Sleepyhead in Seattle

Trust in the Lord with all your heart and do not lean on your own understanding. Proverbs 3:5

成長期かしら

エリが最近、晩御飯の頃になると寝落ちすることが頻繁にあります。今日も夕方6時頃からウトウトし始め、晩御飯の時間にはフラフラと食卓まで辿りついたのですが、何も食べずに牛乳を一杯飲んだだけ。あまりに眠そうなので「御飯はいいからもう寝なさい」と言ったら、そのままパジャマに着替えて歯を磨いてベッドに入って、1分もしないうちに眠ってしまいました。成長期かしらね〜現在、ケイの方がエリより背が高いのですが、追いつく時期なのかもしれません。
ちなみに現在7時半なんですがケイも眠そう。ただ、ケイの場合は今朝早く起きすぎ(6時前に起きて本を読んでいたらしい)。


晩御飯はピザ

IMG_20180119_181436096edited(クリックで拡大)先日「日本女性は家事をしすぎ」というような記事を読んでアメリカ人と結婚してよかったと思った理由の一つ、それは晩御飯がピザでも文句を言われない、というか、むしろ喜ばれるということ。
というわけで今日の晩御飯はピザとサラダ。一応ピザ生地もピザソースも手作りなので少し手間はかかっているんです。とはいっても、ピザ生地は捏ねる必要がないので仕込みは5分で完了。ピザソースもトマトの缶詰にハーブなどを入れて煮込んでつぶしただけなので作業時間は5分ほど(笑)それにトッピングとチーズを準備して、あとは子供達に生地をのばすところから全部自分達でやってもらいました。ちなみに、この写真は私とダンナ用にピーマンとソーセージがのっていますが、子供達はピザソースとチーズのみ。自分で作るのが嬉しいらしくて、毎週末ピザがよいとのこと。そういえば私も子供の頃、週末のお昼はお好み焼きが定番だったような気が...と書いていたら、お好み焼きが食べたくなってきました(笑)でも、キャベツ抜きにしないと子供達は食べてくれなさそう...

汚い言葉

子供達のクラスで、ある男の子が女性を侮辱する B から始まる言葉(B-t-h(伏字にしてみました))を口走ってしまったそうです(その子は、他の単語と間違えたと言い訳していたらしい)。その言葉を聞いてクラスの子供達みんなが息をのむ中、うちの子達だけ「え?どうしたの?なになに??」という感じだったそうです。まあ、子供達の言い分なので話半分で聞くとして(なので、たぶん他にも知らなかった子がいるはず)、でも小学3年生で B-t-h を知っている子がいるというのは驚き。今時の子達ってそういうものなのかしら。私の感覚が古いだけなのか...
前にも何度か書いたと思うんですが、うちはテレビをほとんど見ない(というかケーブルを入れていないので見られるチャンネルがほとんどない)ので、汚い言葉がでてくるドラマとか映画を見ることがありません。幸いなことに親戚には汚い言葉使いをする人もいないので、うちの子達はそういう言葉をほとんど知りません。このままだと、意地悪な人が「〇〇という言葉は、こういう意味だよ」と嘘を教えたりしかねないなと思ったので、いくつか一般的なもの(ドラマや映画で出てきそうなもの)だけでも教えておこうかと思ったんですが、汚い言葉ってあまり思いつかないもんですね。日本の学校ではたぶん習わないですから(笑)相手を罵倒する言葉、「ちくしょー、くそー」みたいな言葉、卑猥な言葉をいくつか思いつくぐらいですかね。
卑猥と言えば Pussy もだそうです。去年トランプ大統領に抗議する女性集会ではピンク色の猫耳ニット帽を被っている女性がたくさんいました。あるグループが Pussyhat(Pussycat にかけている)と名前を付けて「みんなで被って団結を示そう」ということで広まったらしいのですが、今年の抗議集会では被らない人が増えそうだという記事が New York Times だったかなんだったかに掲載されていました。トランスジェンダーの人や黒人女性などに配慮するためと書いてあったのですが、Pussy の意味を知らなかった私は、それを読んで何を言っているのか理解できませんでした。気になる人は自分で調べてくださいね(笑)

