Sleepyhead in Seattle

Trust in the Lord with all your heart and do not lean on your own understanding. Proverbs 3:5

アドベントが始まりました

advent(クリックで拡大)先週の日曜日(12 月 2 日)からアドベントが始まりました。アドベントというのは、クリスマスの直前の日曜日から数えて 4 週前の日曜日から始まるんですが、この期間はクリスマスに向けてクリスチャンが心の準備をします。下に自分自身のメモとして書いたような讃美歌を歌ったり聖書を読んだりして、クリスマスの本来の意味、つまりイエス様の誕生を祝うのを忘れないようにするんです。そうしないと、やれクリスマスカードを作らなきゃ、プレゼント買わなきゃ、クリスマス休暇の旅行の手配しなきゃとバタバタしてしまって、本来の意味をすっかりどこかに置き忘れてしまうんですよね(汗)
ちなみに、アドベントはカトリック系、またはプロテスタントでも伝統を重んじる教会では一般的だと思うのですが、私達が今まで行っていた教会はプロテスタントの中で超宗派(無宗派?英語では non-denominational)に属していて、アドベントについて学んだことがなかったので今回この記事を書くために調べました。
上の絵はアドベント リースと呼ばれるもので、聖書を読む前に 1 週目は紫のろうそく、2 週目は 2 本の紫のろうそく、3 週目は 2 本の紫とピンクのろうそく、4 週目は白以外のろうそく全部に灯をともします。白のろうそくはクリスマス当日に灯をともします(絵は Focus on The Family の Advent Calendar から拝借)

以下は自分のためのメモ(crosswalk.com というサイトから拝借)。
1 週目:テーマは Hope(希望)
Isaiah 9:2, 6-7 または Psalm 122; Isaiah 2:2-5; Romans 13:11-14
讃美歌: Come Thou Long Expected Jesus, Silent Night

2 週目:テーマは Preparation(準備)
Isaiah 40:3-5 または Psalm 72:18; Isaiah 11:1-10; Luke 1:26-38
讃美歌: O Come, O Come Emanuel

3 週目:テーマは Joy(喜び)
Matthew 2:10-11 または Psalm 146:5-10; Isaiah 35:1-10; Luke 2:8-14
讃美歌: Joy to the World, Hark! The Herald Angels Sing

4 週目:テーマは Love(愛)
John 3:16-19 または Psalm 24:1-10; Isaiah 7:10-14; Luke 2:8-20; John 1:14; John 3:16; 1 John 4:10
讃美歌: Away in a Manger, O Little Town of Bethlehem

クリスマスイブ: Adoration(敬愛)
John 1:14 または Psalm 96; Isaiah 9:2-7; Luke 2:1-40; Titus 2:11-14
讃美歌: O Come, All Ye Faithful; Hark! The Herald Angels Sing

ハイアットで朝食を

またブログをさぼってしまいました。。。
ハイアット ホテルのポイントが貯まっていて、今年中に少し使わないと失効するとダンナが言うので、ディズニーランドの近くのハイアット ホテルに朝食を食べに行きました。
前に少し書いたと思いますが、ケイが外食を極端に嫌がるのでどうかなと思ったんですが「フレンチトーストがあるよ」と言ったら OK でした。子供達二人とも、ここ 1 か月ほどフレンチトーストが食べたいと言っていて、でもなんか面倒で作ってあげていなかったずぼらな母親なのでした。
ここのハイアットはディズニーに歩いて行ける距離ではないからか、それともまだ冬休みが始まっていないからなのか、あまり混雑していない感じでした。ロビーは前面がガラス張りの吹き抜けになっていて開放感があって素敵(夏の冷房代金が大変なことになってそうだけど)。朝食は子供達はホットケーキで私がフレンチトースト、ダンナはオムレツでした。子供達のメニューにもフレンチトーストはあったんですがグルテンフリーと書いてあって、グルテンフリーのパンを食べたことがない子供達が不安がったので私が大人用のメニューからフレンチトーストをオーダーして子供達にわけてあげました。味はまあ可もなく不可もなく、お値段もホテルならこんなものかなという感じでしたが、雰囲気が良くて子供達(特にエリ)が喜んでいたのでよかったです。

