Sleepyhead in Seattle

Trust in the Lord with all your heart and do not lean on your own understanding. Proverbs 3:5

ケイが思春期に突入か

うちの子達は、あと 3 か月ほどで 10 歳(Tween)に突入するんですが、どうも最近のケイは情緒不安定な気がします...身体つきは特に変わっていないので思春期に入ったようには見えないんですが、気持ち(情緒)の方だけ先にホルモンの影響を受け始めたのかしら?
先日のオレゴン旅行では、車で家を出た瞬間から「私、ホームシックなの、早く家に帰りたい」と言い始め、「いやいや、今家を出たばかりなのに、冗談でしょ」と思っていたら本当にホームシックだったみたいで、旅行の 3 日目(ワシントン州詣でを終えてオレゴンのお義母さんの所に戻ったあたり)から食欲がほとんどなくなってしまいました。「お腹が空いているのに食べようとしても食べられない」と言って、一生懸命食べようとするのに毎食一口ずつぐらいしか食べなくて心配しました。それで 3 日目の夜はお腹が空いて寝られなくて、寝られないから不安感が増して余計に寝られなくて泣いていました。添い寝して手を握ってあげたり背中をトントンしてあげたら少し眠るんですが、ちょっとの物音で起きてしまってまた泣く。仕方がないので腕枕をしてギュッと抱きしめてあげたらやっと熟睡することができたようでした(おかげで私はほとんど眠れなかったけど)。
5 日目頃からは少し食欲も回復したようで夜も寝られるようになったんですが、結局ニコニコと楽しい気分に戻れたのは旅行の最終日。「これから家に帰るから嬉しい」って...
これ以外にも、急に不安になるのか私の膝に座ってみたり私の胸のあたりに顔をうずめてみたり。「こうしている(顔をうずめている)とホッとする」らしいです。
体操教室でも私がお迎えに少しでも遅れると泣きそうになっているし。今週は教会の特別イベント(Vacation Bible School(通称 VBS))に参加しているんですが、今日は途中で気分が悪くなってしまったらしく、明日また気分が悪くなるかもと不安だから行きたくないとか言うし。
逆に、箸が転んでも可笑しいみたいな時があるらしく、たわいもないことでお腹が痛くなるほど笑っていたり。
ティーンの女の子のお母さん達から見れば、こんなのまだ可愛いものよって感じなのかもしれませんが、気分のアップダウンが激しい思春期特有の症状に片足を突っ込んだのかなという気がして、でもまだ 10 歳にもなっていないのに早すぎるよね...と複雑な気分です。

ワシントン州二日目は

ワシントン州詣で二日目は、ダンナは朝早くから古い友人に会うために出かけたので、私はゆっくりとバスタイム。家ではいつもシャワーだけなので約 1 年ぶりかも(笑)このためにわざわざ持ってきた入浴剤を入れて 1 時間ぐらいゆったりとお風呂を楽しみました。
ダンナが戻ってきてホテルをチェックアウトした後、某 M 社時代からの知り合いでブログ友達の M さんとお昼を食べに。M さんのブログで美味しそうな火鍋料理(辛いしゃぶしゃぶという感じ?)を見て行きたいな〜と思っていた Little Sheep というお店があって、でも M さんは 1 週間前に食べに行ったばかりみたいだし続けては嫌かなと思いながら恐る恐る「Little Sheep に行きたい」と言ったら快く OK してもらいました。やった〜!ここ、カリフォルニアに引っ越す前に一度行こうと思いながら満席だったか何かで諦めてしまったんですよね〜念願がかないました。で、お料理はというと、本当に美味しかった。ただ辛いだけじゃなくて味に深みがあって病みつきになるお味でした。子供のこととか M さんの職場の若者のこととか、楽しくおしゃべりしてあっと言うまに時間が過ぎていきました。
ちなみに、このお店は私が昔住んでいたアパートの近くにあって、懐かしくてその辺りをしばらくドライブしてみたんですが、新しいアパートがものすごく増えていました。シアトルはアマゾンが好調だし、中国資本が買い漁っているという噂もあるので住宅ブームなんでしょうね。住宅価格も高騰していて、私達が前に住んでいた家の価格は 1.5 倍ぐらいになっているようです。ああ、あの時売らなければ今ごろは大金(小金?)持ち(涙)神様は私達が楽して儲けないようにベストなタイミングを用意してくださったようです。
お昼の後はオリンピアに戻ってお義姉さんの所で晩御飯をいただき、子供達をピックアップしてオレゴンへ。ワシントン州での 1 泊 2 日が充実しすぎて、この後のオレゴン滞在はおまけみたいな感じでした(笑)

