エタルニテ

エタルニテの最新情報と井上佳香先生のひとり言が聞けちゃいます。

先ほど帰宅した。

ゲーム「ファイナルファンタジー」の企画展http://jp.ign.com/final-fantasy-series/21199/news/ff30を森ビルアーツセンターで

やっていたので、子供を誘っていってきた。

私はファイナルファンタジーの召鬚修寮龍賚して制覇したことがあって、

それとともにあの壮大な世界観と美しい映像、音楽が懐かしく

ついつい見にいってしまった。西武線はとても便利で練馬まででると

大江戸線で一本で六本木まで行けるので、ほんと楽。ゲームはあれ以来

全然やっていないが、展示会自体は美しく、日本人って本当に器用で美意識が

高く凝り性というのがいまさらわかった。アニメというよりもう芸術美術の域に

達している。登場人物はまるで生きている人間のよう。

「別れ」がテーマだったので、百合の花の咲くお墓とか、ちょっと切ない

展示物もあったけど、なかなか見ごたえあった。

昼ごはんは亡き父と一緒によく食べに連れて行ってもらった

「香妃園」のとりの煮込みソバを今度は子供に食べさせて、あーもうこういう

年齢になったのかなーと感慨深かった。とりの煮込みソバは相変わらず

白湯の濃いコラーゲンたっぷりのスープで、優しい味だった。

パリパリの春巻きもおいしかった。平和な一日だった。感謝。




今日は振られた気分になった(笑)

オーチャードホール16:00からはほぼ中高年の女性客で

満員に。私の隣はなんだかまだ若い女性だったけど。

以前の熊川氏のバレエの時と異なって、ぎりぎりに入手した席は

天井桟敷のような3階の端っこの席。おっこちたら大変なとこだ。

でもそこからの眺めが面白くて新鮮だった。

彼が登場した瞬間、長ーいスポットライトが

ぱっと当たって、天から光が降りてきたようできれいだった。

五郎さんはギターもしゃべりもうまかった。いい人のようだし。

引き気味のユーモアたっぷりの話術に、ついつい(笑)が。

声も高いキーはよく通ったが、低い声は周りの演奏にちょっとかき消されたかな。

でもでも一番がっかりしたのは、昨日挙げていた名曲「青いりんご」

「オレンジの雨」「愛さずにいられない」をうたってくれなかったこと。

その代わりシャンソンやゴットファザーの曲やらいろんなジャンル盛りだくさん。

脳梗塞で倒れた西條秀樹とのツーショットなどはまあ微笑ましかったが。

なんであれ、歌わないわけ???

鉄火マキにトロが入ってないのと同じじゃん。

ともかく消化不良ですっきりしないコンサートだった。

ファンのためにはもう少し考えてほしかったなー。

私はあの時代のゴロー君がいいんだもんねー。

何度も何度も40年過ぎたとコメントしてたけど、

生涯現役アイドルでいいじゃないかなー。

途中で疲れて腰をかけて歌ってたけど、まあそれは

しかたないとしてー。

これでもう行かないなー。

まあ追っかけ女性ファンたちはどうでもいいのかもしれないけどね。

あー残念!!!

心、こころをしばりあい

二人、ふたりで傷ついた


そんなこと どうでもいいじゃない

いつだって愛してるじゃない


だからもう つらい過去など言わないで

うつむいたままで暮らしてなんになる


BSか何かで往年のアイドル野口五郎さんのコンサートを

やっていて以前たまたま録画していたのを見つけて

見たら、久々にはまった。美しい詩とメロディーの数々。

そのころは彼は10代で私も10代。

ゴローも郷ひろみさんや西郷秀樹などと共に御三家とかいわれてたっけ。

皆年とったよねー!!(笑)

筒美京平氏らの曲もいい!

