エタルニテ

エタルニテの最新情報と井上佳香先生のひとり言が聞けちゃいます。

2009年02月

3月に入ると双葉厚生病院での講演会がある。

ここはとても印象深い病院である。

実は3年ほど前にもやはりご依頼で

一度お伺いしたことがあり、そのときのことだ。

婦長さん自ら喜んで迎えていただいて光栄であったが、

皆さんでとても楽しそうに参加し、その講演前後にも

大変丁寧にしていただき、そして心から喜んでくださったのだ。

いろいろな団体からよんでいただいているが

真剣に癒しをとらえて自分に身につけたいという

そういった雰囲気が皆さんから全てから流れてきて

こちらもお伺いして本当に良かったと感じた記憶がある。

きっと病院内も看護師さんたちの暖かいパワーが

溢れているのではないだろうか。

皆さんにもう一度お会いできることがとても楽しみなのだ。

今週末は東京で、またぴっちりのスケジュールだ。

いい時間を待っている方と共有したいと思っている。

今日朝飛び込んできたのは

研修生のひーさん。ご主人の転勤が

決まり、4月から東京へ引越しに!

ああーリフレク、ハンド、ヘッドが終わっていてよかった。

赤ちゃんをおぶり、家族がインフルエンザにかかり、

クラスもお休みしながらも最近やっとすべて

修了したとこだった。本人もやり遂げた喜びが。

ぜひ東京で今度は呼吸法で会いにきてほしい。

学んだことを生かしてね。

其の他仙台へ引っ越してしまったお客様。

心をこめてケアしてきた数年間だったが、

もう向こうの生活をエンジョイしているよう。

それはよろしかったですねという反面

なんだかちょっとさびしいね!(苦笑)

あとは子供のことでずっとおせわになっていた方。

穏やかで聡明な男性だ。

この方も実家に帰ることに。とても遠いので

おそらく2度と会えないかもしれない。そう

聞いたときは絶句してしまった。

相馬に住むようになってから、突然の別れが

なぜかとても多くなった。

人生は駆け足ですぎていくので、人との時間

もっと大切にしなくては・・・と別れるたびに思うことだ。

llllllllllllllllll この絵画展は残念ながらもう終わって

しまったのだが、写真をとって

いただき画家さん本人から丁寧に

お手紙とともに送っていただいたもの。

ヨーロッパ、ギリシア、チュニジア

などでのすてきな作品を

みせていただいた。

先ほど犬の散歩にでたら

太陽の光が異なるのに気がついた。

「春」なのだ。

昨日のナベさんのコメントのように

どうやら「春」がやってきたらしい。

身体も心も緩んでくるのがわかる。

いろいろな企業が今不景気といわれる中

最高収益をあげている企業もいくつもある。

その差は何か。

お客様のニーズにきめ細かくこたえて

本当に必要なものを提供している。

これって簡単なようでいて実はむずかしい。

だってどの企業も皆それをめざしてはいるだろう。

その中で「時代」をしっかり読み取ったところのみが

存続していくのだから。

自分ではこれがいいと思っていても

相手から「NO]であれば、商いはなりたたない。

お客様とのキャッチボールが大切なんだと思う。

それと世界がつながっているので海外に市場が

あるところは常に危機を感じて仕事をしていかないと

皆共倒れになってしまう。海外活動=リスク。

大きくもうけるところはすなわち大きく損もするところと

なり、そのリスクも念頭にいれて動かないといつか

打撃となる。いやはや大変な時代なのだ。

ただ歴史をみてもずーと悪い状態は続かない。

きっとまた希望は春のように見えてくるものだと思う。

 

 

案外と大丈夫だった仙台。

常磐線も動いていました。(笑)