ジンジャーブレッド ハウス

jpgjpg(クリックで拡大)この記事、下書きのまま投稿するのを忘れていました。なので去年のクリスマス前にさかのぼるんですが、子供達が学校でジンジャーブレッド ハウスを作って持って帰ってきました。ケイの作品が変わっていて面白かったので写真に撮ってみました。
家の横にひさしみたいなのが突き出ていて、その下でサンタさんご夫婦がケーキを食べているように見えます(ケイに聞いたら、サンタさんのつもりはなかったそうですが)。ひさしみたいなのは、クラスの友達のアイデアを拝借したそうですが、全体的によく出来ているなと思いました。
ちなみに、このジンジャーブレッド ハウスは小さな牛乳パックにグラハム クラッカーをくっつけて作っているので、厳密にはジンジャーブレッド ハウスではありません。本来のジンジャーブレッド ハウスは、その名が示すとおりジンジャーブレッド クッキーを使います。土台に牛乳パックを使うこともしないのが普通なんですが、組み立てやすさを考えると牛乳パックを使うのは良いアイデアだと思います。今年のクリスマスは、我が家で作る時も牛乳パック+グラハムクラッカー方式を採用しようと思います。ちなみに去年のクリスマスは近所のスーパーで買ってきたジンジャーブレッド ハウスのキットを使って作ったのですが、家の壁や屋根をクリーム(フロスティング)でくっつけて組み立てるのが結構難しくて、あまり良い出来栄えではありませんでした(涙)

ついにきたか

更年期? orz
元々のぼせやすい体質だったんですが、去年の末ぐらいから何もしていないのに急にのぼせて顔が真っ赤になったり全身に汗をかいたりしていて、更年期に突入したような気がしていました。昨日も聖書勉強会のベビーシッターのボランティアの途中で症状が出て、赤ん坊を抱いて寝かせようとしていただけなのに30分ぐらいジョギングでもしたんですかって感じに顔が真っ赤になってしまって恥ずかしかった...
そして昨日、思い立ってネットで更年期の症状を調べていたら、あるサイトに「更年期の初期は生理周期が短くなります」と書いてあってびっくり。更年期って生理周期が長くなったり、とんだりするものだと思っていたんですが、更年期の初期は先ず短くなって、その後に長くなったり、とんだりするそうです。実は去年の秋あたりから周期が短くなっていて、今までは大抵いつも28日周期だったのに、最近は22日ぐらいになっています。ということは、やっぱり更年期なのか?
日本の女性が閉経する平均年齢は50歳とのことで、更年期は45歳から55歳ぐらいまでが多いそうです。まさに、私はその年齢なわけで...女性なら誰もが通る道とはいえ、症状が軽くすむといいなと思っているところです。

九九のその後

前にこの記事で子供達が九九を覚えるのに苦労していると書きましたが、その続報です。
エリは負けず嫌いだからか、紙に書いたり何度も唱えたりしてクラスの女子で一番最初に九九を全部覚えたと誇らし気に言っていました。クラス全体での一番ではなかったそうですが...うちの子達のクラスに一人、韓国人の男の子なんですが、親がずいぶん熱心に勉強させているらしく九九を3年生になる前に既に覚えてしまっていた子がいて、その子がクラスで一番のりでした。
エリは割り算もクラスの女子で一番のりだったそうです。掛け算を覚えてしまえば割り算は楽勝みたいですね。
一方のケイは、エリがどんどん覚えていくのを見て戦意消失したのか、なかなか覚えようという努力をせず、一時はクラスの女子で最後になりかけていました。このままほうっておくと、3年生のうちに終わらないんじゃないかと思って「毎週の九九のテストに合格しないと、次の週はコンピューターでゲームをする時間を無しにする」というルールを作ったら、やっと頑張って覚え始めました。今は掛け算は全部覚えて、割り算が8の位まで終わったところらしいです。なので3年生終了までには全部覚えられそうです。よかった〜
ちなみに、九九と書いてますがアメリカでは12の段まであります。

