うま年 午年 干支性格判断からgoogle検索へ うま年 午年 干支性格判断からサイト広告掲載googleアドワーズへ

うま年 午年 干支性格判断関連でお探しの方へ  陰陽をご存知でしょうか。うま年 午年 干支性格判断というのも、陰陽によって成り立っています。陰陽によって、引き起こされる様々な現象 を陰陽を含めながら、いろいろな視点からご紹介します。陰陽を含めない記事もありますが、含めない記事におきましては、干支の性格判断などもご覧にいただければと思います。 うま年 午年 干支性格判断関連でお探しの方へ ご参考資料としていただければ幸いです。うま年 午年 干支性格判断

2013年06月10日

うま年 午年 干支性格判断


うま年 午年 干支性格判断をお知らせする前に、初めてこのページにおこしになられた方は、こちらの干支の字の由来をご覧になられてください。ご覧になられた場合、より、分かり易くなります。。


物事には、始まりがあり、最盛期があり、衰退期に移っていきます。干支というのは、その基本的なものを現したものです。分かり易く言えば、一日には、朝が来て、昼が来て、夜が来ます。そのような当たり前の事を現したのが干支(陰陽)です。


うま年のその反対のねずみ年、始まり小さく、エネルギーが低く、始まりを示す、小さいを現し、選ばれたのが、ねずみです。その反体のうま年は、最も高く、最盛期を現したものが、午年です。ねずみ年とうま年は、陰陽の仕組を最もわかりやすくしました干支(陰陽)でもあります。陰(低い)陽(高い)というような現し方です。

夜中の0時は、正子と呼ばれています。子(始まりを現す陰、ねずみ)陰のエネルギーが最も高くなるものです。夜中の0時というのは、太陽の位置は、反対の位置にあります。午が、昼間にでる太陽が高くなる位置だとすれば、子は、午の反対に位置する、最も反対の高い位置あるものです。、午と子は、相対的、反対的なものを現しています。
 

 うま年 午年 干支性格判断、うま年は、干支の中で、最も生命力が強く、正午という字にも使われているように、最も太陽が頂上に昇る干支です。うま年を他で表現するならば、太陽と呼べるかもしれません。

うま年を午年と書く理由は、様々であり、これと言われる理由ははっきりしていませんが、その一つに、このような理由があります。干支の干の字、上は、一、少ないの陰、下の十は、多いの陽です。干支という字は、陰(- 少ない)陽(十 多い)を示しています。午という字、下は、十である多いを示す陽を、上は、少ないを現す一である陰、に傾きがある / がついています。、うま(午)年は、太陽と呼べるものですが、最高、頂上まで昇りつめたものは、やがて、陰(沈む)に傾き始める事を現している字とも言われています。 午 は下の十である陽は、頂上まで上がった太陽を現し、そして、やがて、/ 傾き始め、下(陰)っていくものであるという意味です。
 
kineまたは、午の語源は、「杵(きね)」からきており、上下に振り下ろし、もちをつく杵を描いたものとも言われています。もちをつく杵は、上下に振り下ろします。頂上まで上がったものは、やがて、下に下がる事から、杵(きね)からきている字とも言われています。
私自身は、先に、午という字が誕生し、杵は、後からできた字ではないかと思います。確かめようがありませんが、

午という字は、上まであがれば、やがて、下に降りるという意味です。午と馬という字には、関連性はありませんが、午の十の多い、大きい、強いという陽を現す十が、馬力という言葉があるように、馬の強さを示す陽が、イメージとしてわかりやすく、馬が当てられたと言えるのではないのかと思います。
 
または、牛(うし)につのがない動物からきているとも言われています。午 です。確かな答えはありません。


 
干支の中で、どうして、うまが選ばれたのでしょうか。生命力で言えば、たつ年の方が、力が強そうですよね。


うまが選ばれたのは、干支が、昔の偉人が、考えたものだからです。当時のうまは、荷物を運んだり、戦場で活躍したりと、家族の中で、最もと、力のある、頼れる存在、重宝されていたものだからです。


