Sleepyhead in Seattle

Trust in the Lord with all your heart and do not lean on your own understanding. Proverbs 3:5

まつげ長すぎ

m(クリックで拡大)ケイの睫毛が長くて思わず写真に撮ってしまいました(笑)睫毛エクステもビューラーもマスカラも必要ない。うらやましい限りです。

お誕生日会2連発

先週の土曜日はクラスの友達のお誕生日会が二つありました。一つは1時から、もう一つは2時から。
一つ目はクラスの男の子で、もう一つのお誕生日会が2時からだからと断ってもよかったんですが、もしかして誰も来ないということになると かわいそうかなと。この子は少し変わっている子で、休み時間は女の子とばかり遊びたがるので男の子のお友達はあまりいなくて、女の子達は女の子だけで遊びたいので煙たがっているという感じらしいのです。なので、うちの子達はかなり渋っていたんですが、せっかく招待してくれたのだし、クリスチャンは敵をも愛さなければいけないし(敵というほどのことでもないけど(笑))、それに、この子はケイのことが大好きで来て欲しくて仕方がないとのことだったので行ってきました。
行ってみたら、クラスの子は他に一人しか来ていなかったんですが、それ以外のお友達がたくさん来ていました。心配して損した(笑)お母さんは働いているのでお祖母さんが準備をしたようなんですが、このお祖母さんが子供を楽しませる天才で、いろいろなゲームで盛り上がりました。最初は渋々という感じだった子供達も「とても楽しい」と帰りたがらず、次のお誕生日会に遅刻するほどでした。
二つ目はクラスでとても仲の良い女の子のお誕生日会でした。クラスからは特に仲の良い女の子達4人(うちの双子ともう一組の双子(笑))が招待されて、それ以外に親戚の子達が3人。全員とても波長が合うみたいで、人見知りが激しいエリもすぐに打ち解けて皆で楽しそうに遊んでいました。この子の御両親はベトナムの人で、用意されていたベトナム料理がすごく美味しくて食べすぎました。好き嫌いの激しいエリが揚げ春巻きを喜んで食べていたので今度レシピを聞かなきゃ。
それにしても、子供達は今年はとても友人に恵まれているなと思います。それに先生にも恵まれて、二人とも本当に楽しそうに学校に通っています。神様に感謝。   

久しぶりにお裁縫

pants(クリックで拡大)久しぶりにお裁縫などしてみました。子供達のレギンス(写真)を2本作りました。前にも書いたんですが、うちの子達はレギンスにすぐ穴を開けてしまうのです。布が薄いからかと思って、なるべく厚めのを買っているんですが、それでもあまり違いはなさそう。
ところが先日、私が前に作ってあげたレギンスだけは穴が開いていないのを発見。それで調べてみたんですが、市販のレギンスは大抵の場合ジャージーという種類の布(Tシャツに使われる布)を使っているようです。ジャージーというのは編み物のメリヤス編みと同じで、布の表と裏をよーく見ると、メリヤス編みのセーターの表と裏と同じパターンになっているのが分かります。一方、私が作ったレギンスはインターロックという種類の布を使いました。これは両面編みと呼ばれるらしいのですが、まあ編み物に例えるなら両手に編み棒を2本ずつ持って2枚同時に編んでいる感じでしょうか。この布の表と裏をよーく見ると、どちらもメリヤス編みの表と同じパターンに見えます。この種類はジャージーよりもお値段が高めなんですが丈夫なんですね。
市販のレギンスでインターロック布を使ったものを見つけるのは大変なので、それなら作っちゃえと思って作りました。1ヤードの布で2本作れました。型紙はここから(英語のみ)無料のをゲットしました。今までは内股を先に縫っていたのですが、このサイトでの説明通りウエストから股までを先に縫う方が簡単だと思いました。作業時間は2本で2時間弱ぐらいでしたが慣れればもっと短時間で作れそうです。