降り積もっていた雪も昼ごろからは

溶け始め、夜には普通のアスファルトに戻った。

今日は仙台のラジオ関係のMCの女性の方二人と

エタルニテの朗読セラピスト講師戸石先生と4人で

お話をした。

仙台のTVやラジオ、文化協会などの仕事をしている彼と

新しい分野を切り開こうといろいろと知恵をしぼることに。

仙台ならではの「癒しの学校、声の学校エタルニテ」を

作り上げていくこと、それはわくわくして楽しいことだ。

「声」を発するむこうに見えないたくさんのリスナーが

いる。東京での講座でもラジオの番組をもっている方が

新しく受講することになったが、点と点がつながって

きっといつかまた大きな流れが始まるにちがいない。

ふきすさむ寒風にもめげずに、また仙台へと通う日々が

はじまるのであろう。今までは序盤でこれからが本番。

そんな気持ちになった。

 

 

 

 

 

春らしい2つのイベントご紹介です!

これはまず山形県でのイベントです!

「ひいな春に遊ぶ」 平成21年3月1日(日)〜4月3日(金)

4月1日を除く水曜日休館

会場 山形県柏倉九左エ門家

3月1日、7日、14日、15日、22日、28日

午前10:00〜午後4:00

山形県東村山郡中山町字岡8

大人500円 小中学生300円

問い合わせNPO法人柏倉家文化村09076650662

ここでは代々伝わるお雛様の展示や雅楽、日本舞踊

昔語り、地元農家による生産物直売など、春の文化と山形を

楽しむ趣向がたくさんです。

もうひとつはエタルニテ講師戸石みつる先生の朗読劇

これは先回好評で終わった一回目に続いて2回目となります。

(前回は会場がいっぱいになりました)

ライブリーディング GIFT 花と戯れるひいなたち

出演者 戸石みつる 長野淳子

平成21年3月7日(土)17:30ドリンクタイム

              18:00開演 19:30分終演予定

チケット 2000円(ドリンク&スイーツ付)

会場 定禅寺Lokkan ギャルレ(リスズビル8階)

予約 022−397−7488

主催 Office TOISHI

    企画ジェルブ定禅寺

:朗読セラピストの生徒さんもいかがでしょうか?

東京は忙しかった!

次から次へと新旧の生徒さんがいらしてどの時間も楽しい

時間であったし、新講座「朗読セラピスト&ボイスセラピスト」も

反応がいい感じで、「こういった講座がよかったんです!」と

体験者の方にとてもお褒めいただけた。うれしいこと。

今は生活が大変なので生徒さんも影響がある方も

いらっしゃるので、できるだけ元気になってもらえるよう

励ます。皆さん来たときより、笑顔が多くなって帰られる。

2時間以上もかけてくる方にはほんとうに申し訳ないぐらい。

でも皆さんこの時代を後悔せずに生き抜きたい人ばかりだ。

それから大きな風水の仕事がはいり、今日も朝からまた

別の風水の件で9時から仙台へ。社長様を励まし、

全てを浄化し活性化する。少しでもお役にたてればと思う。

2週間後はビルひとつを診る仕事があるので

準備にも追われている。

お昼が時間ちょっとできたので

よくいっていたメトロポリタンでランチ。

でも少しビュッフェも内容が変わったかなあ。

今はどこも値上げで大変なんだろう。

昨日は六本木ヒルズで仕事の打ち合わせだった

ので、ついでにハイヤットホテル一階にある

イタリアンレストラン「フィオレンティーナ」で一息。

人もそこそこはいっていて、まあまあ混んでいた。

私はこういうところでもちろん次の移動前に

休むということもあるのだが、景気不景気や時代の

空気を肌で感じられるので、いくことが多い。

人を眺めるというか・・どちらかというと

いろいろなところの気を感じて思いをめぐらす

ことがとても好きだ。今は忙しくて昔のように

海外へ行くことも無理なので、それで欲求を解消して

居るんだと思う。今度もし出かけたらずっと何度も

でかけ続けるというクセがでてきそうでこわい。

意外と私は物や土地に執着があるようでない人

なので、さまざまな気を感じ取る快楽を今は

封印しているけど、殆ど一年を通して旅行になって

しまうことが過去何度もあったので、自分が怖い。(笑)

