エタルニテ

エタルニテの最新情報と井上佳香先生のひとり言が聞けちゃいます。

2005年12月

終わった。HPを製作してくださっている中野さん。去年からのお付き合い。

風水マップがいよいよ完成し、載せられると思いきや、どうやらまた来年に。

皆様楽しみにお待ちください。(逆に作間さんの志緒里さんのHPではもう11月に載せていただいているようので、おもしろい展開になっている。早く見たい方はそちらを覗いてみてください。)

明日からは里帰りなので、ブログももうこれでおしまい?

明日時間があればいまいちどお目にかかれます。

ただ早々にご挨拶のみ、しておきましょう。

皆様、今年もいろいろおせわになりました。来年もどうぞよろしくおねがいします。

今年はたくさんの事故や事件、そして突然の病気など、アクシデントに見舞われた方も多かったですね。周りのかたもかなり深刻な状況を耐えているのだということも切々と感じました。

それでもそれを乗り越えて来年、また元気でここで、あるいは別のところでお会いできるよう、いつも気を送っています。

希望はいつもきらきら輝いています。

 

このところ、連日大掃除にかかっています。

エッセイやコラムを書き始めてからは、ペーパー、書物、写真の資料がすごくてこれも整理しなければ。

日ごろ正直手抜きのお掃除のわりに、来客が多いため、あーっここも、あそこもきれいにしたい!という私のみが知っている汚いポイントをなんとかこの休み中に・・・。

実は26日からは私はもうOFFです。

頭の中もちょっと別の人生を生きてます?

4日までは休み・・と思いましたが、昨日きた電話で病院へのヒーリングがはいりどうやら4日はお仕事のようです。

昨日は整体トレーニングの最終日で明日はHPの打ち合わせもあり、完全休業とはなかなかいきませんが、それでももう予約はいれていません。

今年はいろいろ考える、考えさせられるできごとがいくつもあり、自分自身をゆっくり振り返ってみるべきだと思っています。このエタルニテに逆に旅行に来たとイメージし、自然に改めて触れてみて、自分を見つめてみたいです。

もちろん反省することもたくさんあります。まだまだいたらないことだらけです。

ぴゅうーぴゅうー吹きまくる北西風にあたりながら、あるいは、部屋の中で外の枯れた冬景色を見ながら、いろいろ思いをはせてみようと思います。

30日からは東京ですので、短い滞在です。(笑)

*12月26日より、情報誌インフォの公開WEBができました。

私のコラムも載せてありますので、遊びにいってみてください。

[INFO-WEB版  http://i-info.jp/p/   癒し&風水]

 

 

一年間さまざまなことがあって、そして12月。

今年は災害、テロが多かった。そして事件。

ひとつの事件が大きくてもまた次の事件が起こってきて、以前の記憶が薄れてしまうほど、大変な一年間だったような気がする。

また最後になってアスベストやら、構造設計の問題やら足元が崩れるような取り返しがつかないような問題も起こって被害者の方は年越しどころではないと思う。

今日はディープインパクトも破れたらしい。

確実なことなんてない。

そういうときってどうするのか・・・・。

仙台育英高校が駅伝優勝とでていた。

今年育英の生徒の一年生が何人も暴走車にひかれて亡くなった。うちの子供も同じ一年生だったので、本当にショックだった。お花を供えにいったとき、暗く悲しい気があふれていた。

それでもあれからまた生徒さんたちはがんばって練習していたのだ。(育英の先生たちはとても一生懸命な人が多い。)

負けてられない・・・過酷な運命。

私はそういう時は自分をゼロにする。

一度か二度、死にかけたことがあったので、一度死んだものとして

また生まれ変わってみる。そうすると、再びなんとなくやる気がでてくるのが

不思議。皆さんも試してみてください。一回死んでみて(本当に死んではだめですよ。(笑)、またリセットしましょう。

12月から1月は生まれ変われるチャンスです。

 

 

さきほど戻ってきた。たくさんの荷物とともに。

最終の常磐線はカップルが目立った。二人の世界にどっぷり。

イブに一緒にいるのは・・・本命というが、恋するふたり。熱視線だ。

その手前、東京駅も仕事先の吉祥寺も、人が多くて歩きづらい。

東京駅ではその理由がわかった。今日はミレナリオだったのだ。

もう時間的には並んでも見られないのに、まだ人が集まってくる。

街はケーキを売る呼び声、サンタクロースの扮装の店員、一年に一度の

夜を盛り上げてる。

私?