たつは、天へと上がる時が、もっとも力強く、力を発揮しますが、うまは、太陽、そのものです。常に力を発揮してくれます。

干支を反対におきかえた方が、本来ならば、干支の姿は、よくわかります。始まりを一番下(ねずみ)、上を(うま)年にした場合です、たつは左上にあり、昇る姿を現していますよね。物事には、栄枯盛衰というものであり、始まりは、小さく、そして、最盛期に移り、衰退期に移っていきます。

どうして、ねずみ年を上にしたというのは、理由があります。始まりは陰(小さい、低い)を現し、最盛期は、陽(高い)を現します。陰は固い、重いという現す言葉、陽は、軽い、浮く、上昇するというような言葉です。

陽(うま)が上、陰(ねずみ)が下ですと、陽の気は上に揚がり、陰の気は下に下がり、交わる事はありません。離れ離れになります。

男と女が別れる姿、離れる姿と言えば、良く理解をされるかと思います。

これが、逆の陰が上、陽が下ですと、二つの気が交わり、万物を創造する事ができるのです。

男と女が結ばれる、交わる姿です。二つの気が交わる事で、子供、新しい生命を創造する事ができるのです。

男と女以外にも、全ての事で言える事です。コインにも裏表があり、光ある所には、必ず、闇があり、陰と陽が交わって、この世を現す事ができるのです。
 
これも、干支(陰陽)の隠された陰の秘密です。干支は、分かり易くするのであれば、反対から、見て伝えるものです。

当時の偉人は、万民に教えるために、分かり易く、逆にして、伝えるべきだったと思いますが、教える人は、学問ができる人であり、陰陽の仕組を知っている偉人からすれば、どうしても、ねずみ年(始まりを示す陰)を上、うま年(最高を示す陽)を下として、陰陽が交わる姿を広めたっかたと思えます。

もしかすると、広めた偉人は、頑固なうし年、最高の考えを感じ取るへび年、正しい、正しくないか、白黒をはっきりと決めたい、とり年の人、妥協ができない人だったのかもしれません。

 
全ての干支は、ただ、好き勝手に選ばれたのではなく、陰陽の仕組を動物に置き換えたものです。それぞれ、陰陽を現した、それに、合う動物達が選ばれています。プラス、マイナス、北、南のように、全ての干支、反対の干支は、反体のエネルギーを持ち合わせています。人の心も、動物も、草木も、森羅万象(全ての出来事)て、陰陽で成り立っています。

陰陽を最もわかりやくしたものが、動物での表現です。動物で現したのは、昔の人は、学問を学んでいる人が少なく、わかりやすく万民に伝えるために、イメージとして、選ばれたのが、干支の動物達です。もちろん、動物達も陰陽でできています。


うま年は、力が大いに溢れているため、手をつないで、手助けしながらの、集団行動よりも、一人でも、どこにでも行ける、個人行動を得意とします。また、自由精神も強く、心の変化も激しく、あっち、こっちへと歩んでいきたい思いも強いです。


そのため、うま年の人は、生涯、二度、三度の転職を繰り返しやすいと言われています。


昔は、丙午(ひのえうま)生まれの女性は、五人の男を殺すと、恐れられていました。丙午とは、うま年の中の、五行と呼ばれる中にある、火(五行の中で一番陽が強い)の要素を持ち、その火の中の兄(陽)、弟(陰)と分けた場合、兄に当るものです。

少し難しい表現ですが、うま年は、干支の中で最も陽が強く、干支の中にも、それぞれ、陰と陽との二つの気でできました、五行と呼ばれる、火、水、木、金、土の属性があり、その中の火にあたり、五行の中にもそれぞれ、(兄(え)陽)と、(弟(と)陰)がいまして、兄に当る、干支の中で最も陽の強い生まれです。


陰陽五行については、別ページでも紹介していますが、来年はうま年という事、こちらのページのアクセス数が多いですので、少し、こちらのページでもご紹介しておきます。

 火、水、木、金、土という字の五行を簡単に言えば、それぞれ、陰と陽とでできていますが、火は、もっとも陽が強く、水は、陰が少し強く、木は、陽が少し強く、金は、陰が最も強く、土は、陰と陽とが半分づつというものです。

