Soctrang-street

ベトナムのソクチャンの印象や夜遊びスポット、ソクチャンからカントーへバス移動、カントー市内の移動について紹介する。

▼目次

  1. ベトナムのソクチャンの印象
  2. ベトナムのソクチャンの夜遊びスポット
  3. ベトナムのソクチャンからカントーへバス移動
  4. ベトナムのカントー市内の移動

ベトナムのソクチャンの印象

Soctrang-Jolibee

カントーよりソクチャンは田舎町だが、ホテル代や食事代などが微妙に高い上に食事があまりおいしくない。おまけにゴミがいたるところに落ちているし、ジョリビーがあったから、なんとなくフィリピンっぽい。カントーはゴミがあまり落ちてないのに近い町でもこんなに印象が違うとは。

おまけにプークイホテルでチェックアウトトラブルがあったから、1日でソクチャンからカントーへ移動することにした。




ベトナムのソクチャンの夜遊びスポット

ソクチャンの夜遊びスポットは有名だったようだが、どうやら壊滅したようだ。壊滅してもデリバリー方式で残っていると優しいタクシー運転手が教えてくれた。ソクチャンのディスコはお客がいなかったし、ソクチャンでのんびり楽しく過ごすことは難しそうだった。ソクチャンでタクシーを何回か利用したが、ぼったくりタクシーはいなくて好印象だった。


ベトナムのソクチャンからカントーへバス移動

Soctrang-bus-terminal

ホーチミンから到着したソクチャンのバスターミナルにあるフンチャンバス(Futa bus)のオフィスへバスチケットを買いに行ったら、このバスターミナルからホーチミン行きのバスはあるが、カントー行きのバスはないと言われた。

ソクチャンのバスターミナルの場所

向かいのバス会社へカントー行きのバスがあるかもしれないと教えてくれたから、向かいのバス会社で聞くことにした。英語を話せるスタッフがいなかったから、言っていることがわからなかったが、電話で予約すればこのバスターミナルからもカントーへ行くことができるようだった。

料金10万ドンを支払い、カントー行きのバスを予約してもらった。ホーチミンからソクチャンまでが13万ドンだったのに、ソクチャンからカントーまではたった1時間で10万ドンと高かった。おそらく予約料込みなのか。

翌日バスに乗ったが、ぼろいバスだった。ベトナムでバスに乗るならやっぱりフンチャンバス(Futa bus)が良い。約1時間でカントーへ到着したが、市内から離れたサービスエリアみたいなところで降ろされ、おまけに大雨だった。


ベトナムのカントー市内の移動

雨が降ってなかったら、Grab Taxi(バイタク)を使おうと思ったが、たまたまメータータクシーが来てくれたから、メータータクシーでRuby Can Tho Hotelまで移動した。

去年はカントーではGrab Taxi(バイタク)が使えなかったが、今年からはGrab Taxi(バイタク)が使えるようになり、近距離だったら1.5万ドン前後で移動できるようになった。バイタクはいつも3万ドン前後請求していたから、約半分でカントー市内を移動できるようになった。

ちなみにカントーのGrab Taxiは普通のメータータクシーだから、現金で支払う必要がある。Grab Taxi(バイタク)はクレジットカード払いが可能だ。


※感じたことを勝手に書いているだけであてはまらない人もいる。
※他の役に立つフィリピン情報はこちらから。

海外旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村


▲目次にもどる