陰陽五行と年代早見表

2013年11月21日

陰陽五行と、早見表


年齢早見表へ クリック

/年齢早見表を見る前に、以下の文章を読まれると理解がし易いです/

陰陽五行 干支の性格判断とは、同じ干支でも、5つと言った、属性がついているものです。

同じねずみ年でも、次の12年後のねずみ年は、同じ、ねずみでも、ねずみの中でみれば、微妙に違い、
陰陽五行説に合う事から、五行という属性を持たせたものです。

火  土 金 水 木 


これらも、全て陰と陽だけで、成り立ち、イメージとして分かり易く、現したものです。
それぞれ、陰と陽だけで、成り立っています。陰陽でできていますが、陰の方が強い、陽の方が強いと言う違うがあります。



例えば、ねずみ年 水生まれの人の12年後のねずみ年の人は、ねずみ年 土生まれの人というようになります。
ねずみ年の水生まれの人は、ねずみの性格を持ちつつ、水のような性格が現われやすいというものです。
ねずみ年の土生まれの人は、ねずみ年の性格を持ちつつ、土のような性格が現われやすいというものです。


その中でも、同じ、水生まれでも、陰の方にかたよる水生まれと、陽の方にかたよっているという
二通りの水生まれがあります。


陽に傾いている方を、兄とし、陰に傾いている方を弟としています。水の兄、水の弟と呼ばれているものです。水兄(水のえ陽)水弟(みずと陰)などと呼ばれています。

難しい表現ですが、例えば、同じ赤色でも、明るい、赤もあれば、暗い赤もありますよね


性格で言えば、同じ水生まれの性格でも、水生まれ性格の中で見れば、抑える心を持ち合わせている水弟(陰)、
抑える心を持ち合わせていない、水兄(陽)の
二通りの性格があるというようなものです。


年という事を一つの大きな、くくりとして、おおまかに、おおざっぱに、示しているのが、十干(じゅうかん)
、十二支と呼ばれているものです。十二支の中に十干(五行(陰と陽))と呼ばれる、同じ干支でも、さらなる、陰と陽とで、細かく分けて現しているものです。


細かくわければ、秒単位までも、現す事はできます。それは、例えば、コンビニで、同じ日付のパンを、
どの秒数、どの順番でできあがったのかというようなものを調べるようなものです。


よく言われる、四柱推命というのは、年、月、日、時間までの四つの柱、陰陽で分けて現した性格判断です。



日本で干支(えと)と呼ばれるのは、兄(え)弟(と)が由来になっていると言われています。


十干とは、五行の火の兄(陽)、火の弟(陰)などを、それぞれ、一つの呼び名として現しているものです。
それが、

呼び名 (ウィキペリアを参照したため、固い説明になっています。)
甲こう 木の兄 草木の芽生え、鱗芽のかいわれの象意
乙おつ 木の弟 陽気のまだ伸びない、かがまっているところ

丙へい 火の兄 陽気の発揚
丁てい 火の弟 陽気の充溢

戊ぼ  土の兄 “茂”に通じ、陽気による分化繁栄
己き  土の弟 紀に通じ、分散を防ぐ統制作用

庚こう 金の兄 結実、形成、陰化の段階
辛しん 金の弟 陰による統制の強化

壬じん 水の兄 “妊”に通じ、陽気を下に姙む意
癸き  水の弟 “揆”に同じく生命のない残物を清算して地ならしを行い、新たな生長を行う待機の状態

と呼ばれる十干です。甲こう 乙おつ 丙へい 丁てい 戊ぼ 己き 庚こう 辛しん 壬じん 癸きの十干です。

例えば、ねずみ年の木の兄の性格 ねずみ年の甲こう (本能の持ち主)ならば、木は、生長という創造を表し、この年のねずみは、お金を稼ぐ事を得意とします、草木の芽生えとは、物事の創造を意味し、お金の稼ぎ方に長けているというものです。

同じねずみ年の土の兄 戊ぼの場合、ねずみ年の中でも、土地は、大地に繁栄をもたらすため、人々に対しても、お金を分け与える思いを持ち合わせているものです。

または、、陰(抑える)思いの強い、うし年の金生まれは、金は、硬い鉱物でもあり、頑固なうし年の中でも頑固になりやすく、確実なものを求めやすいという性格でもあります。


上の 火  土 金 水 木を陰陽でわかりやすく説明しますと、この五つは、陰陽だけで、できていますが、火は、陽がもっとも、大きい、金は、陰がもっとも大きい木は、陽が、少し大きい、水は、陰が少し大きい、土は、真ん中にあり、陽と、陰を半分づつ持ち合わせているというものです。