火は、字のごとく、燃えるというイメージがあります、抑える陰の力が最も少なく、陽が最も強いものです。

水は、柔軟せいがあり、柔らかくする陽の要素を持っていますが、火を消したり、冷たいというイメージがあるように、陰と陽を比べれば、陰の要素の方が少し、大きいものです。

木は、枯れるという陰の要素を持っていますが、木は、成長するという意味、木の実をつけ、動物達に生命を与えるという事から、陽の方が少し、大きいというものです。

金は、鉱物を現す、金属であり、固いという陰の要素を大きく持ち合わせています。金は、輝きのある陽と思われがちですが、それは、表面上であり、中身は固い、重い、という陰の要素が最も大きいものです。

土は、植物を繁栄させたりするとても大切なものです。繁栄を現す陽を持っています。土は、川をせき止めたりする堤防などにも使われます。これは、抑えるを現す陰の要素です。土は、陽と陰を半分つづ持ち合わせています。

五行ではありませんが、易という字にも使われています。日と月は、日は、陰の要素を含まない、純粋な陽、月は、陽の要素を含まない、純粋な陰を現しています。


ここで、易という字にも使われています、月と日(陰と陽)を組み合わせれば、月、火、水、木、金、土、日となります。曜日とは、、陰から、陽へ、陽から陰へと陰陽の循環を現しているものです。陰陽をあまり知らない方でも、曜日、今日は?何曜日と聞かれれば、答える事ができるかと思います。

普段、なにげない生活をすごしている中でも、陰陽を口にしている事は、多くあります。今日寒いね。暑いね。おいしいね。おいしくないね。というのも、最高、最低、超かっこいい。ださい。うざい。なども、陰陽と呼べますね。
 

どうして、男性ではなく、女性といいますと、体を現す時、男性は陽にあたり、女性は陰にあたります。男性は外(陽)で働き、女性は、家、内(陰)にいるからです。体と心は、陰陽の関係です。心は、それが逆になり、心の中では、男性は陰(理性)に傾きやすく、女性は陽(感情)に傾きやすいからです。

丙午(ひのえうま)生まれの女性というのは、干支の中で、男性、女性を含めて、最も、最高に、陽が強い生まれ、抑える力(陰)を最も持ち合わせていない、心の持ち主なのです。


これは、昔の話です。昔は、女性は、家(陰)内にいて、ひっそりとしている事が望ましいとされていました。それが、ストレスとなり、エネルギーを開放するため、男性を求め、それが、多くの不倫などに走らさせていたのです。


今の時代は、エネルギーを解放させる事ができるものは、多くあります。趣味だったり、ドライブだったり、旅行だったりと、ですので、周りの干支の人達は、丙午(ひのえうま)生まれの女性という事で、忌み嫌いになるのではなく、大いなる太陽だと思って接すれば、元気を与えてくれる、良い人として、接する事ができるというものです。


女性のうま年の人は、不倫にも走りやすく、家で、家事などを行って、じっとしている事が我慢ができず、体を動かしたい衝動に襲われやすい体質です。ですので、他の干支のだんなさんは、外で、仕事をする事を勧める事が良い解決方法です。
 


このような性格なため、体を動かす事も大好き、マラソンなども大好きです。エネルギーが旺盛なのが、うま年の特徴です。


うま年にとって良い職業は、旅行会社、海外にいける貿易関係の仕事などがお勧めです。うま年の人にとっての好きなスポーツと言えば、サッカーと言えます。サッカーボールは、いろいろな所に飛んでいきます。それを全力でおいかける、目標もころころと変わるため、ぴったりのスポーツと言えるでしょう