嵐の中をコンサートへ

先週金曜日は南カリフォルニア一帯は大嵐。ニュースによると今シーズン最大(もしかすると10何年ぶりか)の大嵐で各地で洪水が発生。強風で木が折れて道路が通行止めになったりして大変なことになっていたんですが、そんな中を片道車で40分ほどの所にある教会で開催された無料コンサートに行ってきました。自分一人だったら、たぶん行かなかったと思うんですが、5人ほどで1台に乗り合わせて行くことになっていたし、私は運転しなくてよかったので...
会場は1000人ぐらいは入れそうな大きさで会場整理係の人の話だとチケットは全部はけたらしいのですが、さすがに大嵐が影響して席は半分ほどしかうまりませんでした。でも、そのおかげで舞台に近い席がとれて良かったです。シンガーはジョッシュ ウィルソンという人とローラ ストーリーという人でした。
ジョッシュさんはコメディアンかと思うぐらい話の面白い若い兄ちゃんなんですが、一人でいくつものパートをこなしながら演奏するアメージング グレースこのビデオ(クリックすると音が出ます)が秀逸でした。私はギターはよく分からないけれどカッコいい〜!
ローラさんは 2012 年にコンテンポラリー クリスチャン ミュージックという分野でグラミー賞を受賞したそうで、それがこの曲(クリックすると音が出ます)。クリスチャンにとって、辛い時に聞くとグッとくる曲だと思います。この人、子供は4歳の女の子と2歳の双子の男の子がいて、ツアーに出る時はなんと全員を連れて行くんだそうです。たぶん、旦那様が障碍者(脳腫瘍の後の後遺症)なので子供達を旦那様に任せて出かけるということが出来ないからなんだと思うのですが、すごすぎます。私なんて双子を飛行機に乗せるだけで尻込みして、子供達が4歳半になるまでは近場以外は出かけませんでしたよ(笑)ちなみに、この人もコメディアンなみに話が面白い人でした。
そうそうコンサートと言えば、以前はカメラの持ち込み禁止とかあったと思うんですけど、今はみんなスマホで撮りまくり。で、撮った写真やビデオをその場でコメントをつけて Facebook に投稿していたりして、なんかすごいというか、なんだかな〜というか、コンサートなんだから純粋に歌を楽しもうよって思うのは時代遅れなんでしょうかね。


器械体操のクラスはこんな感じ

gymなぜかケイが写真を嫌がったので開脚とか倒立とかしているのは撮れなくて、こんなのしか撮れませんでした。でも雰囲気は伝わりますかね。元々は倉庫だった建物なのでクーラーがなかなかきかなくて夏はかなり暑くて汗だくになってます。クラスは女の子ばかり8人ぐらい。今は初級のクラスにいますが、そろそろ一つ上のクラスに行けるかなというところです。

バレエはこんな感じ

ballet(クリックで拡大)エリのバレーのレッスンの風景です。ガラス越しに遠くから撮ったので見辛いですが、どれがエリだか分かりますか?
バレーをする子達は本来は髪の毛をお団子にするんですが、エリは私に似て髪の毛がすごーく多いのでお団子にするのが一苦労で、大抵いつも横着をしてポニーテールにしています。
次回はケイの器械体操のクラスの写真をのせますね。

いやなおばさん

それは私のこと(笑)
先日チャイムがなって玄関のドアのガラスの部分から覗いてみたら小学校高学年ぐらいの男の子4人が立っていました。何か買ってくれと言うのかと思って「何の用?」と不愛想な表情で聞いたら「お宅の裏庭にサッカーボールが入った」とのこと。
うちの裏庭の塀の向こうは、ちょっとした広場みたいになっていて、そういえば数か月前にもサッカーボールをうちの裏庭に蹴り入れてしまった子達がいました。その時は私が裏庭で何か作業をしていたので、すぐに取ってあげて「塀の近くではなくて、もっと広場の真ん中に行ってサッカーしなよ」と忠告してあげたのに、また同じ過ちを...まあ、うちの裏庭にはサッカーボールが当たって壊れるようなものは無いので別にいいんですけどね。裏庭でバーベキュー中だと食器とかあるので困るけど...
なので少し意地悪をして、年長らしい子に「それで?」て聞いたら少しポカンとした後で「取って来てもらえますか?」というので「OK、それで?」と他に何か言うことあるだろという顔をして聞いたら、すごく困った顔をして固まってしまいました。そうしたら後ろに立っていた子が思いついたように「すみません!」て言って、年長らしき子もハッとしたように「すみません!」と言うので内心よしよしと思いながら笑顔で「OK」と言ってボールを取ってきてあげました。ボールを渡したらホッとした顔でそのまま立ち去ろうとしたんですが、また後ろに立っていた子が「ありがとうございました」と言って、それにつられたように「ありがとうございました」と言って去っていきました。
なんか子供の頃、こういうおばさんが近所にいて「いやなおばさん」て思っていた気がするんですが、まさか自分がそうなるとは。ニコニコと「あら君たち、どうしたの〜?」と言える可愛いおばさんを目指していたはずなのに(笑)この子達には「要注意なおばさんがいる家」とマークされているかな。