下記に、年表がありますので、ご自分の年、知人の年などを調べてみてください。相手の行動なども、参考になるかと思います。

干支、十干、十二支は、あくまでも、電池のような、本能です。国家だったり、家族だったり、その年、晴れ、雨などの外の陰陽の環境という影響を受けます。

人は水中では、動きが鈍くなるのと同じく、又、宇宙空間という場では、人は生きていけないのと
同じです。場によって、その中にいる陰陽は、外の影響を受けます。

外の場によって、その人の本能が、現われやすくもなれば、(陽)、現われにくくなる場合もあります(陰)、見て判断をするよりも、直接相手の心に尋ねれば、相手の思いもよりよくわかるかもしれません。あくまでも、ご参考にしてください。

旧暦(陰)で調べる方法と、太陽暦(陽)で調べる方法の二通りがあります。旧暦、新暦によって、干支が変わる方は、前後を参考にしてください。この世は、陰と陽とでできています。日々増える時間という数字も、1、2、3と、奇数、偶数と、小さな陰陽が、交互に変わっていきます。大きな目でみれば、旧暦で調べれば良いのか、太陽暦(新暦)で調べればよいのかという答えはありません。

干支が12、五行を合わせると、12×5で60、さらに、十干の(兄、弟)を加えると、
120通りの性格になるのでは?と思われる方もいらしゃるかもしれません。下記の年代を見ていただくとわかります。


明治33年   1900    庚(金兄/かのえ)   子(ね)の60年後は、
昭和35年   1960    庚(金兄/かのえ)   子(ね)同じです。一巡しました。60は、時計の60分にもあるように、
十干、十二支は、60年で一巡します。60歳になれば、循環を現す、還暦という言葉がありますよね。陰陽五行、干支性格とは、60種類あります。

土弟と金兄などよびますと、少しわかりずらいですね。わかり易くイメージとして選ばれた五行です。ねずみ年の金兄などは、ねずみは、お金が大好き、金の要素で、さらに、それが強く、金は、鉱物のため、頑固、確実(陰)の要素で、確実にお金を得る事を心がけているというように、簡単に解釈する事も可能です。

この世で最も恐ろしい干支は、いくつかありますが、その代表は、うま年の火兄と、うし年の金弟です。

うまは、もともと陽が強く、その中でも、最も陽が強いため、抑える要素が最も少ない干支になります。
逆に、うし年の金弟は、陰の要素が強く、その中でも、最も陰が強いため、抑えすぎる干支になります。


下記にありますのは、干支五行 早見表です。
少し、わかりずらいですが、 

  明治38年   1905    乙(木弟/きのと)   巳(み)であれば、へび年の木生まれ、木にも兄と弟がいて、弟の方の へび年の木生まれです。へび年の性格を持ちつつ、木の影響で創造性に溢れ、弟の陰の影響のため、落ち着いて行動ができるという意味になります。

年齢早見表


  
     明治32年   1899    己(土弟/つちのと)  亥(い)    
     明治33年   1900    庚(金兄/かのえ)   子(ね)    
     明治34年   1901    辛(金弟/かのと)   丑(うし)   
     明治35年   1902    壬(水兄/みずのえ)  寅(とら)   
     明治36年   1903    葵(水弟/みずのと)  卯(う)    
     明治37年   1904    甲(木兄/きのえ)   辰(たつ)   
     明治38年   1905    乙(木弟/きのと)   巳(み)    
     明治39年   1906    丙(火兄/ひのえ)   午(うま)   
     明治40年   1907    丁(火弟/ひのと)   未(ひつじ)  
     明治41年   1908    戊(土兄/つちのえ)  申(さる)   
     明治42年   1909    己(土弟/つちのと)  酉(とり)   
     明治43年   1910    庚(金兄/かのえ)   戌(いぬ)   
     明治44年   1911    辛(金弟/かのと)   亥(い) 
   
