2011年06月

2011年06月28日

各担当委開く

<女性部>

 女性委員会(佐々木かおり部長)は4月11日午後、県組合事務局にて開かれた。
 女性の集いin能登、ボランティアの日の件、又、東日本大震災・私たちにできる事について、今後の女性部の活動方針(講習会への参加、女性部独自の講演会等)についても入念に話し合った。

<共済部>

 共済委員会(塚本薫部長)は4月20日夜、県組合事務局に各地区共済委員ほか中村伸夫県共済副部長も交え行った。
 今年度は先の金沢支部理容師共済会総会についての説明や総会の重要性などを話し合い、今後の共済のあり方など多岐にわたり、大変活発な意見が飛び交う会議となった。
IMG_2213


<教育部>

 教育委員会(津田義一部長)は4月20日夜、県組合事務局において開かれた。
 今年度は支部講習、地区部講習とともに多く開催できるようにすること。消費者に提案できるメニューとして企画部提案の『金澤しゃんぷー』をご当地メニューとし、講習会の実施やメディアへの呼び掛けをし、広めていきたい。
IMG_2216




<青年部>

 青年委員会(天満康浩部長)は4月27日夜、県組合事務局にて開かれた。
 自己紹介後、今年度の青年部活動について、青年部主催のIT講習会やスポレク、フットサル競技を行う予定で、その開催時期など和気藹々とした雰囲気で話し合った。


etokoya at 17:43コメント(0)トラックバック(0) 
理容かなざわ 

平成22年度 表彰

IMG_2169表彰された皆さん(敬称略)

◆退職役員表彰

  渕上隆博 (4部) 5年
  三嶋寛史 (5部) 5年
  金田 太 (6部) 4年

◆配偶者表彰

  渕上節子
  三嶋節子
  金田圭子

◆従業員永年勤続表彰

  大谷将太 (1部中・村井方) 10年
   東 祐二 (6部・紺方)    10年
  高村昌和 (6部・紺方)    10年
  西村泰紀 (4部・大辺方)    7年
  小川裕貴 (6部・紺方)     7年


etokoya at 17:28コメント(0)トラックバック(0) 
理容かなざわ 

2011年06月21日

活力ある運営をめざして 

IMG_2188

『第9回 金沢支部総会』 事業計画案など7議案を承認

第9回金沢支部定期総会は4月14日午後8時30分より、県理美容学校に支部員99名(委任状229名、欠席10名)が出席して開かれた。
総会に先立ち、永年勤続従業員表彰などが行われた。
総会は冒頭、3月11日に東日本大震災で被災に遭われた犠牲者の冥福を祈り、黙祷をささげた。前田英明支部長は「大災害の事態に支部事業計画も決して萎縮したり、沈滞してはいけないと思いますが、慎重に事の推移を見つめ、計画を見直し、活力ある運営を行い、積極的に提案していきたい。」と挨拶した。
来賓の長田實県理事長も「県としても精一杯の支援活動を行っています。私たちも理容の活性化へ前向きにすすめていきましょう。」と述べ、次いで支部顧問の宇野邦夫県議会議員が、「先日の県議選では組合員の方々の強力なご支援を頂き、当選することが出来、有り難うございました。」とお礼を述べられた。
議長に西村玉造氏(2部)、副議長に青山幸雄氏(1部中)を選出し、議案審議に入った。
各担当部長より提出の平成22年度事業報告、収支決算報告等審議し、承認された。続いて平成23年度事業計画・収支予算(案)が審議され、全議案とも賛成多数で可決された。
質疑応答では東日本大震災の義捐金について議論され、当初の他にも支援活動を検討していくこととした。


etokoya at 15:04コメント(0)トラックバック(0) 
理容かなざわ 

2011年06月09日

届け!被災地へ


”勇気と感動”の県理容競技大会IMG_1883

 
第60回石川県理容競技大会は3月21日午前9時より、県理容美容専門学校で開かれ、7部門に56名が挑んだ。
始めに東日本大震災の犠牲者に1分間の黙祷を捧げ、その後、長田実大会委員長は「出場選手達は精一杯、自分の持っている力を充分発揮して下さい。そして被災者を支援する元気、勇気と感動を与えて下さい。」と激励し、競技が開始された。
熱戦の結果、金沢支部より全国大会第2部門(レディス)で立田俊介選手(金沢7部)が優勝、同第3部門(クロス)で吉田雅樹選手(金沢3部)が第2位と健闘した。なお県大会種目ではブロース部門で石橋諒一選手(金沢4部)が優勝、同ミディアム部門で行野孝優選手(金沢6部)が優秀賞を獲得した。



etokoya at 12:29コメント(0)トラックバック(0) 
理容かなざわ