エタルニテ

エタルニテの最新情報と井上佳香先生のひとり言が聞けちゃいます。

2011年03月

幸いなことに、来週相馬へ少し戻ることができるようになりました。

少しでもそこで皆様にお会いして、相手の様子を見ながら

気持ちをあげてリラックスしていただくことと

元気の「気」をあげて、色々な不安から身を守って

いただくこと、そして一番大切なことは辛いできごとを

皆様と分かち合ってそれを一緒に共有することだと思います。

私自身もこれから自分で確認することがあるので

正直心が乱れると思います。

私の先生のひとりは、チェルノブイリでも

そこに真っ先に赴きケアされにいった方。

私自身はその方に比べると、本当に微力だと思います。

それでもできるだけのことを一生懸命させていた

だければと存じます。振興ビルがオープンしているようなら

ローズの前にきていただければ、そこでお会いできると思います。

いつどうするかというのは、また週末に予定が

決まったらこのブログにも書き込んでいくつもりです。

避難所には相馬の災害ボランティアの

本部様に指示を仰ぎながらお伺いします。

県外からもボランティアさんがかなりたくさんきているそう

ですので、本部様にかえってご迷惑をおかけしないよう

必ずお伺いしてからいくことが大切です。

ホテルも今のところは泊まれない場合もあるようだし、

車中泊を覚悟して、自分で食物を確保できることも

大事です。スーパーやガソリンは並べばあるようなのですが

私のように自分の住まいがあるのではなく、はじめてそこへ行かれる

というような方はご自分が体調を崩されてしまったりする

場合もありますから、要注意だと思います。

ともかくできるだけたくさんの方にお会いし、

その場にあったケアができたらと思います。

相馬の美しい景色をみていただこうと、発信してしまって果たして

お申し込みあるだろうかと、正直自分でもあまり自信がなかったのだが、

最初にお話した東京での生徒さんたちは、授業を受けた後に仙台から子

供さんを連れて避難してきた親子さんにあげるからとか、

相馬の、東北の海が大好きという方や、昔からの私を慕ってくださる方や

ら、おかげさまで手ごたえがあって、本当にうれしい。

こういうメールがきたので、またええー!とびっくりした。

人って覚えててくださるんだな。

以前 旧ジャスコの…写真店で働いていたAと申します。私が勤務してる時には…いつもお写真の現像とプリントのご注文ありがとうございました。写真店を辞めてから…ある学校でチューター兼管理事務の仕事をしており…業務が忙しく…駅前で近いにも関わらず…お店に伺いたくても夜の9時まで仕事の為に時間がとれなかったので…いつも井上様のご活躍やお仕事の内容 ホームページで拝見していました。


仕事柄 いろいろとストレスを抱えることが多かったので ホームページで井上様の呼吸法のラジオや blogに癒されておりました。
今回 DVDの発売を知り とても嬉しく思います。相馬の復興の為に 支援を送って下さったり 応援メッセージも心強く思ってます。ありがとうございます。


復興までは長丁場になりますが…こういう時期だからこそ 井上様の呼吸法が癒しになり支えになり…みなが元気に回復する原動力になると思います。私の職場(教室)が若干被災した為…私も生活の再建やら不安はありますが…命があることに感謝しながら…元気に頑張っていきたいと思います。

3.11の震災二日前の…必ずくる地震の予知の内容…私も二日前余震があった時にそう思っており(宮城県沖地震の当時の記憶もあり…地震に対する恐怖は幼心に鮮明なので、いつか必ず起こると言われてましたから余計に敏感でした)そして…その日にblogを拝見してやはり確信に変わりました…納得!やばいかも!と井上様のお陰で感が冴えたのか?不思議と危険予知出来ました。本当に不思議なタイミングを感じております。危険回避を自然にしており…子供達もそれぞれのいた場所は安全で無事でした。井上様のblogの内容には感謝しおります。注文メールにも関わらず…突然のメールで…長い文章になり申し訳ありませんでした。