     大正  1年   1912    壬(水兄/みずのえ)  子(ね)
   大正 2年   1913    葵(水弟/みずのと)  丑(うし)   
     大正 3年   1914    甲(木兄/きのえ)   寅(とら)   
     大正 4年   1915    乙(木弟/きのと)   卯(う)    
     大正 5年   1916    丙(火兄/ひのえ)   辰(たつ)   
     大正 6年   1917    丁(火弟/ひのと)   巳(み)    
     大正 7年   1918    戊(土兄/つちのえ)  午(うま)   
     大正 8年   1919    己(土弟/つちのと)  未(ひつじ)  
     大正 9年   1920    庚(金兄/かのえ)   申(さる)   
     大正10年   1921    辛(金弟/かのと)   酉(とり)   
     大正11年   1922    壬(水兄/みずのえ)  戌(いぬ)   
     大正12年   1923    葵(水弟/みずのと)  亥(い)    
     大正13年   1924    甲(木兄/きのえ)    子(ね)    
     大正14年   1925    乙(木弟/きのと)   丑(うし) 
    
     昭和 1年   1926    丙(火兄/ひのえ)    寅(とら)
    昭和 2年   1927    丁(火弟/ひのと)    卯(う)    
     昭和 3年   1928    戊(土兄/つちのえ)   辰(たつ)   
     昭和 4年   1929    己(土弟/つちのと)   巳(み)    
     昭和 5年   1930    庚(金兄/かのえ)    午(うま)   
     昭和 6年   1931    辛(金弟/かのと)    未(ひつじ)  
     昭和 7年   1932    壬(水兄/みずのえ)   申(さる)   
     昭和 8年   1933    葵(水弟/みずのと)   酉(とり)   
     昭和 9年   1934    甲(木兄/きのえ)    戌(いぬ)   
     昭和10年   1935    乙(木弟/きのと)    亥(い)    
     昭和11年   1936    丙(火兄/ひのえ)    子(ね)    
     昭和12年   1937    丁(火弟/ひのと)    丑(うし)   
     昭和13年   1938    戊(土兄/つちのえ)   寅(とら)   
     昭和14年   1939    己(土弟/つちのと)   卯(う)    
     昭和15年   1940    庚(金兄/かのえ)    辰(たつ)   
     昭和16年   1941    辛(金弟/かのと)    巳(み)    
     昭和17年   1942    壬(水兄/みずのえ)   午(うま)   
     昭和18年   1943    葵(水弟/みずのと)   未(ひつじ)  
     昭和19年   1944    甲(木兄/きのえ)    申(さる)   
     昭和20年   1945    乙(木弟/きのと)    酉(とり)   
     昭和21年   1946    丙(火兄/ひのえ)    戌(いぬ)   
     昭和22年   1947    丁(火弟/ひのと)    亥(い)    
     昭和23年   1948    戊(土兄/つちのえ)   子(ね)    
     昭和24年   1949    己(土弟/つちのと)   丑(うし)   
     昭和25年   1950    庚(金兄/かのえ)    寅(とら)   
     昭和26年   1951    辛(金弟/かのと)    卯(う)    
     昭和27年   1952    壬(水兄/みずのえ)   辰(たつ)   
     昭和28年   1953    葵(水弟/みずのと)   巳(み)    
     昭和29年   1954    甲(木兄/きのえ)    午(うま)   
     昭和30年   1955    乙(木弟/きのと)    未(ひつじ)  
     昭和31年   1956    丙(火兄/ひのえ)    申(さる)   
     昭和32年   1957    丁(火弟/ひのと)    酉(とり)   
     昭和33年   1958    戊(土兄/つちのえ)   戌(いぬ)   
     昭和34年   1959    己(土弟/つちのと)   亥(い)    
     昭和35年   1960    庚(金兄/かのえ)    子(ね)    
     昭和36年   1961    辛(金弟/かのと)    丑(うし)   
     昭和37年   1962    壬(水兄/みずのえ)   寅(とら)   
     昭和38年   1963    葵(水弟/みずのと)   卯(う)    
     昭和39年   1964    甲(木兄/きのえ)    辰(たつ)   
     昭和40年   1965    乙(木弟/きのと)    巳(み)    
     昭和41年   1966    丙(火兄/ひのえ)    午(うま)   
     昭和42年   1967    丁(火弟/ひのと)    未(ひつじ)  
     昭和43年   1968    戊(土兄/つちのえ)   申(さる)   
     昭和44年   1969    己(土弟/つちのと)   酉(とり)   
     昭和45年   1970    庚(金兄/かのえ)    戌(いぬ)   
     昭和46年   1971    辛(金弟/かのと)    亥(い)    
     昭和47年   1972    壬(水兄/みずのえ)   子(ね)    
     昭和48年   1973    葵(水弟/みずのと)   丑(うし)   
     昭和49年   1974    甲(木兄/きのえ)    寅(とら)   
     昭和50年   1975    乙(木弟/きのと)    卯(う)    
     昭和51年   1976    丙(火兄/ひのえ)    辰(たつ)   


