hikki(クリックで拡大)子供達、学校で筆記体を習っています。先日の子供達の宿題は、親に筆記体でメッセージを書いて、その返事を親に筆記体で書いてもらうというもの。その時に私がケイに書いた返事がこれ。
いや〜筆記体なんて久しぶりに書きましたよ。最近は聖書勉強会でノートをとる時もブロック体で書いてますから(まあそれ以前に、専業主婦としてはノートをとる状況があまりないんですけどね)。で、子供達の筆記体練習用のノートを見たら、なんか私が習った F の書き方と違っている。それに I(大文字の i)の書き順が私が覚えているのと違うので、ちょっとびっくり。私が覚えている書き順は右下から書き始めるもので、その方が書きやすいと思うんですが、次の文字につなげるなら子供達が習った書き順(左から書き始める)の方が良いのかも。まあ、筆記体なんて最近は書類の署名以外で必要な場面はないので、どうでもよいかもしれませんけど。
そうそう筆記体と言えば、以前 Facebook か何かで知人が「最近の小学校は筆記体を教えない」と嘆いていたんですが、州によって違うのかしらね。まあ、カリフォルニアはいろいろと我が道をいく州として有名なので、他の州で教えていなかったとしても驚かないですけど。
たとえば、ここ何年か時々 Facebook とかで見かける Common Core(日本の学習指導要領みたいなもの)の算数がいかに馬鹿げているかという例として用いられるこれ ↓ 上が Common Core 以前の解き方で下が Common Core の解き方。
math

カリフォルニア州も Common Core 準拠のはず(そうしないと国から州に補助がおりないので)。なんですが、子供達の宿題を見ている限り、こんな教え方は見たことがありません。さすがカリフォルニアなのかしらね。
カリフォルニアは州独自のルールが結構あって、直近では「コーヒーは発がん性物質が含まれている」というような注意書きが無ければカリフォルニアでコーヒーを販売してはならないというルールができて、スターバックスが全てのカップに注意書きを入れるというのがニュースになっていました。近くのコストコでは、カップに注意書きを入れるのは費用がかかりすぎるからなのか、注文窓口の所に大きく「コーヒーは発がん性物質が含まれている」という張り紙がしてありました。そんなこといちいち言わなくても...余計なお世話って感じですけどね。