昔のアイドルってなんてきれいで澄んでいたのか。

今の氷川やらエグザイルやらと全然ちがう透明なオーラ。

野口さんは今幸せに暮らしているのかなと検索したら

三井ゆりさんと別れず、家庭を築いているようだ。

最近ちょっと心が疲労していたことがあり、

CD注文していたら2月4日にオーチャードホールでコンサートがあるという。

それもついでに検索したら残り座席あと10席。思わず買ってしまった。

昔を振り返るなんて私らしくない?けど。

生きているうちに一度は彼の生の歌声をきいて

遠い青春に、きらきらとしていたあの平和な時代に思いを

馳せておこうかなと思う。子供の恋の話を聞いてなんでそんなこと

考えてんのなんて呆れて聞いている鈍感な心の私。繊細な壊れやすい

ガラスのような感性をたまには思い出さないと・・。



今日は大雪注意報があたった。

私も朝から「どこへも行かないぞday」を実施。

一日ほぼ在宅ワークに。

化粧することもなく、買いだめしていたカップラーメンを

食べて、のんびり。外の真っ白い景色を楽しんでいる。

外は寒いだろうなー。

もうどこへも出かけたくないねー。

3時間のこの休み時間にのんびりCSを見たり。

先日で終わってしまった中国の歴史ドラマに涙し、今日は

鬼平犯科帳を見ている。年よりの状況(笑)。

何にもないとまたそれはそれでだらだらするし。

限られたお休みだから有意義に思う。

メリハリの好きな私にとっては理想的な働きかたかも。


IMG_5590私は一月生まれなので、クリスマスとお正月のついでに

バースデイがくる。今年はベリーと仕事、ある意味かなり

頂点にきたので、ここからは下るか、進化するかどちらかだろうね。

主人からの誕生日プレゼントはトップスからのチョコレートケーキ。

アクセサリーも服も物も特にいらないので、気持ちだけでありがたい。

ろうそくも差し切れなくなってきたし(笑)。

とりあえず祝ってくれる人がいて、感謝かな。

誰かがそばにいてくれるってやっぱり嬉しいこと。

西麻布のベリーショーの夜が終わった。

燃焼できた!

お昼まで仕事して、その後また動画とりながら最終チェック。

それが終わると新宿ルミネアトリエ「はるか」

で先日の撮影のときにもお世話になった

スタイリストのNさんに、ヘアーとメイクを依頼した。

彼女は私と相性がいいせいか、期待以上の仕上がりをもってきてくれる。

結果それが良かったようで、お客様やダンサー友達から「綺麗!!」と

いつもよりもたくさん褒められた。

肝心のダンスのほうはというと、実はこれまでで一番に

手ごたえを感じた。会場全体のうっとりの視線を感じながら

汗をかいて3曲踊った。一人一人とアイコンタクトをとり

飽きさせないように、盛り上げ長い曲を踊り切った。

以前一緒に踊った現役のプロと一緒になったのだが、

「綺麗だしとても上手になった」と言われた。

毎回見に来てくれるファンの女性が仕事の同僚を連れて

きてくれたが、大感激してくれた。

そのあとの焼き肉やは西麻布「十々」。

10:00近くの金曜日、店内は満席。

ギャラも出て仕事を早引きして見にきてくれた主人と

一仕事終わったカルビの味は格別だった!

先生にも言われるが、ようやくプロとして毎回お仕事をどこかでこなせるのかなと

思う。それがもちろんメインでなく、あくまでも自分のベリーを

極めるための刺激でよいのだし、それで食べていこうなんて

さらさら考えてはいないけど、もっと魅了できる踊りを踊りたいだけだ。





2018年スタートしましたね。

超簡単なお雑煮とセブンイレブンで買ったかまぼこや

黒豆、北海道のたらばがに、ノンアルコールビールで乾杯して

新年のお祝いに。栗きんとんは高すぎるのでやめましたが、

お雑煮のスープには名古屋コーチンのスープと、おもちはお米屋さんの

本当ののしもちを使ったせいで、家族にはまま好評でした。

そのあと恒例の明治神宮詣でとお墓参り。

明治神宮は大混雑!どこかの神社の事件の余波か、

かなり並びましたが無事に主人と二人で手をつなぎつなぎ

はぐれないよう行ってきました。美しい金と黒のお守り、ペアで

買ってきました。そのあとは墓参りで、線香がぼうぼうと燃えて

焦りましたが、まあガンバレ!と向こうでいってくれているのと

勝手に解釈し、そのあとはまたホテルでお茶。ここのホテルも毎回同じ

ところなんですが、今回は中央においてあった巨大な生け花もなくなり

ちょっとしけた感じになって、少しがっかり。節約ムードでしたね。

でもホテルは非日常が大事なのにね。

さきほどまで来た年賀状の返信を書いて、ここからまた仕事。

お休みはなしだけど、かなりのんびりできましたね。

12月31日になりました!

