GMA NEWS ONLINEによると、フィリピンの英雄パッキャオの有名な母親がミンダナオ島ジェネラル・サントスの自宅で68歳の誕生日パーティーを開催した模様。

フィリピンの英雄パッキャオだけにフィリピンではお母さんも有名人で毎年誕生日パーティーはニュースになるし、たまにテレビでも見かけることがある。パッキャオは再婚に反対していたが、お母さんには20歳前後年下の彼氏がいる。

フィリピンでは外国人とフィリピーナの年の差カップルが多いが、パッキャオのお母さんのようにお金持ち中高年フィリピーナと若い男前フィリピーノのカップルもたまに見かけることがある。離婚できないはずのフィリピンだが、複雑な関係のカップルが多い。

日本と違って誕生日パーティーは誕生日の人がお金をだして開催しないといけない。有名人のパッキャオのお母さんだけに誕生日パーティーの参加者は700人以上だったそうだ。

ちなみにフィリピンは日本と違って数え年だから、1月1日になると1歳年をとる。フィリピンでは未成年のフィリピーナと関係を持つと終身刑になる可能性があり、フィリピーナが数え年で18歳と言っても実際は17歳の可能性があるから、注意しないといけない。偽IDをつくることができるから、IDすら信用できないことがフィリピンの恐ろしいところだ。

年の差カップルと言えばフランスのマクロン大統領が有名だ。転校させられたのに25歳年上の高校教師と不倫の末結婚したという変わった人に投票する人がたくさんいるなんてさすがフランスだ。6月に下院選挙があるが、マクロン大統領の政党は今現在議席を持っていないのにマクロン大統領に投票したことにはさらに驚いた。

アメリカやロシア、中国、韓国、北朝鮮、フィリピン、フランス、トルコなど個性的な国の首脳が増え、世界はますます混沌としていくだろう。


※他の役に立つフィリピン情報はこちらから。

海外旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村