バレンタイン用の苺

ichigo(クリックで拡大)今年のバレンタインはこんなものを作ってみました。バレンタインの時期になるとお店でよく見かけるんですが、簡単そうなので作ってみました。
実際に作ってみたら本当に簡単で、これはわざわざ買う必要はないかな(笑)チョコレートと少量のショートニングを鍋に入れて溶かし、そこに苺を入れてチョコレートをつけてから冷蔵庫で冷やすだけ。チョコレートを溶かす時の温度が高くなりすぎないように注意さえすれば子供でも作れます。少し甘みが足りない苺も、こうすれば美味しく食べられる。ただ、冷蔵庫で冷やしてチョコレートが固まった状態より、チョコレートが温かくてトロッとしている状態の方がいいという結論で家族全員(エリ以外)が一致しました。エリはチョコレートが好きではないので「苺はそのままが一番」なんだそうです(笑)

フラワー バレンタインとな

Facebook を見ていたら日本の知人から「今日はフラワー バレンタインなので妻に花を買って帰ります」という趣旨の投稿がありました。「微笑ましいわね」と思いながら、なんとなくそのままスルーしそうになったんですが、ちょっと待った〜!
日本ではバレンタインと言えば女性(女の子)が男性(男の子)にチョコレートを贈る日ではなかったかしら?アメリカでは逆に男性が女性にプレゼントを贈る日なので、それに慣れてしまった私としては違和感なくスルーするところでしたが、日本で男性が女性に花を買って帰るなんて青天の霹靂(は言い過ぎか(笑))
ちょっとググってみたら、花屋さんの業界が販促のために業界一丸となって推し進めようとしているみたいですね。「なんだ、やっぱ金儲けのためか」と思う人もいるかもしれないし、「男が花なんて!」と憤る年配男性もいるかもしれませんけど、女性からしたら、これは大歓迎かな(笑)花束を抱えて家路を急ぐ男性ってなんか微笑ましいじゃないですか。でも、満員電車に花束を抱えて乗れないだろうし(バラだと危険)、残業で夜遅いと花屋は閉まっているだろうし、だとすると家の近所のコンビニとかで買うのかしらね。
ちなみにうちは、ダンナがハートの形をしたチョコレートケーキを買ってきてくれました。子供達が「可愛いケーキ!」と大はしゃぎ。ダンナ、私のためというより子供達のために選んだな(笑)

小ネタ Yasai グリル

たぶんカリフォルニア州にだけあるチェーン店だと思うのですが、Yasai Japanese Grill というレストランに子供達も連れて晩御飯を食べに行ってきました。
ダンナの仕事場の近くにあるので、以前からダンナが「行って見よう」と言っていたんですが、その度に私が難色を示していました。「うちの子達、野菜をあまり食べないので野菜ばかり(ベジタリアン)の店は無理」と思いこんでいたんですね。たまたま昨日、予定が詰まっていて時間がなかったのでダンナの職場の近くで晩御飯を済ませなければならなくなって...
ダンナ:Yasai Grill に行ってみようよ、近いんだし
私:子供達が食べれられるものがないでしょ
ダンナ:照り焼きチキンは食べられるだろ
私:え?照り焼きチキンがあるの?Yasai Grill なのに?
ダンナ:え???
うちのダンナ、Yasai が何なのか知りませんでした(日本語できないので当然だけど)。Yasai って Vegetable のことだよ。だから Yasai Grill と言えばベジタリアンのレストランだと思ったって言ったら「なんだ、それで行くのを渋っていたのか(笑)」と大笑いになりました。
しかし、ここはカリフォルニア、日本人も多いし日本語が分かる人も多いのに照り焼きチキンや寿司を出すレストランに Yasai Grill はないんじゃないかな〜(笑)
ちなみにお料理の方は、チャーハンはそこそこ美味しかったです。照り焼きチキンはアメリカ人が好きな味でダンナと子供達はパクパク食べていましたが、私には少し味が濃すぎました。お値段は他の照り焼きチキンのお店に比べるとほんの少しお高めかも。一応、日本の食器(らしきもの)にこだわっているみたいなんですが、お椀にサラダをもっていたりして、ちょっと違うんだよねって感じ(笑)化学調味料の MSG を使っていないというのはプラスかもしれません。 