オレゴンとシアトルへ

毎年恒例のオレゴン旅行。戻って来てから時間が経ってしまって、いまさらという感じですが書いておこうと思います。
今回のオレゴン旅行は 7 泊 8 日で、そのうち 1 泊 2 日でワシントン州まで足を延ばして行ってきました。ワシントン詣での 1 日目はオレゴンのお義母さんの家を朝早くに出て、ワシントン州のオリンピアに住んでいるダンナの一番上のお姉さんの所へ行きました。昼食をご馳走になってから子供達をお姉さんに預け、そこからダンナと二人でシアトルへ向けて出発。ホテルは、前に住んでいた所の近くにしました。
この日の晩御飯はダンナとは別行動。ダンナは古い友人と、私は某 M 社で働いていた時に非常にお世話になった(愚痴をたくさん聞いてもらった)P さんと。それまでの時間は、前に住んでいた所や子供達と一緒に行った公園を見に行ったり、イサクアの辺りをドライブしたりして懐かしさに浸っていました。前に住んでいた家の近所は意外なほど変わっていなかったんですけど、イサクアの辺りは新しい家やアパートが増えて雰囲気が少し変わったかも。
晩御飯は P さんのお宅でご馳走になりました。P さんも息子さんも変わってなくて、3 年ぐらい会っていないはずなのに全然そんな感じがしなくて、なんだか嬉しくなってしまいました。でも、娘さんは見た目が随分と大人っぽくなっていて、ちょっとびっくり。話をすると以前と変わっていなくてホッとしたんですけどね(笑)
P さんのお宅は、いつお邪魔しても居心地がよくて、お料理もおいしいし、おしゃべりも楽しくて、3 時間ほどがあっという間に経ってしまいました。新らしく家族に加わった猫ちゃんにも会えて大満足。そうそう、この猫ちゃん、私が P さんと一緒に家に入ってきたので娘さんと勘違いしたみたいで、玄関を入ったら私の脚にまとわりつきに来たんですが、すぐに気付いてびっくりして飛びのいたのが可愛かった(笑)でも、その後すぐにご挨拶しにきてくれてスリスリもしてくれました。P さんの娘さんのことが大好きみたいで盛大に喉をゴロゴロして、ほんとカワイイ〜やっぱり猫っていいな〜(でもダンナが猫アレルギー(涙))
翌日のことも書こうと思ったのですが、長くなってきたので次の記事に書きます。

外耳炎になってしまいました

こちらでは Swimmer's Ear という名前で呼ばれているんですが、プールの水が耳に入ってきちんと乾かなかったせいか、ケイが外耳炎になってしまいました。ケイは耳垢(Ear Wax)がたまりやすい子で以前は薬局で買える薬(Ear Wax Remover)を使って定期的に除去していたんですが、最近はずっとさぼっていてたので耳垢がたまっていて、それでプールの水がきちんと乾かなかったのが原因かも...特に、この子のは元々ベトッとした感じ(まさに Wax という感じ)なので、雑菌が繁殖しやすいタイプなのかも。
小児科につれて行って「耳が痛い」と言ったら「最近プールに入ったか?」と聞かれたので、この時期には同じ症状で来院する子供が多いのかも。薬をもらってきたので、しばらくしたら治るでしょうが、これからはケイは耳栓をして泳ぐようにしないとなと思いました。