お向かいの猫ちゃんパート4

うちの子達、お向かいの猫ちゃん達が大好きで見かけるといつも遊んであげているせいか、猫ちゃん達もとても懐いている様子。先日、ケイが猫ちゃん達と遊んだ後で帰ってきて、興奮した顔で報告してくれたんですが「もう時間だから家に帰るね」とオレオ(白黒猫ちゃん)に言ったら、ケイの脚にスリスリした後で自分の家に戻っていったそうです。「猫って人間の言葉が分かるの?」と聞くので「たぶん分かっていると思うよ。言うことを聞いてくれるかは別問題だけどね」と言ったら、横で聞いていたダンナがニヤニヤしていました。前に飼っていたコニタがまさにそんな感じでして、こちらが言っていることが分かっているけど、我が道を行くタイプなので基本的に無視。何度も声をかけると「聞こえてるわよ」と言わんばかりに「ニャー」と返事だけしてくれるけど言うことは聞いてくれない。たま〜に気が向くと言うことを聞いてくれるという感じ。でも、大事なことは一生懸命お願いすると仕方ないわね〜という顔で言うことを聞いてくれる感じの猫さんでした。だいぶ年齢がいってから引き取った猫さんだったので、飼い主と猫というよりは、なんだか同居人みたいな感じでした(笑)というより...食事やトイレの世話は私がして差し上げていたので、ご主人様(猫)と女中(私)だったかも。そういえば私が不在の時にコニタの様子を見に来てくれていた友人の一人が「貫禄があるから、「ブラッシングさせていただきます」「お食事を用意いたしました」ってこっちがお仕えする感じよね〜」と笑って言ってましたっけ。
ちなみにオレオは、もしうちで飼っていたとしたら、同居人というよりは手のかかる小学生男児って感じかも(笑)そういえば、前に我が家に入り込んだ時に私に「コラ!」と叱られて以来しばらくの間は私に近づいて来なかったんですが、すぐに忘れてしまったのか私の脚にもスリスリしてくるようになりました。可愛い奴め。最近のお気に入りはゴルフボール。ケイが投げてやるとピューっと追っかけていきます。まるで子犬みたいですが、拾って戻って来ないところがやっぱり猫ですね(笑)ゴルフボールはロッキー(灰色猫ちゃん)も好きみたいで、2匹して追っかけて行って時々けんかしています。

久しぶりに

木曜日は朝から何となく身体がだるくて、夕方に子供達のピアノ教室の送り迎えをした後にソファーで横になっていました。綿入りのベストを着て厚手のフリース毛布を2枚かぶっていたんですが、それでも寒くて歯がカチカチいいそうなぐらいで、ちょうど近くにきた半袖シャツ姿のダンナに「寒いから、もう一枚毛布を持ってきて」と頼んだら毛布と一緒に体温計を渡されました。で、測ってみたら 38 度でした。私は平熱が 36.5 度ぐらいで、37 度ちょっとぐらいの微熱はしょっちゅうなので驚かないんですが、38 度というのは珍しい。慌てて解熱剤入りの風邪薬を飲んで一眠りして夜中近くに起きてみたら、薬の効果が切れ始めた頃だったらしく熱が 39 度まで上がっていました。39 度というのは あまりにも久々だったので二度見してしまいました。
翌日の金曜日、エリも 39 度近い熱を出してダウン。私も身体に力が入らないので、エリと二人で一つの部屋に籠って寝ていました。ケイはダンナが学校まで送って行ってくれて、その後ダンナは一旦会社に行ってパソコンを持ち帰ってきて家から少し仕事をしながら家事をしてくれました。
翌日の土曜日も夕方近くまでベッドでゴロゴロして過ごしたんですが、夕方には調子がよくなってきて、今日(日曜日)は咳が少し残っているものの復活しました。
ケイとダンナは今のところ大丈夫なので、うつっていないことを祈るばかり。
それにしても、いったいどこからもらってきたのかしら。いつもは、子供が学校でもらってきて子供から私にうつるというパターンなんですが、今回は私からエリにうつしていまいました。そんなに出歩いてもいないし、体調の悪そうな人に接触した記憶はないのだけれど...

年明け最初のボランティア

昨日は、前にこの『他人の子を叱りつける』の記事に書いた子守りのボランティアの年明け一発目でした。
前日から「あの子が来ませんように」なんて神様に祈りたくなったぐらいだったんですが、行ってみたらやっぱり来てるし(あたりまえか)・・・でも、この日は私よりボランティア経験の長いリーダー的存在の人が来ていて、その人が上手くあしらってくれました。この人は、とてもしっかりとして頼りがいのある人で、私みたいに気が小さくて子供の暴言に内心オロオロしてしまうのとは対照的な感じ。この人みたいに魔の2歳児&悪魔の3歳児をあしらえたらいいのにな〜と思いました。なんか余裕があるというか、肝っ玉母さん的というか・・・私の場合、変にくそ真面目で、子供の暴言や悪い態度に真正面から対峙してしまうのがダメなのかもしれません。この人は毎週きてくれるはずなので気が楽になりました(笑)
この日は、生後半年ぐらいの男の子が非常に機嫌が悪く愚図りっぱなし。最初のうち、あまり泣き叫ぶので、これは預かるのは無理かもっていう感じでした。眠くて仕方ないのに、他の子達が遊んでいるのを見て「眠っている場合じゃない!」と無理やり起きようとしている感じで、こちらが「ほらほら、眠いんだから眠りなさい」とお包みにくるんで抱いてトントンしながら眠らせる体制に持っていくと泣き叫ぶ。仕方がないので「じゃあ起きてなさい」とおもちゃで遊ばせたら、しばらく遊んで眠気に勝てなくなってウトウトし始めて「それ!今だ!」とトントンして眠らせようとすると怒って泣いて目が覚めるの繰り返し。ほんとメンドクサイやつ(笑)これはお母さんも大変だろうなと気の毒になりました。

