ethnickitchen

畑中久美子のブログ~篠笛・和太鼓ときどきJAZZ

篠笛、和太鼓、パーカッション奏者・畑中久美子のプロフィール、音楽活動紹介、トッピックスなど(2009年8月22日開設)

3

お知らせ

篠笛・和太鼓・パーカッション奏者・畑中久美子の個人のブログは、2012年から、下記のサイトが稼動しています。

音蔵 Oto-gura~篠笛・畑中久美子の音源倉庫
http://otogura.blog.so-net.ne.jp/

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

畑中久美子
8

3.11からちょうど9ケ月目の日に、本多公民館ホールで東北被災地応援チャリティーコンサート&イベント

2011年12月11日(日) 3.11からちょうど9ケ月目の日に、本多公民館ホールで東北被災地応援チャリティーコンサート&イベントを開催いたします。

エスニック・キッチンとROSSAとOH!ジーンズと日本の踊りを習う会が合同でひとつの舞台をつくります。
エスニック・キッチンとROSSAは、合同バンドESSA-Hoiとして演奏します。

20111211チャリティーコンサートチラシ表JPEG

20111211チャリティーコンサートチラシ裏JPEG
------------------------------------
「Tama Tokyo Action ~冬の章~」
伝承音楽の宝庫・東北地方への敬意と、復興への祈りを込めて
◆民族音楽をベースとする多摩・国分寺の4グループ合同公演◆

2011年12月11日(日)14:15開場 15:00開演 本多公民館ホール

入場無料で会場に募金箱をおきます。ご協力、よろしくお願いいたします。
募金の全額を、社会福祉法人万葉の里(国分寺市障害者センター指定管理者)が震災復興支援を行っている「仙台つどいの家」(障害者施設)に寄付します。集計結果は、ホームぺージ、季刊誌等にて報告します。

■第一部……世界各地の民族音楽の要素を取り入れた創作曲を中心に
ESSA-Hoi(エスニック・キッチン&ROSSA スペシャル合同バンド)                                       ■第二部……東北地方の伝承曲を題材とした演奏と歌と語り
OH!ジーンズ&日本の踊りを習う会
語りと音楽で綴る奥州藤原三代の物語「平泉の夢」が目玉。音楽、語りともに、この日の舞台のための書き下ろしです。
フィナーレは出演者全員で合同演奏。

「みちのく風景展~未来への記憶」同時開催
会場にて、東北地方の災害前の思い出の写真や風景写真、災害後の写真などを有志が展示します。
南東北の旅~楽器抱えて1000キロ踏破
東北地方の山々
70年前の松島
気仙沼の現状報告(2011年6月13日の現地)

-------------------------

18

「星に願いを」のアレンジできた!

名水の会の決算報告書作成に追われていて、しばらく更新とまっていました。

きのうようやく、「星に願いを」のアレンジができました。
アレンジ未完成のまま練習だけしていて、このままでもいいかなと思ったりもしましたが、昨日、ようやく大仕事から開放されたので、一気にアレンジの続きをやって、とりあえずカタチにりました。
まだ、アンサンブルの音だしはしていないので、実際がどんな感じになるのかは未知ですが、まあ、だいたいこれで行けるでしょう。

「星に願いを」のアレンジのテーマは「シンプル」
メロディーの美しさを生かすにはシンプルなアレンジが一番。
と思いつつ、笛で吹くと結構むずかしい。

自分で書いたアレンジが吹けない。
いつものパターンです。

3月6日のいずみ春の祭典で初演ですが、バンド練習はあと一回しかない。
さて、どうなるでしょう。
これから必死に個人練習です。
12

ハートフルコンサートで「つばさフレンズ」のバックバンドをつとめました(2011.2.11)

雪の中、きょうはいずみホールで「ハートフルコンサート」に出演。
悪天候にもかかわらず、ほぼ満席でした。

「ハートフルコンサート」は、障害者就労支援事業の「お菓子製造販売部門」に大型の冷凍庫を贈るためのチャリティーコンサートで、市内の4つの合唱団やギターアンサンブルグループ、ゲストのテノール歌手などが出演。
尺八の大畠さんが指導する、障害者センター「声と心のリハビリ民謡教室 つばさフレンズ」はそのトリとして出演し、OH!ジーンズの4人と三味線の村野さんとで、そのバックバンドをつとめました。