カレンダー一枚の差だけど、明日からは2018年。

平成30年。覚えやすい。

今日も明日も働きます。

365日お休みしなかったね。

睡眠は日々約4時間半。これをもう3年以上続けている。

美容には悪そう。ベリーがなければ外見きっとがたがたに。

結局私はこの能力を使って世の中に貢献しなさいという

役割があるらしい(笑)。

いつも一月一日ははめをはずしすぎて体調を崩すので

今回はあまり食べすぎず脂っこいものもさけて、アルコールも

ほぼやめよう。常日頃やらないことやるからおかしくなるんだよね(笑)。

昨日は最後のジムでしっかり踊って手足を伸ばしてきた。

大きなお風呂にも入ってきた。筋トレもした。

そうしないとどうしても姿勢が悪くなってほっておくと猫背に。

その前の石神井公園でおにぎりを食べてきた。

この冬の厳しい寒さの中の池や緑の輝きが好き。

相馬を思い出す。そういえばテレビの世界の車窓から見ていて

デンマークの海岸べりを走る風景と相馬の風景がとても似ていて

驚き。水も空気も澄んでいたね。

それとずっと毎年のようにお花を送ってくださる生徒さんの鮮やかな

ボックスフラワーがあるので、玄関先も明るく華やかに。

ちょうど一月は誕生日があるので、タイミングもぴったり。

私を支えてくださっている環境すべてに感謝!!

20160925_0030最後までやり切って、

スタンディングオベーションを

受けて、感激した。

なんとかここまできたという感じかな。

まだまだだけどね♪

ゆっくりした。

といっても午前中は自宅で仕事。

夕方4時から犬の医者、6時からはケアのお仕事。

これからまた仕事。

そのあと2時半から4時まで爆睡。

あー。脳が休まったーという感じ。

熟睡したあとは心も落ち着き、疲労感も薄れる。

短い分刻みのスケジュールの中、30分でもゆっくりしたい。

年末もお正月も結局休みは取れないけど、少しは仕事をセーブして、

家族と過ごしたい。神社墓参り映画焼き肉かな。あと主人の服を

買ってあげようかなとか。いつも私だけおしゃれさせてもらって申し訳ない。

これで犬とおばあちゃんが具合悪くならないように・・。

昨日はジムで最後の人前での一踊りだった。

ベリーダンスの大会でのあの曲。

二カ月半ものすごく頑張って練習したが

これでもう踊ることもないだろう。

なので、想いを込めて踊りぬいた。

小さなささやかなイベントだったが、楽しく和やかな雰囲気で

先生とのコミュニケーションもばっちりで良かった。

特に大袈裟でもない。ただ純粋な楽しい時間。

そのクラスの先生が穏やかですっきりした性格の先生だからこそ、

連続してこのイベントも続いているのだろう。

ベリーを通じて今年も色々なタイプの女性のを見てきたが、

邪気を感じてしまうともはや続かなくなる。そういうのに

私は特に敏感なので、面倒なのだ。また一年間無事に終わって

良かった。自分の目指すところがだいたいわかったので、

来年もマイペースで踊っていこう。


朝、主人と庭に穴を掘ってハクちゃんを埋めた。

白い骨壺の蓋を開くと、思ったよりかなり多くの骨が。

大型犬だったからね。骨も大きくてたくさんあった。

3年前に亡くなったリュウちゃんの隣、

ピラミッドアジサイのそばを目印に主人がシャベルで穴を掘って、

そこにさらさらと骨を流し込む。亡くなってからしばらく骨壺が

私たちの寝室のそばにおいてあったが、結構存在感があった。

きれいな紅葉がたくさん土の上に散っていて、手入れされた冬の庭。

二匹並んで仲良くならんでいる。

東京からはるか相馬まで行って、また震災で東京へ戻って。

まだ彼らが若かったころ、あの相馬の果てしない土地で思い切りジャンプ

したり、駆けずり回ったり。黒々としたカラスの羽のような艶やかな

ブラックの毛並み。キラキラと夕日のようなゴールドの輝き。

今はもういなくなった。この世にはいない。

いつまでもいつまでも心の中にある。

務めを果たしてくれた番犬たち。ありがとう。

自分とかかわったものの最後をきちんと看取れて

良かった。これからどんどん家族は減っていくし、病気にも

なるだろうし、覚悟が必要なんだろうけどやはり悲しいね。


このページのトップヘ