どうか 東京の地でもお身体に無理をせずに!そして…井上様を待っている、またこれから必要としている方達の為にも…これからの井上様の益々のご活躍を…相馬の地から心から応援しております。
DVDの発送を楽しみにしてますので どうかよろしくお願い致します。

 

こういった方も。



この度の震災で傷ついた人々や相馬の美しい景観を取り戻すために私の出来ることから始めていきたいと思います。

今は余震のたびに怯える子どもを癒したいと思い『美感呼吸』を見てみたいと思いました。



皆さん、頑張りましょうね。ご協力感謝いたします。

白木蓮が満開に咲いていた。

花のことなどすっかり忘れていたが。

季節は必ずめぐってくるのだ。

エタルニテにも白木蓮と黄木蓮を植えておいたが

今やあの花たちはどうなっているのだろうと

ふと思った。

あの花を愛でる人も誰もいない。

変わり果てた世界に、ぽつんと花が咲きはじめて

いるのだろうか。

もともと僻地といわれているあの周辺が、

磯部小学校も閉校ということらしいし、

今後はどうなっていくのだろうか。

--------------------------------

あの美しい風景をいつか取り戻そう!

*売り上げは相馬市・仙台市に寄付いたします。

福島県相馬市の美しい自然をバックに井上佳香と
女性リポーターの対話を通しての呼吸法レクチャーDVD

【DVD 「美感呼吸」  価格1,500円(税込) + 送料500円(郵便局

レターパック)=2,000円

<内容>
初心者でも呼吸のエッセンスに触れ、
心の緊張を解き、呼吸に意識を向けることで
あなたを深いリラックスに導きます。
最後にツボマッサージによる身体ケア術が入っています。

