エタルニテ

エタルニテの最新情報と井上佳香先生のひとり言が聞けちゃいます。

2013年02月

やー。

燃え尽きましたよ(笑)。

今日のためにどれだけ練習したか。

なんてことはない、いつものよく行くジム内での

ミニ発表会・・観客だっていつも踊っている仲間たち。

ですが・・この振り付けのためにこの4ヶ月。

手を抜きたければいくらだってできたのですが、

この曲と振りが結構好きになってしまって、なんとか

ものにできないだろうかと・・。いろんな時間に別のジムにも

通って最後は週に5枠踊ってましたっけ。

さて、そしてその6分間。

ひとつもミスなく、それはあたりまえ。

それを超えた感情表現をできるかどうか・・だったのですが

おかげさまで一番正確でよい踊りが最後にできました。

もうこれ以上踊れない・・細心の注意と大胆な動きを目指して

やわらかさとダイナミックさをなんとか表現しようと頑張りました。

もはや緊張もしません。

まあテレビ出てたせいか緊張はめったにしませんが・・。

ずっと見ていた相手のチームの普段あまりしゃべらない女性が

興奮して「すごくきれいだった!!」と声をかけてきてくれました。

もうそれで十分。

自分の持っている全てを出しきったので、悔いはありません。

最近実はあるお店から何かのときに踊ってといわれましたが

まあ私などはまだまだ恥ずかくて無理でしょうが、今まで仕事一辺倒で

特技がなかったのですが、これからなんとなく特技になるのかもしれません。

こんなに年とってからはじめたベリー、どうなるのでしょうか(笑)

踊り終えたあと、お腹がすいてすいて(苦笑)

食べまくりましたよ〜。まあ、今日ぐらいはいいでしょう。

そして明日からまた別の振り付けが2つ、あさっては

ジャズもあって2つ。また脳みその体操が始まります。

その後新宿プリンスでお茶したタイからの魅力的な日本女性は、

なんと今度むこうの会社の社長になったという

そのあともわくわくするような報告が聞けて、今日はとてもハッピーでした。

彼女が誘ってくれてるのでいつかタイに行く日がくるかもしれません。

今日はこれからまたのんびりお風呂にはいって、

「LAW AND ORDER 」を見ます。

何話みたかわからないほど見たので、事件、犯人逮捕、検察、裁判の流れと

すっかり頭に入ってしまいました。

いつかもしかして陪審員になってもあわてなさそうです。

そしてどんな人でも被害者や加害者になるもので、

色々な事情があるのだなとしみじみ感じています。

その中に出てくる正義の人「ジョン・マッコイ」。

いまや政治家にも大きな影響を及ぼす検事長ですが

すっかりファンになってしまいました。

正義が好きなのは、何の影響でしょうか。

むかーし見た大岡越前とか、水戸黄門とかの影響かな(笑)