     昭和52年   1977    丁(火弟/ひのと)    巳(み)    
     昭和53年   1978    戊(土兄/つちのえ)   午(うま)   
     昭和54年   1979    己(土弟/つちのと)   未(ひつじ)  
     昭和55年   1980    庚(金兄/かのえ)    申(さる)   
     昭和56年   1981    辛(金弟/かのと)    酉(とり)   
     昭和57年   1982    壬(水兄/みずのえ)   戌(いぬ)   
     昭和58年   1983    葵(水弟/みずのと)   亥(い)    
     昭和59年   1984    甲(木兄/きのえ)    子(ね)    
     昭和60年   1985    乙(木弟/きのと)    丑(うし)   
     昭和61年   1986    丙(火兄/ひのえ)    寅(とら)   
     昭和62年   1987    丁(火弟/ひのと)    卯(う)    
     昭和63年   1988    戊(土兄/つちのえ)   辰(たつ) 

  平成 1年   1989    己(土弟/つちのと)   巳(み)    
  平成 2年   1990    庚(金兄/かのえ)    午(うま)   
  平成 3年   1991    辛(金弟/かのと)    未(ひつじ)  
  平成 4年   1992    壬(水兄/みずのえ)   申(さる)   
  平成 5年   1993    葵(水弟/みずのと)   酉(とり)   
  平成 6年   1994    甲(木兄/きのえ)    戌(いぬ)   
  平成 7年   1995    乙(木弟/きのと)    亥(い)    
  平成 8年   1996    丙(火兄/ひのえ)    子(ね)    
  平成 9年   1997    丁(火弟/ひのと)    丑(うし)   
  平成10年   1998    戊(土兄/つちのえ)   寅(とら)   
  平成11年   1999    己(土弟/つちのと)   卯(う)    
  平成12年   2000    庚(金兄/かのえ)    辰(たつ)   
  平成13年   2001    辛(金弟/かのと)    巳(み)    
  平成14年   2002    壬(水兄/みずのえ)   午(うま)   
  平成15年   2003    葵(水弟/みずのと)   未(ひつじ)  
  平成16年   2004    甲(木兄/きのえ)    申(さる)   
  平成17年   2005    乙(木弟/きのと)    酉(とり)   
  平成18年   2006    丙(火兄/ひのえ)    戌(いぬ)   
  平成19年   2007    丁(火弟/ひのと)    亥(い)    
  平成20年   2008    戊(土兄/つちのえ)   子(ね)   
  平成21年   2009    己(土弟/つちのと)   丑(うし)   
   平成22年   2010    庚(金兄/かのえ)    寅(とら)   
  平成23年   2011    辛(金弟/かのと)    卯(う)    
  平成24年   2012    壬(水兄/みずのえ)   辰(たつ)   
  平成25年   2013    葵(水弟/みずのと)   巳(み)    
  平成26年   2014    甲(木兄/きのえ)    午(うま)   
 
恋愛、仕事などの人生に悩みをお持ちの方へ
当サイト推奨お勧め占い相談サイト情報
もちろん!スマホからも利用できますよ。
↓↓私も定期的に利用しています↓↓


干支の性格は、12あるのではなく、本来、陰陽五行を含めた、60の性格です。そちらをご覧になられたい場合は下記をご覧ください。

年代による五行が解らない場合は、下の早見表をご利用ください。
陰陽五行と、年齢早見表
(PC用別ウィンドウ表示)


ねずみ年性格 陰陽五行干支
うし年性格 陰陽五行干支
とら年性格 陰陽五行干支
うさぎ年性格 陰陽五行干支
たつ年性格 陰陽五行干支
へび年性格 陰陽五行干支
うま年性格 陰陽五行干支
ひつじ年性格 陰陽五行干支
さる年性格 陰陽五行干支
とり年性格 陰陽五行干支
いぬ年性格 陰陽五行干支
いのしし年性格 陰陽五行干支


他の基本的な干支による性格判断をお探しの方は以下からご覧ください

干支の動物が選ばれた本当の理由

ねずみ年 子年 干支性格判断
うし年 丑年 干支性格判断
とら年 寅年 干支性格判断
うさぎ年 兎年 干支性格判断
たつ年 辰年 干支性格判断
へび年 巳年 干支性格判断
うま年 午年 干支性格判断
ひつじ年 未年 干支性格判断
さる年 申年 干支性格
とり年 酉年 干支性格判断
いぬ年 戌年 干支性格判断
いのしし年 猪年 干支性格判断