陰陽で言えば、うま年は7番目になります。子供が自分の大人の意見を聞かずに、自分自身の思いで行動する、陰の方が強いへび年の次の干支です。


うま年は、ねずみ年の反対の位置にきます。ねずみが始まりの小さな命ならば、反対のうま年は、最高の生命力を持ち合わせている干支です。全ての干支は、陰(抑える力)と陽(抑えない力)の要素を持ち合わせていますが、どちらかに、偏りやすいという特徴があります。隣のへび年は、陰の方が強く、他の物を抑えて、最高の一品を選ぶのに対し、うま年は、陽の方が強く、抑えない力が強いため、あらゆるものが、最高に良いものだと、感じてしまうという特徴があります。


あれも、これも、最高!! これがうま年の性格です。あれも、これも、だと疲れそうですが、それを補う、溢れたエネルギーを持ち合わせているのです。太陽そのものです。


心変わりが激しいとは、この事を意味します。ただ、冷めたわけではありません。人の目は二つ、手も二つしかありません。陰陽です。もしも、目が100個、手が100個ついていれば、全て使って、いろいろな物に触れたいという思いがあります。

冷めやすいというのは、冷めやすいわけではなく、残念ながら、体には、目が二つに手が二つしかついていませんので、他のものに移った時に、周りからみれば、冷めた風に見えるだけです。




子供が大きくになるにつれて、いろいろな物に目を触れ、同じものでも良いものがたくさんあり景色だったり、物だったりと、その感動を背負ったまま、おとなになっても持ち合わせている事ととも言えます。


干支の相性、基本的に、相性が良いとされているのが、時計で例えると、自分を頂点とした、正三角形に位置する干支です。相性が悪いのは、自分の干支の反対を頂点とした、正三角形に位置する干支です。





うま年にとって相性が良いと言われていますのが、とら年と、いぬ年です。相性が悪いのは、反対の干支、ねずみ年、そこを頂点とした正三角形のたつ年と、さる年です


相性が良いと言われていますのが、とら年と、いぬ年です。とらは、物事を深く考える事を苦手としています。物事を深く考えないで、行動するうま年に、共感をする事ができます。
いぬ年は、友達思いで、困ってる人を助けたい思いが強いです。あっちこっちへと行くうまに、そっちは、危険だよと、わんわんと、叫んであげる事ができます。


相性が悪い干支は、反対に位置する、ねずみ年、ねずみ年は、手と手を取り合っての集団行動を得意とします。うま年のかってな個人行動が、輪(集団)を壊すものと、非難をします。
また、ねずみ年が貯めたお金も、好きかってに使う、うま年に憤慨を感じます。


たつ年は、まっすぐ、目標に向かっていきたい思いが強いです。あっち、こっちへと、心変わりが激しいうまとは、友に歩んでいけないと、嘆いてしまします。さる年は、人をコントロールしたいという思いが強いです。あっち、こっちへと進む、意外性の強いうま年に、戸惑いと、困惑を感じ、コントロールできない事に、ストレスを感じるからです

陰陽、干支は、干支の動物以外でも現す事ができます。動物以外の事も紹介していますので、ぜひ、右のカテゴリにあります、動物以外の項目もご覧ください。陰陽というものが、どのようなものなのかを、理解をしていただき、身の周りにある事、出来事を、より、理解をし、私達が住む世界、この世の仕組に触れていただく事ができるかと思います。


干支の性格で、よく聞かれますのが、学校でみんなが同じ性格だった?バーナム効果.干支の性格は統計学、などです。同じ干支同し、同じ年齢は、他の干支との差を感じにくいため、干支の性格を感じにくいという特徴があります。陰陽という、他との大きな差がある事で特徴を感じる事ができるのです。

同じ干支同しの場合は、1月、新暦をねずみ年に置き換える、2月、旧暦をねずみ年に置き換える 年を月に置き換えて、判断をするという方法があります。月、日によって、差を作り出し、特徴を感じる事が可能となります。

バーナム効果というのは、誰にでも該当するような曖昧で一般的な性格をあらわす記述。その事によって、自分が当っているというものです。
干支というのは、純粋なエネルギーです。外の陰陽(環境因子、家庭、社会、国家、天気・・・・)などの影響によって、中の陰陽は、抑えられる事もあれば、開放されやすいという特徴があります。