今年の独立記念日は

36630277_10156017042308037_8265129545665871872_o(クリックで拡大)遅くなりましたが、今年の独立記念日について。今年は、午前中はオレゴンのお義母さんの所にいて、この写真のような朝食をいただきました。オーブンで焼いたフレンチトースト、ベーコン、スクランブルエッグ。それにアメリカ国旗の 3 つの色ということで、ラズベリー&ストロベリー、ブルーベリー、ホイップクリームが添えられていました。
豪華な朝食の後は空港へ。高速は全然混んでいなくて 30 分ほどで空港に到着。飛行機も遅れることなく定刻にロスアンゼルス空港に到着。ロスから家までの道も全然混んでいなくて、今までの最短記録の 30 分強で家に到着しました。
夜は恒例の花火見物。ダンナは、裏庭の塀の向こうの緑地帯で敷物をしいて見物したかったようですが、蚊に刺されるかもしれないし旅行で疲れて面倒くさかったので、去年と同じように寝室の窓から眺めることにしました。前にも書いたと思うんですが、私達が住んでいる市は打ち上げ花火は禁止なんですが、緑地帯を挟んで向こう側の市は OK らしく、毎年かなり大きな打ち上げ花火がばんばん上がって見ごたえがあるのでした。だいたい、気の早い人が 8 時頃から花火を打ち上げ始め、終わるのは夜中の 0 時頃なんですが、花火のために一晩でいったい何万円ぐらいのお金がふっとんでいるのかしらね...
余談ですが、この後にダンナとテレビでニューヨークの花火ショーの録画を見ていたら、なんだかとても懐かしい曲が流れてきました。ハミングしていたら傍にいたダンナが「なんでその曲を知っているの?」と不思議そうな顔。アメリカ人なら独立記念日に必ず耳にする有名な行進曲で、曲名は『星条旗よ永遠なれ』。日本人の私にとっては、運動会といえばこの曲。小学校の時、運動会の練習と本番で毎年さんざん聞いた曲。でも、メロディーは知っていたんですが曲名は知りませんでした。Wiki で歌詞を見てみたら、曲名通りアメリカ国旗を礼賛する曲なんですね。運動会で使われていたことをダンナに話したら面白がっていました。確かに、アメリカ国旗を礼賛する曲にのって日本の子供達が行進している姿って、なんだか可笑しいかも。

とうとうあの人が

久しぶりのブログは先週のオレゴン&シアトル旅行のことを書こうと思っていたんですが、大きなニュースが流れてきたのでそちらについて。
こちらでも LA Times のサイトとかにニュースが出ていましたが、あの麻原彰晃の死刑が執行されたそうで、驚いているというか何というか...
地下鉄サリン事件があった日、私は事件発生直後に地下鉄千代田線に乗っていたようなのです。乗っていた「よう」というのは、実際に現場の混乱を見たわけではないから確かなことが言えないのですが...
当時の私の通勤経路は千代田線で綾瀬から霞が関、そこで日比谷線に乗り換えて広尾でした。いつもの通り霞が関で乗り換えようとしていたら「異臭騒ぎがあったので霞が関と国会議事堂は通過します」というような車内アナウンスが流れたのを覚えています。仕方がないので、確か表参道まで千代田線で行って銀座線に乗り換えて渋谷、そこから JR で恵比寿に出て日比谷線に乗り換えて広尾に辿りついたんじゃなかったかしら。渋谷駅で会社に遅れる旨を連絡しようと思ったんですが公衆電話は長蛇の列。当時は携帯電話を持っている人は少なくて、ピッチ(PHS)やポケベルを持っている人はいたけど今みたいに誰でも持っているわけではなくて、連絡手段は公衆電話な時代でした。会社へ連絡するのに公衆電話の列で待っているより、行ってしまった方が早い気がして JR の駅に向かったらそこも長蛇の列。結局 1 時間以上の遅刻で会社に辿りついたら、同じ部署の人達が涙を流さんばかりにして迎えてくれてびっくりしました。今なら外出先でもスマホで情報がつかめるんでしょうが、当時はそんなことは出来なくて(だいたい私は携帯もポケベルも持っていなかったし)、なので私は会社について初めて何があったのかを知ったのでした。会社では、私が事件に巻き込まれたんだと思って大騒ぎになっていたようでした。
あの日から、もう 20 年以上経ったんですね...なんか言葉もないです...