お向かいの猫ちゃんパート3

cat(クリックで拡大)お向かいの猫、ロッキー。クリスマスのライトアップ用のソリの中でウトウト。最初は背中を向けていたんですが、写真を撮っていたら半分眠ったままみたいな顔でこっちを向いてくれました。
この猫ちゃん、前に飼っていたコニタと同じで、たぶんメインクーンとの雑種なんじゃないかしら。色は違うんですが(この猫ちゃんはグレーでコニタは茶色)、なんか顔立ちが似ていて、おっとりした感じも似ていて親近感がわきます。この写真はとても気に入っていて、新しい携帯の待ち受け画面にしています。
この猫ちゃんはエリに懐いているようで、時々エリが抱っこしています。もう一匹の猫ちゃんは、頭と尻尾と背中の一部が黒い以外は白の猫ちゃんなのでオレオという名前。オレオはケイに懐いているんですが、何にでも鼻を突っ込みたがるやんちゃ坊主で、先日は前庭のバラを剪定している時にやってきて切り落としたバラの枝に鼻を突っ込みそうになって慌てて止めました(笑)以前の記事で車庫が開いていると入って来ると書いたのはオレオのことです。

アンドロイド スマホに Outlook からアドレス帳をもってくる(詳細手順は英語のみ)

(English content follows after Japanese one)
クリスマスにダンナから Android スマホをプレゼントしてもらい Windows スマホにサヨナラすることになったんですが、そこで困ったのがアドレス帳(連絡先)のデータ。これまでずっと連絡先は Outlook.live.com 上で管理していて、今までの Windows スマホだと Microsoft アカウントを使うので、何もしなくても Outlook のアドレス帳が使えて便利でした。ところが Android スマホになったらアドレス帳(連絡先)のデータが使えるようになるまで一苦労しました。
まず、Android スマホのアカウントに Microsoft アカウントを追加し、連絡先アプリで Microsoft アカウントの連絡先を表示するやり方をネットで見つけたので試してみたんですが上手くいかない(涙)情報が古いのかしら...次に Outlook.live.com から連絡先のデータを csv ファイルにおとして Google アカウントの連絡先にインポートしてみたんですが、それでも表示されない。なぜなんだ〜(涙)なので、さらに Google アカウントの連絡先から vcf ファイルにおとして、vcf ファイルを Google ドライブにアップロードし、Android スマホの連絡先アプリで vcf からインポートしたら、やっと表示されました。
どうやら Gmail のアカウントを持っていれば、Google アカウントで Outlook からのインポートを実行して終わりみたいなんですが、私のように Google アカウントは持っているけど Gmail アカウントは持っていないという変な設定だと苦労するようです。
ただ、この方法だと Outlook.live.com で新しく連絡先を追加しても自動的に Android スマホに反映されるわけではないので少し不便。他に何かよい方法があれば是非教えてください。ああ、でもこんなに時間を無駄にした後で「なにやってるの、こんなに簡単な方法があるのに」なんて教えてもらったら、それはそれで凹みそうで複雑な気分(爆)

自分の覚書として手順を書いておきます。日本語に訳すのが面倒なので全部英語ですが...
---How to Import Contacts to Android Phone from Outlook without Gmail---
First, I followed the instruction on this web site to use Contacts from Microsoft Accounts but it didn't work for me. Next, I looked at this web site to import csv file to Google contacts but the information on the web site is confusing for users like me without Gmail account. Followings are the steps that worked for me (finally).
1. From Web browser, sign in to your Google Contacts (contacts.google.com)
2. Click More-Import and choose Outlook.com (If you already have csv file that you exported your contacts to, choose csv instead). Follow the steps to import Contacts from Outlook to Google Contacts.
3. When all the contacts are imported to Google Contacts, click More-Export. This may navigate you to the older version of Google Contacts. If so, click More-Export again in the older version of Google Contacts.
4. Choose All Contacts and vCard Format, then click Export
5. Go to Google Drive (from Google Contacts, click Google apps icon and click Drive) and upload contacts.vcf file that you just exported.
6. On your Android phone, tap Contacts app. From the menu (next to the magnifying glass icon), choose Import/export, then choose Import from .vcf file, and then choose contacts.vcf (if you don't see contacts.vcf at this point, you may need to download vcf file from Google Drive to your Android Phone then try this step again).