--------------------------------

購入ご希望の方は下記必要事項をご記入、
件名に 【DVD「美感呼吸」希望】 とご記入し
メールにてお申し込みください。

申し込み先 井上佳香宛

k-works@sepia.ocn.ne.jp


1:お名前
2:フリガナ
3:郵便番号
4:住所
5:電話番号

さきほどたまたまテレビを見ていたら、

新地駅の話とひしゃげた電車が映り、なんとなく見覚えの

ある警察官の方が出ていた。

実は新地町は、その日も私が朝電車で通った駅であり、

私も乗っていたかもしれない電車でもあり、そして

そのシーンがでてくるたび、きっと皆さん巻き込まれたのかな

というなんともいえない思いだった。

あの時間あの駅を通るのは、

14:07相馬発だろうか。14:18に新地駅着。

14時56分ごろに地震があって、そのあと止まっているとしたら、

そのあと数十分の緊急停車時間があったと思う。

いつもよく止まるとそのまま皆さん電車で待つしかない

ので、もしいつものようにただ待っていたらまた犠牲者が

増えていただろう。その迅速な判断に敬服した。

以前、エタルニテのお風呂の外に出ている管に、

巻かれているテープがびりびりにされていた時期が

あって、誰かが侵入したと勘違いして警察官を

呼んだことがあって確かそのときに来て下さった方

だったような気がしたのだ。結局それはカラスの攻撃?という

ことと判定がつき、一安心したが、とのときの警察官の方が

心優しくて、またご心配であればすぐにいってくださいねという

姿勢にありがたいなと思ったのだが、こちらの警察官の方は皆

おおらかな土のような雰囲気をもっていらっしゃる。

ところで、その方が口にしたこと。「判断のタイミング」。

地震が来て津波が見えたときに

その電車には40名の乗客が乗っていて、たまたま津波のことを

知り、その乗客を連れて高台の役場?までなんとか逃げ、途中

歩けなくなりそうなお年よりを、これもたまたまきたライトバンに

必死に大声をだして乗せたということを知り、

その方の脳に起こったひらめきとベストを尽くす力、選択と

運とすべてがつながって、その40名が助かったのだと感じた。

被災の番組一辺倒から普通の番組も

流し始めている。でもまだまだテンションの高い

芸能人とかができてても、「どこの人?」という違和感が

あって、ついつい被災者の状況へ戻っている。

最近私のほうへくるメールからも、日常を少しずつ取り戻して

きた相馬市や新地町の様子が書かれてきて、ああ、よかったと

胸をなでおろしている。

井上様、

ご無沙汰しております。
地震直後にブログを見て3/9に大地震を予知するかのような
内容が書かれており驚きました。
何か強く感じる物があって99.9%と言う、ほぼ100%と言える
数値の表現が出来たんですね

今日の新聞ではヨークベニマルは古い店舗も開店で、GSは県内200店舗が
開店し国道沿いとか主要道路沿いも開くと掲載されておりました。
ほぼ通常通りの生活が出来ており、なんら問題はありませんよ。
 
放射線は日に日に県内全地域で低下し、新地は0.45です。(南相馬でも0.9まで下がってます)
元々東京からニューヨークまで飛行機で自然に浴びる量が200と言ってますので、まったく人体には
影響が無く、マスコミ報道とか、直ちに人体に影響は与えないとか、言葉の使い方は
難しいなあと感じております。
戸惑いがあるのは南相馬市で10〜20km・20〜30km・30km以上に地域が
括れるので、自主避難とか報道されると当事者は本当に気の休まる事が無いのでは
ないでしょうか。
不安を掻き立てるような報道はして欲しくないものです。


本当にそうである。今現場に生活していらっしゃる方が一番

困惑するし、こちらもはらはらしてしまう。このメールのかたは

会社にお勤めですが、10匹のわんちゃんの命も

ケアしながらの日々です。

とにかく揺れが激しく長い地震でした。
私はヘルメットを被りながら片膝を立てて机の下に潜っておりました。
これでもかこれでもかと地球が怒っているように感じられました。
事務所の中では家にいる子供の事を心配するパートさんとか、
しゃがみ込む方もおり、工場内はまもなく停電になりました。
机上からは書類が散乱、ディスプレイも倒れ壁際の棚も倒れ(転倒防止も効果なく)
まさにテレビ報道のとおりです。
1年に一回相馬消防署を向かえ、工場全体での避難訓練はやっておりましたが、、、
17時近くまで外で待機し、中には入れない状況でした。
家に帰ったら妻とワンコ2頭は車の中で待機してました。(家の中にいる2頭、犬舎には8頭)
家の中に入って話を聞くと、小さなテレビと本が落下した程度で、食器棚はガムテープで
扉が開かないように貼り付けが間に合い、落下物は無でした。
津波の事は家に帰ってテレビを見るまで知りませんでした。
我が家の地区は新地町でも停電も無く、水道、ガスも影響ありませんでした。
被災した地区の状況を知って、複雑な気持ちで生活している毎日です。
1週間前からはワンちゃんの散歩も普通どおり始めました。



以前そういえば、中国の人が日本の山を買いあさって

水源を求めていたり、六本木あたりの億ションをいくつも

購入されていたらしいが、その人たちは今どうなったろうか。

「水」と「安全」が日本ブランドの代表格だったのに、

「食」もそうだが、そこをまた元にもどすのには、何年かかること

だろうか。3.11後の日本社会というのは、どこを目指すのだろうか。

あれからたった約2週間だが、ものすごく長く感じた。

朝から相馬のスタッフと電話で会話して、

やっと最近の相馬の様子がわかった。それによると、

スーパーが市内には2軒ほどあいていて、

そこはかなり並ばなくてはならないのだが、

食料は手に入るとのこと。ただガソリンがないので

遠いところは歩かなければならず大変ということだった。

それから市長さんのメルマガが相馬市役所の方から

送られてきて、市長さんの決意が載っていた。

それには全国の市長のつながりから

お米がたくさんあるので、最低限食べるのには困らないと

いうことだった。そして今の市民に皆さんと頑張るという内容だった。

これはその内容である。http://www.city.soma.fukushima.jp.cache.yimg.jp/0311_jishin/20110324_melma.html

