最近寒い日が多いですね!

こういう日はスープとか温かい汁物がいいなあと

思います。

昨日は寒ーい中出かけてスーパーでナベ材料を

買い込んで来ました。

けれども家は夜ではなく、さきほどの朝ごはんで

キムチ鍋を皆で食べました。朝から全開って感じでしょうか(笑)

これで一日活動的になれます。

昨日あるテレビの録画をみていておいしそうなキムチ鍋を

食べるシーンがあって、今回はどうしたらいつもの味をもっと

おいしくできるのか色々やってみました。

おととい池袋パルコ8階の博多の「おおやま」というもつ鍋やさんで一人鍋ランチを

(1575円)食べてちょっと研究して、あることを発見・・・それを生かしてみました。

材料 キムチ鍋の元

白菜、ねぎ、しらたき、豚のばら肉少々(ばら肉いれるとやっぱりうまい)

、にら、にんにく、豆腐、あさり(海鮮は今とても高いし、価格のわりに

いいものが手に入りにくいのでせめてあさりでがまん)

それに骨付きの鶏肉(これはだしがでます)

それともつ鍋やさんでわかったこと・・「ごぼう」をいれるといい。

これで全然味がよくなります。ササガケ状に薄くきるのが良いです。

あとはごま油で最初に鶏肉をいためてからキムチ鍋のもとを

いれるとコクがでます。

それと隠し味に大分産の干し桜海老をいれてみました。

ごま油は韓国産が香りがたつようです。

私が使っているのは、大阪の徳山物産でつくっている韓国風の

徳山純正ごま油です。スーパーで買ったものです。

キムチとか強い味のものやにんにく系の料理にはぴったりです。

辛さが足りないと思ったら本当のキムチを少したすといいでしょう。

「おおやま」のもつ鍋はおいしかったけれども、

残念ながら「すもつ」の量がちょっぴり。

追加で頼むとプラス980円なので、量を食べたい家庭では

ヒントだけもらいました。