オレゴン滞在7日目と最終日

nabeオレゴン滞在7日目の日曜日は大晦日。ホームステイしている高校生のうちの一人が中国人で、その子とお義兄さんとで中国式の鍋料理を準備してくれました。ところが、もう少しで火事になるところでした。
この写真で奥に見える鍋は卓上グリルの上に置かれているんですが、テーブルクロスのような燃えやすいものの上に置いてあることが先ず間違いのもと。しかも、この写真だと分かり辛いですが鍋の下に五徳が無い。日本人なんだから私が気付いてあげなきゃいけなかったんですが、卓上コンロなんて長い間使っていなかったので「何かおかしい気がする」と思いながら料理を始めてしばらくしたら焦げ臭いにおいが!見たらテーブルクロスに火がついていました。皆で慌てて火を消して、その時になって初めて五徳が無いということに気付きました。この型の卓上コンロは上面をひっくり返すと五徳になるんですが、すっかり忘れていました。あーあ、お義姉さんのお気に入りのテーブルクロスだけじゃなく、テーブルまで焦げちゃった...
そんなアクシデントはありましたが、久しぶりの鍋料理は美味しくてお腹いっぱいになりました。春菊なんて、ほとんど私一人で食べてました(笑)
大晦日の夜は、子供達は流石に12時まで起きていられないだろうと思って、夜9時にテレビでニューヨークのタイムズスクエアでのカウントダウンを見ながらお祝いしました。実は子供達にとっては初めてのカウントダウン。というのも、今までは我が家で大晦日と元旦は過ごしていたんですが、我が家はゲーブルテレビを入れていないのでニューヨークのカウントダウンをリアルタイムで見ることができなかったんです。今回はさらに、パーティー好きなお義兄さんがパーティー用の帽子やブレスレットや笛を用意してくれたので、子供達はとても楽しかったようです。
月曜日の元旦は私達がカリフォルニアに戻る日で4時には出なければいけなかったので、お昼にチーズフォンデュとチョコレートフォンデュで新年のお祝いをしました。チョコレート大好きなケイはチョコレートフォンデュばかり、チョコレート嫌いなエリはチーズフォンデュばかりで極めて栄養の偏った食事でした(笑)
その後、飛行機でカリフォルニアへ戻ってきましたが、なぜかポートランドの空港のセキュリティーで子供達のブーツが金属探知機にひっかかってしまいました。キラキラが沢山ついているからかしら。ロサンゼルス空港ではひっかからなかったのに。そして、ブーツを脱がされたエリが機嫌を損ねて泣くというおまけつき...まあ、それ以外は問題なくロサンゼルス空港に到着。到着後のいろいろについては前の記事で書いたとおりです。
これでオレゴン旅行のレポートは終わりです(やっと終わった(笑))

オレゴン滞在6日目

game前回からの続きです。
明けて30日は午前中にボーリングに行きました。うちの子達はボーリングは初めてだって言ったらお義姉さんにビックリされました。なぜ今までボーリングに連れて行ったことがなかったのか、その理由はすぐに明らかになるわけですが...
この日は、お義姉さんの所にホームステイしている高校生の女の子2人、うちの子達2人、お義兄さんとお義姉さんの6人がボーリングをして、私とダンナとお義母さんの3人は見守り役。今はどこでもそうなのかもしれませんが、子供用にはガーターの所に柵が上がってくるようになっていて子供達でもある程度のスコアが出せるようになっていました。そしてむかえた1ゲーム目、ケイのスコアは60ちょっと。一番軽いボールでも子供達には重すぎるみたいだしフォームも滅茶苦茶だし、楽しめればいいよねって感じなので、こんなもんかなと思ったんですが、問題はエリ...超負けず嫌いなエリは少しでもケイとスコアが接近するとイライラしている。結果的には80ちょっとのスコアで終了し、しかも高校生の女の子の1人が調子が悪くてガーター出しまくりで50ちょっとのスコアだったにも関わらず、自分のスコアに超不満気。9歳の子が初めてのボーリングで上手くできる方が怖いって...
そして2ゲーム目、エリは前回よりスコアが伸びず4フレーム目ぐらいでケイに追い抜かれ大泣き。その時点では膝を悪くしているお義兄さんのスコアが伸びずエリより低いスコアだったにも関わらずです。ケイに抜かれたのがよっぽど悔しかったんですかね...「もうやらない!」というので、仕方がないのでダンナがピンチヒッターに。まあ、こうなることを予想してダンナには見守り役に回ってもらっていたわけですが(笑)そしてピンチヒッターのダンナ、いきなりストライク。ダンナとボーリングに行ったことがなかったので知らなかったんですが、フォームも綺麗だし結構やるじゃんって感じ。私の方は、昔は親戚で集まった時にボーリングに行ったりしていて基本は分かるかなというレベル。うちの親戚はとても上手い人が多くて、300出したことがあるという噂の人もいたりして、私みたいに100前後をうろうろしている人はおよびじゃない感じでしたが(笑)
ダンナに得点を稼いでもらって機嫌が直ったエリはダンナと交代してゲームを継続して100ちょっとでゲーム終了。ケイは80ちょっとでしたが、とても楽しかったそうで「また行きたい」と申しております。エリも得点にこだわらず楽しめるようになれば家族でボーリングに行けるのに...
ボーリングの後、午後からはお義母さんの家から車で30分ほどの3番目のお姉さんの所にお邪魔しに行きました。そこで子供達はまたしてもクリスマスプレゼントをゲット。ウハウハの子供達を横目にスーツケースに入りきらないんじゃないかと心配する私...晩御飯の時間にはお義母さんとお義姉さん達も合流してにぎやかでした。
オレゴン旅行はこの記事で終わりにしようと思っていたのですが、長くなったので次に続きます。