ということである。

きっとこれに対しては色々なご意見もあると思うが

市長さんは苦慮の末決断したのだと察する。

とてもむつかしい判断だと思うけれども。

それがいい方向へいくことを心から祈っている。

ここんところは毎日神社へいって祈っている。

プラス夕方にはテレビでやっと相馬市内の

様子が映ってきたので、だいたいどういう状態かつかむことが

できた。なんだかほっとした。殆ど映像がはいってこなかったので

どうなっているのだろうかと心配したが、まず良かった。

あとは原発が落ち着くのを見守る。

きっと皆さんの全てのご努力が実っていくことを信じて。

私はこちらでできることをする。

今日と昨日はずっと東京の生徒さんたちに呼吸法。

赤ちゃんやマタニティの方がいらしたので、

ちょうど家に数本あったミネラルウォーターをさしあげる。

皆さん胃がやられたり、気持ちがどきどきする方が増えている。

小学校も給食ができなくなり、子供さんが午前中で帰宅とか、

美術館も映画館も休み、全てが萎縮気味だ。

東京もまた色々な意味で、以前とは異なっている。

6時に閉まる店、人通りも少なく、食料品の棚も相変わらず

ガラガラのところも。街全体が息を潜めているようだし、

店員さんたちも緊張している。

私も多くのかたたちとのメールのやりとりで

おとといからずっとパソコンにかじりついているので

夜ものすごく頭痛がして、昨日の夜はダウンしてしまった。

ちょっとめまいのような揺れ感も。耳もエレベーターの中のよう。

あーなぜこんな具合が悪いのかしら。困る!と

思いつつ布団にもぐった。翌日も半分残った不快感。

けれどそれは不思議なことに、生徒さんと呼吸法をするうちに

忘れてしまっていた。今はまた元気に。

今大事なのは、なるべく心を平常心にして、心を元気に保つこと。

放射能の風評被害に負けないで、洗えば食べられる野菜や米を

大切に。そのためにはきちんとした情報を本当に流してほしい。

ブログには動画が載せられないので、DVDの中身をYOUTUBE

で流そうと思う。きれいな自然をみてもらって、ぜひ相馬を感じてほしい。

またもとの相馬にもどれるように、応援してほしい。

相馬だけではなく、全ての東北の海が光を取り戻せるように。

去年テレビ局の関係者の方と私の相馬の庭で呼吸法のDVDを撮って

おいたのですが、空や海、優しい風など、ここには永遠にきれいなエタル

ニテが写っています。私にとってはかけがえのない宝物になりました。

もうこれは封印して、発売しないと思っていましたが、

もしもほしいと思った方にはメールいただければお分けします。

そこからの収益を相馬市に復興に少しでもお役にたてればと存じます。

DVDの題名は「美感呼吸」です。

福島県相馬市の美しい自然をバックに井上佳香と
女性リポーターの対話を通しての呼吸法レクチャーDVD

【DVD 「美感呼吸」  価格1,500円(税込)】 + 送料500円(郵便局

レターパック)=2,000円

<内容>
初心者でも呼吸のエッセンスに触れ、
心の緊張を解き、呼吸に意識を向けることで
あなたを深いリラックスに導きます。
最後にツボマッサージによる身体ケア術が入っています。

--------------------------------
購入ご希望の方は下記必要事項をご記入、
件名に 【DVD「美感呼吸」希望】 とご記入し
メールにてお申し込みください。