統計学という方もいらしゃいますが、統計されれれば、陰陽の仕組にたどり着き、それが、統計学とも言われています。陰陽とは、この世の仕組です、統計すれば、陰陽の仕組にたどり着き、統計学とも言われてもおかしくはないというものです。

干支の性格を取り扱っている、小学校の先生もいます。干支の性格によって、年齢によって、子供の接し方を変えるものです。会社の社長なども、干支の性格によって、適材適所に、人自在を配置している人もいます。干支の性格は、上から見ると(社長、先生、親)よく見え、干支の性格、人の性格を感じ取れるものです。


干支の性格とは、人の特有の性格というよりも、生まれ持ってくる、心のエネルギーです。体、精神を動かすための、電池のようなものです。ですので、環境に適するために、本能を抑えている人もいれば、開放している人もいます。
 
又、干支の性格は、陰陽の本来の姿で言えば、反対の干支は、お互い足りない部分を補う意味で、相性は良いと言える事もあります。男と女のようなものです。ですので、あっちではこういっている、こっちでは、 ちがう事を言っているという事もよくおきます。


ですので、あくまでも、参考程度、どうして、そのような行動を起こすのだろうという目安程度に思っていただければと思います。


恋愛、仕事などの人生に悩みをお持ちの方へ
当サイト推奨お勧め占い相談サイト情報
もちろん!スマホからも利用できますよ。
↓↓私も定期的に利用しています↓↓



以下ブログ関連記事項目

干支の性格は、12あるのではなく、本来、陰陽五行を含めた、60の性格です。そちらをご覧になられたい場合は下記をご覧ください。

年代による五行が解らない場合は、下の早見表をご利用ください。
陰陽五行と、年齢早見表
(PC用別ウィンドウ表示)


ねずみ年性格 陰陽五行干支
うし年性格 陰陽五行干支
とら年性格 陰陽五行干支
うさぎ年性格 陰陽五行干支
たつ年性格 陰陽五行干支
へび年性格 陰陽五行干支
うま年性格 陰陽五行干支
ひつじ年性格 陰陽五行干支
さる年性格 陰陽五行干支
とり年性格 陰陽五行干支
いぬ年性格 陰陽五行干支
いのしし年性格 陰陽五行干支


他の基本的な干支による性格判断をお探しの方は以下からご覧ください

干支の動物が選ばれた本当の理由

ねずみ年 子年 干支性格判断
うし年 丑年 干支性格判断
とら年 寅年 干支性格判断
うさぎ年 兎年 干支性格判断
たつ年 辰年 干支性格判断
へび年 巳年 干支性格判断
うま年 午年 干支性格判断
ひつじ年 未年 干支性格判断
さる年 申年 干支性格
とり年 酉年 干支性格判断
いぬ年 戌年 干支性格判断
いのしし年 猪年 干支性格判断




上級者向け 霊視の仕組、陰陽から見えるもの
上級者向け 陰陽が明かす、πと無限の法則
上級者向け 韓国が反日の理由(訳) 陰陽が解き明かす
上級者向け 未来人 ジョン・タイター(陰陽)


私はHP素材工房、Art eh bymyのメンバーの一員です。
ブログカスマイズ、ブログ内の画像は私達が制作しています。

メンバー同士でフリーソフトを利用してのブログカスマイズの内容をブログ公開していますので
ご興味のある方は、一度公開ブログをご欄ください。

ブログカスマイズの内容はこちら PCの方は別ウィンドウで表示されます。

以下メンバーが運営しているブログサイトです。

占い好きの方や仕事 恋愛などで悩みを抱えている方に最適 霊感霊視占いをお探しの方は

当たる霊感霊視占い相談/情報局

(うま年 午年 干支性格判断)



コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
この世の出来事は、全て陰陽によって成り立っています。日頃の生活の中から、わからりやすく、ご紹介。初めて来訪の方は、左サイドバーからご覧ください。
干支という字の由来
干支という字の、干という字 この字は、一と十という字でできています。支という字は、支店という言葉があるように、分ける、区分するという意味があります。枝は、木からわかれた、えだでという意味です。