大雨

今日は久しぶりの大雨です。風も強くて横殴りの雨で、子供達を学校に送って行く時、傘を差していてもかなり濡れてしまいました。こんな強い雨は久しぶり。感謝祭の前日だったかにも雨が降ったんですが、11 月に 2 度も雨が降るなんて珍しいかも...(なんて書いたらワシントン州の友人に羨ましがられる?(笑))
これで少しは山火事が発生する危険が減るかもしれないけれど、先日の大規模な山火事で焼け出されてテントで暮らしている人達には辛いだろうなと思います。それと山火事で木がやられたことで土砂崩れの危険性がある地域も多いんですが、無事を祈るばかりです。

感謝祭2018

dish(クリックで拡大)
今年の感謝祭の料理はこんな感じになりました。毎年同じレシピを使っているので変わり映えしないのですが(笑)一つ違うのはパンの代わりにビスケットにしたことかしら。ビスケットは上手く作る自信がなかったのと面倒だったので出来あいの生地(焼くだけ状態のもの)を買ってきたんですが、子供達がとても気に入ったようで、エリなんて「今日のお料理で一番気に入った」と言ってました。他は全て手作りで、これだけ出来あいのものなんですけどね...「ママの手作りよりお店で買ったものの方がいいわけね」とちょっと嫌味を言ったら焦った様子で「あ、でもターキーも美味しい」と言ってくれました(笑)ケイはスイートポテト(激甘)とマッシュポテトがお気に入りみたいです。
ただ、今年のターキーは焼き過ぎでパサパサしてしまったので失敗。予想焼き上がり時間の1時間ぐらい前から何度か焼き加減を確認しないといけないなと思いました。それか、肉に刺して設定した温度になるとアラームがなるような温度計を買うか...来年への宿題にします。
感謝祭当日は、私がキッチンに立っている間に子供達とダンナは『スヌーピーの感謝祭』のビデオを見ていました。これは感謝祭の恒例になっていて毎年見ているかも。さすがに子供達も高校生にもなれば見なくなるかもしれないけれど、それまでは毎年見ることにしましょうか。ちなみに日本語版も売っているみたいです。
今年は感謝祭のお料理をテーブルに並べた後でケイが急に『食べる前に聖書読まなきゃ』と言って聖書をとってきました。これまでクリスマスの時は食事の前に聖書の該当の箇所(スヌーピーのビデオでも引用されているルカによる福音書の 2 章 8 -14 節とか)を読んでいたんですが、感謝祭には特に決めていませんでした。でも、これからは聖書を読むのも毎年恒例にしようと思います。聖書には神様に感謝する記述がたくさんあるので、毎年違う箇所を読んでも 100 年以上かかりそうですが(笑)

器械体操のホリデーイベント

gym(クリックで拡大)ケイの器械体操のクラスでホリデーイベントがありました。日頃の練習の成果を見せるという感じのイベントで、お揃いの真っ赤なレオタードでクリスマスソングに合わせて踊ったりもあって可愛かったです。特に小さい子達のクラスは、小さい踏み台に飛び乗って飛び降りるだけでも親達が大騒ぎしていて微笑ましかったです(笑)
ケイは生まれつき身体が柔らかいので結構いろいろな技をこなせます。開脚も前後左右なんなくこなしますしね。身体の硬い私としては非常にうらやましい。ただバク転(後方転回)は勢いをつけるのが怖いらしくまだ出来ないようです。ジャンプせずに後方に回転はできるので、怖ささえ克服できればよいのでしょうけど。鉄棒は順手で勢いを付けずに腕の力と腹筋を使って逆上がりしていて流石だなと思いました。腹筋に関しては家族で一番かも。綺麗に割れて余分な脂肪もなくて羨ましすぎる(笑)