(だめだめ、今はまだここでやることがたくさん

あるのだ。夢をもっている生徒さんもたくさんいるし。)

東京2日間、仙台1日、そのあともクラスが続く。

やっと全てが終了して今日は本当にほっとできる時間。

でも今からまたきている朗読その他の資料請求の

返事がたまっているのでだすことと、

星の診断書が3件はいっているのでまた寝るのは

夜中になりそうだ。今日佳香式の生徒さんでもうすぐ

ライセンスをとれる女性をブラッシュアップ。まだミスをして

いたので「ノーミス!だよー」としごく?プロになるなら

失敗は許されないのだ。いいわけもだめ。

プロは本当に厳しいけど・・でも実力しだいで

一生食べていくこともできる。

最近実はある事柄が勃発して、ローズのスタッフで

ちょっと冗談で盛り上がる話があるのだが、

今日そのことを的中するシンラさん

(エタルニテタロットの講師&フォーテューンテラー)

に短い時間で結果を占ってもらった。

それは今が一番よくてあとは衰退していくとでた。

やっぱり思っていた通りだった。

いやー、やはり、きちんとしていないとむつかしい。

今は簡単にはいかない。生き方そのものが

出てくる時代なんだなとつくづく思った。そして

本物しか残れない時代にはいってきているようだ。

今日はとりとめもなくロングなブログになって失礼しました。

 

1日おきに強風が続く。

常磐線はよくとまるので、こういう日は

危ない(笑)。明日は東京なので、風吹かないでおくれ。

田舎に住んでみると、こういう天気は慣れっこだ。

少々の雨が降ってもかさもささなくなった。

昨日は冬の間に壊れてしまったベンチや、さびた

椅子などを粗大ごみやさんにきてだしてもらったが

山のようになってしまった。そう、ここへきてもう6年間なので

物も傷むわけだ。これからは無駄なものはもう買わない。

少しづづ、新しい芽が出始め、地面も草が生えてきた。

春夏秋冬・・季節はめぐっていく。

こうしている間にまた十年がたつ。

本当に月日がたつのが早いので、

忘れているのだが、庭に目をやるとコニファーたちが

どんどん成長しているので、ここでの歳月を感じる。

1日1日、何気なくすごしていても変化は少しずつ

あるのだろう。土を足で踏みしめながら、そのエネルギーを

感じ取り、呼吸をすると、春の気配がより伝わってきた。

は、新しい出会いがありそうで楽しみだ。

しばらくクラスをお休みしていた友の会の

青葉特別会員の鶴川さんがまたでてこられるというし、

(そういえば彼の花押が銀座の老舗「鳩居堂」でも購入

できるようになったという。銀座は彼にぴったりの感じ)

朗読セラピストの体験希望者の方とも何人かお会いする

予定だ。それからビルをひとつ診ることにもなっている

ので、その下見にも行くことに。風水もいまや社会に

認知されて、占いとともに街のカウンセラーのような

役割をしていると思う。時代の最先端の話題、情報を

知りえるので、世の中の空気を読むことができる。

ともかく今は大変な世の中なのだが、あまりあわてないで

自分自身の行く末をじっくり見定めて、人にない自分の

魅力や技能を磨くときだと思う。今うまくいってないとしたら

また別の選択技も考えるときではないだろうか。

それは今からでも遅くはないので、自分探し、自分磨きを

するチャンスなのでは。それと芸は身をt助けるというが

いろいろできることをもって引き出しを多くしておくと

もしものときに必ず役に立つと思う。其れは場所でも一緒で

自分の活動テリトリーをひとつではなく、いくつかもっているのも

必要なことである。これがこのような不安な世の中を

生き抜くヒントであると思う。

 

このページのトップヘ