エリのバレー発表会

recital(クリックで拡大)先週の土曜日の話なのですが書くのを忘れてました(汗)エリのバレーの発表会がありました。会場は家から車で 30 分ほどのトーランスという町にある小規模の劇場で、発表会は午後 2 時から休憩をはさんで 2 時間半ほどでした。
エリが通っているバレー教室は地区のコンペティションで賞をとる子達から、パタパタ走るだけの幼稚園児まで幅広くそろっていて、それに大人のクラスもあるので、発表会はバラエティーに富んでいて面白かったです。私が一番可愛いと思ったのは幼稚園児のクラスの一つで、女の子 6 人に男の子 1 人で美女と野獣の衣装で踊ったもの。プリンス(野獣?)役の男の子は真ん中に立ってるだけ(笑)女の子達がパタパタとプリンスの周りを踊る(というより走る?)だけ。私の記憶違いでなければ、私も幼稚園の頃にほんの少しだけバレーをやっていて、でもテレビとかで見るバレリーナみたいにクルクル回ったりしないで、ただパタパタ走っているだけなのが不満ですぐに辞めてしまったのでした。まあ、身体が異常にかたいのでバレーには向いていなかったんですけどね(今なんて股関節が硬すぎて 1st position (踵をつけて足を V 字にする)で立つこともできません(涙))
エリの出番は休憩の後。女の子 9 人に男の子 1 人で 3 分ぐらいの踊りでしたが、大きな間違いもなく、初めて舞台で踊ったにしては綺麗に踊れていたと思います。そうそう、この日は初めてお化粧もしました。YouTube で発表会用の化粧の仕方みたいなビデオを見て研究(?)したんですが、マスカラとかアイライナーは目に近すぎて怖いから嫌だというし、だいたい白人の子達と違ってエリはまつげの色が濃いのでマスカラやアイライナー無しでも目がはっきりしているから問題ないだろうということで、ファンデーション、アイシャドウ、チーク、リップだけのシンプルメークにしました。眉も元々濃くて形も綺麗なのでそのままにしました。
ちなみに費用は、エリの場合は演目が 1 つだけだったので参加費、衣装、チケット代など全て合わせて 200 ドルぐらいでした。バレー以外にタップやジャズダンスのクラスもとっている子達の中には複数の演目をこなしている子達もいて、その場合は衣装代だけでかなりの金額だろうなって感じでした。

初めてのお留守番

日本の常識からすれば「は〜?今までしたことなかったんかい!」ということになるのかもしれませんが(笑)もうすぐ 10 歳になる子供達、今日初めて二人きりでお留守番をしました。ダンナの元上司が日本に 1 週間の予定で旅行するから話を聞かせて欲しいということで近くの中華料理店に昼食を食べに行ったんですが、一緒にいても飽きるだけだろうと思って家で二人でお留守番してもらうことにしました。2 時間ほどお留守番してもらったんですが、その間ずっとオンライン ゲームをやっていたみたいで、急いで帰って来たら「え?もう帰って来たの?」という反応でした(笑)夏休みに入って子供達が家にいるので買い物にいくのにも不自由していたんですが、これからはお留守番してもらって出かければいいなと嬉しくなっちゃいました。あ、でもなんだか、また一つ子供達が自立への階段を上った感じで、嬉しいような寂しいような。