オレゴン滞在5日目

前回の記事の続きです。
翌29日の午前中はハイジの映画(2005年版)を見ました。子供の頃にアニメで見ていたので懐かしかったんですが、さすがに40年ぐらい前のことなのでストーリーをかなり忘れていましたね。でも、ペーター(英語だとピーター)がクララの車椅子を谷に落とすところは覚えてました。他に覚えていたのはハイジが干し草でベッドを作るところ。その頃は岡山に住んでいて、友達と下校途中に稲刈りが終わった後の田んぼで藁を集めた上に布を敷いてベッドを作ったことがありましたっけ。寝心地は最悪でしたが(笑)
夕方は、お義姉さん達とボーリングに行く予定で子供達だけ早めに晩御飯を食べて待機していたんですが、お義姉さんが待てど暮らせど仕事から戻って来ない。当初の予定の1時間遅れで帰ってきたので、子供達がボーリングするには遅すぎるなと思ったのですが、とりあえずボーリング場へ。でも予約が入っていっぱいということで翌日の午前中に延期となりました。まあボーリング場についた時点で夜の7時だったので、そんな遅くからボーリングをするより翌日に延期されて丁度よかったかも。ボーリング場からの帰りは、食事して帰るというお義姉さん達と別れて Target というお店によって子供達の靴下を買って帰りました。少しクリスマスっぽい柄だったためか超お得なセールになっていて嬉しかったです。
ちょっと短いですが、いったんここで記事をアップします。

オレゴン滞在2日目

light昨日の記事で、オレゴンに到着した翌日(26日)に子供達はクリスマスプレゼントを貰って大喜びだったことを書きましたが、その続きです。
その日の夜は、お義母さんの家から車で15分ほどの所にクリスマスのライトアップで有名な家があるということで見に行きました。この写真は、その家の前庭の入り口で撮りました。フラッシュをたくのを忘れたので暗いですが、真ん中に写っているのが私達ということで、どれぐらいの規模か想像していただけるかしら。前庭を光の迷路みたいに飾り付けてあったのですが、もしかしたらテニスコートが6面ぐらい入るんじゃないかという巨大な前庭で見ごたえがありました。ただ、かなり寒い日だったので、サクッと見て周って早々に退散しました。
この日はケイが午前中から鼻をグズグズさせていたんですが夜になって悪化したみたいで、ベッドに入って1時間ぐらいしたかなと言う頃に咳き込んだと思ったら吐いてしまいました(涙)ケイは昔から咳き込むと吐く傾向があるんですよね。とりあえず頭を高くして寝かせたら朝まで寝てくれたのでよかったですけど...
なので次の日(27日)はお義母さんの家でテレビを見たりゲームをしたりしてまったりと過ごすことにしました。でもやっぱりまた夜になると咳き込んで吐いた orz  吐いた後は気分がよくなったようで朝まで寝てくれたんですけど、次の日(28日)にワシントン州に住んでいる一番上のお姉さんの所に1泊2日で行く予定はキャンセルし、体調が悪い時は休息が一番ということで、またしてもお義母さんの家でまったりしていました。うーむ、せっかくオレゴンまで来たのに、家でまったりしてばかりなんですけど...この日のケイは咳はでていたんですが鼻詰まりは解消されたみたいで、夜になっても吐くこともなく朝まで寝てくれました。よかった〜。
続きは次の記事で

