blog-image-Hatien-bus-Cantho

カンボジアのケップからベトナムのハティエンやカントーへの移動や、カンボジアのケップのバス会社、カンボジアとベトナムのイミグレーション(ハティエン陸路)について紹介する。

▼目次

  1. カンボジアのケップのバス会社
  2. カンボジアのケップからベトナムのハティエンへバンで移動
  3. カンボジアとベトナムのイミグレーション(ハティエン陸路)
  4. ベトナムのハティエンからカントーへバスで移動

カンボジアのケップのバス会社

blog-image-Kep-bus-stop

ケップのバス会社はケップビーチ近くに3軒並んでいる。ケップ到着のバスやバンは必ずここに停車する。カンボジアのプノンペンやシアヌークビル、シェリムアップだけでなく、タイのパタヤやバンコク、ベトナムのカントーやホーチミン行きのバスもある。

タイのパタヤに行こうかとも思ったが、ケップからパタヤまでは10時間以上(35ドル)かかるらしいから止めておいた。ケップから近いハティエン(1時間7ドル)へとりあえず行くことにしてチケットを買った。ホテルに帰ってハティエンのことを調べたら特に何もなさそうだから、カントーまで行くことにし、バス会社で9ドル追加で払い、カントー行きのチケットを買った。

ケップにもカンポットからケップの移動に使ったChampa Busがあったが、もちろん他のバス会社のチケットを購入した。




カンボジアのケップからベトナムのハティエンへバンで移動

blog-image-Kep-beach

10時半発のカントー行きのチケットを買い、10時にホテルへピックアップに来てくれるとのことだから、9:50にホテルのフロントで待っていたら、すぐに迎えのバンが来た。カンボジア人は結構まじめなのかもしれない。

何軒かのホテルにもピックアップに向かった。その中の1軒で10:10過ぎに到着したにもかかわらず欧米人のバカップルが準備ができておらず、10分以上待たされることになった。エアコンがないボロバンだったから暑くて仕方がなかった。遅れてすみませんの一言もないバカップルだった。

ケップビーチ近くのバス会社に到着後すぐに乗り換えてハティエンに向かうと思ったら、乗ってきたボロのバンでそのままハティエンへ向かった。ケップからハティエンのイミグレーションまでは1時間弱で到着した。


カンボジアとベトナムのイミグレーション(ハティエン陸路)

blog-image-Hatien-immigration

カンボジア側のイミグレーションではバンのスタッフがみんなのパスポートとベトナムのビザを集めた。日本人はベトナムへのビザが不要(15日以上の滞在または再入国30日未満以外)だから、そのことをスタッフに説明した。10分待ってカンボジア側のイミグレーションの手続きは終わった。

続いて徒歩でベトナム側のイミグレーションへ行くと飛行機で入国した時とは違う書類を書かされ、体温をはかられ、書類に体温を書かれた。発熱している人はベトナムへ入国できないのかもしれない。なぜか1ドル(たぶん賄賂)を徴収され、荷物を検査され、30分後に全員の手続きが終了した。ベトナム側の手続きはスタッフが少なくハンコを押してもらうのに時間がかかった。


ベトナムのハティエンからカントーへバスで移動

blog-image-Hatien-bus-Hochiminh

ケップから乗ってきたボロのバンとスタッフとはお別れし、ハティエンではきれいなバスとベトナム人スタッフのお世話になった。ハティエンのイミグレーションの周りには数軒のカジノホテルがあった。

きれいなバスへ乗り込むととある旅行会社でフーコック島行きのチケットを買うのを待たされ、ハティエンのバスターミナルに到着した。12時に到着したのに14時のカントー行きのバスまで待たないといけないらしい。

ホーチミン行きのバスも14時前の出発のようだが、ホーチミン行きのバスは大きく寝台で、カントー行きのバスは小さかった。ケップからホーチミンもカントーも16ドルで同じ料金だったと思ったが。

blog-image-Hatien-pork

バスターミナル周辺は何もなく暇だったから、昼食にカンボジアでもよく食べたBBQ豚丼を食べた。2.5万ドン(約130円)だったが、カンボジアのBBQ豚丼よりかなりおいしかった。さすがベトナムだ。

バスターミナルでバスを待っているとおばちゃんや子供がしょっちょう宝くじを売ってきてうっとうしい。ハイフォンではそんなことはまったくなかったのに、ベトナムは北部と南部でまったく違うようだ。

カントー行きのバスは14時に出発したが、バスターミナル近くのガソリンスタンドで給油し、配達する荷物やお客を待ち、結局14時半に出発した。カントーまでは高速道路がなくひたすら下道をクラクションを鳴らしまくり移動した。途中で1回だけトイレ休憩があり、4時間半もかかって19時にカントーのバスターミナルへ到着した。

カントーのバスターミナルのうざいタクシー運転手たちを無視し、バスターミナルを出てタクシーかバイタクを探していると、バイクに乗ったカントーのお姉さんが声をかけてきた。ホテルまでバイクで連れていってくれるのかなと思ったら徒歩でホテルまでは大変だからとなぜか一緒にバイタクを探してくれた。カントーは優しい人が多いのかもしれない。

blog-image-Cantho-christmas-tree

コンビニがある都会は久しぶりだったから、カントーに来て良かった。初日に1泊だけしたスプリングホテルは部屋も場所もイマイチだった。agodaの評価もあてにならない時があるから、初めてのホテルは1泊だけの予約に限る。


※感じたことを勝手に書いているだけであてはまらない人もいる。
※他の役に立つフィリピン情報はこちらから。

海外旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村


▲目次にもどる