障害で心が塞ぎ、または機能的に声を出すことが難しくなった人たちが、なぜか仲間と歌うことで声がでます。
ステージの上での元気いっぱいの歌声は、本当に腹の底から、心の底からの声で感動をよびました。
観客の心をギューと掴んだのは言うまでもありません。
客席には泣いていらっしゃる方もいらして、かくいう私も、舞台の上で笛を吹きながら、力いっぱいの歌声にちょっとウルウルしてきてしまいました。
歌うってことはすごいなあ。これが本当の歌なんだなあと思いました。

8

エスニック・キッチン、きょうの練習(2011.2.6)

自主コンサート後、はじめての練習でした。

キムラ氏のお姉さん撮影の写真をいただきました。
いつもありがとうございます。

エスニック・キッチンは、2月はコンサートはありませんが、2月の終わりに「いずみ春の祭典」のリハーサルがあり、3/6いずみ春の祭典、3/26にロッサさんとのジョイントライブです。その1週間前には合同練習。

いずみ春の祭典の曲目は、
蓮花(れんか)、星に願いを、ナイトダンスの3曲。
「星に願いを」は初演で、まだ全然できあがっていないどころか、アレンジも未完成という状態。
なんとかせにゃということで、きょうはまずこの曲の練習。
アルペジオが吹けない!
自分で書いたアレンジなのに吹けない!

続いて、ロッサさんとの合同演奏の曲で、「フェリアフェスタ」というロッサさんのオリジナル曲を初練習。
ギターの田中一夫さんの作品で、素晴らしくカッコいい曲です。
変拍子が多く、テンポも速いので、目がシロクロとなりますが、パーカッションのキムラ氏はもう構成がバッチリあたまにはいって、バンバン叩いています。
ハタナカ二人はシドロモドロ。
しかし、まだ時間はあるので頑張ります。

最後にナイトダンスを1回通して終了。

私はこの時期になると、眩暈がするクセがあって、今日も体調が変でしたが、音楽をやっている間は元気。
不思議なもんですなあ。
8

OH!ジーンズ、きょうの練習(2011.2.3)

自主コンサート後の初練習。
私が録音して編集済みのCDと、大畠さんがICレコーダーで録音したものと聞き比べをしました。
ICレコーダーは、しゃべりの部分と演奏の音量の差がなく、波形編集の必要がありませんが、全体に音が平面的な感じもします。
家でよく聞き比べて、いいとこ取りしましょうということに。

次のコンサートは、2月11日(祝)のハートフルコンサート。
障害者センターの「つばさフレンズ」(大畠さんが指導している声と心のリハビリ民謡教室)のバックバンドをつとめますので、そのおさらい。

次の練習からは、3/6いずみ春の祭典の曲の練習をはじめます。
曲目は4曲とも自主コンサートでやった曲ですが、まだテネシーワルツがちょっとあやしげなので、のんびりもしていられません。
音楽で忙しいのは、本当にありがたいことです。
2

「OH!ジーンズ&エスニック・キッチン ジョイントコンサート」の録音

1/30の「OH!ジーンズ&エスニック・キッチン ジョイントコンサート」の録音の編集ができました。
全22曲、とりあえず音源だけ、OH!ジーンズのブログにアップしてあります。

http://ohjeans.blog.so-net.ne.jp/2011-02-02
31

ジョイントコンサート、無事終了

昨日、OH!ジーンズ&エスニック・キッチンのジョイントコンサートが無事に終了。
深夜のサッカーアジアカップ決勝で、沼ちゃん以外はみんな寝不足。
お客様も寝不足だったでしょうに、180人もの方がいらしてくださいました。
ありがとうございました。

手伝ってくださったスタッフのみなさんにも感謝です。

おかげさまでまずまずの出来、というより、大成功と言っていいかな。
半年がかりの準備で、今回は新曲が多く、手馴れた曲にも新しいアレンジを加えての初演だったりと、かなりスリリングな展開でした。課題はたくさんあるけれど、これからのステップアップにつながる舞台だったと思います。

まあ途中、いろいろなことが起こったけど、それもまた面白かったです。生モノですから。
打ち上げのワインがよくまわりました。

そうそう、加湿器は作動させたのですが、本番はどんどん湿度が下がりました。
お客さんが入ると湿度が上がりそうなものですが、やっぱりライトで乾燥するのでしょうかね。
それでも、無いよりはマシだったようです。

会場の後ろで録音機をまわし、一部と二部の間でメディアを入れ替えるはずだったのに忘れてしまい、気づいたのは二部が始まってから。二部は録音されていないだろうとあきらめていたら、なんと、終了まで全部、録れていました。
きょうは一日がかりで、録音の編集をして、CDを二枚作りました。

