アンへレスなつかしいマンソンドラッグ
懐かしいマンソンドラッグの写真


▼目次

アンヘレスで誘拐事件
警○による犯行はどうしようもない?
フィリピンでの主な注意点
アンヘレスの現状と危険なトライシクル

アンヘレスで誘拐事件



マニラでタクシー運転手によるホールドアップも。


警○による犯行はどうしようもない?

フィリピンの警○による誘拐やホールドアップ、セットアップなどは外国人にはどうしようもない。
特に誘拐はすごいコネがあったとしてもパタイ必須だろう。

以前ブログで書いたようにお薬の取り締まりのせいで善人でも簡単に犯罪者にされてしまう恐れがあるから、今まで以上に注意をする必要がある。
警○によるいろんな事件は結構な頻度でニュースで放送しているから、マニラやセブ、アンヘレスなどの都会だけでなく、地方都市でも用心する必要がある。

お薬で稼げなくなったから、他の犯罪で稼ごうとする人が増えている。

参考
金銭トラブルで友人が簡単に敵に変わるフィリピン
人治国家フィリピンは日本のように安全な国ではない。




フィリピンでの主な注意点

・昼間でも薄暗い公園など,人気のない場所は極力避ける。
・なるべく単独での行動を避ける。特に夜間の一人歩きは避ける。
・時間帯を問わず,一人でタクシーを利用することは出来るだけ避ける。
・暴力的な言動をとらず,トラブルを起こさない。
・毎朝のジョギングなど同じ日課を繰り返さない(パターン化しない)。
・周囲に不審者,不審車両がいないか常に確認する。
・見知らぬ人から話しかけられても,むやみに信用しない。
・流しのタクシーは利用しない(なるべくホテルやレストランなど信頼の置ける場所で迎車を依頼する)。

出典:外務省 海外安全ホームページ:フィリピンから抜粋
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure.asp?id=13

この外務省の海外安全情報は親切にわかりやすく説明してあるから、海外へ行く人は必ずその国の海外安全情報を確認した方が良い。


アンヘレスの現状と危険なトライシクル

運良くアンヘレスでは犯罪に巻き込まれたり、偽警○などにチップを要求されたりしたことがないが、外国人は犯罪に巻き込まれているようだ。
安全のためと正規のトライシクルターミナルからトライシクルを呼ぶためにホイッスルを持っていたことがあるが、知人友人のバランガイポリスにほしいと言われ、すぐにあげることになっていた。






アンヘレスでは流しのトライシクルは利用せず、正規のトライシクルターミナルのトライシクルをできるだけ利用した方が良い。
流しのトライシクルはぼったくりと危険運転のトライシクルが多いからだ。
危険運転をするとトライシクルはすぐに横転してしまう。

※感じたことを勝手に書いているだけであてはまらない人もいる。
※他の役に立つフィリピン情報はこちらから。

▲目次にもどる


海外旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!