子供達の間で流行っている歌を聴いてみた

なんかアリアナ グランデという女性シンガーの曲が子供達のクラスの女の子の間で流行っているらしいので聴いてみました。
うちは前にも書いたようにテレビを見ません。「子供への影響が!」みたいな大層なことを考えてそうしているわけではなくて、ケーブル テレビを契約していないので地元のニュースのチャンネルぐらいしか見られないから面白くなくて見ないというだけなんですけどね(笑)なので、巷で何が流行っているのかとか全然分からない...クラスでアリアナ グランデの名前が出た時に名前さえ知らなかったのは、うちの子達を含めてほんの数人だったそうでクラスメートに驚かれたと不満気な顔で報告してくれました。
で、その話をしたらダンナが "She is bad" と反応したのでびっくり。「え?知ってるの?私なんて名前しか知らないのに」と言ったら、曲を聴いたことがあるわけではなくて、ある曲のタイトルがクリスチャンの間で話題になったから知っていたということみたい。その曲のタイトルは "God is Woman" 確かにクリスチャンとしては看過できないタイトルでダンナの憤りも分かるかも。でも歌詞を見てみたら、別にクリスチャンに喧嘩売っているような感じではなく、別にいいかなと私は思うんですけど。
ヒットチャートに上がっている他の曲の歌詞も見てみたんですが...うーむ...直接的な表現を使っていないけど、これって S〇X のことだよねってのが結構見受けられるんですが、これってどうしましょうかね。まあヒット曲なんて歌詞の意味を考えて聴いちゃいないので別にほうっておけばいいのかしらね。でも歌詞を口ずさむのだけは止めて欲しいかも。10 歳の女の子が意味も分からず S〇X の歌を歌うのは異様な気がする。あ、それで思い出したことが。大昔(まだ東京にいたころ)にハードロックバンドのコンサートに行ったんですが、超やばい(イヤらしい)英語の歌詞があって、それを意味を知ってか知らずか一緒に歌っている女の子達がいてこっちが赤面してしまいました。
話がそれましたが...
アリアナ グランデの曲は、我が家では「お下品だから使っちゃダメ」と教えている S ワードとか F ワードも使われているので私としてはあまり好ましいとは思わないのですが、まあそのことは子供達自身が分かっているようなので、今の所はクラスで流行っている曲に親として注意をはらいながら見守るというスタンスでいこうと思います。

小さなブロックで動物を作ってみる

catdog(クリックで拡大)近くのダイソーに小さなブロックで作る動物のキットがあったので買ってきました。猫ちゃんはケイに、ワンちゃんはエリにと思って買いました。対象年齢は 12 歳以上で、うちの子達は 10 歳なんですが、まあ大丈夫だろうと思って買ってきたら猫ちゃんの方は意外に難しくてケイはギブアップ。仕方がないので私が組み立てました、慣れないと説明書が分かり辛い気がしました。ワンちゃんの方は猫ちゃんより単純だったので、何か所か分かり辛い所を手伝ったり説明してあげましたが、大半はエリが自分で組み立てました。
結構気に入ったようなので、さらにパンダとフクロウのキットを買ってきました。説明書の読み取り方にも慣れてきたので、今度は子供達だけで作れるかしらね。

朝食を作ってくれました

昨日(月曜日)は Veteran's Day の振り替えで子供達の学校はお休みでした。アメリカには、一般の会社は休みにならないのに図書館や学校は休みという日があって、昨日もそういう日でした。
学校がないので朝はベッドで少しゆっくりしていたら下の階のキッチンで何やら音がしていて、いたずらでもしているのかと覗きに行こうと思ったらエリが慌てた顔で飛んできました。あやしい。何か良からぬことを企んでいるなと思って下の階に行ったらケイがキッチンから焦ったような表情で顔を出し、ますますあやしい。「ママは寝室に戻ってて」と言うので何しているのか聞いたら「朝食をね...」と言葉をにごすので気付きました。あら、breakfast in bed(ベッドで朝食)をしてくれるのね。
寝室に戻ってしばらくしたら二人で朝食を持ってきてくれました。ピーナツバターを塗ったトーストとラズベリーと温かいミルクという簡単なものでしたけど、子供達の優しさが嬉しかったです。