刑事コロンボを見る

うちはケーブルテレビを入れていないので見られるチャンネルがほとんど無いのですが、偶然にも週末に刑事コロンボの昔のシリーズを再放送しているチャンネルがあるのを発見。私は昔、刑事コロンボの大ファンだったので子供達と一緒に見てみました。
昔のシリーズだからか分からないのですが、刑事コロンボって、たとえば「犯人と被害者が一緒に倉庫に入って行って銃声が聞こえる」という感じで殺人が行われたことを暗示するだけで、直接的な殺人のシーンは無いんですね。以前に見ていたころは気付きませんでした。うちの子達は血が出るシーンとか暴力シーンに慣れていないので、このぐらいが丁度良いです。初めて見た時は殺人が暗示されたことが分からなかったみたいですが(笑)
ただ一つ問題なのは煙草...うちはダンナも私も煙草の煙が大嫌いなために、いつも喫煙(者)についてはボロクソ言っているんです(喫煙者の方、ごめんなさい)。コロンボさんは言わずと知れたヘビースモーカー。それに時代なんでしょうか、コロンボさん以外にも煙草を吸う人が沢山登場します。子供達には「昔は喫煙について、あまり害も知られていなかったから悪く言われなかったのよ」と説明しておきましたが、そういえば最近のドラマとか映画では喫煙シーンがあまりないのでビックリという感じです。
子供達は子供向けのミステリー小説を読むのが好きなんですが、刑事コロンボで出てくるトリックとかアリバイ崩しとかは少しまだ難しすぎるみたいで、私がいちいち説明するんですが、それでも時々ポカンとしています。
(追記)
刑事コロンボは、やっぱり日本語で見るほうがいいな〜小池朝雄さんの渋い声で「うちのかみさんがね〜」と言うのが好きなんですよね。英語で "my wife" て言われてもね...それにピーターフォークさんの声って甲高くて、小池朝雄さんの渋い声のイメージがついてしまった刑事コロンボには似合わない。ってピーターフォークさんの方が本家なんですけどね(笑)

エルポヨロコに行ってみた

先週の金曜日、ダンナが有給を取ったので二人で初めてエルポヨロコにランチを食べに行ってきました。エルポヨロコというのはメキシコ料理のファーストフード店で、シトラス系のソースでマリネしたチキンを直火で焼いたものが売り。ワシントン州には無い(はず)ですが、カリフォルニアではどこでも見かけるお店です。うちから徒歩10分ぐらいの所にあるんですが、近すぎて「いつでも行ける」と思っているうちに2年近くも経ってしまいました(笑)
割引券があったので二人分10ドルというセットを頼みました(飲み物は別)。チキン4ピース、トルティーアが4枚、サラダ2皿、ベイクドビーンなどのサイドが3つ選べてデザートにチュロという揚げパンスティックが2本ついてくるので、かなりお得かな。チキンはケンタッキーのように油で揚げていないのでヘルシー。シトラス系のマリネなのでさっぱりしていて美味しいと思いました。これなら子供達も喜んで食べてくれると思うので、今度は子供達も連れてこようと思います。
エルポヨロコと言えば、むかーし原宿の駅前にあったんですよね。私は原宿駅から表参道を下って明治通りと交差する辺りにあったケンタッキー・フライド・チキンでバイトしていたことがあって、その時にエルポヨロコが新規オープンして、バイト先の上司が「客を取られる」と焦っていたのを懐かしく思い出しました(歳がばれそう(笑))。原宿のエルポヨロコはファーストフードと思えないオシャレな雰囲気だったように思うんですが、うちの近所のエルポヨロコは普通のファーストフード店でした。当たり前か(笑)ネットで調べたら日本からは撤退してしまったとのこと。ケンタのフライドチキンよりカロリーが少ないだろうから日本では受けそうですけどね。