申し込み先 井上佳香宛

k-works@sepia.ocn.ne.jp


1:お名前
2:フリガナ
3:郵便番号
4:住所
5:電話番号

*売り上げは相馬市、仙台市に寄付いたします。

皆様、やっと今日パソコンの環境が整ったので

ようやくこのページを開くことができました。

本当に大変なことになりました。

このブログを訪れてくださっている多くの方々の

中には、大切な方をなくされた方、自身もけがを

なさっているとか、やりかけていた夢や物事が何か

ぷつっと中断して切れてしまった方とか、

お家を、仕事場を失ってしまった方とか

きっと本当にお辛い経験を、今もこの瞬間にも

されている方もいらっしゃると存じます。

心からお悔やみ、あるいはお見舞い申し上げます。

私自身は実は今日まで、現実から目を背けたくて

仕方ありませんでした。今でも夢であればいいと

願っています。しかし、今日あたりから世の中

が少しずつ動いているようで、前を向かないといけない

ようです。今日の午前当たりからまるで関を切ったように、

仙台の「りらく」さんや、ラジオ3さんからの

ご連絡やお仕事のご依頼がきて、現実に直面しなければならない

状況にきています。ラジオ3さんはラジオを通じて、今日電話を

通して収録した呼吸法を仙台のリスナーに流してくれるようです。

電話で一方的にお話するのは、少しむずかしかったですが

ともかくこの言葉や心を包み込むような気を伝えたくて

我をわすれて語り掛けました。「りらく」さんへも、次回

思いをこめて、連載で気持ちを書かせていただくことになりました。

仙台の方の復興への熱いお気持ちには敬服いたします。

でも自分では、実際何をどうかいても表現しても、

失ってしまったものを取り戻すことは無理だとはわかっています。

ただまだ私はリアルな現実には向き合ってはいないのです。

なぜこういったことになったかというと、このブログを見てくださって

いた方でしたら、10日の記事を覚えてくださっていたかと

思うのですが、私はあの日の朝、いつものように新幹線で

東京へと向かい、東京駅の丸ビルで仙台で行う講演会での

衣装を選んでいて地震に遭遇したのです。

やはり私の感覚は鳥のようだったのかもしれません。

ほんの少しの選択の結果ですが、そういう運命だったようです。

そのとき、すぐに私は震源地は仙台と直感しました。

恐れていたことがおきるというのはこういうときのこと

なのでしょうか。その場も揺れに揺れていて

売り子さんの女性たちが泣き始めたので、その方たちを

手でかばいながら、とうとう来たんだ・・でも本当に来たのかな、

うそであってほしいなと揺れながらも、非常に冷静な気持ちでした。

2年ほど前からエタルニテという私の相馬の庭が、自分で

決めていた結界が破られるできごとがありまして、

そのほかにも色々事件があり、残念だけれど

エタルニテにいることがもしかすると不可能に

なるのかもという漠然とした不安感がとれずに

そこからどんどん自分自身も一期一会を考えながら

日々を生きてきたような気がします。

空も海も花もなぜか見るたびごとに、もうこのような景色は

見られないかもしれないという思いにとらわれながら、

写真をとり続けてきたので、ああ、とあきらめと納得がきたような

思いだったのでしょう。けれども、仙台のみではなく、被害が

予想以上に大変なことだと気がついたのは、もう少しあとでした。

直感で東京駅には必ず電車にのるためタクシーのお客が

降りると思って、地震が収まるのを見計らって少ししてから

慎重に外に飛び出し、走ってたまたまきたタクシーを捕まえました。

すると、窓から見たのはたくさんの会社員たちがヘルメットをかぶって

歩道を歩いていくシーンでした。道をうめる大勢のひとたちとヘルメット。

ものすごい違和感で、ただごとではないとことの始まりを予感できました。

その後、第二のふるさとを襲う悲劇を、実際にテレビでみる映像というの

は想像以上につらくて、それとともに相馬にいるスタッフや

市民の皆様のことを思うと、帰りたくていてもたってもいられなく

なりました。この10年間、本当にすばらしいところに住まわせて

いただいたと実感しているし、漁師さんたちや農家のかたたちが

こつこつと力をあわせて築いてきたものにも少しですが

触れさせていだだいたし、ニュースで目にする病院のことや

公民館など、実際さまざまなところにいってケアさせていただいて

ところばかりで、今あの方たちはどういった思いなのだろうと

