2010年06月06日

髪RUN万丈〜はらんばんじょう〜Vol.9

harun 8青年部全面協力!
明るく元気に頑張る理容師を
紹介・応援するコーナー
 (企画:青年部)

木村 隆俊 さん
(37才) 
 
「カットサロン キムラPlace」(1部中)

〜ピンチはチャンス〜

 将来どんな店にしていきたいですか?そう尋ねたところすぐに「売り上げのあるお店にしたい」と彼は答えた。今、理容業界は人不足、後継者不足に悩んでいます。他県では理容科のなくなる専門学校もあるそうです。しかし、嘆いてばかりいても仕方ありません。彼は、理容店がなくなることに対しても多少不安はあるが、むしろチャンスだと言う。「確かな技術でファミリー層をガッチリつかみたい」彼の言葉に自身の色が見え、そして初めに聞いた”売り上げのあるお店”という言葉は、今までの練習や努力に裏付けされているのだと思いました。
 同じく理容師である奥さんの晃子さんもレディースシェービングや特殊技術を担当しており、理容店のトータルサロンとして展開しています。若い木村さん夫婦を見ていると、僕たち理容業界の将来は必ず明るいものとなるはずです。 (取材・M)

※ 理容かなざわ 平成21年9月10日発行号に掲載



髪RUN万丈〜はらんばんじょう〜Vol.8

harun10青年部全面協力!明るく元気に頑張る理容師を紹介・応援するコーナー(企画:青年部)

宮武 佑輔さん(28才)
「とこtoco」勤務(四部)

〜夢多き革命児〜

理容経験年数10年のコンクールに、生涯のパートナー捜しに燃える、間もなくアラサ〜を迎える能登は志賀町男児!平日は遅くまでコンクールの練習に打ち込み、また休日は自分にマッチしたインテリア雑貨捜しで感性を磨く日々が続く!気になる30代の動向は出店して自分の城を築き上げるという彼が尊敬する人物は、かの有名なキューバの革命家チェ・ゲバラ。今後はどんな良い革命を起こすか?彼の動向が楽しみだ…。(取材・A)

理容かなざわ 平成21年7月10日発行号に掲載



髪RUN万丈〜はらんばんじょう〜Vol.7

7-2青年部全面協力!明るく元気に頑張る理容師を紹介・応援するコーナー(企画:青年部)

塚本 玲子さん(30才)
「ヘアーサロン つかいち」(四部)

〜美味しく食べたい〜

食べるのが大好きな私。美味な食べ物を沢山。おかげでブタになりました(照)。料理をするのも大好きです。あ、お腹が…グ?。恐縮です(ペコリ)。今まで作った料理をここで紹介。まずは豚の角煮。豚の角煮は味付けよりも下茹でがポイント。長時間コトコト。ゆったりした気持ちが重要。さすればトロトロな豚の角煮とご対面。実家の両親にも好評でした。そしてカレーライス。最近はレンコンなんかも入れちゃったりしています。カレーライスの中にシャキシャキ感が加わると楽しいハーモニーが味わえる。その他すじ煮、コロッケ(特にカボチャコロッケが好き)、ハンバーグ。デザートで言えばドーナツ。その他いろいろ。私の料理欲を刺激するのが外食と主人の笑顔。外食はいろんな発見と心のトキメキを。主人の笑顔は料理の腕の自信と料理して良かったと思える幸福感を。絶対にかかせない2つです。またいっぱいの外食と笑顔をよろしくネ。(取材・T)

理容かなざわ 平成21年5月10日発行号に掲載



2010年06月05日

髪RUN万丈〜はらんばんじょう〜Vol.7

7-1青年部全面協力!
明るく元気に頑張る理容師を
紹介・応援するコーナー
 (企画:青年部)

沢村 美幸 さん
(30才) 
 
「ヘアーサロン さわむら」(1部中)

