こんにちは、荻窪で治療院をやっている江藤です。 


この所、前立腺肥大が原因の夜間頻尿の患者さんが続いています。

「前立腺肥大の治療は小腸経と膀胱経の栄穴と経穴が、ポイントになる」…、これが故井上雅文先生が指摘する治療の基本です。これにより、膀胱の鬱熱を取ってやれば、前立腺肥大は小さくなり、夜間頻尿は解消するというわけです。

この方法で、ほとんどの患者さんが、夜間3〜4回トイレに行ってたのが、0〜2回に減ったという結果が出ています。

なかなか100%治癒、というわけにはいきませんが、それでも3〜4回が0〜1回に減るだけでも、大分夜が楽になったと好評です。


今回の記事、あなたのお役に立ちましたでしょうか?
人気blogランキングに登録しております。
良かったら、ここをポチッとクリックしてください。