フィリピンは日本のように安全な国ではないから、安全は自己責任。
フィリピンでは被害に遭う日本人が多いから、わざわざ外務省が注意喚起をしてくれている。
日本の役人は税金の無駄遣いばかりしているが、裏付けがなくて確証がないことをホームページには載せない。

外務省 海外安全ホームページ:フィリピン
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure.asp?id=13

外務省の注意喚起を理解し、行動していたら、最近あったバギオの日本人レ○プ事件も未然に防げていただろう。
残念ながらフィリピンについてネットで適当なことを書いている輩が多いから、鵜呑みにしない方が良い。

日本は一応法治国家だが、フィリピンは中韓と同じく人治国家。
人治国家のフィリピンでは警察が買春アウト、暴行アウト、レ○プアウトと判断すれば、無罪でも連行されてしまう。
大金を払うか、刑務所へ行くかの判断を迫られてしまうから、トラブルにならないように行動する必要がある。

万が一トラブルに遭遇した場合、自分が悪くなくてもすぐに遠くへ逃げる(できれば日本へ帰国する)。
トラブルではコネを使うから大丈夫と言う人がいるかもしれないが、相手がさらに大きなコネを使ってきたら、余計に大金を払わないといけなくなるから、コネになんか期待しない方が良い。

無防備な日本人が酔っ払って人通りの少ない夜道を一人で歩いている時に借金まみれの残念なフィリピーノがその日本人を見かければ魔が差してしまうこともあるだろう。
貧乏な友人フィリピーノですらアンヘレスの道端で安いタブレットを使っていた時にホールドアップに遭い、タブレットと現金を奪われてしまった。
金欠の人がほとんどのフィリピンでは安全な町や地域は存在しないだろう。

参考:アンヘレスで友人フィリピーノがホールドアップされる。

フィリピーナ(水商売以外)でも外出する時は複数人で長ズボンや半袖を着て犯罪を誘発しないようにしている。



1 フィリピンでの犯罪の特徴
外国人はフィリピン人よりも裕福であり,銃器も所持していないため,反撃してこないと見られていることから,犯罪の標的とされやすいので,長期滞在者・旅行者を問わず注意が必要です。
こうした被害を防ぐためには,歓楽街や人通りの少ない裏通り等の一人歩き(特に夜間)を避けることも重要ですが,万一被害に遭った場合は,絶対に抵抗せず,冷静に対処することが大切です。

4 その他(日本人が巻き込まれやすいトラブル)
(6)女性に対する性犯罪の回避
イ 異性に性的な気持ちを起こさせるような,必要以上に肌を露出した挑発的な服装は避ける。
エ 夜間は出来るだけ一人で歩かない。
また,約束のない急な外出,あるいは思いつきの外出は出来るだけ避ける。
オ 時間帯を問わず,一人でタクシーを利用することは出来るだけ避ける。

6 防犯対策
(4)外出する場合には常に周囲の状況に気を配る。
・なるべく単独での行動を避ける。特に夜間の一人歩きは避ける。
・周囲に不審者,不審車両がいないか常に確認する。
・尾行や監視をされていないか注意を払う(下を向いて歩かず,前後左右の人の動きに注意を払う)。
・人通りの少ない道は避ける。
・見知らぬ人から話しかけられても,むやみに信用しない。
特に片言の日本語で親しげに話しかけられた場合は睡眠薬強盗やいかさま賭博を疑い,一切相手にしないこと。

5 売買春について
 売買春も処罰の対象となり,フィリピン刑法により半年以上6年以下の禁固刑等が科されます。
また,18歳未満の未成年者に対するわいせつ行為等は,たとえ双方合意の下でも,場合によっては最高で終身刑等の重刑が科されます。

出典:外務省 海外安全ホームページ:フィリピンから抜粋

アンヘレスでもフィリピン人がしょっちゅう話しかけてくる。
中にはまともな人がほんの少しだけいるが、ほとんどが適当なことを言っている。
フィリピン人は無駄にプライドだけは高いから、知らないことでも適当に答える(ウソをつく)人がほとんど。

フィリピン人が言うことは信用しない方が良い。
ネットでいいかげんなことを書いている残念な日本人も信用しない方が良い。

参考:外国人には内緒にするフィリピン人

不正や悪人を排除すると言っている新大統領ドゥテルテ氏が今日就任するから、庶民や善人の暮らしは多少良くなるだろう。

昨日のブログ村のインポイントは過去最高の120ポイントでした。
ありがとうございます。

※フィリピンで感じたことを勝手に書いているだけであてはまらない人もいる。


海外旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村