blog-image-angeles-ecobag

INQUIRER netによると、バギオではお店でのビニール袋や発泡スチロール容器の使用が禁止され、買い物をする時はエコバックが必要になった模様。

▼目次

  1. バギオでビニール袋や発泡スチロール容器の使用禁止
  2. 冠水時に怖いフィリピンの感染症

バギオでビニール袋や発泡スチロール容器の使用禁止

バギオではショッピングモールやレストラン、市場、サリサリストアなどすべてのお店でビニール袋や発泡スチロール容器の使用が禁止された。アンへレスでも一部のスーパーではビニール袋は有料で紙バックに買った物を入れてくれる。

blog-image-angeles-juice-plastic

紙バックは手で持つ必要があり、破れてしまうことがあり、安全上の問題もあるから、エコバックを持って行った方が良い。フィリピンでは紙バックなどで手をふさがっているとスリが寄ってくるから要注意だ。

アンへレスではいろんな場所でエコバックが販売されていた。手で持つタイプのエコバックは手がふさがってしまうから、写真のような肩からかけることができるエコバックを買った方が良い。

フィリピンのサリサリストアや屋台ではジュースやソフトドリンクをビニール袋に入れてくれるが、バギオではそれも禁止になるだろうから、どうやって販売するのだろうか?プラスチックのコップの使用はOKなんだろうか?値段が高い、品質の問題があるからか、フィリピンでは紙コップを見たことがない。


冠水時に怖いフィリピンの感染症

フィリピン人はどこでもポイ捨てをする人が多いから、ビニール袋や発泡スチロール容器は環境汚染や冠水の原因になっている。フィリピンの冠水時の水は特に汚く、感染症になる危険があるから、水たまりの汚い水にとにかく浸からないようにした方が良い。

フィリピンの感染症は怖いから、冠水が多い地域には住まない、大雨や台風の時は安全のためにホテルに宿泊するなどを心掛けた方が良いだろう。

フィリピンの怖い感染症

  • 食中毒
  • A型肝炎
  • コレラ
  • 腸チフス
  • 赤痢
  • レプトスピラ症
  • マラリア
  • デング熱
  • 破傷風

※他の役に立つフィリピン情報はこちらから。

海外旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村

▲目次にもどる