明けましておめでとうございます

とは言っても、もう日本では正月三が日が終わっているころですが(笑)
いつもだったら元旦は自宅で迎えるのですが、今年の元旦は飛行機のチケットを手配する時の手違いでオレゴンのお義母さんの所にいました。そこを出たのが元旦の夕方。飛行機は遅れることもなく8時半にはロサンゼルス空港に到着したんですが、空港周辺が大渋滞で空港近くの駐車場に預けていた車を取りに行って戻ってくるのになんと1時間半!結局、家に辿りついたのは夜11時近くでした(涙)ダンナ曰く、ロサンゼルス空港には夕方から夜に発着する国際便が多いので、その時間帯は特に混雑するのだろうとのことですが、どうにかならないのかしら。
さて、今回のオレゴン行きはクリスマス当日の夕方に出発でした。先日の記事にも書きましたが、ケイが23日の夕方に高熱を出し、24日の午前中は下がっていたのに夕方にまた高熱だったので、このまま旅行に出かけてよいのかとヤキモキしました。子供達は今シーズンはインフルエンザの予防接種を受けていないのでインフルエンザだったらどうしようと心配で...クリスマス当日の午前中はずっと微熱ぐらいだったので、とりあえず旅行の準備をして様子見していたんですが、熱が上がる気配がなかったので空港へ。そんなこんなで、クリスマスって感じがしなくて...イブですべてが終わった感じでした。空港までの道は流石に空いていてスイスイと空港に到着。チェックインもセキュリティーゲートも混んでいなくて、旅行するならクリスマス当日はお薦めかもしれません。飛行機は満席でしたが、遅れることもなく無事にオレゴンに到着し、レンタカーでお義母さんの所に到着したのが夜の9時頃。子供達はそのままベッドに直行でした。
クリスマスの翌日は、昼過ぎにワシントン州に戻ることになっていた1番上のお義姉さん夫婦からのクリスマスプレゼントを開けて早速遊びました。Clue というゲームなんですが、これが子供達のツボにはまったようです。うちの子達は二人とも超負けず嫌いで、ケイは最近になって負けても暴れることはなくなったんですがエリがまだ負けると癇癪を起すのでゲームはあまりやらないのですが、このゲームでは、エリは負けても何度もやりたがって意外でした。私の感覚では、ババ抜きみたいに運で勝敗が決まるものより、Clue のように運だけではなく戦略がものを言うゲームで負ける方が悔しいと思うんですけど、エリは逆なのかしら。でも、チェスはやりたがらないので、よく分からないけど何かがエリのツボにはまったようですね。
この日の夕方はお義母さんと2番目のお義姉さん夫婦からのクリスマスプレゼントを開けました。子供達の誕生日プレゼントも渡していなかったからということで誕生日プレゼントまで貰ってしまって、ウハウハな子供達でした。
長くなったので続きは次の記事へ

メリークリスマス 2017

jpgjpg(クリックで拡大)メリークリスマス!2017 年のクリスマスは、いつもと一味違ったクリスマス。前の記事にも書きましたが、今年のクリスマスはオレゴンではなく自宅にいます。おかげで、今年から通い始めた教会のクリスマスイブの礼拝に参加できました。朝一番(9時から)の礼拝だったので、あまり人がいないかもと思っていたんですが混んでいてびっくり。礼拝はハンドベルの演奏から始まり、最近の歌を学生のシンガーさんが歌い、牧師さんのお話があり、最後には全員でクリスマスの讃美歌を歌いました。
ところが、帰ってきてお昼を食べた頃からケイが 39 度近い熱を出してしまいました。イブの前日も昼過ぎから 39 度近い熱が出て薬を飲ませて様子を見ていたんですが、イブの朝には平熱まで下がっていて元気だったので教会にいったんですけど...
ケイの様子が気がかりだったのでクリスマス イブのディナーはちょっと手抜き。感謝祭が七面鳥だったのでクリスマスはハムにしました。付け合わせはインゲンの炒め物とポテトのみ。それとロールパンを作りました。
そうそう、クリスマス プレゼントについてですが、うちはサンタさんが来ないので家族でお互いにプレゼントを買ったり作ったりしたんですが、なんと一番たくさんプレゼントをもらったのは私でした(笑)エリがなぜか私にプレゼントをたくさんあげたかったらしく、自分のお小遣いで買ったプレゼントを二つ、教会で貰ってきたものを一つ、学校で作ったプレゼントを二つ(写真を貼ったコースターと丸いオーナメント)をくれました。それとダンナからサプライズでスマホをプレゼントして貰いました。ああ、これで私の愛しの Windows Phone ともお別れなのね...
子供達は後でお義母さんやお義姉さんからクリスマス プレゼントを貰えることになっているので、私よりプレゼントの数が少なくても むくれていませんでした(笑)
(追記)
先日の記事に書いたクリスマス用のライトのスイッチですが、ダンナが上手く直してくれたので寂しい雰囲気だった我が家も明るくなりました。