上級者向け 霊視の仕組、陰陽から見えるもの
上級者向け 陰陽が明かす、πと無限の法則
上級者向け 韓国が反日の理由(訳) 陰陽が解き明かす
上級者向け 未来人 ジョン・タイター(陰陽)


私はHP素材工房、Art eh bymyのメンバーの一員です。
ブログカスマイズ、ブログ内の画像は私達が制作しています。

メンバー同士でフリーソフトを利用してのブログカスマイズの内容をブログ公開していますので
ご興味のある方は、一度公開ブログをご欄ください。

ブログカスマイズの内容はこちら PCの方は別ウィンドウで表示されます。

以下メンバーが運営しているブログサイトです。

占い好きの方や仕事 恋愛などで悩みを抱えている方に最適 霊感霊視占いをお探しの方は

当たる霊感霊視占い相談/情報局



eto_seikakuhandan at 14:31コメント(0)
この世の出来事は、全て陰陽によって成り立っています。日頃の生活の中から、わからりやすく、ご紹介。初めて来訪の方は、左サイドバーからご覧ください。
干支という字の由来
干支という字の、干という字 この字は、一と十という字でできています。支という字は、支店という言葉があるように、分ける、区分するという意味があります。枝は、木からわかれた、えだでという意味です。

干という字を一と十に分け、一は少ないという意味の陰、十は、多いという意味の陽という意味です。一と十というのは、反対を現す陰と陽を示しています。干支というのは、動物の事を意味するのではなく、陰陽と言っている字なのです。。

干支=干という字を一(陰)と十(陽)に分ける=陰陽 

又は、陰と陽に分けるという意味があります。


陰陽というのは、陰陽と呼ばれる物があるわけではなく、男と女、誕生と死、コインの裏表、固いと柔らかいなど、反対、相対的なものを、全て、ひっくるめまして、陰陽という二文字で現したものです。

干支(陰陽)も同じく、反対の干支は、反対のエネルギーを持ち合わせています。

干という字の上の- 少ないである陰、陰は、重たい、下がるという意味です。下の十である多いを現す陽、は、揚がる、軽いという意味です。陰の気が下がり、陽の気が揚がり、陰陽が交わって、いろいろな物を生み出す、全てのものを創造する事ができるのです


易(えき)という字は、日という字と月という字でできています。日は、昼間に出る太陽を、月は、夜に出ます月を、日は、陽を現し、月は、その反対の陰を現しています。

太陽と月は、世界を照らす事から、易(陰陽)は、この世を照らす、全ての出来事、現象を示しています。森羅万象とも呼べるかもしれません。易 干支 陰陽は、難しいそうに思いますが、易しいという字にも使われているように、易しい、簡単なものでもあります。

このブログでの干支の性格とは、動物のみならず、陰陽を含めながら、干支の性格=陰陽の性質=易(陰陽)この世の仕組、あらゆる出来事について、ご紹介していきます。
干支の動物達
干支の動物達は、ただ、好き勝手に選ばれたわけではありません。易学(陰陽)を、イメージとして、分かり易く、したもので、易学によって、選ばれたものです。。もちろん、動物達も、陰陽でできています。全ての現象、出来事は、陰陽によって成り立っていると言うのが、易学=陰陽=干支の本当の姿なので~す。

各動物による、性格判断

ねずみ年 子年 干支性格判断
うし年 丑年 干支性格判断
とら年 寅年 干支性格判断
うさぎ年 兎年 干支性格判断
たつ年 辰年 干支性格判断
へび年 巳年 干支性格判断
うま年 午年 干支性格判断
ひつじ年 未年 干支性格判断
さる年 申年 干支性格
とり年 酉年 干支性格判断
いぬ年 戌年 干支性格判断
いのしし年 猪年 干支性格判断

干支の性格は、12あるのではなく、本来、陰陽五行を含めた、60の性格です。そちらをご覧になられたい場合は下記をご覧ください。

ねずみ年性格 陰陽五行干支
うし年性格 陰陽五行干支
とら年性格 陰陽五行干支
うさぎ年性格 陰陽五行干支
たつ年性格 陰陽五行干支
へび年性格 陰陽五行干支
うま年性格 陰陽五行干支
ひつじ年性格 陰陽五行干支
さる年性格 陰陽五行干支
とり年性格 陰陽五行干支
いぬ年性格 陰陽五行干支
いのしし年性格 陰陽五行干支