今年のハロウィーンは

fish(クリックで拡大)ハロウィーンの記事になぜ金魚の写真なのかは後で説明します(笑)
今年のハロウィーンは、ケイが黒ねこでエリはユニコーンでした。ケイはいつも黒ねこちゃん(あ、でも去年はチーターでしたっけ)の恰好をしていて、一年に一度しか着ないコスチュームに手間もお金もかけたくない私としては大助かり(笑)一昨年買った黒ねこのカチューシャを頭につけ、普段着の黒いシャツ、スカート、レギンスを着て、何年か前に作ったフサフサの黒いしっぼをつけました。エリはハロウィーンの 2 日前まで何にするか決まらず、コスチューム無しにすると言っていたんですが、結局は近くの 1 ドルショップで可愛いユニコーンのカチューシャを見つけたので、それを頭につけ、普段着の白いシャツに白っぽいスカートを着て良しとすることに。超安上りでした(笑)
今年も去年と同じように市が開催するハロウィーン イベントに行ってきました。ボールを投げて瓶を倒すゲームとか輪投げのような簡単なゲームのブースがいくつかと、お化け迷路(かなり怖いらしい)、コスチューム コンテストなどがありました。そのゲームの中に、賞品が金魚一匹というのがあって、結構難しいゲームだったんですがエリが見事にクリアして賞品をゲット。子供達は大喜びですが、さて困った。金魚なんて子供の時には飼っていたけど、その時は親が金魚鉢とかカルキを抜いた水とか全て用意してくれていたから自分ではどうすればよいか全然分からないし、家に帰ってネットで調べてみたら、たかが金魚と言えども長生きするようにお世話するのは結構面倒くさそう...まあでも、そうは言ってもたかが金魚、すぐに死んじゃっても 16 セント(20 円ぐらい)で買えちゃうし、大袈裟に考えなくてもいいよね。ということで小さなフィルターのついた金魚鉢をとりあえず買ってきました。さて、どれぐらい生きてくれるかしらね。
ちなみに、ケイは何度トライしても賞品の金魚をゲットできなかったのでお店で 16 セント出して買ってきました。写真では分かり辛いですが、黒っぽい方がケイのです。

エリの音読は変わっているかも

うちの子達、今年も聖書勉強会(BSF)にダンナと一緒に通っています(もちろん大人と子供はクラスが別ですが(笑))。その宿題で聖書を音読するのですが、エリの音読は少し変わっているかも。というのも、ちょくちょく単語を勝手に変更するんですよね。でも、変更しても意味はあっているという...たとえば、the LORD と書いてあるのを God って読んだり。同じなので何も問題はないのですが、一瞬のうちに頭で変換しているのかと思うとちょっとびっくり。それに、ちょくちょく文章の一部を飛ばして読むのですが、その飛ばした部分は情報の補足みたいなもので無くても問題はなかったりするのです。それも一瞬のうちに判断しているのかしら?それとも単なる偶然かしら。私には、そんな芸当は出来ないんですけど...もしかして天才!?
ちなみにエリは去年ぐらいまで読解力が少し伸び悩んでいて(と言っても 3 年生の終わりには 5 年生相当の読解力でしたが)、たとえば 10 行ぐらいの文章を読んで、その内容を自分の言葉で 1 文にまとめるというようなことが苦手でした。でも今年になって一緒に聖書勉強会の宿題をやってみて、結構まとめられるようになっていて驚いています。なんですが...綴りを覚えるのは苦手みたいです。
一方のケイは本の虫というぐらい読書が好きだからか、読解力は 3 年生の終わりには既に中学 1 年生レベルでした。綴りを覚えるのも得意で、もう少しで私は抜かされそうです orz

体重が減ってきました

ずいぶん以前にフィットネス トラッカー(バンド)に関する記事でチラッと書いたんですが、フィットネス バンドを買って以来、ほぼ毎週、週に4 日から 5 日はフィットネス バイクで 30 分間の運動をしています。こんなに頻繁に運動をするなんて高校卒業以来かも(笑)
そのおかげで最初の 1 か月で 1 キロ弱(2 ポンド)体重が減って、そうすると嬉しくなって運動を継続するようになって、2 か月目にさらに 1 キロ弱(2 ポンド)減りました。ところが 3 か月目は 0.5 キロ弱(1 ポンド)しか減らなくて、 4 か月目には全然減らなくなってしまいました... orz
ああもうこれが限界かと諦めかけたんですが、運動時間を 1 回 30 分から 35 分にしたら少しずつ体重が減り始め 5 か月目の今月はまた 1 キロ弱(2 ポンド)減りました。ヤッター。これで目標体重(子供を産む前の体重)まであと 2.5 キロ弱(5 ポンド)になりました。
しかしまあ、この歳になると体重が減ってもお腹周りの脂肪は減らないもんなんでしょうか。タイト スカートなど履いてみるとウエストの上にドーナツが...orz それと、子供が産まれる前に来ていたタイト スカートを「痩せたら着よう」というか「このスカートが履けるまで痩せなきゃ」と思ってとってあったのですが、太ももの筋肉が育ってしまったので履けそうにありません。なので、これはもう寄付するしかないかも。この他にも太ももがきつくなったジーンズも手放すしかないか。昨日の記事で書いたリサイクルショップでジーンズとパンツを買ったので手放すには丁度よい機会かも。