学校でポットラック

WP_20171220_002editedWP_20171220_001edited今日は子供達の学校でポットラック(料理持ち寄り)パーティーがありました。自分の両親や祖父母の国の料理やお菓子を持ち寄ってくださいということだったので、餅粉で作ったお菓子(右)とおにぎり(左)を持っていきました。(時間がなくて慌てて撮ったので画像が綺麗じゃないですが)。
餅粉で作ったお菓子は岡山の吉備団子みたいな感じのお菓子です。おにぎりはエリが好きな「ゆかり」を混ぜ込んであります。海苔をきらしていたのが残念。
時間があったので、料理を持って行ったついでに料理を配るお手伝いもしてきました。うちの子達の他には、もう一組の日系の双子ちゃんがカレーパンとおにぎり(海苔つき)、韓国系の子供達がお団子、餃子、クッキー、メキシコ系の子がタマリを持ってきていました。タマリというのはメキシコ系のスーパーで見かけたことがあったんですが食べたことがなかったので、余っていたものを頂いて帰って食べてみました。見た目は日本のちまきみたいで干したトウモロコシの皮に包まれているんですが、中身はトウモロコシの粉で作ったケーキみたいな感じ。その中に味付けした肉(鶏肉とか豚肉)が入っていました。ちょっとポソポソした食感で、日本人の私としては、ちまきの方がいいなと思いました(笑)
最近の学校は、手作り料理の持ち寄りというのは食中毒とかアレルギーの危険を考慮してやらない所が多いようです。ワシントン州で子供達が通っていた学校では、誕生日にお母さんが作ったカップケーキを持ってきてクラスの皆で食べてお祝いするというようなことが以前は出来ていたのですが、うちの子達が入学した年から禁止になってしまいました。カリフォルニアの学校はその辺りの規制が緩いようです。

クリスマスの準備が〜

いつもはクリスマスの時期はオレゴンのお義母さんの所にいるので、クリスマスの料理をどうするか、クリスマスの日に何をするか、どの教会に行くかとかはお義母さんとお義姉さんにおまかせだったんですが、今年はダンナの手違いでクリスマスは我が家にいることに。うわ〜どうしよう、全然考えてなかった。もう1週間きっているのに。とりあえず料理を考えなきゃ。
今年は、家の軒下につけたクリスマス用のライトのスイッチが急に壊れてつかなくなって、ダンナがあれこれやっていたんですが、電気屋さんを呼んで直してもらうしかなさそうだなということになったので、なんだか寂しいけれど仕方ないかという感じ。お向かいさんが、かなり力を入れてライトアップしているので、それを眺めてクリスマス気分に浸っているところです(笑)
ああ、そういえば日本のニュースを見ていたら「お向かいさんのクリスマス用のライトアップが眩しくて近所迷惑だ」というような記事を見てびっくり。日本でもアメリカみたいに家にクリスマスの電飾を取り付ける人がいるということに先ず驚きましたが、それを近所迷惑と考える人がいることにも驚きました。ただ、日本の場合は、アメリカみたいに家と家が離れていない所が多いでしょうから、迷惑という人がいても不思議じゃないのかもと思い直しました。うちとお向かいさんとの間は 20 メートルぐらい離れていそうだけど、これが細い道を隔てて目の前だったら確かにちょっとチカチカしすぎて嫌かも。

ポットラック用にカップケーキ

WP_20171214_001edited(クリックで拡大)重い話題が2つ続いたので今日は軽いやつ(笑)
昨日は子供達のピアノ教室でちょっとしたポットラック パーティー(料理持ち寄りパーティー)があったのでカップケーキを作って持っていきました。クリスマスが近いので白いバタークリームを雪にみたてて、そこにキャンディーケーンでデコレーションしました。
カップケーキを作り始めるのが遅くてピアノ教室が始まる前にデコレーションをする時間がなかった(ケーキが熱すぎたのでクリームが溶けてしまう)ので、ピアノ教室の途中で抜け出して駐車場でデコレーションしました(笑)シンプルなデコレーションでしたが可愛いと喜んでもらえました。
記事検索
最近のコメント
プロフィール
Etsuko
シアトル近郊の町に住んで約10年、コンピューター関連の翻訳のプロジェクト管理の仕事をしていましたが、双子が産まれたので専業主婦に転向。子供の頃は転勤族で田舎と呼べる場所がないため、勝手に葛飾区出身(金町に7年ほど住んでいたため)となのっていたのですが、両親に言われて気付いてみると実は渋谷区が一番長かった...生まれた直後から小学校2年までと、中学3年から大学4年(うち1年はアメリカに留学)まで渋谷区のどこかに住んでいたんでした。ということで渋谷区出身に変更することにしました(笑)
  • ライブドアブログ