開脚ができた

ballet(クリックで拡大)この写真だと左脚の膝が曲がってしまってますが、身体の硬いエリも頑張ってストレッチをして脚がここまで上がるようになりました。床だと、昨年末ぐらいに左右に180度開脚できるようになりました。前後の開脚は右足が前だと、ほとんど180度いけます(逆はまだ)。去年の夏休み明けからバレーを始め、かなり身体も柔らかくなってクルクル回る時の頭の動きも習得したようで、なかなか様になってきました。
ちなみにケイは赤ちゃんの時からダンナに "Elastic girl" とあだ名をつけられるほど、ゴムのように身体が柔らかく左右の180度開脚はとっくの昔にできていて、身体の硬いエリは悔しくて仕方がなかったようです。エリが練習しているとケイが隣で「ほら見て!」と軽々と開脚してエリをイラつかせて泣かせることも多かったのですが、やっとこれで落ち着きそうです(笑)ただ、左右の180度開脚をして上体を前に倒すのは、ケイは床にべとっと倒せるのですがエリはまだなので、そこでまたひと悶着あるわけですが。
そうそうケイの Elastic girl ぶりで思い出すのは、オムツを変える時に脚を持ち上げますけど、その時に足を頭の後ろで組んで笑っていたことがありました。さすがに今はそこまで出来ないと思いますけど(後で学校から帰ってきたら試してみます(笑))

春みたいでした

ニュースによると今日は東京も20度超えて暖かかったらしいですが、こちらも暖かくて昼過ぎには26度ぐらいまで気温があがりました。私達が住んでいる辺りでは、気温が上がるということは風向きが内陸から海に向けて(東から西へ)になるので、内陸の乾燥した空気のせいでお肌がカサカサ、髪の毛はストレートパーマをかけたかのように真っすぐに。私の髪の毛は湿気が多いと広がるので、髪の毛の状態で湿度が分かるという優れもの(笑)
せっかく暖かいし日曜なので家族で出かけたかったのですが、ケイが昼過ぎから具合が悪くなったので、仕方がないのでエリと私でお出かけ。最近のエリは公園で遊ぶよりもウィンドウショッピングが好きらしいので、近くのショッピングモールで1時間ほどウロウロしました。
ちなみに今日(日曜日)はロサンゼルス国際空港(LAX)は大統領令の件で大騒ぎのようで、飛行機の乗務員やお客さん達が時間通りに到着できなくて出発が遅れるなどの影響が出ているようです。LAX は通常でも大混雑する空港で、しかも構造上の問題なのか車の流れが無茶苦茶で、運転しているとストレスが半端じゃない(ダンナの送り迎えでどうしても私が運転しなきゃいけない場合があるのです)。そこでデモとなると、どれだけひどい混乱に陥っているだろうと思うと、このタイミングで仕事や旅行で LAX を利用しないといけない人達に同情していまいます。どうせデモをするなら他の場所でやればいいのに...だいたい、特定の国からの移民の人達を足止めしている入国管理局の人達は上からの指示に従ってやっているだけで、空港でデモをする意味はないように思うのだけれど...それにしてもグリーンカード(永住権)を持っている人達も足止めされたのには驚きました。何時間か後には入国を許可されたようですけどね。それと今日の午後に、グリーンカード保持者の扱いについては修正されたようです。
アメリカ国内には難民として入国しても言葉の問題などで職を得るのが難しく貧困にあえぐ人達が多くいると聞きます。今回の騒動でスターバックスが難民の人達を多数雇用すると宣言しましたけど、そういう動きが広がって、こういう人達の生活が助けられればいいなと思います。でも、なんか空港やメディアで騒いでいる人達を見ると、移民や難民のこと全然分かってない感じで、本当に移民や難民のことを考えているというよりは単に「トランプ大嫌い!許せん!」と言いたいがために利用しているだけのような気もしなくもなかったり...そう思うのは私自身が移民だからかもしれませんけど...そう言うと「アメリカはネイティブアメリカン以外は全員移民だよ」なんて言う人もいるんですが「移民」と「移民の子孫」は置かれた状況も考え方も違う気がするんですよね。なのでアメリカ人(移民の子孫)に「貴方も私も一緒」みたいなことを言われると微妙な気分になるのでした。まあ良かれと思って言ってくれてるのだろうしと、とりあえずスマイルで誤魔かすのでした。

遠足で科学館へ

子供達は、木曜日に学校の遠足で Discovery Cube という名前の科学館へ。学校からはスクールバスに乗って行きました。高速を使って片道30分ぐらいでしょうか。うちの子達は時々車酔いをするので少し心配でしたが大丈夫だったそうです。
何が興味深かったか聞いてみたら、地震を体験(?)するもの、竜巻を見せるもの、重力を説明する展示の3つが面白かったそうです。でも、地震について何を学んだのかと少し突っ込んで質問しても答えられませんでした(断層とか地層の動きとか)。まあ小学校2年生だから仕方ないでしょうか(笑)
それにしても、子供達が親の私達から離れてバスに乗ってどこかに出かけるというのが、なんだか感慨深いものがありました。子供達が離れていくようで寂しいという感じではなく、なんというか「ふーん、こうやって自立していくのね」という感じでした。