干という字を一と十に分け、一は少ないという意味の陰、十は、多いという意味の陽という意味です。一と十というのは、反対を現す陰と陽を示しています。干支というのは、動物の事を意味するのではなく、陰陽と言っている字なのです。。

干支=干という字を一(陰)と十(陽)に分ける=陰陽 

又は、陰と陽に分けるという意味があります。


陰陽というのは、陰陽と呼ばれる物があるわけではなく、男と女、誕生と死、コインの裏表、固いと柔らかいなど、反対、相対的なものを、全て、ひっくるめまして、陰陽という二文字で現したものです。

干支(陰陽)も同じく、反対の干支は、反対のエネルギーを持ち合わせています。

干という字の上の- 少ないである陰、陰は、重たい、下がるという意味です。下の十である多いを現す陽、は、揚がる、軽いという意味です。陰の気が下がり、陽の気が揚がり、陰陽が交わって、いろいろな物を生み出す、全てのものを創造する事ができるのです


易(えき)という字は、日という字と月という字でできています。日は、昼間に出る太陽を、月は、夜に出ます月を、日は、陽を現し、月は、その反対の陰を現しています。

太陽と月は、世界を照らす事から、易(陰陽)は、この世を照らす、全ての出来事、現象を示しています。森羅万象とも呼べるかもしれません。易 干支 陰陽は、難しいそうに思いますが、易しいという字にも使われているように、易しい、簡単なものでもあります。

このブログでの干支の性格とは、動物のみならず、陰陽を含めながら、干支の性格=陰陽の性質=易(陰陽)この世の仕組、あらゆる出来事について、ご紹介していきます。
干支の動物達
干支の動物達は、ただ、好き勝手に選ばれたわけではありません。易学(陰陽)を、イメージとして、分かり易く、したもので、易学によって、選ばれたものです。。もちろん、動物達も、陰陽でできています。全ての現象、出来事は、陰陽によって成り立っていると言うのが、易学=陰陽=干支の本当の姿なので~す。

各動物による、性格判断

ねずみ年 子年 干支性格判断
うし年 丑年 干支性格判断
とら年 寅年 干支性格判断
うさぎ年 兎年 干支性格判断
たつ年 辰年 干支性格判断
へび年 巳年 干支性格判断
うま年 午年 干支性格判断
ひつじ年 未年 干支性格判断
さる年 申年 干支性格
とり年 酉年 干支性格判断
いぬ年 戌年 干支性格判断
いのしし年 猪年 干支性格判断

干支の性格は、12あるのではなく、本来、陰陽五行を含めた、60の性格です。そちらをご覧になられたい場合は下記をご覧ください。

ねずみ年性格 陰陽五行干支
うし年性格 陰陽五行干支
とら年性格 陰陽五行干支
うさぎ年性格 陰陽五行干支
たつ年性格 陰陽五行干支
へび年性格 陰陽五行干支
うま年性格 陰陽五行干支
ひつじ年性格 陰陽五行干支
さる年性格 陰陽五行干支
とり年性格 陰陽五行干支
いぬ年性格 陰陽五行干支
いのしし年性格 陰陽五行干支


陰陽五行と、年齢早見表
(別ウィンドウ表示
この世の陰陽
陰陽の一つの中で、最も分かり易くしたものが、男女、生死、終始、上下、寒暖、苦楽、など、反対の文字でできました、文字と言えます。

車のアクセルとブレーキ、アクセルを陽、ブレーキを陰、陽だけでも、陰だけでも、車の運転はできません。陰陽、アクセルとブレーキがあって、運転ができます。バランスを大事にすると言うのも、陰陽の大切な物です。

私達は、精子と卵子が結ばれて、新しい生命が誕生し、今にいたります。精子は多く(陽)卵子は少ないです。(陰)まず、二つに分裂します。陰陽の誕生です。細胞分裂(陽)と細胞死(陰)を繰り返して、私達の体を形成していくのです。
生命を誕生させる事を陽とすれば、生命を食べる事は、陰と呼べます。陰の抑える力がなければ、この世は、その生命でいっぱいになってしまいますね。