想像するだけでも涙が止まりませんでした。

募金をしたり、物資をお送りしても、実際そこにいって

顔をみて、話をして、一緒に呼吸法をしたり、さすったり手を

握ってあげたいと思っても、そして長距離運転の経験も

なく、運転も苦手な私にとってはなすすべがありません。

海から歩いてすぐの家もそこまで津波が押し寄せてきました。

ローズ・ガーデンも再開は未定です。

私を支えてくれてきたスタッフの心のケアも必要な

状態です。

自分自身もある意味被災しているのですが、

本当に本当に申し訳なく思いました。

それで、こんな私でもできることをあれこれやってみました。

ホームページはウェブデザイナーさんも被災してしまったので

何も更新できず、私自身もパソコンもなく開けず困っていたところ

(きっと私がもうこの世にいないと思った人もいるかもしれません)

このブログのコメント欄に四国の私の大好きなアーティストさんが

心配してコメントを載せてくださったので、携帯ではじめてパソコンに

おそるおそるコメントいれたところ、これがうまくいったので、少しずつ

他の方も載せてくださって、コミニュケートできるようになりました。

また生徒さんの知人のかたが親切で、YOUチューブに私の

呼吸法と安心できる言葉を載せてくれました。いかんせん、これは

私自身が自分の携帯でとりあえず撮ったため、画像が悲惨です。

でもともかく思いを伝えたくて載せてみたのですが・・。

機会があればまた取り直ししてみます。目もはれているようで

ちょっと恥ずかしい感じですがそうもいってられません。

そしてようやっとばらばらになっていた家族も一緒になれました。

皆それぞれ九死に一生を得たような流れでした。

連絡をとるのには災害電話は本当に役にたちました。そしてとうとう

ガソリンも手にはいって東北へお手伝いをしに

行こうと思った矢先に、持病のある母がダウンしてしまい、

また今回復を待っているところです。時々市役所の方とも

連絡をとりあって、市長をはじめ市民の皆さんが

今大きな不安とたたかっている様子が入ってきます。

南相馬市までが避難地域ですので、相馬は今色々な意味合いで

とても気にかかります。ともかく原発が、現場の命がけの努力が

実って問題が収束にむかうことを、絶えず祈っています。

足手まといになっても申し訳ないので、自分ができることを今は

ただやっていくだけですが、私の呼吸法は心を安定させ、気持ちを

安らげさせることができる効果的な方法です。

こういうときこそ、多くの方にしていただければと思っています。

心が落ち着いてこそ、いい判断、ひらめきが浮かぶのです。

そういう場があれば、今後も可能な限りお伝えしたいと思います。

そして仙台で犬も含めて家族がおせわになっていた方々にも、

この場を借りて深く感謝いたします。それから見ず知らずの

私に道端でご自分用に買っていたお茶を下さった方、その方も石巻で

帰れないといっていた新宿のビジネスマンの方でしたが、

思いがけない気持ちをいただいて、ほっとした思いでした。

それと同時に災害にあうというのは、こういう気持ちに

なることなんだと思いました。仕事柄おせわをすることが多くて

されるということがあまり経験がない私には、特に心に響いたのかも

しれません。人はいつどうなるか本当にわかりません。

東京にいてもここが一番安心ということではありません。

日本中がそういった意味合いでは脆弱な地面に立っている家の

ように感じます。今こそ心を強くして、お互いの絆をしっかり持って、

未来に備えていく時期になったのでしょう。

今年にはじめ予想したように、金属できられるような痛みを

感じつつ、物ごとが変革していくというのは、こういうことも

あったのですね。今それがよく理解できました。 そういえば

今思えばひとつ、去年いいことをしておいたと思うことがあります。

去年テレビ局の関係者の方と私の相馬の庭で呼吸法のDVDを撮って

おいたのですが、空や海、優しい風など、ここには永遠にきれいなエタル

ニテが写っています。私にとってはかけがえのない宝物になりました。

もうこれは封印して、発売しないと思っていましたが、

もしもほしいと思った方にはメールいただければお分けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あの美しかった東北の風景をまた取り戻そう!
*売り上げは相馬市・仙台市に寄付いたします。