「全品 1 ドル」セールに行ってみました

ここ 1 か月ほど週に 1 回ぐらい通っているリサイクルショップがあるんですが、今日は月に 1 度の「全品 1 ドル」セールがあったので見に行ってきました。どんな感じなんだろうと興味があったので。
ちなみに、ここはお隣にシングルマザー用のシェルターがあって、リサイクルショップの売り上げはシェルターの運営に使われているそうです。先日ここで買い物をしていたら、会計で私の前にならんでいた子供連れの女性が会計の人に「私は、この隣でお世話になっていたんです。今は自立してアパートに住んで、ここでお買い物ができるようになりました」と少し涙ぐみながら話していて、それを聞いてなんとも嬉しくなったのでした。なので、今までは全国展開している Goodwill というリサイクルショップに子供達の服とかは寄付していたんですが、今年はここに寄付しました。
話がそれました...「全品 1 ドル」セールの日は駐車場が満杯になるという噂を聞いたので 20 分ぐらい前に到着して駐車スペースを確保して車の中で本を読んでいたんですが、見るとお店の前には既に何人かの人が待っていました。5 分ぐらい前には 20 人近くが列に並んでいて「おお〜気合入っているな〜」と思いながら、私はというと気合が入らないので(笑)そのまま本を読んでいました。結局、開店 5 分後ぐらいに店に入ってみると、みなさん既に買い物かごに山のように品物を入れていてびっくり。これは、開店と同時に店になだれ込んで、とりあえず抱えきれるだけ品物をとって買い物かごにつめ、後からじっくり吟味する戦略なんでしょう。感謝祭後のブラックフライデーのセールの日にテレビにそんな光景がうつっていましたっけ。そんな喧噪、この目で見てみたかったな〜と思うも後のまつり。来月、また見に来ようかしら(笑)
このリサイクルショップは時々ほぼ新品とか値札がついたままの正に新品みたいな掘り出し物があるので気に入っています。今日買ったジーンズと薄手のセーターもたぶん新品。おかげで洋服が増えてしまったので、今までの服を寄付しようと思っています。まあ、私は普段あまり服を買わなくて、買っても定番のデザインでしっかりした作りの物しか買わないので、もう何年(何十年)も着ている服があったりするんですよね。なので、そろそろ新しい洋服に切り替えるのも悪くないかも。とりあえず 10 年以上着ている服は寄付しますかね(笑)

エリのドレスも作りました

dress(クリックで拡大)この記事に書いたように 5 月頃にケイと私のチュニックを作ったんですが、エリの分は時間がなくてそのままになっていました。でも、このままだと冬に突入してしまうと思って急いで仕上げました。
エリは可愛い感じのドレスが好きなので裾にヒラヒラをつけてみました。気に入ってくれたようなのでよかった。ちなみに、私達が住んでいる南カリフォルニアは 10 月になっても日中は暑いので、まだしばらく活躍しそうです。
それにしても、10 月に入ってから明け方と日中の寒暖差が激しくて体調崩しそうです。子供達の誕生日会をやった先週の金曜日は日中の気温が 32 度を超えていて、暑くてクーラーを入れました。でも明け方は 15 度ぐらいなんですよね orz
 

子供達の誕生日パーティー

cake(クリックで拡大)今年の子供達の誕生日は週の真ん中なので、一足早く先週の金曜日にお誕生日会をしました。今年はベストフレンドの双子ちゃんだけ招待し、こじんまりとした誕生日会でした。
これまでの誕生日会では子供達が飽きないようにとゲームや工作などを用意したんですが、そういうパーティーの企画みたいなのが苦手な私には結構ストレスでして...今回も誕生日会の 2 週間ぐらい前から、どういうパーティーにするか考えて胃が痛くなって、そのことで頭がいっぱいでブログをさぼってしまいました(と言い訳(笑))
さて当日。工作を 2 つとゲームを 1 つ用意しておいたんですが、結局は工作を 1 つしただけで、あとは 4 人で勝手に遊んでいました。そっか、このぐらいの歳になったらもう放っておいても大丈夫なんですね。来年はケーキとピニャータと飲み物とおやつだけ準備して、あとは勝手にしてもらうことにします。
ちなみにケーキ(上の写真)は子供達のリクエストで猫ちゃんになりました。分かり辛いかもしれませんが、猫ちゃんの顔の下にはマシュマロで作った肉球の模様のカップケーキが 2 つ、顔の横のカップケーキは尻尾のつもり(笑)