私は朝9:28分の「はやて」で仙台から東京。

帰りは最終の常磐線でいつものように、相馬駅11:35分。夜中近い。

常磐線の熱すぎる暖房から一歩電車を降りると、ぴりっとした寒さが逆に心地よい。

今日も1日あっというまだった。

池袋の高野か、丸ビルの千疋屋でいちごのショートケーキと思ったが、

さすがに生クリームのケーキは持って帰れなかった。

ただ伊勢丹のレストランで焼いているピザと、明治屋の例の生ハム、ユーハイムの焼きたてのミートパイや、オリーブときのこの前菜など、なんとか持ち帰って25日に家でのクリスマスに備える。主婦はいろいろ大変。(苦笑)

ケーキは地元のケーキやさんを見つけて明日家族と買いに行きましょう。

メリークリスマス・・!皆さん。よい聖夜を・・・・。

 

6;00ごろ起きるとまだ外は真っ暗。

犬を散歩させるころには、だいぶ明るくなってくる。

池には時々グレーの鷺が、鯉をねらってとんでくるがもはや鯉も底のほうでじっとしているようだ。

真っ赤な南天の実が、北風に揺れている。

昔は冬は正直あまり好きではなかったが、ここに来てからなぜか好きな季節に。

相馬市は雪も少なく、東北といっても住みやすいところだと思う。

(常磐線が止まらなければ、もっといい?)

余計な色のない、ベージュとグレーの世界。吹きさらした原っぱで、想像力だけはぐんぐんひろがっていくようだ。

明日はまた、クリスマスイブの東京。

きっとカップルたちが、闊歩しているのだろう。

ii

 

 

 

 

 

 

真ん中の左がぷーです。

 

皆さん、何をされるのでしょうか。

家はいつも恒例になっていますが、北海道からのタラバガ二を食べることに。

相馬はかにで有名なのですが、家族の強い要望でタラバだけは毎年宅急便で依

頼します。今年は明治屋の生ハム、それに高野のケーキというところでしょうか。

だいたい毎年のメニューは決まっています。

ただ24日は仕事で東京なので、日帰りで帰ってきて翌日の25日にという感じです。

ひとつ記念になることは、今年はイブに銀杏の木を2本植えることに。

以前から銀杏を植えたかったのですが、植木屋さんが忙しくでたまたま24日に。

厳寒の中?うまく根づくといいのですが。

自分がいないので、頑固そうな植木やさんにおまかせです。

来年はきれいな黄色い葉っぱがみれるかも。

 

 

中はストーブであったかい。外は冷たい風。

大雪の予想が外れて、こちらは雪はなし。でも風が強いこと。

今日は朝早くから小高町からの生徒さん。セラピスト協会の講座を受けに。

午後からは仙台。雪を気にしながらも無事到着。

黒のレザーの上着と、シャネルのこれも黒に金のイヤリングが素敵な生徒さんがこれまた黒の小型ベンツで出迎えてくれる。いつものベンツはナビ調整のため代車になったとのこと。でもこの車もなかなかコンパクトだが仙台では目立つ。

阿部さんも今日の彼女も私と出会ってからいい流れになってきたというので、よかった。仙台では一年半になるが、個人のセッションもふえて常磐線に乗る回数がふえた。この方たちは呼吸法を生活にとりいれて人生の一部にしているので、会うと話も深くつきない。

夜はまた相馬でクラス。

雪を気にして何人かがお休み。あるいは病院に勤めている方がやはり残業でこられず。今年はなんとなく12月の気分ではないのだが、今夜もそういう気分。

ちょっとさみしいが、そういう年なのだろうと思いつつ、来てくれた生徒さんとお話していると、あとから道を探しながら新しい人も訪ねてきた。

ちょうど私と同じ年の女性。

呼吸法で自分をリセットしたいようだ。

*そういえばインフォの編集長野口さん、ぷーの写真はかわいいし、運が高まりそうだったので使用させてもらったとのこと、自社の年賀状にも使いたいとのこと。

どーぞ、どーぞ。有名犬だね?ぷー。

体が最近どうも不調。まぶたが重く、だるい・・・なぜ?