フィットネス トラッカー(バンド)のその後

先月の初めに買ったフィットネス トラッカー(バンド)。使い始めて約 1 か月が経ちましたが、うーむ...
最初の 3 週間は何も問題なかったんですが、4 週目に入ったころに急にスマホと同期できなくなりました。最初の記事にも書いたとおり、初期設定でもかなり手間取ったのが同期問題。スマホと同期できないと Fitbit のアプリにデータが取り込まれないのでフィットネス バンドの意味がほとんどないわけです。なので、またあーだこーだいじってスマホを初期状態に戻したりしたんですが、やっぱり同期できない。困り果て、 Fitbit の Web サイトからサポート担当の人にチャットで泣きつきました。サポートの人の指示に従ってあれこれやっているうち、やっと同期できて一件落着!と思ったら翌日には同期できなくなっていて(涙)前日に教えてもらった操作をもう一度やっても同期できない。またあれこれいじっていたら同期できた。ふー疲れた。
というのが 1 週間前。その後 1 週間は同期に問題はなくて快適で「使えるじゃん♡」と喜んでいたのに、また今日は同期できなくなって(涙)昨日、アプリを更新したので、そのせいかしら...
Fitbit は同期に問題が発生しなければお薦めなんですけどね。三日坊主の私がこの 1 か月間、週に 5 日、1 日 30 分は自転車こぎをやって、体重が 1 キロおちたぐらいですから。でも、これからも同期の問題が頻繁に発生して、その度に 1 時間や 2 時間無駄にするんだったら、やってられません。
またサポートに泣きつくしかないかしら...
とここまで書いたところでタブレットの方で同期ができたので、とりあえずよしとしますが、なんかちょっとな〜という感じです。ただ、ネットで調べてみると同期の問題はどの種類のフィットネス バンドでもよくある問題のようです。

またまたシーワールド

fish(クリックで拡大)うちの子達の学校は夏休みに突入するのが早いので、他の学校が夏休みに突入する前ならまだ混まないかもと思って先週の木曜日にシーワールドに行ってきました。もう 3 度目(それとも 4 度目だったかしら(汗))なので慣れたもの。でも、さすがに子供達も飽きてきたみたい(笑)うちの子達は乗り物に乗りたがらないので、つまらないんですよね(子供達をおいてダンナと二人で乗るわけにもいかないし...)それに、今回はかなり混んでました。夏休みの前って遠足がある学校が多いらしく(うちの子供達の学校もそうでした)、数人の大人に引率された子供の群団がいくつか。ただ、遠足の子達は午後の早い時間にいなくなったので、その後は少し空いた感じでした。
今回、子供達が気に入っていたのが写真の Cleaner Fish(日本ではドクターフィッシュ(?))というお魚。写真では少し分かりにくいかもしれませんが、古い角質を食べてくれるという小さな魚がエリの手によってきています。私としては足を入れたかったんですけどね...変な人になってしまうので止めました。
次に行く時は、6 月後半から 9 月前半まで限定のショーを見たいと思っているんですが、それさえ見たらシーワールドはもういいかな...

トカゲのリジー

3 日前にケイが裏庭でトカゲを発見。近寄っても動かないので死んでいると思ったらしいのですが、よく見たら生きているので蓋無しの透明なプラスチックの箱に入れてペットにしようとしています。よく見ると 4 本の足のうち 3 本の先っぽの方が潰れて干からびているので、ほとんど動けないらしく、ケイが手の上にのせても逃げるわけでもなくじっとしています。なので、ケイはトカゲにリジーという名前をつけて、水をあげたり虫の死骸(または死にかけの虫)を持ってきたりして世話をやいています。ケイは虫が苦手なので虫を持ってくるのはダンナの役目みたいですが(笑)
あまりにも動かないので、すぐに死ぬだろうとダンナと話していたんですが、今日で 3 日目なのに生きています。ケイとしてはリジーに愛着がわいているようで、死んじゃったら悲しむだろうな...