また雨が

今夜は雨が降っています。丁度テレビでニュースを見ていたんですが速報が流れました。雨が降って速報が流れるなんて、いつもどんだけ雨が降らないんだかって感じです(笑)まあ単なる雨じゃなくて雷雨だからかもしれませんけど。
今夜は子供達の学校の校庭で映画を見るイベントがあったんですが、映画が始まってすぐに雨で中止になったようです(私達は蚊に刺されるのが嫌で最初から行かなかった)。雨でイベントが中止になるなんて、開校以来初めてのことなんじゃないかしら。
ちなみに今年は蚊のあたり年というか、なんかいつもと違う種類の蚊が蔓延しているらしく、蚊に刺された所が腫れあがる人が続出しているそう。私も先日刺された所が腫れたのでアレルギー用の薬を飲みました。西ナイルウィルスを持った蚊も隣町で確認されているとのこと。ただ、西ナイルウィルスを持った蚊は毎年確認されているそうで、免疫力が低下していたり身体が弱っている人でなければ西ナイルウィルスが身体に入っても死に至ることはないそうです。西ナイルウィルスなんて、もっとバタバタ人が死ぬものだと思っていたので、ちょっとビックリ...
それにしても、うちはケイと私ばかり蚊に刺されるんですけど(怒)ダンナは庭仕事をしている時、私達がそばにいないと刺されるみたいだけれど、なぜかエリは刺されない。なぜなのかしら。

筆記体

hikki(クリックで拡大)子供達、学校で筆記体を習っています。先日の子供達の宿題は、親に筆記体でメッセージを書いて、その返事を親に筆記体で書いてもらうというもの。その時に私がケイに書いた返事がこれ。
いや〜筆記体なんて久しぶりに書きましたよ。最近は聖書勉強会でノートをとる時もブロック体で書いてますから(まあそれ以前に、専業主婦としてはノートをとる状況があまりないんですけどね)。で、子供達の筆記体練習用のノートを見たら、なんか私が習った F の書き方と違っている。それに I(大文字の i)の書き順が私が覚えているのと違うので、ちょっとびっくり。私が覚えている書き順は右下から書き始めるもので、その方が書きやすいと思うんですが、次の文字につなげるなら子供達が習った書き順(左から書き始める)の方が良いのかも。まあ、筆記体なんて最近は書類の署名以外で必要な場面はないので、どうでもよいかもしれませんけど。
そうそう筆記体と言えば、以前 Facebook か何かで知人が「最近の小学校は筆記体を教えない」と嘆いていたんですが、州によって違うのかしらね。まあ、カリフォルニアはいろいろと我が道をいく州として有名なので、他の州で教えていなかったとしても驚かないですけど。
たとえば、ここ何年か時々 Facebook とかで見かける Common Core(日本の学習指導要領みたいなもの)の算数がいかに馬鹿げているかという例として用いられるこれ ↓ 上が Common Core 以前の解き方で下が Common Core の解き方。
math

カリフォルニア州も Common Core 準拠のはず(そうしないと国から州に補助がおりないので)。なんですが、子供達の宿題を見ている限り、こんな教え方は見たことがありません。さすがカリフォルニアなのかしらね。
カリフォルニアは州独自のルールが結構あって、直近では「コーヒーは発がん性物質が含まれている」というような注意書きが無ければカリフォルニアでコーヒーを販売してはならないというルールができて、スターバックスが全てのカップに注意書きを入れるというのがニュースになっていました。近くのコストコでは、カップに注意書きを入れるのは費用がかかりすぎるからなのか、注文窓口の所に大きく「コーヒーは発がん性物質が含まれている」という張り紙がしてありました。そんなこといちいち言わなくても...余計なお世話って感じですけどね。

