blog-image-honda-bay-island-hopping-beach

パラワン島プエルト・プリンセサのおすすめホンダ湾アイランドホッピングツアーを紹介する。

▼目次

  1. プエルト・プリンセサのホンダ湾アイランドホッピングツアー
  2. ホンダ湾アイランドホッピングツアーの注意事項
  3. 世界遺産の地底河川国立公園(アンダーグランドリバー)ツアー

プエルト・プリンセサのホンダ湾アイランドホッピングツアー

blog-image-honda-bay-island-hopping

数年前にプエルト・プリンセサでホンダ湾アイランドホッピングツアーに参加した。ホンダ湾アイランドホッピングツアーの申し込みは宿泊したサンライトゲストホテルで申し込みをした。

blog-image-honda-bay-island-hopping2

ホンダ湾アイランドホッピングツアー料金は1,100ペソだった。シュノーケリングのレンタル300ペソ(水中眼鏡150ペソとフィン150ペソ)とパンダン島の入場料40ペソが別にかかった。今はツアー料金が値上がりしているだろう。

ホンダ湾アイランドホッピングツアーはパンダン島のビーチでのんびりランチと行き帰りの途中でシュノーケリングを楽しんだ。ボラカイ島のアイランドホッピングツアーと同じくらい海がきれいで楽しいツアーだった。

数年前のプエルト・プリンセサやホンダ湾アイランドホッピングツアーはボラカイ島と違って外国人が少なくのんびりすることができたことが良かった。ボラカイ島のホワイトビーチは最高だが、外国人観光客が多くなりすぎて高級リゾートに宿泊しない限りのんびり過ごせなくなった。ホンダ湾アイランドホッピングツアーのランチはおかずがいろいろあり、おいしかった。




ホンダ湾アイランドホッピングツアーの注意事項

フィリピンの雨季(6月~11月)はスコールが降ることが多く、スコールが降ると急に寒くなる。だから、ホンダ湾アイランドホッピングツアーに参加する時は念のため着替えや長袖のジャケット、バスタオルなどを持って行った方が良い。天気が良くても船に乗ると結構寒いことがある。

パンダン島では新鮮な魚やカニ、エビ、ウニなどを地元の人が売りに来る。食べたい人は買って焼いて食べていた。パンダン島で新鮮なシーフードを食べたい人はお金を多めに持って行った方が良い。BBQのシーフードはおいしそうだった。


世界遺産の地底河川国立公園(アンダーグランドリバー)ツアー

プエルト・プリンセサにはホンダ湾アイランドホッピングツアーと同じくらい人気がある世界遺産の地底河川国立公園(アンダーグランドリバー)ツアーがある。世界遺産だからツアーに申し込みをしようかどうかを迷ったが、結局行かなかった。

プエルト・プリンセサから世界遺産の地底河川国立公園(アンダーグランドリバー)まで片道2時間前後かかるからだ。往復車で4時間前後はかなりつらい。鍾乳洞にはまったく興味がないことも行かなかった理由。

昔ハノイから世界遺産のハロン湾へ行った時は片道3時間以上かかり、かなり疲れた。プエルト・プリンセサの世界遺産の地底河川国立公園(アンダーグランドリバー)ツアーやハノイの世界遺産のハロン湾ツアーに参加する人は泊まりがけで行った方が良いかもしれない。世界遺産の地底河川国立公園(アンダーグランドリバー)はサバンにあり、サバンには良いホテルがある。

世界遺産の地底河川国立公園(アンダーグランドリバー)の場所

GMA NEWS ONLINEによると、パラワン島のプエルトプリンセサや世界遺産の地底河川国立公園周辺でテロ組織が外国人の拉致を計画しているとアメリカ大使館が警告したから、当分は要注意だ。


※感じたことを勝手に書いているだけであてはまらない人もいる。
※他の役に立つフィリピン情報はこちらから。

海外旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村


▲目次にもどる