エタルニテ

エタルニテの最新情報と井上佳香先生のひとり言が聞けちゃいます。

2007年02月

最後のレイキ講座だった。

私が彼女のてのひらに入念にシンボル&マントラを

唱えると私にはその瞬間に「開いて何かがあふれてくる」

感じがしたのだが同じ感じを彼女も感じたというので内心驚いた。

Mさんは本当にピュアで笑顔が優しい女性。

少し涙目になっていたのが、印象的だった。

おとといもレイキを行ったがまたここでも相手側からの

内面を感じられるような映像がきたので、不思議だなと思った。

レイキは相手がピュアであればあるほどそこが神社のような

気に包まれるのが何度体験しても興味深い。

やはりその瞬間は大いなるものが降りてくるような・・。

そのあとはまた、同じレイキを受けてみたい方が

ご家族でいらっしゃったり・・・また偶然なのだが、

集まってくるのである。その後も市議会議員の方がきたり

個人のヒーリング・カウンセリングの方やスタッフがいれかわり

たちかわり・・。今日も楽しいローズであった。

 

 

はい、今週も日曜日仙台の駅横のアエルで

皆さんに「佳香式呼吸法のセミナー」を行います。

毎回おかげさまで好評を博しておりますので

この機会にいらしてみては?

出席されるかたもOLさん、経営者、医療関係者、美容関係者

マスコミ関係者などさまざまな職種の方がいらしていますよ。

「星の診断書」も前後に受付ご相談させていただけますよ。

日時:3月4日(日) 午後2:30〜4:00

場所:アエル6階特別会議室(すわり心地が重役のようです(笑)

今回は「気を強く、しなやかに・・面接、試験、お見合いで役立つ

気の持ち方のコツ。あなたのオーラを輝かせよう」です。

申し込みはhttp://www.naomiruka.jp

仙台エタルニテコーディネーター小笠原さんのHPへ。

次回は18日、AM10:30より

東京のヨ〜ダ兼うちの番頭さんである

石井講師をお招きして気で飛ぶマンツーマン指導

新春特別講座「みんなで飛んでみよう!」があります。

たまっているおしっこの中にに点々と血が!

龍と白、どちらかが病気かけが・・・。

体を調べてみると龍ちゃんのようだ。

頭の中で龍ちゃんを獣医参に連れて行く時間を

計算する。なんとか夕方にはいけそうだ。

仕事をやっていて、一番困るのは家族やペットの

不慮の病気やけが。龍ちゃんは結局尿道結石による

膀胱炎。原因がわかったので安心した。

スタッフのなかにもご家族が病気であったり、

まだお子さんが思春期で学校のことでいろいろ

あったり、そういった日常を超えながらばしばしがんばっている。

私も今日は朝からテストが続き、犬を迎えに行く途中

あまりにも眠かったので、途中で車をとめて仮眠10分。

生あくびも収まって、なんとか山沿いの道を雨の中往復。

家の電気がみえると、アー!着いた!とほっと一息。

月末の締めの大変さも少し忘れて、ぷーちゃんと

抱擁。さてまた夜中まで一仕事ですね。

帰宅して、自分のメールをみると合格しました!

の文字がうれしそうに踊っていた。

あーやっと終わったんだー。去年落ちてしまって

一浪した生徒さんのお嬢さんに気を送り続けていて

やっと受かったのね!ローズのパワーストーンも

東京まで持っていって合格祈念のお守りにしてたし。

もう一人、依頼されていた真銅先生のかっこいい

モデルさんのような息子さんもみごとむずかしい

志望校に合格したし。

もうひとりカリフォルニアで就職活動

していたデザイナー志望の生徒さんの

お子さんも資生堂のパリのお店の

デザインなども手がけている著名デザイナーの

ところに仮入社が決まったし。

気を依頼されていたすべての方たちの

合格がきまって本当に方の荷がおりました!

おめでとう、皆さん。努力が報われましたね!

あとは今病魔と闘っている大事な方たちへの

遠隔の気を送らなくては・・・。

皆さんによい気がとどくように。

今日のエデュースはまた濃かった。

私よりも年上のお二人とも経営者の生徒さん。

今日の授業を生活や仕事に生かしてもらうよう

お話して終わる。

そこでまた星の診断を依頼されてお調べすることに。

午後からはまた別の経営者の男性のかたに

お守りである気宝珠をお渡しする。

その後駅の地下の仙台の伊達の牛タンやさんの

すてきなレストランの前をとおったときに

、思わず社長さんの奥様がいないかなと

つい探してしまいました。(笑)

私がお調べした結果がプラスになるといいけれど。

夕焼け・・・。

ちょうど雨もようの雲を押し分けるように

太陽が最後の輝きを放つとき。

いつも帰り道はくねくねした長い一本道。

近くにバイパスもできたのに、

たいていいつもここを使う。

子供を隣に乗せて。

ふと。

オレンジ色のまぶしい光が真横から!

それは最後の一瞬の太陽の光。

黒々とした西の山脈をバックにして

雲の間からなので、余計に強い光に。

それをずーっと横顔で受けながら徐々に

暗闇が始まる。

冬ならではの、ダイナミックなひと時だ。

これと同じように仙台から帰る常磐線の窓から、

あるいは野鳥が遊ぶ大きな堤のそばから

黒々とした雑木林の影や、

すべてを包み込む夜がくる

その直前の息を呑むような終末の美。

北ならではの、景色。

ee伊丹市や東京など、問い合わせや

希望者がおかげさまで次々あるようです。

さすが、チャンピオンの子供たち。

自分のことが話題になっているっていうこと

ありますか?私はけっこうあるようで・・・・。

今日いらしたお客様から,私がこのブログに載せた記事に

何かを感じてくれた訪れたあるブロガーの方がいて

それをその方のブログで引用していただいて

載せていたのを読んでよかったということを今日うかがいました。

あの記事は確かー・・30代での出会いは大切だという

ような内容でした。(けっこう力いれて書いたんだよなー、それ。)

私のつたない文を読んでいただいて、日々の何かでも

目安や支えにしてくださることなんて、本当にうれしいことです。

と・・・・・・今日も夜中にキーボードたたく私でーす。

(アー、もうすぐ、魔の時期が。。。。

りらく、インフォの締め切り、ひと月分のさまざまな締め日がくるーー。)

このページのトップヘ