久しぶりに雨が

久しぶりに雨が降りました。前回 降ったのがいつだったか思い出せなくて、気になったので調べてみたら 5月末頃だったもよう。うちの子達が夏休み前に車庫の前のコンクリートの部分にチョークで描いた絵がずっとそのままになっていたんですが、道理でって感じです。丸 4 か月以上も雨が降っていなかったのですから。
ワシントン州に住んでいた時は雨なんて「またか...」とうんざりだったんですが、南カリフォルニアでは雨が降ると気分がはしゃいでしまいます(笑)今日の雨はザーザーと本降りの雨だったんですが、そうしたらテレビでは Storm(嵐)だなんて言っていて、ワシントン州出身のダンナと日本人の私としては思わず笑ってしまいました。本降りの雨っていったって 10 分もしないうちに止んでいるわけで、こんなのは「にわか雨」でしかないのに(笑)

外食できない(涙)

最近のケイは外食を極端に嫌がるので困ってしまいます。前に一度、外食先で気分が悪くなって家に帰る車の中で吐きそうになるのを我慢したことがあって、それがトラウマになっているらしい。それ以来、外食先でまた気分が悪くなるのではと心配しすぎて、その結果気分が悪くなってしまう、それがまたトラウマになるというのが 2 回ほどあって、それ以来、外食はシェーキーズというピザ屋のみになってしまいました。
まあシェーキーズはエリも大好きだし、ダンナも私も嫌いではないので良いのですが、私としてはもう少し他の選択肢も欲しいところ。先日、ようやく説き伏せてエルポヨロコに行ったら、やっぱり少し気分が悪いということで、次回は無いなという感じです(涙)
ちなみに前にも書いたかもしれませんが、ケイはトラウマを引きずるタイプらしく、器械体操のクラスのお迎えに私が一度かなり遅刻したことがあって、それ以来いつも器械体操のクラスに行く車の中で 20 分前に来てくれと念を押されていました。それからたぶん 3 か月か 4 か月たったんですが、やっと言わなくなりました。ふう〜
あ、そういえば先日ネットで何かの記事を読んでいたら眞子さまのお誕生日が 10 月 23 日と書いてあってびっくり。うちの子達と同じ日。ということは蠍座ですね。蠍座というと、どうしても美川さんの顔が思い浮かんでしまうのでした(笑)
(追記)
これを書いたところで急に気になって調べてみたら、10 月 23 日は天秤座みたいでした(人によって蠍座という人もいるらしい)。まあどっちでもいいんですけどね(笑)

子供達の部屋を模様替え

room(クリックで拡大)うちの子達、今までは 2 段ベッドだったんですが、上の段で寝ているエリが「夜中にトイレに行くのに苦労する」というので 2 段ベッドを解体することに。いつかは部屋を分けることになるだろうと思っていたので、解体するとシングルサイズのベッドになる 2 段ベッドを買っておいてよかったです。エリはケイと別の部屋に移動したかったみたいなんですが、ケイがどうしても嫌だというので今の所は同じ部屋ということになりました。ティーンエイジャーぐらいになったらケイも別々の部屋が良いと言い出すかもしれません。
ケイは社交的で友達も自分からどんどん作っていって、エリはケイの後ろに隠れる感じに見えるので、どちらかというとケイの方が自立したくてエリと部屋を分けたいと言いそうなんですけどね。意外と「エリがいてくれる」ということが精神的な支えになっているのかもしれません。一方のエリは我が道を行くタイプなので一人でも意外と平気なのかもしれません。

