blog-image-ABS-CBN-News-170322-earthquakes

ABS-CBN Newsによると、ルソン島のバギオで3/22に小さな地震が3回発生した模様。

11:34にマグニチュード3、11:37にマグニチュード2.4、13:08にマグニチュード2.5で1回目の地震で震度2を記録した。地震の被害はなかったようだ。

3/21のセブ島での7回の地震に続き、3/22にルソン島バギオで3回の地震が発生した。地震が少ないフィリピンだが、フィリピン各地で最近地震がある。

海外での安全は自己責任だから、安全対策を徹底し、海外旅行や海外留学へ行く時は海外旅行傷害保険に必ず入ろう。

マグニチュードは大まかに言うと世界共通(定義としては一つ)です。ただし、使っている地震計や地震観測網が違うために、それぞれ異なるマグニチュードの値が計算され、その結果、新聞などで見る外国の地震のマグニチュードが同じ地震なのに少し違っている場合があります。

震度は、その国の建物の壊れやすさなどにより異なり、したがって国によって異なっています。日本では、0、1、2、3、4、5弱、5強、6弱、6強、7の10階級で表し、震度計で観測します。一方、外国では主にMM震度階(モディファイド・メルカリ・スケール(改正メルカリ震度階))という12階級での表現を使っています。これは体感や被害によるものです。

出典:気象庁 マグニチュードや震度は世界共通なのですか?

http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/faq/faq27.html#22


※他の役に立つフィリピン情報はこちらから。

海外旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村