嵐でしたが無事です

両親がニュースを見て心配しているといけないので...
今日の南カリフォルニアは嵐で雨と風が強かったのですが我が家の辺りは無事です。ご近所の道路には大きな水たまりが出来ていましたが冠水とまではいきませんでした。我が家の裏庭にあるプールもいっぱいになって少し溢れたんですが排水溝から逆流するほどでもなく問題なし。明日、子供達が学校に行くのが少し大変かもしれないぐらいです(水たまりが大きすぎて飛び越えられないので車道の真ん中を歩くしかないかな...)
ニュースによると2010年以来の記録的な大雨なんだそうです。明日も雨は残るみたいですが大したことはなさそうで、それ以降は晴れの予報が出ています。

大荒れ

今日は大荒れのお天気でした。雨も風も強くて、オレンジ郡のある地域では記録的な雨量で土砂崩れがおきて大変そうです。さらに日曜日には嵐がくるとの予報が出ています。ちなみに、うちの近所は土砂崩れや洪水が起こるような場所ではないのでご心配なく>両親へ
こんな天気だったのにロサンゼルスではトランプ氏の大統領就任に反対するデモが行われていたようです。明日は天気が回復するようなのでデモ参加者が増えるかもしれません。まあ、これもうちの近所には全く影響ないのでご心配なく>両親へ
それにしても、テレビでトランプ氏の大統領就任式をダイジェストで見たんですが、昔テレビで見た "The Apprentice" という番組でのトランプ氏のイメージが重なってしまって、 現実味がないというか、なんだか新しいリアリティー ショーか日本で言う「どっきり」の番組を見ている気になってしまいます(笑)それに、ワシントン D.C. のデモの映像を見ると、一方では暴徒化した人達がお店や銀行の窓を叩き割ったり車に火をつけていたりするのに、他方では LGBT の人達が踊りながら(?)デモしていたりして、とってもリアリティーがなくて下手な脚本家が書いたドラマみたい(笑)と思うのは、私がアメリカ人じゃないからなんでしょうかね。
ちなみに、トランプ氏は「移民排訴を主張している」みたいな見出しを日本のニュース サイトで見かけるんですが、正確には「不法」移民の排訴、つまり法的にアメリカに居住することが許可されていない(許可される余地がない)人達を問題にしているので、私を含め法的に正式な手続きを踏んでいる人達は心配ないです。でも、うちの両親はもしかしたらトランプ氏が日本に送還してくれればいいのにと思っていたりして...
不法移民の問題は「法的にアメリカにいちゃいけない人を追い払うのに何の問題があるの?」と思うかもしれませんけど、実はなかなか微妙な問題なので、トランプ氏は意気込んでいるようですが一筋縄ではいかないんじゃないかと思っているところです。

久しぶりにIKEA

ikea1年ぶりぐらいに IKEA(イケア)に行ってきました。ワシントン州にいた時は聖書勉強会をしていた教会の近くに IKEA があったので、聖書勉強会の後は大抵 IKEA によってから家に帰っていました。でもカリフォルニアに来てからは特に用事もなくて、それに片道30分ぐらいかかるので面倒で、なのでカリフォルニアに来てから今回が2度目の IKEA でした。
子供達が途中で疲れたというので駆け足で買い物するはめになってしまいました。久しぶりだったので、もう少しゆっくり見たかったんですけどね。今度は子供達が学校に行っている間に一人で行こうかと思います。
今日は、この写真にあるようにストロー、スープ皿(x4)、ガラスのコップ(x6)を買ってきました。こういう安い食器は近くの100円ショップ(ダラーストア)でも買えるのですが、それでもわざわざ IKEA に行きたいと思うのは中国製でないものが結構あるから。ちなみにストローはタイ、スープ皿はフランス、コップはブルガリア製です。フランス製のスープ皿なんて書くと高級そうですが99セントでした。ただ、物によっては製造国がたまに変わって中国製になることがあるので注意が必要かもしれません(中国製かどうか気にしない人には関係ないんですけどね)。
 