体を活動させる神経、交感神経を陽とすれば、休める神経は、陰と呼べます

私達が使う、パソコンのソフトウェアー、これらは、すべて、0と1の組み合わせの、マシン語と呼ばれる、プログラム言語に置きかえられ、処理されています。0と1の組み合わせだけで、動画、画像、音声、あらゆる事が表現できるのです。パソコンの本体を陽とすれば、それを動かしています、ソフトは陰と呼べますね。

天気などの低気圧、高気圧なども、陰陽と呼べます。欲しい、欲しくない、見たい、見たくないというのも、陰陽と呼べます。

私達が使用する電気、交流電流とは、マイナスとプラスのエネルギーが、交互に入れ替わっています。何Hzとは、一秒間に、-と+が入れ替わる回数を言います。

口に入れるもの、食べ物などは、おいしいですが、排泄物は、臭いという陰陽の仕組があります。

私達の体、外からみれば、目が二つ、手が二つなど、左右対称ですが、体の中の内臓は、左右対称に配置されていません。陽(対象である)陰(対象でない)というものです。

全ての事は、陰陽でできています。ここには、書ききれないほどのもがあります。この世の全てです。。。

干支の性格の陰陽とは、基本的は、抑える力(陰)と抑えない力(陽)とのバランスの関係です。全ての干支は、陰と陽との二つの力を持ち合わせていますが、どちらかに、偏り、そのエネルギーが、人の精神のエネルギーを作り出しているというものです。





パワースポット情報
パワースポットは、全国に広がっています。パワースポットになり易い場所は主に二通りあります。まずは、地場が関係する物、長野県の0地場地帯が有名です。もう一つは、人が意識をする事で、小さな霊が集まり、それに引き寄せれれて大きな力を持つ霊が集まる物です。

沖縄はパワースポットが沢山あり、後者のパワースポットと呼べるかもしれません。私の知人知人がブログで紹介していますので、ご紹介しておきます。

沖縄 旅行の方にお勧めのパワースポットはこちら

パワースポットは陰陽の仕組みで働いている事も多く、興味のある方は沖縄に行ったさいに訪れてみてはいかがでしょうか
霊視につい
霊視についての相談した方や、霊感についての仕組みを知りたい方は、HP制作工房 Art eh byのメンバーが開いているブログが参考になるかもしれません。ご紹介しておきます。
霊感霊視相談や占いなどに興味のある方はこちらから

占い師探しの前のお参りスポットも紹介されています。当たる占い情報局/占い師を探すためのお参りスポット情報


最新の更新情報

当たる霊感霊視占い/情報局2(最新版)

沖縄で活躍中の芸術家
沖縄は古代の日本の姿とも言われる環境が数多く、多くの方が芸術家として活動をされています。芸術家の技と言うのも、陰陽のバランスによる物が多く、芸術家と言うのは陰陽師の素質を抱えていると言えるかもしれません。沖縄の芸術家にご興味ある方は↓のサイトがおすすめ情報です。

沖縄 芸術家はこちらから





PR
沖縄の那覇(那覇市)南城市 与那原町 糸満市の工務店でお探しの方にお勧めの情報です。

工務店を利用する場合は、家の修理や太陽光発電など様々な場所で利用されますが、彫刻などを施してみたい方、沖縄 那覇(那覇市)南城市 与那原町 糸満市にお住まいの方、ご参考にに

こちらのブログの様な、少し立体的なフリー素材を配布しています。興味のある方は、こちらまで

立体的なHP素材無料配布案内所(プリント用、イラスト、ホームページ素材含む)


うま年 午年 干支性格判断 ページからgoogle ページランクの高いサイトへアクセス

うま年 午年 干支性格判断から日本国 外務省へ うま年 午年 干支性格判断から東京大学へ うま年 午年 干支性格判断から慶応大学へ うま年 午年 干支性格判断からハーバード大学へ うま年 午年 干支性格判断からjaxaへ うま年 午年 干支性格判断から衆議院サイトへ



干支/ 辞書/