だから体調を壊す人もきっと多かったと思うし、

この長い冷たい冬をなんとか乗り越えて、

やっと3月と思うと、なんだかほっとする。

今日たまたま用事で伊勢丹へ行ったら、もはや春物が並んでいて

着ていたダウンがなんとなく季節はずれに思えてきたが

実際まだまだ夜は寒く、三種の神器であるネックウォーマー、

マスク、帽子は手放せない。これから三寒四温の季節だね。

今日は久々に懐かしい知り合いにあった・・といってもまだ21歳の

私の子供みたいなお嬢さんであるが、話は大盛り上がりだった。

明日もまたタイから一時帰国する若い女性に会う予定だ。

皆素直で仕事をがんばっていて、前向きだ。年齢関係なくお互いに

約束をきちんとまもるとか基本的な暗黙のルールがお互いあるから

きっと長くてよいお付き合いができるんだろうと思う。

明日は4ヶ月踊りこんだ振り付けの発表会があるので、

そのあと待ち合わせした。

それは大変長く難しい振り付けだったが、

できるだけクラスへ通ってなんとか覚えた。

家でもどこでも何度踊ったかわからないぐらい踊った。

ここ2週間は猛烈食べているのに、それでもやせたぐらい。

足の裏も下手するとかなりずきずきする。

肩も腕も指もへとへとだ。

なぜそこまでして?と思うけど・・。

ステップを完全に覚えた先に、自分らしさの表現がくるので

そこまで踊りこみたかったという感じだろうか。

激しい回転、激しい腰の振り、それをしながらも

決して崩れてはいけないからだの芯。

力が入ってはいけない優雅な腕や指先。

これらを目指しながら、艶や美しさをだす。

何度やっても難しいし、また楽しい。

猛烈に身体が疲れて、翌日。

午後の陽射しを受け、カフェで流れていく人の姿を見ながら、

本当に徐々に徐々に、疲れがほぐれて元気がよみがえってくる感じがまた

好きなのかもしれない。

本当に日がたつのは早い。

とうとう新店舗のほうは1日の来店人数が

新記録を樹立・・・まあ有難いことだ。

いくら不景気であっても場所を選んで、いい内容で頑張れば

かならずお客様はついてくると思う。

もうひと頑張りかな。

明日は実はその新店舗のある地元で、ディスコパーティが

あるというので、仕事を早めに終わらせて主人と出かけることに。

パーティといっても実はそこはおいしいやきとりやさんで

偶数月に夜の九時からお店を開放して、ディスコ大会を行っていて、

バブル時代に流行った懐かしいメロディーで40〜50代までぐらいの

年代の男女が80人ぐらい集まるという。ダンスの先生もきて、振り付けを皆で

踊る余興もあるらしい。

「週末ダンサー」の血が騒ぐ(笑)

そして明日はまたどうしても意地でも?覚えたいベリーの振り付けが

2枠あるので、その合間に受付して犬の散歩して、ともかく忙しい。

その振り付けは何度やってもやっても難しく、不器用な私はすぐに

また覚えることができなかったのだが、とてもいい曲なので、ここにきて

真剣に覚えることにコミットメントしたのだ。(苦笑)

そうなるとまた大変で、完璧に覚えないとつまらないので、

また練習が続く。

自分との闘いだ〜。

50代に入って仕事一筋はやめて、人生を楽しむことにした私は

すごく気が楽になった。けれども遊びもついつい本気になって燃えてしまう。

これは直りそうもない。

何をやってんだか。







夜、家にいる。

最近またなんだか生活が20代に戻ってしまったようだ。(苦笑)

ともかく忙しい。

子供も自分の時間や友達、仕事でいない時間が増えているし

主人は新しい店舗のことでまた家には朝と夜遅くしかいない。

そんなこんなで私自身も自分のことができるものだから

刺激や変化が好きな私は、結局のところ

目いっぱい予定をいれてしまって、日々が飛ぶようにすぎていく。

ただ20代と異なっているのは、さぼることに罪悪感がないことだろうか。

一度予定をいれても気がすすまなければ相手に迷惑がかからない

場合はいくのをやめてしまう。

きっと疲れて楽しくないだろうから。

身体が信号をくれる感じ。

無理をして身体を壊している大人をたくさん見ているせいかも。

今日も実は夜ジャズダンスをいれていたのだが、この強風のため

気持ちがめげてさぼってしまった。

さきほどまでお風呂に入ってゆっくり温まった。

極楽。

こういう日はこれでよかったのだと思う。

だっていつかは死んでしまうのに、今無理したってしょうがない。

いくらお金をためても地位を手に入れてもそれもいつかは終わるのだし。

極端にいうとソフトバンクやユニクロや楽天の社長だって、

ハリウッドのゴージャスな女優だって、たくさんのCMに出ている

モデルだって皆いつかは年とってこの世からいなくなる。

年を重ねていくと「死」というものがまじかになってくるせいか

熱することがあってもどこかでさめている自分がいる。

ここまで生きてきた自分はもう他の生き方をいまさらすることも

できないし、これで人生を終えていく。

若者ならまだしも、今の自分がまるで異なる自分になることはないだろう。

だからなんとなく余裕ができる。

変わらなきゃとか変えないととかおかしな焦りはない。

そしてこれまで生きてきたさまざまな経験で

どちらかというとこの世は運と縁だと思っているので

結果はあせらなくてもでてくると信じきれる。

そういった事象は日々でてきて、忘れがちなその事実を教えてくれる。

小さなことだけれど、先日も両手に重い荷物をもって

満員電車に乗っていた。疲れてもいたし、どうしても座りたい気分。

さて、誰の前に立とうかな。

もちろんお年寄りや妊婦さんがいるときは最初から座ることは

放棄してドアの横あたりに立つことにしているけど。

今日はとりあえずそういう対象はないようだ。

あー、でものすごくぎゅうぎゅうなので、自由に選ぶことは無理のよう。

きっと私の右前に座っている本を読んでいる女性が次の駅で

降りるだろうと思っていた、いやーでもちがう、左側の頭の薄いおじさんかな。

けれども満員電車のために、どちらにしても左右のその乗客たちの前には

それぞれ人が立っているので私が割り込むわけにはいかない。

荷物が重くて腕がしびれてきた!