真夜中のデコレーション

cake(クリックで拡大)
明日は(って、もう0時を過ぎたので今日ですが(汗))ダンナの誕生日なのでケーキを作りました。ケーキ自体は私の誕生日ケーキと同じ材料と手順で子供達に作ってもらったもの。今回はパウンドケーキ型で焼いてからフットボールの形に切ってバタークリームをぬりました。子供達がダンナに「どんな形のケーキがいいか?」と聞いたら「犬の形」と言われたようなんですが、犬は結構難しそうだったのでフットボールにしました。バタークリームはレシピの半分の量で作り始めたんですが、間違って牛乳はレシピ通りの量を入れてしまって、ゆるくてツヤの無いクリームになってしまいましたが、味はほとんど変わらないので良しということで(笑)
明日の朝、ダンナと子供達がどういう反応をするか見るのが楽しみです。

お友達と遊ぶ

我が家の目の前の道は行き止まりになっていて車が U ターンできるように道幅が広くなっているんですが、最近は同じ通りに住んでいる子供達が集まって遊ぶ場になっています。公道なので最初は遠慮して車道には出ないように言い聞かせていたんですが、車はほとんどこないし、他の子達が皆遊んでいるので、まあいいのかしら...(ちょっと微妙だけど)一応、私かダンナかお隣の旦那さんがいつも見守っているので危険はないと思うんですが。
この通りには両側にあわせて 14 軒ぐらいの家があるんですが、小学生の子供がいるのが我が家も含めて 5 軒、幼稚園以下の子供がいるのが 2 軒、週末になると 10 人ぐらいの子供達が集まって遊んでいます。ワシントン州に住んでいた時は、周りのご家庭は子供が高校生以上の人がほとんどで、ご近所さんと遊ぶということが全くありませんでした。なので、子供達にとっては今の環境の方が良いのかなと思います。
お友達と言えば、先週の金曜日は子供達のクラスメートだった双子の P ちゃん& K ちゃんと近くの公園で一緒に遊びました。2 年間同じクラスだったこともあるんでしょうが、4 人はとっても仲が良いんです。特に、P ちゃんとケイが仲良しで、K ちゃんとエリが仲良し。性格も P ちゃんとケイが少し似ていて、K ちゃんとエリが少し似ている感じでバランスが取れているみたいです(笑)あまり社交的でないエリにとっては初めてできたお友達で、二人が手をつないでいたりするのを見ると親の私まで嬉しくて仕方ないのでした。

図書館でイベント

starwars
近所の図書館で、夏休みの読書強化週間の開始を記念するイベントがあったので行ってきました。読書強化週間中は、1 週間に 2 時間以上 本を読むと、その週の終わりに図書館に行って記念品(キーホルダーとか)を貰えます。それと、近くの遊園地の入場券や自転車などが当たるくじ引きに参加できます。
この日のイベントでは、子供向けのゲームやクラフト、風船などが用意されていて楽しかったです。上の写真のようにスターウォーズの恰好をした人(図書館で働いている人達のコスプレかしら?)もいました。この写真はフォースを使ってシャボン玉を割ろうとしているところ(笑)この人、スターウォーズよりもスタートレックのカーク船長みたいでした(笑)
ちなみに、うちの子達は二人とも本を読むのが好きなので、1 週間目のノルマの 2 時間を 1 日で達成してしまいました。今、子供達が読んでいるのは Boxcar Children のミステリー物のシリーズと Geronimo Stilton というネズミ達が主人公のアドベンチャーシリーズです。

今年の誕生日は

binbedcakepresent(クリックで拡大)






