エタルニテ

エタルニテの最新情報と井上佳香先生のひとり言が聞けちゃいます。

2015年09月

昨日の夜は久々に渋谷のスペイン坂近くに。

このあいだ公演に一緒に出させていただいた

DANAE先生がスペイン料理のレストランで、フランメンコの

ダンサーとゲスト出演するというので、ベリ友と見にいった。

渋谷はすごーい人の波で、前に進めない。

東京にいて、人波はなれてはいるが、やはりすごいね。

4人でいったのだが、一人はぐれてしまって捕まえに行った(笑)。

もうレストランショーなど、結構見慣れていてしまってあまり

驚かなくなったが、やはり普段教えて頂いている先生や、一緒に

舞台を踏んだ仲間とかが踊ると、ちょっと興奮。

先生はさすがに、プロ。

プロとアマの差は本当に大きいなあと改めて実感。

お金をとって毎回踊るって、やはりすごい才能。

キュートな先生とハグしながら、こんなにボディにあの爆発力、

どこにあるのかなーと感心。

今日は今日でお仕事に合間に、前から気になっていたNISAAさん

というまたおきれいなダンサーさんのクラスへ。

世の中は麗しい女性に溢れているんだなーとまた感心。

彼女は今週末お台場で開かれるベリーのファッションショーにも

出る予定。肩幅も腰もあって、胸も豊か。

日本人じゃないのかもねーと、思いつつ、その姿に見とれていた。

さて、ベリージプシーの私・・今度はどうしたいのか。

今日は朝からクラスがあって、

その後個人の方のケア、そしてジムで一踊りして。

夕方からいつもの伊勢丹のスーパーで

マグロの解体ショーがあるというので、

買い物ついでに見に行きましたよー。

まあそんな、今ではめずらしいことではないでしょうが、

高知産の生マグロを即売とあって、なんだーかんだーと

ちょっとしたお客さんの列。

私も途中からうろうろと・・。

すると「ハイ!ナカオチでますよー、ナカオチ!」

ナカオチってなんだっけ?

それは一匹のマグロの中でもひとつかふたつしかでない希少な部位。

味が濃くておいしい・・という説明。

そしたら私より先に来ていたおばさんが、すかさず「ほしい!!」と

叫んで、その手にナカオチが。

しかし次の瞬間、おばさん、書かれていた価格のシールを見て

予想より少し高かったせいか、「やっぱりいらない」と手放した。

そこで隣にたまたまいた私が手をのばして、ナカオチゲット!

ほしいなーと思う物が、ぼた餅のようにおっこてきた瞬間だった(笑)。

ほんとータイミングよい。

こういう時っていつも助かるんだなー。

帰りはまたまたおいしいブドウ、長野パープルやらに目がいって、

自分を抑えるのが大変なことに。

収穫の秋。

お天気にも恵まれて、穏やかな一日だった。

あー、肝心のナカオチの味は・・。

ぷりぷりしていて、甘くて最高でした。

最近やっと雨もなくなり、気温もちょうどよい日々が続く。

気が付くと足もよくなっていて、くるぶしの腫れもなくなっていた。

人の回復力ってスゴイ。

今日もジムのイベントで一踊り。

50人近くの中で最前列のセンターでインストラクターのすぐ後ろで

踊ると、結構テンションあがる。いつからいつもセンターで踊るように

なったのか。

誰よりも上手に誰よりも笑顔で余裕で踊ってみせないと、後ろに続く

皆の視線には耐えられない。女性のパワーはそこそこ強いから。

それにはひたすら練習しないと。

なんでもそうだが、余裕には見えない努力がついてくる。

どんな小さいグループであっても、ベストをつくせばそれなりに楽しい。

自分の器以上のことを行うと、苦しくなるけど

器にあった行動をしていれば、充実できる。

年を取るっていうのは、だんだんそれを感じ取る感覚がでてくるってことかな。



昨日もう20年教えに行っている日本橋のクラスへ

出かけていつもの和室で、生徒さんを待っていた。

すると自分の右足の足首がいつのまにか捻挫をしたように

くろっぽく腫れているのに気が付いた。

いつのまに、痛めたのかわからない。

それに痛みもない。

少し気を付けてね!という体のサイン。

今練習している振り付けがスピードの体力いる振り付けなので、

どこかで知らないうちに痛めたのかも。

しかしここのところ、その踊りにはまりかけてしまって、また日々練習に。

日本橋の前後にも、ずーっとイヤホンでその曲を聴いて、うっとり。

音楽を聴いてそれを体で表現ってなんて素敵な世界。

日本が沈没しようが、戦争がおきようが、もうここまできたらひたすら

踊るしかないかも。自然にはしょせん勝てない。

年をとって杖をついて、よろよろになったら踊れない。

踊れるかもだけど、それは私が求めてるものとは違う。

今だって若くもないし、年齢に逆行して激しいステップに挑戦している。

それだって来年できているかもわからない。

別に開きなおったわけではないが、自分の人生を振り返って別に後悔する

こともなし。色々あったけど、良いことも悪いこともあったけど。

時が来たら、なるようにしかならないよ。

美しいものを感じて、自分の生き方を全うで来たらいいんじゃないかしら。

自分で納得していれば別に動じない。

このページのトップヘ