blog-image-Manila-Landmark

INQUIRER netによると、6/25にラマダン終了でマニラ首都圏では厳戒態勢で大型ショッピングモールに警官を配備した模様。


フィリピン国家警察(PNP)がマニラ首都圏のモスク(イスラム教の礼拝堂)や教会だけでなく、すべての大型ショッピングモールに警官を配備した。先日マニラ首都圏でテロリストによるショッピングセンターなどへの爆弾テロ計画の警察書類が出回っていたこともあり要注意だ。

6/26(月)はフィリピンでは祝日となっている。ラマダンの終了を祝う大祭イード・アル=フィトルが行われるようだ。

5/23からのミンダナオ島マラウィでのテロリストとの戦闘はまだ続いているが、6/21にはバンサモロ・イスラム自由戦士(Bangsamoro Islamic Freedom Fighters)約300人がコタバト州ピグカワヤンの学校や民兵基地を襲撃し、人質をとったが、すぐに撤退する事件があり、マラウィからテロリストを逃走させるための陽動作戦ではないかと言われている。

マラウィで戦闘をしているテロリストのマウテグループやアブサヤフとバンサモロ・イスラム自由戦士はIS関連で戦術的同盟を結んでいるとも言われている。和平交渉が決裂?した共産党反政府武装勢力の新人民軍(NPA)もフィリピン各地の警察署などを襲撃することが増えているから、裏で手を結んでいるのかもしれない。

マラウィでの戦闘が終わると外国人を含むテロリストがフィリピン各地に逃走するだろうから、ラマダンが終了してもフィリピン各地(特にミンダナオ島周辺や都会)では要注意だ。人が集まる場所へはできるだけ行かない方が良いだろう。


※他の役に立つフィリピン情報はこちらから。

海外旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村