今年の私の誕生日は Breakfast in Bed(ベッドで朝食)で始まりました。友人の Facebook で母の日に Breakfast in Bed をしてもらった写真を見てダンナに「そういえば私は一度もやってもらったことない」と言ったら、横でそれを聞いていたケイが覚えていてくれました。誕生日の朝、ケイとエリが寝室にコーヒーとパンとイチゴを持ってきてくれて、とても嬉しかった。パンとイチゴで顔のような形にするのはケイのアイデアだそうです。この後、ケイとエリの朝食を私が用意して寝室に持ってきて 3 人でベッドに座って食べました。
その後、子供達はパーラービーズを使ってプレゼントを作ってくれました。猫がケイの作品で、バナナスプリットとアイスクリームとハートがエリの作品。他の人が作ったものの写真をネットで探して真似して作りました。
その後、3 人でケーキを作りました。ベーキングソーダとお酢でスポンジを膨らませる変わったケーキなんですが、材料をただ混ぜるだけなので子供達でも簡単に作れます。ケイのアイデアでデコレーションは猫になりました。この日は晩御飯を食べに出かけて食べ過ぎで別腹までいっぱいになってしまって、せっかく作ったケーキを食べられませんでしたけど(笑)
(追記)
誕生日の前日、いつもだとダンナが子供達を 100 円ショップに連れていって誕生日カードを買ってくれるのですが今年は買っていなくて「私の誕生日忘れてたでしょ〜」とダンナに言ったら「いや、ずっと覚えていたんだけど、いつの間にか前日になっていた」ですと。世間一般では、それも「忘れていた」と言うのではないかしら(笑)

今年最初のプール

dinnerpool(クリックで拡大)






メモリアル デー(戦没将兵追悼記念日)は天気が良かったので子供達は今年初めてのプール。水は少し冷たかったみたいですが子供なので気にしない(笑)ダンナは咳が長引いているのでパス。私は昨日、不安定な椅子の上に立って作業していてバランスを崩してこけて肘を派手にすりむいたのでパスしました。
メモリアル デーはバーガー(ハンバーガー) デーでもあるそうなので、晩御飯はハンバーガーにしました。バンズはネットで「40分で作れる」と書いてあったレシピを使っていて、もう何度も同じレシピで作っているんですが、材料を量り始めてから焼き終わりまで本当に 40 分で出来るので重宝しています。
ハンバーガーと一緒にお皿にのっているのはドリトスのチップス。一般的なのはトルティーア チップスにサルサかワカモレ(アボカドのディップ)なんでしょうが、うちの子達はサルサもワカモレも食べないので仕方なく(笑)
ちなみにケイのハンバーガーは野菜無し。エリはバンズと中身は別々にして、バンズにはバターを塗っただけ(それはハンバーガーとは呼ばない(笑))

なんちゃってスモーズ

smores(クリックで拡大)ずいぶん前にこの記事でスモーズについて書きましたが、今度はなんちゃってスモーズを作ってみたらケイとダンナに大ヒットでした。
本物のスモーズは以前の記事に書いたとおり、キャンプファイヤーでマシュマロをこんがり焼いて、グラハムクラッカーと板チョコに挟んで食べるというもの。このなんちゃってスモーズは、先ずグラハムクラッカーにヘーゼルナッツとココアのペースト(ヌテラ)を塗ってマシュマロをのせてオーブン トースターへ。マシュマロに少し焦げ目が付いたら取り出して、もう一枚のグラハムクラッカーをのせて出来上がり。甘いもの好きな方は是非お試しを(私とエリは遠慮しましたが(爆))