〜ライバルはディズニーランド!?〜

 「私の趣味はテーマパークへの旅行」と語る美幸さん。実は白衣の天使(?)から理容師へと転身した経歴の持ち主。今は一歳五ヶ月になる男の子の母として、子育てと仕事と家事に追われる毎日。お気に入りの東京ディズニーリゾートへはこれまでも夫婦で毎年必ず行っていたというほど大好きだとか。昨年11月には、ついに息子さんをパークデビューさせ、初誕生のお祝いをしたそうです。「ディズニーランドは日常生活を忘れさせてくれる夢と魔法の世界。施設や景観が素晴らしいのは勿論ですが、、何よりそこで働いているキャスト(従業員)の皆さんの心遣いには毎回感動させられる。」といいます。「私もディズニーランドのようにホスピタリティー(心のこもったもてなし)の精神を大切にして、サロンに来てくださるお客様にとって”心地良い時間と空間”を提供できるように頑張りたい。また、家庭では毎日ドキドキ・ワクワクするような楽しい生活をしていきたいです。」と語る。ディズニーランドのような夢の国が金沢に登場する日も近い・・・かも!? (取材・S)

※ 理容かなざわ 平成21年5月10日発行号に掲載



2010年05月15日

髪RUN万丈〜はらんばんじょう〜Vol.6

6-2青年部全面協力!
明るく元気に頑張る理容師を
紹介・応援するコーナー
 (企画:青年部)

丹羽 陽一 さん
(40才) 
 
「ヘアーサロン NIWA」(1部東)

〜振り返ってみて思うこと〜

 神戸市の理容店で8年間の修行をし、震災のあった平成7年の春に実家へ戻ってもう14年。不況の中、お店を何とか切り盛りしながら頑張ってこれました。青年部や地区部長など組合の役も色々と務めてきましたが、理容学校を出てから金沢に戻ってくるまで技術のこと以外は何も分からない状態だったので、この経験は自分にとってとてもプラスになりました。特に仕事に対する自覚の様なものが大きく変わったように思います。新しいことを学び、今以上に向上するのは勿論、あまり気張らず自信を持って、お客様が満足してくださる技術を提供できるように常日頃、心掛けています。休日は一人娘が学校に行っている昼間は妻と二人でランチ巡りを楽しみ、娘が帰ってくると家で、また休みが合う時には夏は海に、冬はスキーへ一緒に遊びに行きます。今後は仕事と家庭、そして組合の務めを両立して頑張っていきたいと思います。 (取材・N)

※ 理容かなざわ 平成21年3月1日発行号に掲載



髪RUN万丈〜はらんばんじょう〜Vol.6

6-1青年部全面協力!明るく元気に頑張る理容師を紹介・応援するコーナー(企画:青年部)

立田 俊介 さん(24才)
「カットパーク」勤務(7部)

〜ボーイズ ビー アンビシャス 青年よ大志を抱け〜

高校生の頃、友達の髪の毛を遊びながら切っていたら、これが思ってた以上に楽しくて職業にできたらいいなと思ったのが理容師を目指すきっかけになったという彼。理容学校卒業後、カットパークにて修行を始めて丸4年が経つ。「お客様に気持ちよかったー。」と言ってもらえるように日々心がけているという彼は、マッサージにも力を入れ、競技会の練習も怠らない。いずれは全国大会で入賞できるような技術を身につけたいと語り、将来的には自分の店を持ちたいという目標に向かって努力している。自分でも「ほのぼのとした性格」と言うとおり、穏やかな印象を受ける彼だが、将来へのビジョンをしっかり描き、話してくれる。だが、そんな真剣な話の中にも、
「幸せな家庭を築いて楽しく暮らしたい。」といった話も飛び出すなど、ほっと場が和むような雰囲気を持ち合わせている。公私ともに彼の夢が叶うように頑張ってもらいたい。 (取材・Y)

理容かなざわ 平成21年3月1日発行号に掲載



髪RUN万丈〜はらんばんじょう〜Vol.5

青年部全面協力!明るく元気に頑張る理容師を紹介・応援するコーナー(企画:青年部)5-2

橋 渉司さん(33才)
「カットハウス84」勤務(1部南)

