もう 1 か月もたって今更なんですが...(笑)
今回のオレゴン旅行は車ではなく飛行機で行ったんですが、行きも帰りも手荷物検査で引っかかってしまいました(涙)
まず行きの飛行機。お土産としてロスに本社がある The Coffee Bean and Tea Leaf というお店でコーヒーに入れるバニラパウダーを買っていったんですが、これが引っかかりました。高さ 15 センチほどの缶に入っていたので、今から思えば引っかかっても不思議ではないのですが買う時には気付きませんでした。手荷物を開けて調べる担当の人に「これは何?」と聞かれて「ああ、それはコーヒーに入れる白い粉...」と言いかけて絶句。白い粉って、それは薬(ヤク)と間違われるやつ...チョコレートパウダー(茶色い粉)にしとけばよかった。そういう問題ではないか(笑)。
結局ですね、買ったばかりで透明なプラスチックがきちっと巻き付いている蓋を苦労して開けさせられました。その時点で検査担当の人、これは大丈夫なやつと気付いていたと思うんですけど(蓋を開けたらバニラの良い匂いがするし)、でも決まりだから仕方ないんでしょうね、少量の粉を取り出して麻薬検査用らしい溶液をたらして確認していました。結果は問題なしで通してくれましたが、その遣り取りの最中、後ろで待っている人達の視線(「お前のせいでどんだけ待たされているか分かってんのか」みたいな)が痛かったです(笑)でも、小学生の女の子二人を連れたアジア人のおばちゃんがヤクを持ち込んだりするわけないじゃない!だからと言って素通りさせたら後で問題になるかもしれないんでしょうね。差別だとか...まあ、よい勉強になりました。私の一つ前はスタバで買ったコーヒー豆の袋でひっかかっていました。あの袋ってアルミか何かで X 線を通さないのかも。そちらの方は別の担当者だったからか、袋を開けて中身を確認まではしていませんでしたけど。なので、皆さんもお気をつけくださいね。
帰りの飛行機では、そうめんの束と干しイチジクがひっかかりました。そういえば、前に日本から帰って来る時にも、うどんの束がひっかかったんでした。すっかり忘れて、また同じ過ちをするなんて...細長い筒状なので武器の可能性があると思われるんですかね?干しイチジクの方は検査の人に「これって麻薬(大麻とか?)の可能性を疑っているの?」と聞いてみたら「とりあえず食べ物として美味しそうに見えない(unappetizing)から念のため」と笑っていました。どちらも説明したら問題なく通してくれました。
この後、シアトルで会った P さんと話をしていて出てきた「意外だけど手荷物検査でひっかかるもの」をいくつかご参考までに。
1.小麦粉:上のバニラパウダーと同じで「白い粉」だから。没収はされない(と思う)
2.果物の砂糖煮(Preserve)やジャム:ジェル状の物は手荷物で持ち込み禁止なので没収。
3.味噌:ペースト状の物は手荷物で持ち込み禁止なので没収。
4.個別包装のチョコ:これは特殊なケースでしょうが、一つ一つが銀紙に包まれた小さいチョコレートが並んで詰められているお土産がひっかかったそう。弾丸に見えたのか?
5.使いかけの歯磨き粉:大きいチューブだけど残り少ないので規定の量(3 oz)以下なのが一目瞭然だった場合でもチューブのサイズで判断されるので没収。