おトイレ流し忘れ

昨日の朝、子供達の部屋の隣にあるバスルームを何気なく覗いて見たらおトイレ流してないじゃないですか。「おトイレ流し忘れたの誰((心の声)8歳にもなって忘れるなんて)!」って少し不機嫌な声で聞いたらケイが「だって流したらエリちゃんが起きちゃうんだもん」とのこと。朝早かったので、まだ寝ていたエリを起こさないように気をつかったらしい。なので「そっか〜よく気が付いたね。不機嫌な声出してごめんよ」と謝りました。
うちの子達、毎日毎日飽きもせず喧嘩しているようでいて大の仲良しでもあり、お互いに思いやることもできるようになってきたみたいです(機嫌が良い時に限られますけど(笑))。
そして今朝、子供達の部屋のドアがバーンと開いた音がして、しばらくしておトイレの水を流す音、その後に一人遊びの声と歌が聞こえてきました。犯人はエリ。ケイは眠りが深くて水音ぐらいで起きないからよいのだけど、私が起きちゃいました。土曜日なのに朝6時半起き(涙)

選挙で家族や友人が絶縁するなんて

これもオレゴン旅行の時のことです(旅行記をはしょりすぎたので追加します)。
今回のアメリカ大統領選中に Facebook を見ていたら友人の友人ぐらいの女性の投稿に「長年の友人であろうと家族や親戚であろうと関係なく絶縁してやったわ!(怒)」と息巻いているのがあって何のことかと思ったら「トランプを支持するなんて人として信じられない(怒)」ということでした。
たかが大統領選挙、されど大統領選挙。前回の選挙の時も Facebook 上で同じような人を見かけたので、たぶん毎回ある程度の割合で家族や友人と絶縁する人がいるんだろうなと思います。まあでも自分には関係ない話だと思っていました。
ところがクリスマスのディナーの日、毎年来ていたのに今回は来ていない人達がいました。病気で来られないのかと思ったんですが、お義姉さんがそっと教えてくれたところによると大統領選のことで気分を害して絶縁宣言してきたとのこと。え?本当に実際にそういうことってあるんだと驚いたと同時に、まあでも分からないでもないと思ったり...
その人達は女性同士で結婚していて10歳ぐらいの娘さんがいます。そして、お義姉さん達は共和党支持者。共和党支持者だからといってトランプ氏に投票したとは限らないんですけどね...(どちらにも投票しないという選択をした人もいるわけで)
ただ、お義姉さん達が行っている教会は「同性愛は罪(つみ)」という立場をとっているので、これまでもモヤモヤした気持ちでいた所にトランプ氏が大統領になってパニックになってキレてしまったのかもしれません。クリスチャンが「同性愛は罪(つみ)」と言う場合、それは「私(達)は清廉潔白だけどね!」と上から目線で言っているわけでは断じてないんですけど、どうしてもそういう風に聞こえてしまうのでしょうか。「私(達)も貴方と同じで、罪をおかす人間(罪の種類が違うだけ)。だからこそイエス様が必要なんです」という前提があるんですけどね...健康ならば医者が必要ないのと同じで、清廉潔白ならばイエス様は必要ないわけで、逆に言うとですね、イエス様を必要と認めた人達、つまりクリスチャンはみんな罪にまみれ清廉潔白からは程遠い人なのだと言えましょう>私がまさにそれですね(笑)
お義姉さん達は、その人達のことをとても大切にしていて、それはトランプ氏が大統領になったからといって変わることではないのに...悲しいことです。
ちなみにトランプ氏は同姓婚については「既に最高裁判所の決定が出ていること(大統領がひっくり返せるものではない)と認識している」というようなことを言ったそうです。この認識は正しくて、なので LGB の人達がパニックに陥っている理由が私にはよく分からないのですが、これは理屈じゃなくて当事者でないと分からない気持ちなのかもしれません。
記事検索
最近のコメント
プロフィール
Etsuko
シアトル近郊の町に住んで約10年、コンピューター関連の翻訳のプロジェクト管理の仕事をしていましたが、双子が産まれたので専業主婦に転向。子供の頃は転勤族で田舎と呼べる場所がないため、勝手に葛飾区出身(金町に7年ほど住んでいたため)となのっていたのですが、両親に言われて気付いてみると実は渋谷区が一番長かった...生まれた直後から小学校2年までと、中学3年から大学4年(うち1年はアメリカに留学)まで渋谷区のどこかに住んでいたんでした。ということで渋谷区出身に変更することにしました(笑)
  • ライブドアブログ