中国下川島王府洲入口

混雑を避けるため、始発の8:00の船に乗るために、7:15にホテルを出た。
王府洲旅遊区入口から下川島港へのバスは船の出発30分前(毎時30分発)に出発するので、バスの出発15分前にホテルを出る。

歩いていると、無料カートに会ったので、無料カートに乗せてもらった。

始発の船でも30人強は乗っていたので、夏は早い時間の船に乗った方がいいと思う。

参考:下川島から珠海への移動

台山山咀下川島珠海船乗り場

台山山咀港でフェリーを降りると、出口にバスが待っている。

珠海行き(8:45発)や台山行きのバスだけでなく、広州省汽车客运站(広州駅)行きのバスが待っていたので、広州駅から常平へ行くことにした。

珠海行き(8:45発)のバスとほぼ同時刻に出発した。

広州駅

約3時間後に台山経由で広州省汽车客运站(広州駅)に到着した。

広州省汽车客运站から広州駅までは約500m歩く。

電車の切符売り場を聞くと、駅を見て右側にあると言ったので、聞いた電車の切符売り場へ向かった。

さすが広州駅だけあって、電車の切符売り場の大混雑ですごい列ができていた。

よくわからないので、人がたくさん並んでいる「全国の切符を買えます」と書かれた売り場に並んだ。

30分くらい並んでいると、「昼ごはん休憩にもうすぐ入ります(30分休憩)」との表示が突然出たが、なんとかぎりぎり切符を売ってくれた。
休憩時間に突入していたのに、売ってくれたことは感謝。

「軟座」と書いて切符を買ったのに、切符に「2等軟座」と書いてあったので、次回は「一等」と書いて切符を買ってみようと思う。

電車の乗り場を聞くと、駅を見て左側にあると言ったので、電車の乗り場へ向かった。

電車の乗り場へ行くと、広深線専用の切符売り場(10人くらいしか並んでいない)らしきものがあったので、次回はこっちで切符を買ってみよう。

広州常平電車2
広州常平電車

13:28発の広深線和諧号に乗った。

車内は3列+3列で日本の新幹線より狭かった。
おまけに1つだけある真中の向かい合わせの席でさらに狭く感じた。

14:14に常平鎮の東莞駅に到着した。

エクスプロア広州:広深線時刻表
http://gz.explore.ne.jp/traffic/gz_crh2.html

東莞駅の改札を出てまっすぐ行くと、タクシー乗り場がある。

手前がメーターを使わないタクシー乗り場(人が並んでいない)で、奥がメーターを使うタクシー乗り場(人が並んでいる)だった。

並んでメーターを使うタクシーに乗り、フイ美酒店に向かった。

下川島王府洲旅遊区から常平フイ美酒店まで約7.5時間、197元
1.無料カートまたは徒歩(5分~15分、無料):各ホテル⇒王府洲旅遊区入口
2.バス(約20分、10元):王府洲旅遊区入口⇒下川島港
3.船(約30分、47元):下川島港⇒台山山咀港
4.バス(約3時間、70元?):台山山咀港⇒広州省汽车客运站(広州駅)
5.電車(約50分、55元)広州駅⇒東莞駅
6.タクシー(約15分、15元?)東莞駅⇒常平フイ美酒店

広州から電車で行くと時間がかかり、切符を買う時に並ばないといけないので、次回は珠海に戻り、珠海から常平へバスで行こうと思う。



珠海拱北通大汽车站(バス乗り場)から常平行きのバスは次のとおりらしい。

8:03/11:40/14:30/19:00

8:45台山山咀港発の珠海行きに乗れば、11:40珠海発の常平行きに乗れそう。

他にも拱北口岸新天地広場(珠海)から常平行きのバスが出ているみたい。


海外旅行 ブログランキングへ