福島県相馬市の美しい自然をバックに井上佳香と
女性リポーターの対話を通しての呼吸法レクチャーDVD

【DVD 「美感呼吸」  価格1,500円(税込)】 + 送料500円(郵便局

レターパック)=2,000円

<内容>
初心者でも呼吸のエッセンスに触れ、
心の緊張を解き、呼吸に意識を向けることで
あなたを深いリラックスに導きます。
最後にツボマッサージによる身体ケア術が入っています。

--------------------------------
購入ご希望の方は下記必要事項をご記入、
件名に 【DVD「美感呼吸」希望】 とご記入し
メールにてお申し込みください。

申し込み先 井上佳香宛

k-works@sepia.ocn.ne.jp


1:お名前
2:フリガナ
3:郵便番号
4:住所
5:電話番号

くると、仙台はいわれている。

今日は昼ごろからまた用事があって、仙台へ

行こうと思っていたが、朝ちょっともたもとたしていて

まあ1時過ぎごろ電車に乗ろうと思っていたところ、

ぷーちゃんの様子が変・・と思う間もなく横揺れが

きた!いつもとちがう、ちょっと深ーいところからくる

と思っていたら、やはりかなり大きい感じ。

窓をあけてテレビをつけると・・仙台の北で震度5.5。

心配でしばらく見ていたが、どうやら大きな被害はない

ようだ。相馬の海沿いのほうも大丈夫なようだ。

ブログの題には99パーセントの〜なんて書いては

みたが、今や日本中のどこにいても来るときは来る。

先日のテレビでもNZでの大きな地震のショックが

さめやらぬ中、いつどこでルーレットの玉がころっとくる

とも限らない。大きな地震の前には予備的な地震が

あるようだし、これは覚悟して飲み水やらそのほかのものを

少々そろえておく必要があるかもしれない。

大事な人たちが多く仙台にいるので、気にかかる。

なんとなく私は自然に危なくないところに移動している

鳥のような感覚なので、もたもたしたときもそれに何か

意味があるんじゃないかと、無理をしないでいる。

それは呼吸法のおかげなのかも。

チョコと水のペットボトルだけは、どこにでかけても

バッグに入れておくといいと思う。

そういえば、昨日の宴では相馬の中村城開府400年の

記念行事に出る騎馬武者の広報部長のような方と

一緒になったけれども(いつも私が武士と呼んでいる人だ)

4月16日は仙台からも歌手や教授がゲストとしてくるようだ。

以前市長は仙台市長もくるようなことをいっていたけれども?

相馬市内を49旗の騎馬武者たちが練り歩き、歴史好きの

人にはおすすめの1日だとおもう。

どうも当事者じゃないと説明がはっきりしないので(笑)

もっと詳しく知りたい人は相馬市役所か観光協会へ

お問い合わせください。

今年はなぜか記念年になっているところが多いような。

地震はくるときは来るから、今のうちから備えて、色々整理して

おいたほうがいいと思うけど、それを恐れて動けないというのも

困るので、臨機応変に対処というのがいいのかも。

そんな中、マタニティ呼吸法を教えておいた生徒さんから

出産の報告電話がきた!お昼前後だったようだが

地震の揺れに負けず頑張ったね。

*メールをいただいた方々へはご心配をおかけして

すみません。私は大丈夫ですよ〜。東京へも無事に

いけると思います。

あー、東京は今週金曜日〜火曜日ですね。

このページのトップヘ