考えてみたら・・そうだ「食事」。最近忙しさのせいにして、おひさまやのパワー野菜を食べていないのに気がついた。おまけにラーメンなどついつい外食が続いた。

それで早速買い出し。今はゆずのアイスが絶好調。それも楽しみ!

しかし仕事が立て込んでいて、着いたのは5:00近く。ゆいこさんと店長が歓声をあげてむかえてくれる。(これがうれしいのよね、お客にとっては。懐かしい雰囲気)

あとから知り合いのA夫婦もきて、手術を乗り越えてゆいこさんたちに応援してもらったお礼を述べられしばし歓談。精神的なものもあり、一度ヒーリングをさせていただいたが、そのときに比べて眼差しが生き生きとしている・・・よかった。いい状態になって。

ゆずアイスもやはり美味。さっぱりしていてもたれないのでよい。

買い物しました・・サラダ菜セット(ちょっと苦味のあるサラダ用野菜がセンスよくひとまとめになっている)、相馬のしいたけ、赤いのも混じっているピーマン、緑瑞々しいブロッコリー!

夜は他のものを食べずに、ゆでたり、いためたり。

野菜だけのディナー。食べた後、体は軽く、すっきり。

やっぱり「食」は大事。

**そういえば、今度の「インフォ」。一月号の表紙。

皆さん・・ご覧になってください・・うれしいことにうちの「ぷー」が掲載されました。(親ばか?)

 

雪で常磐線がストップ。

だが、そのようなことで負けていられない・・。

目指す仙台長町まであと2駅。いつ、動くか分からない電車のドアから

駅の出口へ。そこへタイミングよくきたタクシー一台。そこで飛び乗って

長町まで雪道を30分。どうやら目的地につけた。長町のサロンのオーナー

阿部さんと会って頼まれていた花押印も渡すことができた。阿部さんは来月から

リフレクソロジーも受講したいとのこと。呼吸法と組み合わせて、身につける

ということ。たのもしい。そのあと、また三井アーバンのロビーでTV局の方と待ち合わせ。個人セッションへ。

帰りの電車はたいして遅れもせず、帰宅へ。

朝、坂道で何台も車は立ち往生、グリーンの車が電柱につっこんで斜めになっているのをみて、帰りも慎重に運転。雪道はやはり困りものだ。

今週はまた仙台、金曜日は東京へ日帰り出張。

雪をうまくかわせらるよう、直感を磨く。

今年はどうも年末の感慨が少ない。

たくさん見てきたイルミーネーション、クリスマス用のデコレーションやいつもよりちょっと贅沢な食材・・イベリコ産生ハムや、リキュール入りトリフチョコやら、クリスマス用の贅沢な食材も並んで、街は12月の独特な雰囲気に溢れている。

が、なぜか、こみ上げてくる感情が少ない。「きれい」と感動はするもの。

「ああ!!年が過ぎていく。」というインパクトがない。

毎年そうなんだけれど。季節感がうすれているのもひとつ。でもそれだけでない。

金曜日のエデュース、最後だというのに、3人欠席。

皆仕事を抱えているのできっと残業など、やむにやまれぬ事情があったのだと推測。看護師さんやら、介護士、教師のかたたちなので、今ごろインフルエンザや事件で緊張感が続く職場なのだ。

それに大事な関係者や、長く来てくれている生徒さんが急な病気に。

皆に気を送ったり、気をあてたり・・・ともかくよくなってほしいのだ。

その他ゆっくりクリスマスに浸れない気分としては、

巷でもおぞましい事件が続出。歪んだ日本が露呈。マスコミがあおっている

ロリコンブームで、結局事件がおきているのに、メディアは気がつかないふり。

それを扱ってはやしたてている、TVやゲーム、雑誌、インターネットの悪影響は誰にも止められないのだろうか。欲望は果てしない・・・・。

まだまだ気が抜けない12月。感慨深く年は終わりそうもない。

帰ると、真冬モード全開。東京でも風が冷たかったが、こちらはまたびゅうびゅう雪混じりの強い風。植え替えたばかりの鉢植えを、痛まないよう風のあたらぬ場所へ移動。

ただパンジーはちがう。この冷たさでよりいっそう、美しくなれるのだ。

可憐だけれど強い花。ここでちょっと、季節を感じ、ほっとする。

明日は仙台。雪かな、晴れかな・・・どうか電車止まらないでね。

 

このページのトップヘ