クロアチア代表の攻守がすごかったからか、イングランド代表の攻守が途中からグタグタになり、クロアチア代表が逆転勝ちした。延長戦ばっかりなのにクロアチア代表のハードワークには驚いた。日本代表とは残念ながらえらい違いだ。

これで決勝はフランス代表対クロアチア代表になったが、クロアチア代表は3試合連続延長戦以上で1日休みが少ないから、かなり厳しい。フランス代表は決勝トーナメントの対戦相手はずっと厳しかったが、延長戦なく勝ち進んだことがかなり大きい。イングランド代表のカウンターはしょぼいが、フランス代表のカウンターは強烈だ。

サッカーは守備が大切だから、日本代表みたいなザル守備で1試合2失点以上していたら勝つのは無理だ。今回のワールドカップで10人のコロンビア代表にラッキー勝利しかできなかった原因だ。

試合開始すぐにPKレッドカードなんて1,000試合に1回もないだろう。これ以降のペナルティーエリアのハンドでもPKイエローはあってもレッドカードなんてない。


※他の役に立つフィリピン情報はこちらから。

海外旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村