暖房も妙に熱すぎていらいらもなぜかつのってきた。

と、次の駅に停車。

そうしたら今まで目をつむって寝ていたような私の前の太ったフリーターみたいな

若い男性がぱっと目をあけて突然立ち上がって降りてしまった。

私の前の席が、ぽんと!空いた。

それからいくつも駅をすぎても左右はまったく立つこともなかった。

私が何気なくフリーターの前に立ったそのときからもう決まっていたこと。

そこに座れるという現実が。

座った私にひらめいたことは・・・あー色々浅知恵で考えたところで

運というか運命はもう決まっているのだ。

それは言葉では説明できないこと。

グアムの殺人事件だって、なぜあそこに居合わせたのか、

グアムでなくてハワイへいけば、あるいは20分でもずれればとか、

急に人が亡くなるときというのは不運が重なってしまうのだろうけど

犯人の周囲に彼を救える人間関係がなかったというのが

原因のひとつだろうけど、マイナスの要因が重なり合って頂点を

迎えてしまう瞬間って・・。

もう少しのいい「ずれ」の運はそこにはなかったのだろうか。

誰にでも毎日危険や幸運と隣り合わせの日常が

その人の命の尽きるときまで続いている。

もちろんそこにはその人の持つ意志は存在するだろうけど、

でも考えると不思議な気持ちになる。







CIMG1271時々思い出す

玄関の前には大きな池があって

夏がちかづくとたくさんの睡蓮が

次から次へと咲いたものだった。

あのころ、福島にはいや日本には

のどかな自然の暮らしがあった。

今はそれはもう望めない。

足の裏が痛い(苦笑)のでシップを張った。

これはダンスのしすぎてかなり足が疲労している証拠。

昨年もなったが、また最近あぶない。

誰のせいでもない。

自業自得である。

ほぼ毎日とはいかなくてもずっと踊っている。

年齢と相談しながら、自分の役割をまっとうしながら

時間を見つけてこれは!という先生に習いにいく。

だんだん場所も遠くなってきたので、行くだけでも結構大変。

何がこの先あるのだろうか。

別にダンサーになるわけでも、ダンスの先生を目指している

わけでもないのに。

ダンスに恋してる。

特にベリーに。

でも踊り込めばこむほど、難しい振り付けを覚えれば覚えるほど

またまた新鮮な感動が沸いてきてきりがない。

ステップを覚えられないことにいいわけしたくない。

覚えるためには全力で覚えるしかない。

人のためではなく、自分が納得する踊りをしたい。

美しくターンするには、美しく肩をふるには、どこにポイントを

おくのか、わかればわかるほど人間の身体っておもしろい。

あとは体力勝負というかこの筋肉や関節がなるべ長く持つように

ケアとマッサージを怠らないように。

呼吸法こそやっておいてよかったと思う。

持久力があるのと、息もあがりにくい。

あと気。雰囲気、その人がかもし出すオーラ。

呼吸で動き、踊るから。

このまま燃え尽きて灰HIGH?になるのかも。

相馬へいきたいと思っています。

メールやお手紙が届くたびに、皆さんの

お顔を思い出します。

日々生活は過ぎていきますが、相馬で過ごした9年間は

私の大事な宝物であり、そこでの生徒さんとのあるいは

お友達との心のお付き合いは、とても言葉では言い尽くせないほど

大事なものです。だからこう軽々とブログに載せてしまうことよりも

実際芯の部分で繋がっているのです。

仙台も本当によく通いました。

今でも時々頭を掠めるときがあります。

あの綺麗な海とその恵み、そして睡蓮の花のさく庭。

もう二度とあのような暮らしはできないでしょう。

海辺沿いには一軒一軒のお家がそれぞれ大事にお花を植えて、

それぞれの暮らしがあった・・でもそこにはもう荒れ果てた何もない大地

があるだけ。本当に無常の世界。日本においてそのような出来事に

遭遇するとは思いもかけませんでしたが、あまりに多くの人生が変わって

しまいました。その後も大変な状況はまだ続いています。

いつも精一杯生きること・・。それはきっと以前よりも強くなっていると思います。

自分の指を切ってしまった。

時々やってしまうんだな〜。

爪があったからそうざっくりいかなかったが、

