来ているそうなんですが、そこから先が
山の地下ということで調べられていないそうで、
つまりはよく分かっていないそうです。

実際には構造さえ分かっていないのに、
四月の地震と「関係ある」にせよ「関係ない」にせよ、
何れにしても断定してしまうのは危険です。

福岡には、警固断層というのがあるんですが、
11年前に「福岡西方沖地震」があるまで、
それが博多湾の外の玄海灘の海底まで続いてるとは
学者ですら知らなかったので、
自分が知らない断層や地殻構造はまだいっぱいあるし、
よく分かっていない部分も多いと思っていた方が、
心構えとしてはいいように思うんですよね・・・。