陰陽五行と、年齢早見表
(別ウィンドウ表示
この世の陰陽
陰陽の一つの中で、最も分かり易くしたものが、男女、生死、終始、上下、寒暖、苦楽、など、反対の文字でできました、文字と言えます。

車のアクセルとブレーキ、アクセルを陽、ブレーキを陰、陽だけでも、陰だけでも、車の運転はできません。陰陽、アクセルとブレーキがあって、運転ができます。バランスを大事にすると言うのも、陰陽の大切な物です。

私達は、精子と卵子が結ばれて、新しい生命が誕生し、今にいたります。精子は多く(陽)卵子は少ないです。(陰)まず、二つに分裂します。陰陽の誕生です。細胞分裂(陽)と細胞死(陰)を繰り返して、私達の体を形成していくのです。
生命を誕生させる事を陽とすれば、生命を食べる事は、陰と呼べます。陰の抑える力がなければ、この世は、その生命でいっぱいになってしまいますね。

体を活動させる神経、交感神経を陽とすれば、休める神経は、陰と呼べます

私達が使う、パソコンのソフトウェアー、これらは、すべて、0と1の組み合わせの、マシン語と呼ばれる、プログラム言語に置きかえられ、処理されています。0と1の組み合わせだけで、動画、画像、音声、あらゆる事が表現できるのです。パソコンの本体を陽とすれば、それを動かしています、ソフトは陰と呼べますね。

天気などの低気圧、高気圧なども、陰陽と呼べます。欲しい、欲しくない、見たい、見たくないというのも、陰陽と呼べます。

私達が使用する電気、交流電流とは、マイナスとプラスのエネルギーが、交互に入れ替わっています。何Hzとは、一秒間に、-と+が入れ替わる回数を言います。

口に入れるもの、食べ物などは、おいしいですが、排泄物は、臭いという陰陽の仕組があります。

私達の体、外からみれば、目が二つ、手が二つなど、左右対称ですが、体の中の内臓は、左右対称に配置されていません。陽(対象である)陰(対象でない)というものです。

全ての事は、陰陽でできています。ここには、書ききれないほどのもがあります。この世の全てです。。。

干支の性格の陰陽とは、基本的は、抑える力(陰)と抑えない力(陽)とのバランスの関係です。全ての干支は、陰と陽との二つの力を持ち合わせていますが、どちらかに、偏り、そのエネルギーが、人の精神のエネルギーを作り出しているというものです。





パワースポット情報
パワースポットは、全国に広がっています。パワースポットになり易い場所は主に二通りあります。まずは、地場が関係する物、長野県の0地場地帯が有名です。もう一つは、人が意識をする事で、小さな霊が集まり、それに引き寄せれれて大きな力を持つ霊が集まる物です。

沖縄はパワースポットが沢山あり、後者のパワースポットと呼べるかもしれません。私の知人知人がブログで紹介していますので、ご紹介しておきます。

沖縄 旅行の方にお勧めのパワースポットはこちら

パワースポットは陰陽の仕組みで働いている事も多く、興味のある方は沖縄に行ったさいに訪れてみてはいかがでしょうか
霊視につい
霊視についての相談した方や、霊感についての仕組みを知りたい方は、HP制作工房 Art eh byのメンバーが開いているブログが参考になるかもしれません。ご紹介しておきます。
霊感霊視相談や占いなどに興味のある方はこちらから

占い師探しの前のお参りスポットも紹介されています。当たる占い情報局/占い師を探すためのお参りスポット情報


最新の更新情報

当たる霊感霊視占い/情報局2(最新版)

沖縄で活躍中の芸術家
沖縄は古代の日本の姿とも言われる環境が数多く、多くの方が芸術家として活動をされています。芸術家の技と言うのも、陰陽のバランスによる物が多く、芸術家と言うのは陰陽師の素質を抱えていると言えるかもしれません。沖縄の芸術家にご興味ある方は↓のサイトがおすすめ情報です。

沖縄 芸術家はこちらから





PR
沖縄の那覇(那覇市)南城市 与那原町 糸満市の工務店でお探しの方にお勧めの情報です。

工務店を利用する場合は、家の修理や太陽光発電など様々な場所で利用されますが、彫刻などを施してみたい方、沖縄 那覇(那覇市)南城市 与那原町 糸満市にお住まいの方、ご参考にに

こちらのブログの様な、少し立体的なフリー素材を配布しています。興味のある方は、こちらまで

立体的なHP素材無料配布案内所(プリント用、イラスト、ホームページ素材含む)




干支/ 辞書/