2012年06月

2012年06月21日

春に挑む!県理容競技大会

第3部門 吉田選手が優勝

第61回石川県理容競技大会は3月19日、県理美容専門学校で行われ、7部門に98名が技と表現力を競った。
朝から雪が散らつく日となったが、午前9時より開会、午前9時30分より競技がスタートした。
出場者は懸命に挑んだ結果、金沢支部から全国大会種目第3部門(PRISE)で吉田雅樹選手(3部)が優勝した。県大会種目ではブロースカットで行野孝優選手(6部)、フリースタイルで石橋諒一選手(4部)がそれぞれ優秀賞に、クラシカルカットドライヤー仕上げで大鋸谷拡史選手(4部)が敢闘賞を得た。
なお全国大会競技種目出場全選手は7月3日に岐阜県高山市で開かれる東海北陸競技大会に県代表として出場する。