そこそこ傷がついた。そうすると水仕事ができなくて

主婦はすごく不便。

最近カレーや鍋物などともかく野菜を多く刻む作業が

多かったので、自分の指もきざんじゃいました・・なんて。

主人にメールしたら特別な治りを促進するバンドエイドを

買ってきてくれた。それをはっていたらかなり良くなった。

困ったときは何でも主人に相談。

主人は父親か母親みたい。

若いころは13歳年下ということもあり、私がなんとなく主導権を

握っていたが、最近はなんだか頼りっぱなしだ。

呼吸法、店、踊り、友達とお出かけ、犬の散歩、家事、母のケア、エッセイ等。

好きなことでもそれぞれが密度が濃いのと、

最近は再び忙しさが増してきたので、集中力がかけているのだと思う。

だから週末は少し予定を少なくして調整することに。

午後は真っ白にしてその日の体調や気分ですることを決める。

寝るときは寝て、休むときは休む。

そうしないとやっていることが楽しくなくなる。

そういえば亡くなった団十郎さんはちょっとスケジュールが過密すぎたのじゃないかしら。

歌舞伎ってものすごく体力使うし・・。誰に対しても尽くしていたみたいだし・・。

無理して自分の一線を越えてしまったのかな。

戒名で 世の中に光を照らしたという意味のお名前だったというが

ほんとに太く短く強く輝いて燃えていった方なのだなあと思う。

海老蔵心を入れ替えてがんばらないとね!



朝の情報番組を見ていると、首都圏の雪のことで

コメンテーターたちが、空からもまるで火の玉でも

ふりそそいでくるかのごとく、「足元くれぐれも気をつけて!!!!」

「大変ですよね!!!雪ですよ!!!」とか

聞いていると本当に大げさで脆弱。

こんな「やわ」な国民性では、これからもっとおきてくるだろう自然の脅威や

中国との小競り合いに耐えていけるのだろうかとほんと不安。

長靴はいて傘もって、早めに家をでれば問題ないんだ。

もしも不運にも雪で電車がどうたらとかなってしまっても

まあなんとか家にはいつかは帰れるでしょう。

そして結局雪は積もらず、肩透かし。

かえって不安感やいらだちをおぼえるあのおおげさな口調、

なんとかならないものなんだろうか。

殆どまともには見ていないけど・・。

真実を知るにはまずインターネットを開く。

そういえば女性雑誌も殆ど美容院以外では見なくなった。

持っても重いし、どうでもいいことばかり。

年、とったんでしょうか(苦笑)


夕方からベリーダンスのショーをベリー仲間と

一緒に浜松町まで見に行くことに。

浜松町はともかくビルのワンブロックが大きいので

会場まで大またで急いで歩いた。

お目当ては今習っている金髪のウクライナの美女、

ラナのソロだった。もちろん彼女はすばらしかった。

踊りの中に文化が漂い、まるで女優のように踊りにドラマがある。

が、他にも魅惑的な踊りを踊る日本人のダンサーの方々がいて、

日本人のベリーダンサーの水準が確実に上がっているのに驚いた。

目で魅惑するダンサーが出てきたのには特にびっくり。

細身だが後ろにちら見した瞬間、会場からおおーと声が。

日本でいうと目千両という感じか。

特にテレビにでていなくても、大きな会を行っていなくても

本当に上手なダンサー、魅力的なダンサーは増えている。

踊りを堪能、そして友と会話を楽しんであとは帰るだけ。

しかし・・駅につき池袋行きの電車に乗った瞬間、人が

線路におちた、そして電車が動かないという放送。

人身ではないらしいが、時間がかかる様子。

ホームで大江戸線があるのを確認し、ダッシュで練馬方面へ。

無事に家に帰宅。

時間がまだ夜中前というのを確認し、急いで豆まきに。

あー間に合った。

声は小さいが玄関や窓から蒔きましたよ。

今年の恵方は丙の方角=南南東微南(165度)。
 

恵方とは、その年の福徳を司る神・歳徳神が降臨し、
 
立春から節分までの一年間、諸々のことに大吉とされる方位です。


皆さんも恵方巻き、南南東向いて食べたのでしょうか(笑)

そして今日は静かに過ごしていました。

ちょっと身体も筋肉疲労していたので、ゆっくりできて幸いでした。

このページのトップヘ