遠足のお弁当

lunch日にちが前後しますが、子供達の学校は夏休み前の 1 週間はイベントが目白押しで、これは近くの公園にピクニックに行った時のランチの写真です。
アメリカだと、遠足に行く時は普段の弁当箱とか水筒は持って行かないのが一般的で、この写真にあるような紙の袋に食べ物と飲み物を入れて持っていきます。たぶん、弁当箱や水筒を現地に忘れてくる心配がないようにするためなんだと思います。いつもならサンドイッチを作って入れるんですが、今回は 3 年生最後の遠足だから貴女達が食べたいものにしてあげると言ったらこうなりました。店で買ってきたものを詰めるだけなので手間が一切かからず楽でしたけど、うーむ、これはあまりにもアメリカナイズされすぎのような気が(笑)左下に見えているのはランチャブルと呼ばれていて、このパックの中にトルティーアとチーズ ソースとサルサが入っています。他にはクラッカーとチーズとハムのパックとか、ピザ(パンとトマトソースとチーズ)のパックなどがあります。同じ食材を弁当箱に詰めるとダメで、このパッケージになっているのが子供達は大好きなのでした。うーん謎だ〜
ここでちょっと英語豆知識。
IT 企業に勤めていたりすると「今日は brown bag(ブラウンバッグ)ミーティングやります」みたいなお知らせがくることがあります。これは、昼休みにミーティングをする場合に、この写真のように紙の袋につめたランチを持参して来てねというのが元々の意味で、気軽に食事をしながらやるミーティングを意味します。実際に紙の袋を用意しなければいけないというわけではありません。

明日から夏休み

子供達の学校は今日が最終日で明日から夏休み。オレゴンに 1 週間と教会での VBS(バイブルスクール)の 1 週間以外は特に予定を立てていないのだけど、どうしよう...
夏休みの宿題が何もないので、夏休み中に勉強することも考えなきゃ。今年の夏休みの目標はタッチタイピングが出来るようになること。学校でタイピングの練習はしていたらしいのですが、両手の人差し指でポチポチしているので、きちんとタイピングできるようになること。本を毎日 20 分以上読むこと。掛け算、割り算、分数の計算を忘れないようにすること。それと、お勉強もかねて天文台とか美術館に連れて行ってあげようと思います。
今年の担任の先生は去年と同じ先生で 2 年間続けて担任だったので、子供達は別れるのがとても辛かったようです。次は別の先生になるのが決定なんですが、次も良い先生に恵まれますように。

ピューマだったのか

6年ぐらい前にボブキャットあらわるというタイトルの記事を書きましたが、その動物はビューマだったみたいです。ワシントン州で住んでいた家はクーガー山の近くだったんですが、クーガーというのは別名ビューマなんだそうです。動物園で見るビューマが家の前に出没していたなんて!といまさら驚いています。
なぜクーガーがピューマだというのを今頃知ったかというと、数日前にワシントン州でマウンテンバイクに乗った二人がピューマに襲われて一人亡くなったというニュースを見たから。襲われた場所はノースベンドとのこと。マジですか!?私達夫婦の思い出の地であるスノコルミの滝に行く時に必ず通ったのがノースベンド。写真だと現場は山の中のハイキングコースみたいなので Mt. Si あたりかしら...
ピューマは通常は人を襲わないそうで、人が襲われて亡くなったのは 100 年ぶりぐらいとのこと。なので、なぜこのピューマが人を襲ったのか詳しく調査しているようです。
あの辺りのハイキングコースには確かにピューマやクマが出るという注意書きが出ていますが、まさか日中に自転車で走っていて襲われるとは思わないでしょう。本当に気の毒に思います。
記事検索
最近のコメント
プロフィール
Etsuko
シアトル近郊の町に住んで約10年、コンピューター関連の翻訳のプロジェクト管理の仕事をしていましたが、双子が産まれたので専業主婦に転向。子供の頃は転勤族で田舎と呼べる場所がないため、勝手に葛飾区出身(金町に7年ほど住んでいたため)となのっていたのですが、両親に言われて気付いてみると実は渋谷区が一番長かった...生まれた直後から小学校2年までと、中学3年から大学4年(うち1年はアメリカに留学)まで渋谷区のどこかに住んでいたんでした。ということで渋谷区出身に変更することにしました(笑)
  • ライブドアブログ