近日中にmp3に変換してブログにもアップしたいと思います。
写真も大畠夫人がたくさん撮ってくれました。

きょうは月曜日(普段は稽古)ですが、さすがに今日はお休みにしました。
28

加湿器と湿度計

アメダス府中の1月の月降水量はあいかわらず1ミリのまま。
週間天気予報を見ると、1月末までの降水確率はどの日も30パーセント以下で、このまま月降水量1ミリで終わる可能性大です。

100円ショップで湿度計を買ってみました。100円の温度計があるのは知っていましたが、湿度計もなんと100円。針がまわって目盛りを指すタイプのもので、丸型で小型です。
お店にたくさん並んでいる湿度計を見ると、10パーセントあたりを指しているものと、20パーセントあたりを指しているものがあり、さてどっちが正しいのでしょう。
まあ、100円ですから、10パーセントくらいの誤差はある、ということでしょうね。
乾燥期の湿度は20パーセントくらいと聞いていますから、20パーセントあたりを指しているものを購入。

先日購入した超音波式の加湿器を弱で運転している部屋の中では、70パーセント前後まであがりました。
やっぱり加湿器っていうのは、たしかに効果があるのですね。
部屋の中では「弱」の運転で十分なようです。

篠笛を6本入れて持ち運んでいるケースの中に湿度計を入れて、塗らした包帯を小さくまるめたものを一緒にいれて、OH!ジーンズの稽古場まで歩いて行きました。
道中、マスクをしないと喉がカラカラしてくるほど乾燥していましたが、稽古場でケースを開けてみると、中の湿度は70パ-セントを少し超えていました。

稽古場は一日中、ガスストーブの暖房がはいった状態で湿度65パーセントほど。
エアコンは乾燥するようですが、ガスストーブは湿度が下がらないようです。
さらに加湿器を作動させると湿度は70パーセントまで上がりました。
笛を吹くには非常に良いコンディションです。

三味線は湿度が高いと音が湿ってしまいますが、この程度なら悪影響はないようです。

というわけで、私が購入した100円ショップの湿度計で「湿度70パーセント」というのがベストコンディションということがわかりました。

1/30当日、舞台の上の管楽器側に超音波式加湿器を置いてみることに。
三味線さんのOKももらいました。
前日の29日に舞台で実験してみたいと思います。
マイクが雑音を拾わないかどうか、それもテストしてみなければなりません。

冬場の舞台は、ただでさえ乾燥している上に、ライトでますます乾燥して、笛吹きにとってはかなり辛い季節です。笛の上に濡れ手ぬぐいをかぶせておいたりなどの工夫はしていますが、吹いているそばから乾燥してきます。
今回はじめて舞台の上で加湿器を使ってみますが、さてどうなるでしょう。

28

OH!ジーンズ、きょうの練習(2011.1.27) 

1/30のコンサート前の最終練習。
昨日のライブで演奏した曲の反省点を踏まえて、調整しながら、通し練習。

練習はいっぱいしたけれど、今回は新曲も多く、まだこなれてはいない。
しかし、音楽はこなれているから良いというものでもないでしょう。
本番はとにかく集中。

私は本番の演奏よりも、朝からの仕込みの段取りに神経が行きます。
しかし不思議なもの。
仕込みをキッチリやっていくと、本番は演奏に集中できる。
人にお膳立てしてもらって、ポンと舞台に乗るだけの時というのは、なんだかワサワサしたまま終わってしまうことが多い。
朝から仕込みで大汗かいて、お化粧なんて溶けてなくなっちゃったような時の本番は、結構うまく行く。

とにかく自主コンサートってのは忙しくって、緊張している余裕もないっていうのがホントのところかも。
最新コメント
月別アーカイブ
問い合わせ先
お問い合わせはこちらまで
畑中プロフィ-ル写真
お知らせ&作品紹介

▼1/30(日)に自主コンサートを開催。曲解説付きプログラム掲載。 詳細

▼新曲: NIGHT DANCE(2010.10.24初演 木村草彦作曲)

▼エスニック・キッチンLive&Talk(2010.5.16)
写真と録音CD紹介
ジャケット4JPEG

▼オリジナル組曲「武蔵まほろば」09年12月版CD解説
万葉の風
Uki-Uki水汲みウォーク
朝もや時の回廊
泉に来たりて(しの笛ソロ
蓮花
十三夜 ~月下の舞 ~十三夜
異国風の踊りまほろば
武蔵まほろば
武蔵まほろばCDジャケット画像

▼OH!ジーンズ ライブ
(多摩市 長寿を共に祝う会ライブ盤)
コンサートの模様と音源、CD紹介
OH!ジーンズライブCDレーベル
 

記事検索
バンドプロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