INQUIRER netによると、フィリピンのルソン島ラグナでマリファナ入りキャンディを製造した容疑で2人が逮捕された模様。

マリファナをキャンディに混ぜることは違法薬物を隠すための新たな手法でYouTubeをマリファナをキャンディに混ぜる方法を学んだと容疑者が語った。チョコレートやゼラチンにマリファナを混ぜ、マリファナ入りキャンディを作っていたと警察が語った。この捜査の一環でMalayan Colleges Lagunaの学生が大学生にマリファナ入りキャンディを販売し、逮捕された。

フィリピンのMalayan Colleges Lagunaの場所

マリファナ入りキャンディを買った人が普通のチョコレートキャンディと同じように冷蔵庫に入れておくと、間違って子供が食べてしまう懸念があると警察は併せて語った。

YouTubeだけでなく、ネットで調べれば良いことも悪いことも簡単に調べることができる時代になり、便利になったが、悪い内容のものはすぐに削除できるようなシステムにしておかないと大変なことになっている。世界的に有名なYouTubeやFacebookですらとんでもない映像や写真が掲載されていることがあり驚いてしまう。

Facebookが大好きなフィリピン人のネチケットはかなり悪いらしく、Facebookに死体の映像や写真を掲載されていることがよくあり、アンへレスでは見たくないのに見せられることがあってびっくりすることが多々あった。

昨年アンへレスでマリファナで逮捕されたフィリピンの有名俳優はどうなったのだろうか?


※他の役に立つフィリピン情報はこちらから。

海外旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村