エタルニテ

エタルニテの最新情報と井上佳香先生のひとり言が聞けちゃいます。

2016年02月

寒くなったり、暖かくなったり、この時期の天気はきまぐれですね。

今日も空は曇りがち。

でも私は必ず出かけます。

特にお休みのない仕事なので、化粧をしない日というのは

ほぼないに等しいですが、化粧をし、上着を着て出かけると決めると、なんだか

心もしゃきっとします。

この時期、天気の移り変わりに負けてしまうと、逆に体調を崩しがち。

冷えや疲労に注意しながらも、今日もジムに出かけて適度に運動をし

人口ですが温泉につかって芯から温まる。花屋の店先で春を感じる。

好きなカフェでぼんやり。自分のペースを保って日々を過ごすのが

ここ数年来のこの不安定な時期の対応策でしょうか。

IMG_4134紀伊国屋で売っている

メープルシロップ。

これは樹液でも後期のもの

なので、黒蜜のように味が濃い。

手前はユーカリの濃厚はちみつ。

喉に効く。

昨日はとても大きなイベントがあって、

1500人の参加者、その一番ラストのコーナーの

中で、10人の仲間と踊りました。

華やかな華やかなシーンのオンパレードで、

夢のような世界の一員という感じでしょうか。

参加人数が多すぎてか、ともかく最後までばたばたでしたが

一番前列のセンターという多少プレッシャーもありましたが(笑)、

舞台の中央の数字の目安の0というところを絶対見逃さないようにして、

なんとか踊りきりました。ベリ友がまたたくさん来てくださいまして、

公演はねたあとに、抱き合って感激をわかちあい、20代〜40代の

メンバーとともに、帰りの打ち上げでは感動を分かち合えました。

まあ、世の中には踊りの上手な方が山のようにいるので、

またまた昨日も他の方の踊りを見て感心していましたが

私は今の状況をキープして、楽しめるベリーを求めていきたいですね。

今日は ウクライナーの美女ダンサー、アラクシニール(下記参照)

http://ameblo.jp/delyce2/entry-11763262169.html


のGALAショーを見に、なんとベリ友と亀有まで・・、。

亀有の駅前には例のアニメになったお巡りさんの銅像があった。

アラクシニールは去年も来日するはずが、なんと当日ドタキャン。

しかしとても魅力的なダンサーさんだったので、今年またチケットを

買ってみた。今回は無事来日して、すばらしいパフォーマンスを

前列から6席めの中央の席で見ることができた。一番前の

中央はブログで彼女を紹介していた例のデリーチェさんが陣取っていたので

ついでに、彼の姿も見ることができた。元気そう。

凄かったのは、踊りもそうだが、その腹筋とふっとい太もも。

だからこそ、あれだけの回転と安定した動きが可能なんだと思った。

Alla以外にもジョーや、青木香葉さんたちの素敵な踊りに興奮、

後半ちょっとその主催団体の別の理由でちょっと呆れたが、

踊り自体は大満足で会場を後に、ベリ友とちょっとお茶していこうと、お店を探した。

駅から離れたマックか、ミスタードーナツかと迷って、たまたまその時

目についた駅の中の珈琲店にした。雨がぱらついていたので、

濡れなくていいということもあって、そこでお茶すること、40分。

そうしたら!

ドアが開いてさーっと入ってきたのが、先ほど踊っていたAllaだった。

もうベリ友とびっくり。

たまたま彼女を連れてきた責任者の女性ダンサーが珈琲を買う

ために立ち寄ったようだった。Allaに思わず声をかけて、写真を

撮ってとお願いしたら、すぐ快く私たちの隣のそれもたまたま

空いていたテーブルに座って、一緒にポーズをとってくれた!

もうびっくりするほど、ラッキーな瞬間。

マックにしていたら、あるいはあと10分早く店を出たら、

それはやってこなかった幸運!

彼女たちはそれからすぐ電車にのるために、出て行ってしまった。

まるで私たちと写真をとるために、立ち寄ってくれたような一瞬だった。

ドキドキしながら、彼女のパフォーマンスを褒めて、東京を楽しんでと英語で話して、

握手できたのは幸い。

ウクライナの美女は真横から見ても綺麗だった。

このバレンタインデーの時期になると、

ちょっと嬉しいこと。

池袋の地下通路にチョコレートの出店が並ぶ。

お目当てはロイズhttp://www.royce.com/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=01_%E6%8C%87%E5%90%8D_PC%26SPの生チョコ、それもシャンパン入りの緑のパッケージ。

もちろんテレビでやっていたAOKIシェフにも心は動いたが、

結局コストパフォーマンスでいえば、ロイズが一番好き。

今やゴディバにも目もくれず。

出店でも一番人気はロイズだった。

700円代のチョコを何箱も抱えて、おばさんたちが嬉しそう。

一箱をどうやって一度に食べないか、焙煎深入りのちょっとビターな

ブラックコーヒーとの取り合わせで、悩ましい限り。

このページのトップヘ