アメリカで名前を憶えてもらう

英語関連なので、興味ない方は読み飛ばしてください(笑)
日本のニュースサイトで ZOZOTOWN の前澤さんが民間人で月に旅行する第一号になるという記事の見出しを見つけ、中身も読まずに「何ぞや?」と思っていたんですが、あのテスラの Elon Musk さんがやっている Space X というプロジェクトだったんですね〜
で、関連の記事の中で Space X の工場で前澤さんが英語でしたスピーチの動画があって冒頭の部分だけ少し見てみたんですが...こんなに世界が注目するような場所で、こんなに堂々としていられるなんてすごいな〜と思いました。私の偏見かもしれませんけど、アメリカでは押しの強い中国人や韓国人に比べ、日本人は物静かで目立たない印象があります。最近は、テニスの大坂さんやスケートの羽生さんもそうですけど、大きな舞台で堂々としている(いられる)日本人が増えてきたのかしら。こういう人達を見ると、同じ日本人として嬉しくなっちゃいます。
で、この前澤さんのスピーチの冒頭で気になったんですが、それは自分のことを「MZ と呼んでくれ」と言っていたこと。自分の名前が読み辛いだろうからという配慮だと思うんですけど、MZ ではピンとこなかったみたいで、動画ではその場にいた人達が固まっていたように見えました(笑)
私の知人のアメリカ人に数人、ファーストネームとミドルネームの頭文字をとって JC とか DJ とかいう風に呼ばれている人がいますが、MZ はラストネームの最初と真ん中の文字をとったのかしら?それではピンとこなくても不思議じゃない気がします。
ちなみに、アメリカに来ている中国人は、名前の発音が難しすぎるためか英語っぽい通名を使う人が多い気がしますが、日本人の名前はそこまで難しくはないので少し工夫すれば大丈夫みたいです。たとえば「ロン・ヤス」で有名(だった)中曽根さんは、名前の康弘の最初の 2 文字をとって言いやすく、しかも覚えやすくしてましたが、これはよく使われる手で、昔マリナーズにいたころの佐々木投手も主浩の最初の 2 文字で「カズ」でした。
この他には、名前の発音を英語っぽい発音にしてしまう、または英語の単語に関連付けて覚えてもらう手があります。イチローさんが良い例だと思うんですが、アメリカだと「イッチロー」みたいに発音しますが、これはアメリカ人にとって「イチロー」と平坦に発音するのが難しいという理由だけでなく itch (イッチ、かゆいという意味)と low (ロー、低いという意味)の組み合わせで覚えやすかったからじゃないかと(笑)ちなみに、エンジェルスの大谷翔平さんは show (ショー、見せるという意味)と hay (ヘイ、干し草の意味)かしら(笑)ただ、前澤さんの場合は友作さんなので、この方法は少し問題かも...というのも you suck になってしまうから。これって「お前、いけてね〜」とか「あんた最低」みたいな感じで使われる表現なんですよね...まあ、ウケを狙うのに良さそうだけど、すべったら最悪(笑)
名前の最初の 2 文字をとる方法でも「ユウ」つまり you だから使えそうにないし...そんな名前をつけた親を怨むんですな(冗談)。かなりこじつけだけど、you と sake にするか。酒はアメリカ人にも通じるので覚えやすいし。ただ、発音がユーサキになってしまうけど。
ちなみに、私はアメリカに来た当初は教会では「ケイ」という通名を使っていました。名前の最初の文字を音読みにして「ケイ」なんですが、これはアメリカだと Kay という女性の名前なので覚えやすい。ただ、最初は教会では周りがアメリカ人ばかりだったので別に問題はなかったんですが、しばらくして日本人のクリスチャンの方達に出会って、その人達とは普通に本名を使っていたら、パーティーなどで私の通名しか知らないアメリカ人の友人と私の本名しか知らない日本人の友人が話をしていて混乱するという出来事が!結局、アメリカ人の友人の間でも本名で通すことにしましたが、その経験からしても MZ はアウトな気がします。アメリカの人が日本の友人に「そういや先日、MZ を見かけたぞ!」と言っても「誰だそいつは?」となってしまう。なので、ここはもう ZOZO にしちゃうとか(爆)それならアメリカ人でも発音できるし、日本の人には「ZOZO?ああ、あの ZOZOTOWN の前澤さんね」と分かると思うので。
というわけで、久しぶりの英語ネタでした。次はいつもの子供ネタに戻ります(笑)
記事検索
最近のコメント
プロフィール
Etsuko
シアトル近郊の町に住んで約10年、コンピューター関連の翻訳のプロジェクト管理の仕事をしていましたが、双子が産まれたので専業主婦に転向。子供の頃は転勤族で田舎と呼べる場所がないため、勝手に葛飾区出身(金町に7年ほど住んでいたため)となのっていたのですが、両親に言われて気付いてみると実は渋谷区が一番長かった...生まれた直後から小学校2年までと、中学3年から大学4年(うち1年はアメリカに留学)まで渋谷区のどこかに住んでいたんでした。ということで渋谷区出身に変更することにしました(笑)
  • ライブドアブログ