〜仕事と趣味で橋渡し〜

先々代、先代の背中を見て育ち、漠然というよりも、もしろ自然にこの仕事に従事して気が付けば14年。もう腕は”名品の域”になりつつある。ヘアスタイル作りの面白さを見出しつつも、趣味でもある釣りを生かし、釣った新鮮なお魚をお客様やご近所の方々にお裾分け。もちろん自らも魚をさばき、家族と一緒に美味しくいただく。釣りでリフレッシュした気持ちを翌日からの仕事にどう繋げていくか?自分の気持ちをアオリ、イカに釣り上げていけるのか?常に自分の中にテーマを掲げている。目標は”お客様が気軽に入店できるお店””信頼される理容師”になりタイ。これからも引きの強さを楽しみながらお客様を如何に満足させてキャッチ&リリース、否!サバいていきたいですね。粘りと綿密さが要求される釣りのごとく、仕事に対しても地道に積み上げるその姿勢に期待と好感が持てた。 (取材・H)

理容かなざわ 平成21年1月1日発行号に掲載

 



2010年05月14日

髪RUN万丈〜はらんばんじょう〜Vol.5

5-1青年部全面協力!
明るく元気に頑張る理容師を
紹介・応援するコーナー
 (企画:青年部)

東 暁史 さん
(29才) 
 
「ヘアーサロン アズ」(4部)

〜お客様とお魚に引っ張りダコ!〜

 三代目として実家の理容店を継ぐべく、1998年に石川県一アツ〜い師匠のいるお店に入店。アツ〜いお師匠に勝るとも劣らぬ気合の入った諸先輩にも恵まれ、この仕事の楽しさを知る事が出来ました。数年前に実家に帰り、現在では嫁と子供(娘7ヶ月)に恵まれ、休みの日には趣味の釣りを楽しむ毎日です。釣りを通じて異業種の方々と多くの出会いがあり、またその出会いが自分にとってすごく良い勉強・良い経験になっています。各年代層のお客様に対してファッションやライフスタイル等、色々な方向からのマッチングゥ〜なスタイルを提案する事を常に心がけて仕事をしています。また業界人として後輩たちにこの業界の楽しさを伝えられる人間になっていきたいと思っています。これからも家族や夢・目標を大切にして、日々成長していきたい!心身共に脂の乗った29才です。 (取材・A)

※ 理容かなざわ 平成21年1月1日発行号に掲載



2010年05月10日

支部規約改正(案)まとまる  規約検討委員会

Scan10005

平成21年8月〜22年2月まで計5回行われた、規約検討委員会は、以下のように意見をまとめました。

[支部総代制について]
1、今期(H21年〜23年)の支部総代は任期を全うする。
2、総代には、各部の代表である事の自覚を持ち、組合員の意   見が総代会で反映されるような気運を盛り上げるように各部に働 きかける。
3、今期の経過を確認後、任期末に再度検討委員会にて、改正の有無を協議する。
4、改正が必要と判断された場合、総代会、総会に上程するよう具申する。

[支部協助金制度について]
前組合員の権利のうち継承できる年数計算に不備があった為、修正するとともにより公平な制度を、目指す。

[支部役員定数の見直し]
組合員の減少に伴い支部役員の定数を15〜18名に改正する。

その他、20箇所以上の改正、修正を行いました。詳しくは、第358号理容かなざわをご覧ください。



2010年05月05日

髪RUN万丈〜はらんばんじょう〜Vol.4

青年部全面協力!
明るく元気に頑張る理容師をP1010037
紹介・応援するコーナー
 (企画:青年部)

河内 一隆 さん
(38才) 
 
「ヘア・ワーク グランツ」(1部西)

〜オンは大きい”よ” オフは小さい”ょ”!〜

 子供の頃に釣り好きの父親から教わった「海釣り」!この釣りを今でも趣味として続けています。休みの日や仕事が終わって時間があれば、魚を追い求め釣りに出掛けている、自称・・・釣りバカ!(笑)2005年には趣味の釣りと自分のお店を紹介するホームページを立ち上げ、たくさんの釣り人と交流することが出来ました。今では釣り好きのお客さんにも来店していただけるようになり、釣り談議に花を咲かせています。将来は9歳と3歳の二人の息子にも釣りの楽しさを伝え、三代揃って一緒に釣りが出来ればいいなぁ〜と思っています。
 これからもオンは「りう師」オフは「りう師」で頑張っていきます。 (取材・K)

※ 理容かなざわ 平成20年11月1日発行号に掲載